2004年10月03日

841cf7a3.jpg急激に秋ですね。
ブルークラッシュ」というサーフィン映画を見ました。
アン・マリーという女性サーファーのお話なのですが
80%は海の波乗りシーン。10%はラブ。あとは解説。
って感じでほとんどがハワイの海、ノースショア。
画像を見てるだけで海のパワーを頂けます。
ストーリーは単純ですが自分の力量以上の事に
挑戦する主人公の姿はとっても元気がもらえるのです。
夏が恋しくなったら見てみてください。
ただ、難点は見てると息が苦しくなる時がある事。
ワイプアウトしたり、パドリングで波をくぐる時など
無意識に自分も呼吸を止めてしまうのです。
そういえば、グランブルーを見たときは
本当に苦しかった(笑)
そうそう、グランブルーを見ていたらチェリッシュの
♪なのにあなたは京都へゆくの

が途中からずっと頭の中で流れていたのを
思い出してしまいました。

脱線しましたが「ブルークラッシュ」に
合わせるワインはロワール地方のサンセール。
ソーヴィニオン・ブラン種です。
レモンやハーブの香りが画像にぴったりです。
海の幸のサラダとの相性はあまりにも有名。

budoubatake at 20:21コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2004年10月02日

d133fa50.jpg実は数日原因不明の頭痛に悩まされ
ワインを飲めない状態です。悲しい・・・
で、私が非常に影響を受けた本を紹介します。
「生きがいの創造」福島大学教授
飯田史彦先生の本です。
毛嫌いされる方もおられるとは思いますが
生きる事の意味を再認識される方も居ると思います。

自分は何の為に生れてきたのか?
自分のするべきことは何なのか?
この本を読んでから猛烈に自分と向き合うようになりました。
そして、人との出会いをより大切に思うようになりました。
このブログを読んで下さるあなたにも
感謝の気持ちで一杯です。


budoubatake at 01:54コメント(0)トラックバック(0)元気 

2004年10月01日

fa583119.jpgいよいよ10月です。
空がとても青くて幸せな気分になります。
窓辺で鳩も楽しそうに飛び回っています。

質問です。
ワイキキではたくさん鳩を見ましたが
どうしてワイキキの鳩はみな白いのでしょうか?
植物の緑と空、海のブルーとのコントラストは
とっても見事で平和な雰囲気をかもし出しているのですが
白い鳩しかいないことが私の目からは
とっても不自然なのですが
意図されているのでしょうか?
ハワイの観光協会が白い鳩しか認めないとか・・・
教えてください。

またワインに関係ない事でごめんなさい・・・

budoubatake at 12:32コメント(2)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2004年09月30日

880a5a0a.jpg野分けのまたの日
ひとりで飲むワインもおつなものです。
風に吹かれて読書でもしながら
ちびりちびりと飲むワインのBGMには
バイオリンの音色が素敵です。
しかし、寺井尚子さん売れてますねぇ・・・
見た目もいいからねぇ・・・
HPを見るとあのライヴの量はきつそうです。
健康に気をつけて頑張ってください!
彼女のライヴは必見です。
CDからは聴こえないヴァイオリンの「声」「詩」が聴こえます。

budoubatake at 14:25コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年09月29日

d44c77a7.gifエゴグラムってご存知でしょうか?
性格診断です。
就職の時とかにやるらしいですね。
インターネットで無料でできるので
トライしてみました。
納得できかねますがおもしろいです。
私の結果はそんなに褒めても
何にもでないよ!
って感じです。
さぁ、あなたもLet's Try!
エゴグラムをクリックしてね。
続きを読む

budoubatake at 18:09コメント(0)トラックバック(0)元気 

2004年09月28日

04a233fd.jpg中秋の名月ということでエッグスンシングス
パンケーキを食べました。
だって見た目が満月でしょ?(笑)
EGGS 'N THINGSはハワイのワイキキのはずれから
アラモアナへの中間位で周りには何もなく
不便な場所に感じますが
1時間近く並んで食べてきました。

はっきり言って並ぶのは大嫌い。
でもでも、並んで食べる価値は充分ありました。
オムレツもパンケーキもすごいボリューム!
でも、ツルッと食べられてしまうのです。
で、パンケーキミックスを買って帰ってきたのでした。
石田純一がお取り寄せしているとかで有名らしいのですが納得。

他のお店でもパンケーキを食べましたが
ハワイのパンケーキはなぜあんなに美味しいのでしょう?タロイモが入っていたりして?
あのモチモチ感の謎、誰か教えてください!

そうそう、中秋の名月ということで
ワインでお月見!てな洒落た方には
お月様の色に合わせて
ムルソーなんぞはいかがでしょう?
できたら熟成に5年は欲しいところです。
そこからがムルソーの実力が出るのです。
同じような金額なら5年以上前の
ヴィンテージがオススメです!
ただし、パンケーキにはムルソーよりも
コーヒーをおすすめします。(笑)

budoubatake at 00:11コメント(1)トラックバック(1)アロハ・スピリット 

2004年09月27日

c6fa1692.jpg浅見帆帆子さんという方の著書です。
いろいろな方におすすめしていますが
とっても評判が良いのです。
本を手に取ると、とっても若いお嬢さんの
写真があって、若干、抵抗がありましたが
内容はとっても素晴らしいです。

「この若さでここまで悟るとは、恐るべし」です。
「ポジティブ・シンキング」とはよく言いますが
ネガティブな事をポジティブ風に解釈したりする
勘違いが多い中で、ポジティブ・シンキングの
根底にある本当の意味を
懇切丁寧に教えてくれます。

しかも読みやすく、どこから読んでもよし
最初に読んだ時に赤ペンでマークしたのですが
2度目に読むと、更に青ペンでのマークが
必要になります(笑)
浅見帆帆子さんの本はたくさん出ていますが
何冊も読む必要はありません。
それよりも、悲しい事があった時
怒りの感情が冷めない時などに
心を落ち着かせる為にもう一度読んでみる事を
オススメします。
他の本もほとんど内容は同じだからです。
この一冊をマスターすれば他の本は
必要ありません。
でも、なかなかできないので
他の本も買ってしまうのでしょうね・・・あはは

素朴な疑問なのですがどうして
「あなたは絶対運がいい!」ではなく
「あなたは絶対!運がいい」なのでしょうか?

budoubatake at 00:08コメント(2)トラックバック(0)座・読書 

2004年09月26日

7ba23b81.jpgマコン・シューペリウール'02
フランスはブルゴーニュ地方のワインです。
特筆すべきはこの香り。
「何じゃこりゃ!」
アヲハタのいちごジャムの香りそのまま(笑)
味わいは中庸ですが
この香りには心惹かれるものがあります。
私ならサンデーブランチとともに頂きます。


budoubatake at 00:03コメント(0)トラックバック(0)ワイン 

2004年09月25日

1b03e8e0.jpgイタリアはカラブリア州のD.O.C.
チロ・ロッソ・クラシコ・スペリオーレ'00です。
レッジーナの俊輔は飲んでいるかもしれません。
すでにオレンジがかった紫色。
イタリアワイン特有の香りがします。
すみれと樽の香り。ややスパイスを感じます。
香りからはとてもしっかりとした味わいが期待できます。
足は長め。口当りは軽やかですが
爽やかな酸のアタックの後心地良いタンニンが
広がり余韻が続きます。
南イタリアとは思えない繊細な味わい。
ピエモンテのワインがお好きな人には
お値打ちな一本となるでしょう。

ソムリエ試験の時に名前だけ覚えていましたが
実際に飲んだのは今日が初めて(笑)
チロは「世界の名酒辞典」にも紹介量は少ないのです。
入手困難なワインを覚えなければならないなんて
何でもそうですが、試験とは理不尽な物ですね。

budoubatake at 22:29コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2004年09月24日

d367881a.jpg日本ハワイ化計画というHPを発見
「ウクレレ・ビートルズ 〜4弦はアイドル〜」
というCDが紹介されていて気になっています。
4人はアイドル」のパロディなのですが
こういった気の効いた駄洒落は大好き。

コレを聴きながら飲むワインはニューワールドのシャルドネ!
カリフォルニアやチリ、オーストラリア
といった地域で作られるシャルドネは
パイナップルやマンゴーなどの
トロピカルフルーツの香りがするからです。
お試し下さい。

budoubatake at 20:36コメント(0)トラックバック(0)Beatles 
昨日の意外なレスポンスは
「甘いワインはどれですか?」
という質問が多かった事。
ドイツワイン信奉者は意外と多いのに
驚きました。

「日本の食卓にはドイツワインやロゼがぴったり!」
と、常に言っている私にはとても嬉しい反応だったのです。
次回をおたのしみに!

budoubatake at 17:35コメント(0)トラックバック(0)ワイン 

2004年09月23日

644bda68.jpg本日はたくさんのご来店ありがとうございました。
ワインパーティも盛況に終わり、ほっとしています。
次回はもっと早い告知気を付けますね。
みなさまに愉しんで頂けてなによりです。
私もべろんべろんです。(笑)


budoubatake at 23:44コメント(2)トラックバック(0)ワイン 

2004年09月22日

3ada953e.jpg明日23日はワインパーティです。
19:00〜22:00迄お好きな時間に来ていただいて
好きなだけワインをお楽しみ下さい。
入場料は1000円、有料試飲とかはございませんので
いわゆるポッキリ!です。
お食事のご用意はございませんので
よければ1Fにてお楽しみ下さい。
2Fから1Fへのワインの持ち込みはできませんので
よろしくお願い致します。
See You!


budoubatake at 20:58コメント(0)トラックバック(0)ワイン 
6795af66.jpg世界史を勉強した人は何度も耳にした
アルザス地方のワインです。
ドイツになったりフランスになったり
勉強では面倒でしたがワインは違います!
二つの国のワイン文化が混在する楽しみがあります。

アルザス・リースリング’02(ピエール・スパー社)
リースリングという葡萄品種はドイツが有名ですが
フランスではアルザスでのみ産されます。
色は輝きのある黄金色、粘性は少ない。
香りが素晴らしい!
マスカット・桃・メロン・パイナップルなど
いろんなフルーツの香りが感じられます。
甘さを感じるフルーティなボリュームのある香り
とは裏腹に、口に含むとドライな世界が広がります。
すっきりとした爽やかな味わい。
しかし舌にまとわりつく感じが官能的です。
これからの季節には、鍋のおともにいいかも知れません。
ポン酢との相性も良さそうです。
もちろんいちばんはソーセージにシュークルートです。
(うわぁ、マニュアルどおり・・・)

budoubatake at 00:47コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2004年09月21日

bc5ea2bf.jpg敬老の日いかがでしたか?
庄内緑地公園はLove&Peaceで溢れていました。

そんなわけで今日は南仏の造り手
ドメーヌ・サンタ・デュックのワインを紹介します。
コート・デュ・ローヌやジゴンダスそして
ヴァン・ド・ペイなどどれを飲んでも
間違いありません。うまい!
ロバート・パーカーJr.から五つ星生産者として
高い評価を受けています。
レイ・パーカーJr.ではありません。念のため。

このエリタージュはヴィンテージもない
いわゆるテーブルワインなのですが
デイリーワインにはもってこいです。
とっても濃い色調。黒胡椒のスパイシーな香り。
すみれのような花の香り。ブラックベリーや
プルーンのような果実香。
やわらかな口当たりから広がるボリューム感。
目の詰まった味わいと適度なタンニン。
テーブルワインでこの味わいは
なかなか、お目にかかれないでしょう。
デイリーな食卓に麦茶代わりにどうぞ!
こういう安くて美味しいワインを
ガブガブ飲んで欲しいのです。



budoubatake at 00:22コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2004年09月20日

f749f4c6.jpgマルケス・デ・グリニョン・コレクション・ペルソナル・レセルヴァ’98
一般的にワインを覚えようという気にならないのは
こういった長ったらしい、そして覚えにくい
名前のせいかも知れません(笑)
スペインはリオハのワインです。

マルケス・デ・グリニョンという会社は
デイリーな物からスペシャルな物まで
幅広く造っていますが、こいつは特別品です。
葡萄の出来が最良の年にしか造らないのだそうです。
ワイン専門誌「デカンタ」でリオハのベスト20
ワイナリーに選出されしかも、このワインが
「ベストワイン」に輝いているそうです。

6歳になるにもかかわらず、液縁まで濃い紫です。
アメリカ産とフランス産のオーク樽で2年間の
熟成を経たという木樽の香りが第1印象。
そして黒すぐりの香り。
口に含む、分析以前に「旨い」のひとこと。
とても余韻が長く続きます。
アタックは強烈な果実味。
喉越しはとても良くほど良いタンニンも素敵。
複雑な味わい、調和のとれた出来映え。
何も言うことはありません。うまい!

葡萄品種はテンプラニーリョといいます。
検索したら、天麩羅に合うって紹介していた
ページを発見しましたが、天麩羅のような
繊細な味わいに相乗するとは思えません。
駄洒落で人に薦めるな!っちゅーの!
リッチな肉料理とお愉しみ下さい。

budoubatake at 02:14コメント(0)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン 
このブログに挑戦してみようと思ったきっかけがあります。
過日、志ネットワーク代表の上甲晃氏の講演を聞いて
毎日毎日原稿を書き続けているうちに感覚が
とても鋭敏になった。というようなお話を拝聴して
それを体験(体感)しようと思ったからでした。
このブログは情報発信とともに自分自身の
五感を磨く一環でもあるのです。

しかし、この1ヶ月間を読み返すと当初の目的から
少しブレてたりするのをとても反省しました。
反省の元となるブログです。
ご覧下さい。

彼の生活、ただ者ではありません。感動しました。

budoubatake at 01:21コメント(0)トラックバック(0)元気 

2004年09月19日

29a8e2be.jpgNHK教育で「サンディーの優しいフラレッスン」をみました。
そうだったのかぁ!
フラのあの振りは全て歌詞と繋がっていて
踊り自身が「究極の手話」だったんだ。
世の中知らない事ばかり。
TVの前でマネをしたのは私だけではないはず!

実はアロハミュージックにハマっていて
家のリビングの有線はいつもハワイアンです。
いろんな曲の中で「アロハ(愛)」「マハロ(感謝)」
という単語が頻繁に登場します。
そんな言葉を体全体で表現するフラのダンサー達は
天使に見えてしまうのです。

ハレクラニのビーチサイドテラス
「ハウスウィズアウトキー」での
演奏とフラとポテトチップスの味を
思い出してしまいます。
それはそれは美しいサンセットだったのです。

budoubatake at 00:58コメント(0)トラックバック(1)アロハ・スピリット 

2004年09月18日

ワインパーティとヌーヴォのDMを送らせて頂きました。
1件の電話がありました。
「引越しで名古屋から遠くなりますので、もうDMは結構です」
感動しました。
自分に置き換えても引っ越す際に
DM送ってくれる先にわざわざ電話なんかしません。
変な話ですが次回送付する際にかかる郵便代金と郵便局さんの手間の為に
貴重な時間と電話料金を使ってくれたのです。
こういうあたたかい優しい心に出会う為には
もっともっと日頃のサービスの向上をしなくてはいけない
と身が引き締まりました。ありがとうございます。
合掌。

budoubatake at 00:45コメント(0)トラックバック(0)元気 

2004年09月17日

47f252b2.jpgThe Wine Bar というCDです。
クイックアンドクリエイティブアクションマンという名の
お友達が貸してくれました。

レコード会社はもちろん商売なので
たくさん売らなくてはなりません。
一般的にワインと相乗する音楽とは
いったいどんなジャンルなのかな?と
楽しみに拝聴しました。

私の考えるモノ、想像していたモノとの
ギャップに戸惑っています(笑)

このCDをワインの似合うお店で聴くなら
テーブルクロスはまずありません。
オープンテラスで街行く人を眺めながら
シャンパンとクロックムッシュ
だだくさに貪る感じ。
時間はアプレ・ミディです。

夜ならば、クラブっぽいカフェ風
ワインの色や香りを愉しむよりも
会話を愉しむ為にあるお店
そんな風情が似合いそう。
だとしたら、CDのジャケットのように
グラスになみなみとワインをそそいでも
OKです。大歓迎です。

そうそう、以前、初めて行ったワインバーの
扉を開けたら「吉田拓郎」がかかっていて
2度と足を運んでいません(笑)
癒しに効く音楽も人それぞれなのですね。

ちなみに私がワインの本を初めて読んだ時には
バロック音楽との相乗性が書かれていました。
いかが?

budoubatake at 02:18コメント(4)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年09月16日

58890555.jpg<ボジョレヌーヴォー空輸便11月18日到着>
Beaujolais Nouveau 2004 Louis Tete   
Beaujolais Villages Nouveau 2004 Maufoux

*今年も葡萄は順調に育ち9月18日に収穫だそうです。
*昨年はアッという間に売り切れましたので、できればご予約下さいね。


budoubatake at 01:34コメント(0)トラックバック(0)ワイン 

2004年09月15日

61f62e8f.gif日時:9月23日(木)秋分の日 19:00〜22:00の間
場所:葡萄畑2Fパーティルームにて(皆様でどうぞ)
入場料:1000yen 世界約50種のワインが飲み放題!
(食事は含まれません・試飲会です)

お客様に感謝の気持ちを込めて
そして、ワイン生産者、輸入業者はじめ
ワインに携わる方々へのリスペクトを込めて
イベントを開催いたします。

できるだけ味わいの違う物をご用意致しますので
とにもかくにもお楽しみ下さい!

あなたにとって新しい出会いと発見がありますように・・・

そして、一本一本に込められた想いや哲学を感じて頂けたなら幸いです。

budoubatake at 00:37コメント(0)トラックバック(0)ワイン 

2004年09月14日

451d6430.jpg私が初めてワインを美味しい!と認識したのは
ドイツワインとの出会いでした。
名古屋の輸入業者、株式会社稲葉さんは
当時ほとんどのアイテムがドイツで
いくつものワインを試飲させていただきましたが
このリープフラウミルヒは別格に感じました。
訳すと「聖母の乳」マリアさまのおっぱいです。
味・香り共に素晴らしくフルーティで
がぶがぶ飲んでしまいました。

この頃の私はレジャーマンと呼ばれ
車の中には常にテニス道具一式
ビーチボール・サッカーボール・クーラーボックス
などが常備されていて、どこに行くにも
ワインがいっしょでした。
特にプールやビーチではドイツワインは大ウケでした。
女の子には特に大好評!
オジサンからもわかりやすい美味しさで人気でした。

他社のリープフラウミルヒも飲んでみましたが
別物と思って良いでしょう。
稲葉さんとのお付き合いはかれこれ20年になりますが
輸入アイテムはどれも内容から言えば
2割ほど値打ち感があります。
オススメです!
リープの次は「モーゼル・ブリュムヒェン」「トロールメンヒェン」
をお試し下さい。間違いない。


budoubatake at 02:17コメント(4)トラックバック(0)私のワイン経歴 

2004年09月13日

9fec7493.jpg本日プレオープンで伺いました。
Cafe&Collection Joule (ジュール)
(名古屋市東区泉1-10-23 パムスガーデン2F
オレンジタウンの隣です)
100年の歴史、オールドノリタケの
コレクションを見ながら
素敵空間でお茶できる癒しのスペースです。
陶器好きな方は必見ですぞ!
ケーキもとっても美味しかった。
きっと週に3回は行くお店です。

budoubatake at 19:51コメント(0)トラックバック(0)レストラン 

2004年09月12日

07241e2f.jpgCh.ラフルール・ド・ローサック’01
(ボルドー・コート・ド・カスティヨン )
Ch.ド・ローサックのセカンドワインです。
濃いルビー色、脚は長い。
果実の濃縮した力強い香りと黒胡椒の香り。
グラスを回すと赤い花や果実の香りが華やぎます。
目の詰まったワインで樽の風味も感じられます。
口に含むと意外にキレのある味わい。
タンニンもしっかりしています。
バランスよく余韻も長めです。
ローストビーフや煮込んだお肉にピッタリです。
日本の家庭料理ならすき焼きに合いそうです。
適度に高級なお肉がイイでしょう。

蛇足ですが高級和牛ですき焼きならシャルドネの方がより相乗します。
霜降り牛肉はどうしてもくどいのでシャルドネの酸が
脂を洗い流してくれてより美味しく頂けるのです。
お試し下さい!


budoubatake at 00:52コメント(0)トラックバック(0)日本料理とも合わせやすいワイン 

2004年09月11日

828bb8fc.jpg長い長い夏でしたね。
秋にはJohn Pizzarelliがおすすめです。
イタリア系のアメリカ人。ヴォーカル兼ギター。
甘い声、特徴あるギターフレーズ
とにかくムード満点です。
最初に聴いたのは♪ニュー・スタンダード4ビートのロックンロールもあり
小粋なジャズに魅了されました。
ほとんどのアルバムを持っていますが
♪ディア・ミスター・コール
♪PS.ミスター・コール
この2枚ははずせません。

ピッツァでも頬張りながらイタリアワインと召し上がれ!

budoubatake at 02:02コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2004年09月10日

59ec9c2e.jpg私のワインとの出会いは20年ほど遡ります。
当時勤務していたカフェにおいていた
カリフォルニアのポールマッソン社
その名も「カリフォルニア・シャブリ」
今ではワイン法でこの名前は使えませんが
辛口白ワインの代表がシャブリという
イメージ作りに一役買っていたのではないでしょうか?
味は全く憶えていませんが、美味しかった記憶はないです(笑)
当時、「アメリカングラフィティ」や「グローイングアップ」といった青春映画がヒットしていて
オールディーズがリバイバルしていました。
♪テイスト・オブ・ハニーや
♪キッス・イズ・スィーター・ザン・ワインなどの歌詞から
ワインは当時「ファーストキスよりも甘い果実酒」と言う概念があって
辛口のワインを飲んでびっくりしたのでした。

budoubatake at 18:14コメント(0)トラックバック(0)私のワイン経歴 

2004年09月09日

7c1f5844.jpg過日の整体院での出来事。
私の待ち時間に診てもらっている方が
「どこの病院に行っても原因がわからないんですよ」
すると、間髪いれずに先生がこう言われました。
「良かったね。どこも悪くなくて。でも、
症状があるという事は原因は心にあるんだよ
気持ちを入れ替えるだけで症状はなくなるから大丈夫」

驚きです。そうだったのか!
「では今までの自分のいくつかの原因不明の痛みは
自分でつくった痛みだったのだ。」
思考は現実を造る。
現実から逃げたい気持ちがその時
きっとあったのだろうなと思いました。
でもでも、気持ちを入れ替える事
思考回路を変えることは難しいからねぇ〜

だから、ワインを飲んで仲間と語らうのです。

budoubatake at 00:25コメント(0)トラックバック(0)元気 

2004年09月08日

aa4f338d.jpg感動する映画が観たくて
I am Sam という映画を観ました。
泣けませんでした(少し泣けましたが)
挿入歌が全てビートルズのカヴァーなのですが
それがイマイチで、心が萎えてしまうのです。
カヴァーするなら本物以上の何かがないと・・・

小学校4年生の頃からのビートルズフリークで
私にとっては「聖域」なのです。
初めてビートルズのカヴァーで感動できたのは
タック&パティの♪インマイライフでした。
ボトムラインで生で聴いた時には涙が出ました。
他にも♪アイ・ウィル、♪ハニーパイなども
カヴァーしていますが、素晴らしい!

それに続く感動作品を発見。
ブルーノート・プレイズ・ザ・ビートルズです。
オムニバスアルバムですが
それぞれのアーティストが自由な発想で
ビートルズを奏でます。
とってもムーディーでこれはワインによく相乗します。
あなたの部屋が一瞬にしてBARに変身します。
少し照明を落として召し上がれ!


budoubatake at 00:27コメント(0)トラックバック(0)Beatles 

2004年09月07日

5236482b.jpg昨夜はメグ・ライアンの映画「フレンチ・キス」
観たのですが、メグちゃんの可愛いこと!
中盤でとても美しい南仏の風景が出てきます。
このあたりからとっても盛り上がるんです。
自作の「ネ・デュ・ヴァン」(香りのサンプル)
をメグちゃんに見せて、ワインの味わいを
教えるあたりからリュックが断然かっこよく
ダンディにそしてメグちゃんはよりキュートに
様変わりします。いい演技です。
ラストシーンの葡萄畑の風景とサッチモの唄う
「ラ・ヴィ・アン・ローズ」は素晴らしかった!

そんなわけで急に南仏のワインが飲みたくなったのでした。
コート・デ・ュ・ヴァントゥー・マ・フォンドレシェ’03
南仏のワインはお値段も手頃でおいしい物が
多いので、おすすめですよ!
外観は濃い目の色調にやや紫がかっています。
脚は中庸。香りはフレッシュな木苺や黒スグリの
ひときわボリュームのある香り。
ほのかにすみれの花の香りも感じられます。
グラスを回すと熟したフルーツの香りがします。
口当たりは柔らかで、タンニンもさほど強くは
ありませんが絶妙のバランスです。
ボリューム感もあり食事には最高ですが
DVD鑑賞のお伴に、スライスしたバゲットの上に
カマンベールなどをのっけてトーストして
つまみながら、画面の中の南仏気分に浸るのもGOOD!

budoubatake at 00:06コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ