2004年12月19日

本日は、フルサッカー。
2試合こなしてきました。
体中が重たい。明日は間違いなく筋肉痛です。
肝心な時に、足がもつれてしまうんだなぁ・・・
今日は得点を狙っていたのに
次回はバンバン走れるようにトレーニングしなくっちゃ!

さ〜て、今日はキャロット・プリンを仕込んだよ!
シナモンの効いた、大人の味です。
食後にどうぞ!
おいしいよ!

8b649048.jpg

budoubatake at 20:20コメント(2)トラックバック(0)お知らせ 

2004年12月18日

昨夜は、結局、朝焼けを「美しいなぁ」と
見とれながら家路につきました。
毎日、ありがとうございます。
今夜はゆっくり寝ます。
あさってはフルサッカーだしね!

そうそう、いい本を見つけたので紹介するね。
「キリストのたとえ話」著:≪伝説のヒーラー≫ダスカロス
私は、何の宗教も持ちませんが「真理」には
興味があります。
この本は、まだ本格的には読んでいませんが
こころに効く予感があります。

本屋さんで見かけたら、パラパラっとめくってみて。




budoubatake at 00:58コメント(2)トラックバック(0)座・読書 

2004年12月17日

4ed4b5c1.jpg今日、終わるべき仕事が終わりません。
明日も盛りだくさん。

只今、休憩中。
美しいハーモニーで癒されています。
「クリスマス・アルバム」
マンハッタン・トランスファー





budoubatake at 04:37コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年12月16日

49aeaa82.jpgさぁ、みんな忙しいね!
明日のみなぎる活力の為に
寝る時間を惜しんででも
癒しの時間を手に入れよう!

今日、このアルバム聴きながらメールチェックしてたら
祐作に「いいの聴いてますねぇ!貸して下さい!」
って言われちゃった。


<癒しの時間>
*準備するもの
お香
座布団(10枚は要らない)
ラヴィ・シャンカール(Ravi Shankar)

*ポイント
静かに座して、宇宙を感じる事。
ボリュームはやや大きめで。
できればひとりきりで・・・。

1曲目は何と!31分の大作だよ。
幻想的なシタールのスリリングな演奏!
あのノラ・ジョーンズがラヴィ・シャンカールの娘
ってのは、今日検索してて、初めて知りました!
満へぇ!です。

とにもかくにも、リフレッシュできる事、うけあい!



budoubatake at 04:45コメント(2)トラックバック(1)元気 

2004年12月15日

4a3d3793.jpg永遠のアイテムです。
「シャンパーニュ&キャビア」
1度でイイから、空腹から満腹まで味わってみたい!
あなたにも、そんな食べ物ありますよね。
私は、小学校の頃、母親の作るプリンが大好きで
土曜日の給食のない日には、どんぶりに
プリンを作ってもらって満腹食べたことがあります。
そして、いまだに、夜中、プリンを2,3個
コンビニで買って帰ったります。(笑)

James Last plus Astrud Gilberto というアルバム。
名曲♪CHAMPAGNE & CAVIAR は3曲目。
アストラッド・ジルベルトのヘタウマが小気味良い。
サンバ・ボサノヴァの女王の私の一番好きなアルバム。
昨日に続いて、このアルバムはアストラッド・ジルベルト
オリジナルHPにも出ていません。汚点なのか?
私の好みは、そんなに人と離れているのか?(笑)

Tracy Chapman のデビュー・アルバムの6曲目
♪Mountain of Things では、CHAMPAGNE & CAVIAR は
裕福の象徴として表現されています。裕福であれば
山ほどしたいことがある、そのひとつ。
でも、このアルバムでいちばん好きな曲は
4曲目の♪Behind the Wall アカペラです。
何度聴いてもノックアウトされます。
コーラス無しのアカペラですが、このリズム!
トレイシー・チャップマンのアルバムは、全て宝物です。


ecb41f11.jpg

budoubatake at 00:01コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年12月14日

ede932b5.jpg今日は、大好きなクリスマスアルバム
Roberta Flack の♪The Christmas Album を
紹介しようと思っていたのに
検索をかけても、どこにもなかった。
え?バッタもん?(笑)
廃盤なのかな?97年の作品なのですが・・・
めちゃ素敵で、聴かせるよ!
そっくりさんでイタリア人のロベルタ・フラックさんなのかな?あはは!

そんなわけで、12月も中旬になると必ず引っ張り出すのは
松任谷由実の「昨晩お会いしましょう」です。
♪夕闇をひとり ♪グレイス・スリックの肖像
そしてこの曲が大好き。


♪A HAPPY NEW YEAR

A Happy New Year!
大好きな あなたの部屋まで
凍る街路樹 ぬけて急ぎましょう
今年も最初に会う人が
あなたであるように はやく はやく

A Happy New Year!
新しいキスを下さい
そして鐘の音 通りにあふれて
今年もたくさん いいことが
あなたにあるように いつも いつも

A Happy New Year!
今日の日は どこから来るの
陽気な人ごみに まぎれて消えるの
こうして もうひとつ年をとり
あなたを愛したい ずっと ずっと

今年もたくさん いいことが
あなたにあるように いつも いつも



budoubatake at 00:03コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年12月13日

73f56993.jpg今日は、ひょんな事からシェリル・クロウの
The very Best of Sheryl Crowを聴きました。
この人はいーね!元気をくれます。
以前見たトラボルタの映画「フェノミナン」での
ワンシーンで♪Everyday is a Winding Road を聴いて
クラプトンの♪Change the World も入ってるし
(当時はクラプトンのアルバムには入ってなかった)
2曲好きな曲があったら買いだ!と思って
サントラ盤を買ったら、この曲が入ってなくて
思いっきりショックだったんだよね。

フェノミナンは、印象に残る映画でした。
「ボクが死ぬまで愛してくれるかい?」
「・・・いいえ、・・・・私が死ぬまでよ」
この台詞が本当に泣けました。
え?見てないって?
やばいよ!やばいよ!
トラボルタが濃すぎて、見逃してしまいがちですが
良質なラブロマンスです。
彼の演技力は、この映画で立証されたのでは?
ハンカチのご用意をお忘れなく!

The very Best of Sheryl Crowに話は戻りますが
ヒット曲多いんですね。知ってる、つーか
耳に憶えのある曲が、何曲もあったので驚いています。
こんなに元気をくれるミュージシャンが長い間「うつ」と闘っているのだそう。
なんか、それを知ったとたんに彼女の事がもっと知りたくなった。
シェリル・クロウの音には、ジョージ・ハリスンの香りがする。
そうそう、ラブ・サイケデリコってビートルズ中期のファンなのかと思ったら
シェリル・クロウに歌い方がそっくりじゃん。
ヴォーカルの音の録り方や、音質まで・・・・
へぇ!でした。

師走でお疲れの方。シェリル・クロウで元気出して、苦労知らず!

あれ、座布団が・・・!



budoubatake at 00:50コメント(4)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 
d7f476b7.jpgアサヒ飲料といえば、所さんの
「モーニングショット」が大ブレイク。
缶コーヒーでさえ、時流を読めば売れる。
そんな教訓を与えてくれましたが
今回の新製品は、な、な、なんと
’NEXT STAGE’ですよ!
9月に発売になったようですが昨日発見しました。
これも、売れまくるだろうね!

なぜなら、誰もが「次のステージ」を待ち侘びている。
血の滲むような努力をしている人も、他力本願の人も
現状が最高だ!なんて思っている人は居ないわけで
この、飽和状態が長く続く、経済状況も明るい兆しのない日本では
みんなが明るい明日を待ち望んでいるんだもんね。

細木数子さんの人気だって、風水の流行だって
Blogの共通テーマに「こころ」なんてのができちゃったのも
誰もが現状を打破したいからに違いない。違うかな?

で、話は戻りますが、このNEXT STAGEを自販機で発見した時
外観がまずカッコイイ!金色にブラウンにワンダのロゴの赤。
コーヒー豆に降り注ぐ神々しい光。
しかも、謳い文句が「有機焙煎珈琲豆100%使用」
体に良くて、運気まで手に入れられそうな、その風貌。
アサヒさん、見事です!

しかも味わいは、深く、ビター。
その苦味にはカカオマスのようなニュアンスがあって
とっても、上質な感じがするのです。
170gってのも、特別感があるよね。

ネーミング良し、外観良し、もちろん味良し。
これで売れないわけがない。
脱帽です!



budoubatake at 00:06コメント(2)トラックバック(0)アロマ 

2004年12月12日

1aff5ea4.jpgもう、20年程の付き合いになります。
毎年、欠かさずに聴くアルバムです。
カーペンターズの「クリスマス・ポートレイト」
1曲目に、いきなりコーラス、アカペラ。
このアルバム1枚で、まるでおとぎ話の
映画を見ているかのような錯覚に陥ります。
とにかく美しい曲のアレンジ。

カレンの歌声は永遠です。
クリスマスがある限り、私にとっては必須アイテムです!



budoubatake at 01:25コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年12月11日

76b93cf3.jpg年末年始は、コレがオススメだよ!
ヴーヴクリコ・イエローラベル
ディスカウンターでも買えるけれど
取り扱いが全然違うので、正規代理店で購入してね。
少し前までは、輸入ルイ・ヴィトン・ジャパンって
書かれていたのですが、今はヴーヴクリコ・ジャパンに
変わっちゃったけれど、ヴィトンだよ!

味わいは申し分ないし、これからの季節には
クリスマスに良し、おせちにも、鍋にも、すき焼きにも
抜群の相性です。ふたりで飲むも良し。
お呼ばれにもOK!喜びのシャンパーニュですからね!

さて、ハジケル泡には弾けるサウンド!
クリスマスパーティならイエロー・ラベルといっしょに
Soliveの「Doin' Something」がお薦めで〜す!
図太いベース音、抜けるドラム、そして極めつけは
黒いオルガン。やばい!腰が動いちゃう!
Jazz Funk、Club Jazz って感じですね。
踊れる、踊りたくなるJazzです。
日本盤ならスティービー・ワンダーの♪ゴールデン・レイディ
のカヴァーも聴けるので、こっちの方がよく聴きます。
実は、先に輸入盤を買ってしまったので2枚持ってる。あはは。
2002年にボトムラインで見たけど、最高でしたよ!
Let's Dance!

482311e8.jpg



budoubatake at 01:45コメント(3)トラックバック(1)特別な日のワイン 

2004年12月10日

2月9日にサッカーワールドカップ最終予選で
北朝鮮との試合が決まったね。
まず思ったことは
「経済制裁よりもサッカー制裁だぁ!目に物見せてやれ!」
熱い血がたぎったのですが。
まてまて、政治とスポーツは切り離すべき。

私が思ったようなことを、思う人は少なからずいると思う。
だって、曽我さん一家が、毎日TVに映し出され
横田めぐみさんのご両親には、誰もが同情を禁じえないからね。

でも、深く考えよう。
この組み合わせを「必然」とするならば、何を「示唆」しているのか?

北朝鮮の代表チームが拉致に関わったわけでもないし
彼らは純粋にサッカーを愛し、サッカーに全てをかけてきたんだ。
日本政府が「ウソ」つかれようと、スポーツはスポーツ。

しかし、日本のサポーターは、アウェーでの対戦は6月8日に
応援に行けるのだろうか?リアルタイムのTV放映はできるのだろうか?

いろんな難題に、果敢にチャレンジして
国交が始まるきっかけになる。
そんなに巧くは行かないのかな?
でも、せっかく頂いたチャンスです。

関係者の頑張りに期待して、平和な世界を祈念します。
嗚呼、近いのに遠い北朝鮮。




budoubatake at 18:29コメント(2)トラックバック(0)サッカー 
68bfd2fb.jpg   Tuck & Patti が大好きな人に!   
   Hymns, Carols and Songs About Snow
   (1991)Tuck Andress
   こいつは、この季節に欠かせないBGMです!
   ギター1本で、クリスマスを奏でます。
   街で聴こえて来るクリスマスソングに
   うんざりしている人にもオススメだよ!

  *信じられないかも知れないけど
                      ダビング無しのギター1本!
                      残念ながら、パティは参加してないよ。




budoubatake at 00:14コメント(7)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年12月09日

8cc811c6.jpg  「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」
  を読んでみた。めっちゃ難解。
 言葉は簡単なのですが、並ぶとわかんない。
 まるで、英単語はわかっても
  文章の意味がわかんない時と同じ。
 何回も読み直して、理解しようと思っても
 できなくて、仕方ないから読み進めましたが
 何日かかるかなぁ・・・

過日、感動する内容のメールをいただいたので
貼り付けちゃいます。
「人師は遭い難し」
この社長の前では、いつも緊張します。
心地良い緊張なのです。
背筋の伸びる人と何人付き合えるかって
大事な事だと思いません?
このメールを頂いて
私は、心のない人間かもしれないと
反省したのでした。

<本文>
続きを読む

budoubatake at 00:50コメント(0)トラックバック(1)座・読書 

2004年12月08日

94f5abec.jpgジョンを愛する人にも、そうでない人にも
Happy Christmas!
War is Over!If You Want it.

続きを読む

budoubatake at 01:15コメント(7)トラックバック(3)Beatles 

2004年12月07日

92598992.jpgBlog生活をしていると
シンクロすることが多くて驚きます。
「気」の合う人のBlogを読んでたら
最中にその人から、自分のBlogにコメントがあったり。
それが、一度や二度でないから驚きます。
あなたにも経験、あるよね。

さて、シンクロニシティですが
「意味のある偶然の一致、共時性」と訳されます。
わかりやすい事例があるので
船井幸雄先生の「この世の役割は人間塾」から
抜粋、要約させていただきますね。

続きを読む

budoubatake at 00:09コメント(4)トラックバック(1)Beatles 

2004年12月06日

0e1fb26e.jpg過日、モノ申した「神の雫」でしたが
今週を見てビックリ!
シャトー・モン・ペラ’01を
クイーンに例えているじゃん!
え?ひょっとして私のブログ、見てません?(笑)
内容は、私の方がおちゃらけてますが・・・あはは!

それで突然、親近感が湧いてしまって
「オーパスワンを凌ぐ」という設定の
シャトー・モン・ペラを手に入れちゃいました!
2002だけどね。
もちろん、シャトー・ローザン・デスパーニュ
念のために買っておいたよ。
今日、手に入れたばかりなので
少し休ませてから、抜栓します。
わくわくどきどき♪
どんなワインなのかは河野さんが紹介してくれているので
上の、ワインの名前の所をクリックしてね。

ではでは、レポートおたのしみに!


budoubatake at 00:02コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 
    「ボールぴょん」
   ボールぴょん
   飛ぶんが だいすき
   ほかのボール飛びこえて
   それから 人間とびこした
   ぴょん

   ボールのぴょん
   飛ぶんが だいすき
   つぎには車をとびこえて
   ぴょんぴょん



    「そら」
   どこから どこまで
   そらのなか

   あおいそらのうえ
   そらのなか

   しろい くものうえ
   そらのなか

   かぜをさわった
   そらのなか  ピーュウ ピーュウ



    「友だち」
   友だちといっしょにジャンプ
   ぴょん
   楽しい思いで
   ぴょんぴょん
   またあそぼう
   さようなら
   ぴょんぴょんぴょん

   作、りょうたろう

52c7373a.jpg



budoubatake at 00:01コメント(5)トラックバック(0)元気 

2004年12月05日

fb502e01.jpg大好きなアルバムがあります。
定期的に聴きたくなるのですが
今日は、3まわりは聴きました。

Keb'Mo'のジャスト・ライク・ユーです。
内ジャケットに1995年
カントリー・アコースティックブルース
オブ・ザ・イヤーと書かれています。
裏ジャケットはロバート・ジョンソンのような風貌で
セピア色の写真がカッコイイ。
実は、内容も知らずにこの写真で購入しちゃったんだよね。

この人、まず、申し分のない声の持ち主。
♪Just Like You は最高に渋くカッコイイ!コーラスも素敵。
3曲目には、オーティスの♪ドック・オブ・ザ・ベイなんて
歌詞も登場。

しかも、このアルバムはバンドの音もすっごくキレイ。
ドラムの音色なんかは腰が動きだすほど。
音数が少なくて、ノリのある音楽が大好き。
全曲通して、気持ちよくなる曲ばかり。

「ブルースって、みんな同じに聴こえるからどうもね・・・」
そんな方にもオススメのアルバムだよ。
ギター1本だけの弾き語りもあって、決して退屈させません。

ワインよりもバーボンの方がお似合いだけれど
ブルースにしては、とっても乾いた音なので
カリフォルニアの濃いシャルドネやジンファンデルにも
良く相乗します。
お洗濯物も乾いちゃいそうなGood Music なのです。



budoubatake at 01:02コメント(8)トラックバック(2)ワインを美味しくする音楽 

2004年12月04日

7e810e91.jpgさすがに師走ですね!忙しかった。
通常よりも高級ワインがポンポン抜かれて
小気味良い感じです。
50代の男同士3人で高級ワイン飲み比べや
立ち寄った事のある産地のワインを飲まれる方。
皆さん、素敵に愉しんでいらっしゃいます。
傍らで、こちらまでハッピーになっちゃいます。

さて、今日はブルゴーニュ・ルージュを紹介しようかな?
生産者はアルノー・ショパン。ブルゴーニュのワインは
なで肩のボトルが目印。ピノ・ノワールという葡萄品種のみで
醸造されています。口当たりの優しい物が多いので
女性には、特に人気だよ!
このワインは、見た目にもお洒落。
ロゴや縁取りにどちらかというと古典的な日本の「紫色」が
あしらわれていて、ゴージャスな雰囲気があります。
書体もスッキリしていて、まさに好みのタイプ!

紫がかった美しいルビー色。
ほんのりスパイシーなベリー系の香りにそそられます。
口に含めば、ナンテナメラカナノダ!
これが、ブルゴーニュ・ルージュなのかと疑ってしまいます。
適度に渋みもあって、とにかくバランスがイイ。
引き締まった感じがたまりません。
あわせる料理は、なにも考えなくていいです!
食べたい物ときっちり相乗してくれます。
本日2本も飲んだ吉田さんの気持ちがわかります。(笑)

dff05091.jpgガブリエラ・アンダース知ってる?
Jazzとボサノヴァの混じったお洒落ミュージックだよ。
とってもセクシーなウィスパーボイスで大好き。
ふたりで飲むなら、ごいっしょにどうぞ!
ブルゴーニュ・ルージュ全般に良くマッチします。
(近藤真彦のことではありません)

budoubatake at 02:50コメント(0)トラックバック(0)ワイン 

2004年12月03日

e2c41257.jpg船戸くんと大輔くんに、薦められて、
なかば強制的に観せられました。
戦争映画は、どうも観る気が起こらなくて
その手のものはほとんど見ていません。

でも、ブラザーフッドはイイ映画だと思いました。
暴力シーンには閉口しますが、ひとことで言えば
「愛や正義も、戦争という狂気の前では、あまりにも無力だ」それを150分言い続けています。
「兄弟関係」というタイトルが示すとおりに
One Blood がひとつのテーマになっています。
停戦はしているものの、今だ戦争中の南北の朝鮮半島が
ひとつの血を持つ兄弟愛で、いつかひとつになる。なって欲しいとの
強いメッセージが感じられます。

同じ人間を殺す事を命令する「戦争」
誰にそんな権利があるのか?
ブッシュに見せたい映画です。

ワインでも飲みながら、気のおけない仲間と
ブラザーフッドで意見を交わすのもいいよね。
Imagine all the people living life in peace.


budoubatake at 17:47コメント(1)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2004年12月02日

54b91ba6.jpg名古屋市内は、いたるところで紅葉です。
今日は「のんびりするぞ!」と心に決めて
朝から、マッサージ。お昼寝。
そんな時間を過ごしました。

そして、お天気も良かったので、読書。
有線でBeatlesを流していたら
♪Somethingがかかったのね。
ドラムの音にド肝を抜かれて、読んでいた本を置きました。
そして、ヴォーカルに絡む、唄うようなベース!
何万回と聴いているはずなのに、窓越しに見える
雲の流れとマッチしてこころに響いてきたのです。
なんて、素敵な時間。

読んだ本は、渋谷陽一の「ロックは語れない」
渋谷陽一と下記の方々の対談集です。
もう20年も前の本だから、タイムスリップした感覚。
<目次>
浜田省吾 ビートルズだけしか愛せない
山下達郎 ビーチ・ボーイズが僕のすべてじゃない
忌野清志郎 ストーンズなしでは満足できない
大貫妙子 のめり込んだ音楽ってないんです
仲井戸麗市 ギターを手離すつもりはない
遠藤ミチロウ パンクにはもう期待できない

この中の、誰もが言っているのだけれど
「ビートルズがポピュラーといっても、レコード持ってるのは
せいぜいクラスに2,3人しか居なかった」
彼らは、私よりも10歳ほど年上で、リアルタイムなのですが
我々の時代にも、同じような環境だったように思います。
完全なマイノリティでした。
今のマーケティングから考えると、不自然だと思いません?
当時のひとクラスが40名程だと考えると
5%がビートルズを支持していたわけで。
今、ビートルズが売れるというのは
1963年から、毎年5%づつビートルズ人口が
増殖し続けているということなのか?

飲食で考えれば、完全に超繁盛の老舗です。(笑)


budoubatake at 00:47コメント(4)トラックバック(0)Beatles 

2004年12月01日

1a140abd.jpgビリー・ホリデイはお好きですか?
1959年没、天才ジャズヴォーカリストです。
♪ストレンジ・フルーツ(奇妙な果実)って有名な曲
があります。奇妙な果実というのは、リンチの末、
ポプラの木に吊るされた黒人の死体のことでね、
まだまだ差別がひどかった頃の悲しいブルース。
彼女の物悲しい声は、スイングしてもブルースなのです。
オリジナル音源は音があまり良くないのでお店では
かけていませんが、このアルバムはオススメです。

Akiko's Holidayはビリー・ホリデイの曲のカヴァーなのですが
とっても、今の音。軽やかでリズムの効いたジャズです。
ジャケットを見ると、ヒップホップ系のアイドル風ですが
中身は優良なJazzアルバムです。
♪ドント・エクスプレインなどは大胆なアレンジですが
しっとりと、悲しい女心を聴かせてくれます。
ビリー・ホリデイとは全く違うタイプですが、歌もうまいし
彼女をリスペクトする気持ちが伝わる、とっても優良品です。
そして、あらためて聴くと、原曲の良さがよくわかります。
どの曲も、大好き!

タワーレコードで試聴して、即購入しました。

深みのある濃い赤ワインと傍らにウォッシュタイプのチーズがあれば
素敵な時間が過ごせそうです。
ムード満点。クリスマスにもOK!

budoubatake at 00:45コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年11月30日

14ea00a8.jpgBlogを始めた頃は、ネタ小出しにしなきゃ。
なんて思っていましたが、今や、書きたいことがいっぱいで
困ってしまいます。何をいちばん書きたいのか
チョイスがなかなか難しいですね。
最近は、長文も多くて・・・・
簡潔に書ければいいのですが
できるだけ誤解を招かないようにと思うと
                長くなってしまいます。

こころを発信するエネルギーって素晴らしいと思います。
コメントやトラックバックして下さる方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。
「ありがとう!」
日本には昔から「言霊」という概念があって
言葉には魂が宿っているでしょ?
愛のある言葉を頂けるのは、本当にパワーになります。
Blogを勧めてくれたトミーにも「ありがとう!」

月末で、疲労もピークですが、只今、スティービー・ワンダーの
歌声に癒されています。インナー・ビジョンがいちばん好き!
♪Don't You Worry About a Thing を聴くと
全てがうまくいくような気がするのです。
スティービー・ワンダーの愛に抱きしめられているような気になるのです。

ひとりでワイン飲みながら、物想いに耽るには最適。

本日、支離滅裂。あはは。
こんな日もあります。

budoubatake at 02:40コメント(3)トラックバック(2)ワインを美味しくする音楽 

2004年11月29日

ワインセラピーを考え、人に伝える時に
心に決めていることがあります。
日常生活の中で使う言葉で表現する。
ということです。

ヨーロッパの日常のように、そこにワインがあって欲しい
そんな願いがあるからなんだよね。
食事があって、気のおけない仲間がいて
会話の潤滑油としてのワイン。

ボジョレ・ヌーヴォーが騒がれたせいか
マスコミにもワインの登場頻度が上がってるような
気がするんだけど・・・

「ワイン好き」や「ソムリエ」は世間から嫌われやすい。でしょ?
そもそも、知識欲を駆り立てられるお酒だから
深みにはまれば、無限にお勉強できるわけですが
生産者は、そんな事考えていないわけで
(自分の造るものに関しては相当研究しています)
講釈、薀蓄を語るお酒の愉しみ方も否定はしませんが
空気を読みましょう (笑) 嫌われる前にね。あはは。

こんな事を、あえて言うのは
コミック・モーニングって週刊誌があるんですが
新連載で「神の雫」って、ワイン関連のマンガが始まったのですよ。
内容が、マニアック過ぎていかがなものかと思うのです。
(ワイン=知識の人にはオススメです)
毎回、マメ知識みたいなコラムがあって
ヴィンテージチャートとか載せてるのです。
で、デキャンタしていいモノといけないモノなどと
うそぶくわけですが、大衆を相手にしたマンガで
これをやるのはワインアレルギー人口の増加につながる
そう思いません?

「ワインはわかんないから・・・」
「何に合わせていいのかわからない」
「どれがどんな味か、わかんない」
「名前が覚えられない」
だから、ワインに近づかない。みたいな、ネ。

何年にはボルドーでは収穫時に雨が降ったからうんぬんかんぬん。
この畑は、カベルネが何%で、フランが何%なんだよね
とか、気にして飲んでいる人は微人口ですから。残念!
収穫時期も、生産者の哲学が反映されるので一様ではありませんし
栽培の面積と、そのワインに使用している葡萄品種が必ずしも
同じパーセンテージではないのです。

ルールや知識やマナーを知らなければワインを
飲んじゃいけないような風潮を作らないで欲しいのです。
せっかく、田崎真也さんが世界一になって
ワインブームが吹き荒れ、裾野が広がったのに
もっと楽しくいきませんか?

なかば、宗教的に残されるパセリやセルフィーユ、イタパセなどを
口に運んで、ワインを飲むと味わいの世界が違うとか
食事をひとくち運ぶごとに、ワインをひとくち。
たったそんな事で、ワインの味、食事の味が変わる事。
ワインの豊かな香り、しかもいろんなフルーツやお花の
香りがするのに、原料のぶどうの香りがしない事。
で、その香りに癒されちゃったりする事。
それで、会話が弾む事。
そっちの方が、ぜんぜん大事ですよ!

だから私は、世界一アバウトなソムリエを目指します!あはは!


budoubatake at 00:29コメント(2)トラックバック(0)ワインに対する想い 

2004年11月28日

3ebe4245.jpgスティーブン・スピルバーグ監督のA.I.
って映画は見たかな?
Artificial Intelligence の略です。「人工知能」だね。
ハーレイ・ジョエル・オズメントが
切なくて、可愛いんだよ。
そう、シックス・センスでブルース・ウィリス
を食っちゃっていた、あの子役!
近未来に感情のあるロボットができるってSFなのですが
最近、この気持ちがわかっちゃたんだよね。

実は、買って4年も経つ車のナビなんだけど
最近、やっと、自宅を設定するという機能に気付いて(笑)
設定してみたら、自宅に到着すると
「お疲れ様でした」
って、ナビが言ってくれるんだよ。
最初は、ビックリしたのですが
だんだん気持ち良くなってきて
今や、楽しみのひとつです・・・(悲?)
実は、機械は苦手です。
携帯の使い方も、PCも不得手です。
ヒロシです。携帯のメールが返せません。
でもでも、機械(ナビ)からでも、優しい言葉をかけられると
癒されちゃうんだよね。
だから、A.I.を必要とする人間の気持ちが理解できちゃう。

さてさて、ワインセラピーしないとね!
A.I.を観るなら、いっしょに飲むワインは何だろ?

フランスはロワール地方のミュスカデ・シュール・リーかな?
場面のシュールな設定。そして・・・
ほんのり、しょっぱい涙の味がするからです。
おあとがよろしいようで・・・


budoubatake at 00:40コメント(2)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2004年11月27日

da704e25.jpg冷たくされてもいいんです。冷たくされたらいいんです。
これは、三ツ矢サイダーのCMソングですが・・・・

このワインは、まさにそんな感じです。
コート・デュ・ローヌ・テッレ・デュ・ミストラル’03
まさに、南仏の太陽を浴びたワインです。

ブルーベリーや木苺の香り。
口に含むと、第1印象は「フルーティ!」
しかしそれだけではありません。
とっても長い余韻が続くのです。
渋みも少なく、ほんのりと甘みさえ感じるので
赤ワインが苦手な方にもオススメです。

ほぼ毎日通る、明和高校の西側の道は
銀杏並木がすばらしい金色です。
ほんとうに美しくて、毎日見とれています。
日本の四季ってほんとうに痺れるほど大好き。
お店の前の銀杏の木は枯葉を掃除するのが面倒なのか
色づく前にバッサリと落とされたのです。
ま、お店的にはありがたいのですが
人々のこころを癒す自然な物を
都合でバッサリもいかがなものか?
って感じですけどね。
ひと雨ごとに、冬ですね。
冷え性の私は、冷たくされたら困ります。


0346782c.jpg

三ツ矢サイダーのCMソングは
ナイアガラ・CMスペシャルでお楽しみ下さい。 (笑)
他にも「クリネクスティッシュ」やら「出前一丁」やら
「MG5」に至るまで、大瀧詠一の才能とユーモアに
圧倒されます。(全41曲入り!)
懐かしのキャンディーズ・松田聖子の歌声も聴けちゃう!



budoubatake at 14:56コメント(0)トラックバック(0)ワイン 

2004年11月26日

b09dcabb.jpg今年は本田健さんのユダヤ人大富豪の教えから始まった。
そして、マトリックスを見た。
共通点は「思考は現実を創る」
「早く動こうと思うな。早く動けると知れ」
という、例のフレーズ。ご存知かな?
同じ時期に、てんで違う表現ではあるが
同じ事を世間に伝えようとしている。
これがシンクロニシティだよ。

ジョン・レノンは1980年12月8日
マンハッタンのダコタ・アパートメントの建物の外で銃弾に倒れた。

それで、何を言いたいかといえば
ジョン・レノンはマーク・チャップマン
殺されたいと思っていたのでは?という大胆な仮説です。

命日が近づくにつれて、ジョンの事ばかり考えてしまって
ワインセラピーになっていなくて申し訳ないです。

ジョンは幼少期から自意識過剰で、自分を認めない人を
決して認めなかったし、自らを天才、と思っていた。
大衆を常に小馬鹿にしていたし、人と同じというのは
彼にとっては許し難い事だった。
常にHipであるというのが彼の美意識だったわけです。

以前に書いた♪インマイライフという曲の歌詞。
要するに彼は、今まで出会ってきた人達全てに
好かれたかったのです。
ところが、自意識過剰で、極端に気分屋。
そして辛辣な皮肉屋で短気者とくれば
そうそう人から愛されるはずもなく
いつも孤独だったのだと思うんだよね。

で、どうして殺される事を望んでいたかと言えば
長い主夫生活(ハウスハズバンド)を経て
少し人間としての丸みができてきてしまった。
それは、ダブルファンタジーの音にはっきりと現れている。でしょ?
でも、本人はHipでなきゃ自分を保てない人間なワケだから
その葛藤に苦しむ。
今までにない形で、つまり、ドラッグだとか、情婦に刺されたとか
そんな死に方ではなく、後世に語り継がれるかたちで
人生を終わる事ができたら本望だ。
なんて考えていたのではないのかな?
ジョンが長生きしたいと思っていたとは思えないしね。
それが現実となって、多くの人は悲しみに打ちひしがれたのですが
当人、つまりジョンはどこかでシメシメと
感じていたのではないかと思うのです。
ビートルズの頃の失言が本当になってしまったしね。(キリスト発言)
今や、賛美歌よりもイマジンを知っている人口のほうが
世界中では多いかもしれないよ。

「思考は現実を創る」ということです。

♪イマジンが歌い継がれるのも、それ以降のジョンが
相当、美化されたからだと思うのです。
もちろんいい曲ですが、発売当時の日本では
断然ポールのほうが人気があったしね。
ジョン・レノンは聖人ではないし、今のように奉られるのは
本当はジョンのいちばん嫌いな事のような気がする。
ロックンローラーとしてカッコイイと言われる方が
彼にとっては賞賛なのだと思う。
イマジンという歌の中に、彼の生き様や思想を
感じれば、ただのプロテストソングでない事がわかるのです。

「究極の利己は究極の利他」
ジョンはとっても利己の人でした。
ところが彼の残した1曲で多くの人が希望を持てるのです。
究極の利他です。
芸術家としてこれほどの誉れはないのではないでしょうか?

少し早いけれど、ジョンの冥福を祈ります。

<忌野清志郎の♪イマジン>

続きを読む

budoubatake at 18:40コメント(12)トラックバック(6)Beatles 

2004年11月25日

b13269be.jpg昨夜はNHKのBSで録画して
「DreamPowerジョン・レノン・スーパーライヴ」
って番組を見ました。
昨年は、フィナーレで歌詞カード持って歌ってる
人がいたりして、興ざめしましたが
今年は2組の感動的な演奏がありました。

まずは、加藤登紀子さんと告井延隆さん!
♪Power to the People を日本語でやってくれて最高でした。
告井延隆さんはクレジットされていなくて残念でしたが
あの声が「不意打ち」で聴けたのは感動でした。
もう1組は、トライセラトプス。
彼らが出てきた時には、きっと「ホワイトアルバム」か
「リボルバー」あたりだろうと思ったら♪Tell Me Why
それが、とっても出来が良かったので嬉しくなっちゃった。
この2組は5回くらい繰り返して見ました!
あとは、平均20秒づつ位かな?

TVを見ながら、自分はどういう基準で○・×つけてるのかな?
って自問自答してみました。
1、自分と同等かそれ以上にジョンの事が好きか?
2、同様に、ジョンを聴き込んだか?
3、その場所に、ジョンの魂を感じているか?
4、その場所に居る事に「使命感」を持っているか?
それって、音に出ちゃうんだよね。

以上を考えると、加藤登紀子さんとトライセラトプスしか
合格点に達しなかった。ま、昨年は0組なので進歩しているのですが
あの場を自分の宣伝としか考えてない人やら、歌詞を理解して
歌っていない人には正直呆れてしまうのです。
(辛口でゴメンちゃい)
ま、ジョン風に言えば「大衆はそんなものだよ」かな?

来年に向けてリクエストしま〜す!
1、忌野清志郎に♪イマジンを!日本語で!
2、佐野元春に♪ラヴを!
3、杉真理に初期のロックンロールメドレーを!
4、桑田圭祐には♪ハピネス・イズ・ア・ワームガンを!
その他考えればまだまだ出てくると思うけれど
この4人にはぜひ、出演して欲しい!
上記を満たしているからね!
佐野元春のVisitorsというアルバムの中の一曲
♪シェイム(君を汚したのは誰)この曲はどう考えても
ジョンにインスパイアされてできた曲。
84年だから、傷も癒えかけた頃に追悼の意を込めて
作った曲なのかもしれない。

この番組を見てから興奮して、過日、実家から持ち帰った
中の1冊「回想するジョン・レノン」を朝まで読んでいました。
1970年の「ローリングストーン誌」のインタビューなのですが
コメントすると長くなるので、また明日!(笑)
今から、ラハイナの練習に行ってきま〜す!



budoubatake at 19:38コメント(4)トラックバック(0)Beatles 

2004年11月24日

e28f4ad1.jpg今日は実家に行きました。
と言っても、車で30分ですが、あはは。

このブログでいろいろ触発されて
かつて読んだ「ブルース心の旅」(著:日暮泰文)
という本を探したのですが、ありませんでした。
誰かにあげちゃったのかな?
でもでも、自分の本棚ってスゴイよ!
もう、10数年ほったらかしになっていたので
今、改めて目を通すと、趣味の合う古本屋を訪れた気分!(笑)
今、読み返したい本を10冊程度持ち帰ってきました。

過日も書きましたが、昔聴いていた音楽でも
今、改めて聴くと、新鮮な感動や発見があるように
今日持ち帰った本からも何がしかのインスピレーションを受けそうで
わくわくしています。

いつ読めるかわかりませんが・・・(笑)





budoubatake at 01:24コメント(2)トラックバック(0)元気 

2004年11月23日

4a7bb411.jpg今日はワケあってMacでこのブログを見たら
フォントが違うのでビックリしました。
印象がまるで変わっちゃうからね。
昨日のブログなんて、「えらそうに!」って感じ! 
決してMacでは見ないで下さい!(笑)

久し振りに映画を見たよ。
ずっと見損なっていたヒュー・グラントの
「トゥー・ウィークス・ノーティス」
ヒュー・グラントは私の中では、どんな作品もOK!
彼がニコッと微笑むだけでオールライトなのです。
私が女の子だったら、彼の写真を持ち歩くかもしれない。(笑)
どの作品も、男前だけどナヨナヨしていて
お金持ちだけど決断力がない。優柔不断なのだ。
でもでも許せちゃうかわいらしさ、あどけない少年の表情で
まわりをいつもハッピーにしちゃう。
俳優としては、いろいろな役をこなせなきゃダメ!
なんて言わないでね!彼のキャラはこれ1本で行って欲しいな。

「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」
「フォー・ウェディング」「アバウト・ア・ボーイ」
などなど
何回見てもイイ!

何も考えたくない時にはオススメだよ!あはは!




budoubatake at 02:56コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ