2005年02月23日

33b47289.jpg元気です!プーケット
今日の朝刊でこの1面広告を見て
とっても嬉しい気分になりました。

スマトラ沖地震に何かしたかったけど
しそびれちゃったアナタ!
ここはひとつ、プーケットに出掛けてみてはいかがでしょう?
現地で贅沢に遊んじゃうのもプーケットの人達の
大きな活力になるはず。
タイランドは物価も安いし、食べ物は美味しい
海はキレイだし、人も優しい。
マイペンライの国だからね!

プーケット復興委員会 - タイ プーケット日本人会
タイランド政府観光庁HP

BGMはこれ!

おかげさまで、毎日更新半年です。
リンク・カテゴリー編集しなおしました。
これからもヨロシクです!



budoubatake at 00:39コメント(2)トラックバック(0)Loveland Thailand 

2005年02月22日

d6c882a3.jpgイタリアのファルネーゼ社はどれも美味しい!
このプリミテーヴォ’01も素晴らしいよ!
プーリア州の産するプリミティーヴォという
葡萄から造られています。
このブドウは、カリフォルニアでは
ジンファンデルと呼ばれています。
濃い紫色の混じった赤色。
ブラックベリーのやさしい香り。
黒胡椒を思わせる風味のある強いワインです。
でも、気軽にじゃぶじゃぶ飲んじゃってもOK!

プリミティヴな赤ワインには、プリミティヴな音楽がオススメ!
「キー・ホーアル~ジャーニー・オブ・ハワイアン・スラック・キー」マカナです!
ワイキキのタワーレコードでいちばん気に入ったアルバムです。
ジャケットの如く、分身の術のような
とても1本で弾いているとは思えないギタープレイなのですが
落ち着ける、アロハ気分満載の極上の1枚です。

3d04283d.jpg

budoubatake at 01:06コメント(5)トラックバック(1)気軽なデイリーワイン 

2005年02月21日

a9840e15.jpg過日のCDショップで購入した時の
ハズした衝動買いです(笑)
このジャケットの映画「卒業」のサウンドトラックに
入っている♪4月になれば彼女は って曲が
春の訪れと共に、毎年聴きたくなるのですが
今年は思い切って買ってしまいました。

この映画は68年だったんですね。
小学校か中学校当時に映画館で見たので
そんなに古い映画だとは知りませんでした。(充分古い)
リバイバルだったんですね。(死語?)

結婚式場で花嫁を奪ってバスに乗り込んだ時の
あのシーンは有名過ぎるほど有名ですよね。
でも、初めて見た幼少の私は「これからどうすんの?」と
将来のふたりに疑問符を付けずにいられなかった。
ぜんぜんハッピーエンドに感じられなかったのは
心配性だからでしょうか?(笑)

しかし、この映画の中で楽しめるサイモン&ガーファンクルの
♪サウンド・オブ・サイレンス、♪スカボロー・フェアの2曲が
強烈なインパクトがあって、即レコード屋さんに走ったのです。
サントラの中では♪4月になれば彼女は はインストだった
ような気がするのですが、AMAZONの試聴だと歌も入ってますね。
記憶違いなのかな?

S&Gはこの3曲があれば私的にはOKなのですが
卒業のサウンドトラックには、邪魔な曲(スンマセン)もあるので
ベスト盤を購入したのですが、♪スカボローフェアが
バージョン違いで入っていて、それが気に入らない。
まさか違うヴァージョンがあるなんて考えもしなかった。
卒業のイメージが好きな方は(詠唱)と書いてある方をお求め下さい。

♪4月になれば彼女は 
これからの季節にピッタリです。
花粉症にも効果が期待できます! (ウソ)



budoubatake at 23:53コメント(6)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2005年02月20日

8a87e46d.jpgスタジオジブリの作品はほとんど見ました。
けれど、私には正直魅力的ではないのです。
そんな話を昨夜は長々と話し込んでいました。
ワインとチーズと宮崎駿の夕べです(笑)


いろいろ話していて、気付いた事は
私が、子供の心で楽しめていないという事。

出てくるキャラクターのひとつひとつに
どんな理由があって、何を示唆して
何の象徴なのか?
などという見方がナンセンスだった、ということです。

そんな見方をしているから、ストーリーに馴染めないし
深読みしても、実は何もないのだと友人に言われて唖然。
もう一度、全作品見直さなければ・・・

まっさらになって「ハウルの動く城」を愉しみたいと思います。



budoubatake at 21:33コメント(3)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2005年02月19日

e9ed236f.jpgカリフォルニア、ワインロード
人生が熟成していく、贅沢な寄り道・・・

いいじゃないですか!
このコピー!
                   素敵じゃないですか!

映画「サイドウェイーSideway」です!

予告編で、すでにワクワクが止まらない!



budoubatake at 00:24コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2005年02月18日

aa668f38.jpg初めてバリ島に行ったのは
もう17年も前になります。
当時はウブドゥなんて舗装された道がなかった。
2週間の滞在で、バイクの免許も現地で取って
走り回ったよ。
クタの町も、今とは雲泥の差で
飛行場からホテルに向かうオンボロワンボックスの中
無事に帰ることができるのだろうか?と
メッチャ不安になったのを懐かしく思い出します。

当時は町のあちこちにカセット屋さんがあって
全部コピーなんだけど、1本150円位だった。
そこで買ったのがこのマックスロメオのWar ina Babylon。
だから、聴いているとジャマイカの音なのに
クタの夕日とクローブ煙草の香りが甦ってくるのです。

日本に帰ってきてマックスロメオのほかのアルバムを買ったら
歌詞カードにRastaman が誤植でPastaman と書かれていて爆笑しました!
平和を愛するピースフルマンがスパゲティを愛する人になっちゃってた。

このジャケット♪Johnny was にぴったり!


budoubatake at 00:59コメント(4)トラックバック(0)Love Jamaica 

2005年02月17日

29b02fa8.jpgノー・ウーマン・ノー・クライって曲は
ボブ・マーリーの曲の中で最も知られている曲
の中のひとつですよね。
ナッティドレッドに入っているスタジオバージョンは
有名なライブバージョンよりも軽くてやさしい感じ。

かつて、ジャパニーズレゲエのPJが
『「泣くな、女よ、泣くな」じゃないよ!
「泣かない女はいない」だからね! リスペクト!』って言っていた。

当時のロック・ブルース・パンク好きな奴らのハートを
鷲掴みにした「Live!」の中でのバージョンが有名で
スタジオ盤よりスロウなリズムでもの悲しい。でも「全てはうまくいくよ!」と
後半に何度も何度も叫ぶと、希望に満ちた激しいバラードとなるんだ。
♪トレンチタウンロックで始まるこのアルバムは
まさにどれだけ叩かれても痛みなどない、打たれれば打たれるほど
気持ち良くなるサウンドが満載!
リフのかっこ良さも、ルーツ・ロック・レゲエの頂点。

♪ノー・ウーマン・ノー・クライに戻るね
フージーズもBOOTLEG VERSIONSでカヴァーしているよ。
しかも、ボブの息子のスティーブ・マーリーが参加している。
ローリン・ヒルがソロになった時に出したアルバム
「ミスエデュケーション」のジャケットが
「バーニン」を模倣したまでは良かったが
ボブ・マーリーの息子ロアーン(リタとの子供ではないはず)と
結婚してしまうと、半端じゃないな!と・・・

だって、ジョン・レノンに憧れてミュージシャンになって
ショーンやジュリアンの子供を生みたいと考えるかな?
スゴイ行動力!種を欲する女性の本能としては並外れていますよね!

ジギー・マーリー、スティーブ・マーリーはリタの産んだ男の子。
ジュリアン・マーリーは確かミスジャマイカの彼女との子供だと思う。
ロアーンってのは何処の子なんでしょう?
しかし、ボブの子供は全て同じ声なんですよ。
もの凄い強い遺伝子ですよね!
HPで試聴してみてください!
ジュリアン・マーリーのビデオクリップも見られます!



budoubatake at 00:55コメント(5)トラックバック(2)Love Jamaica 

2005年02月16日

596bcf8a.jpg2月11日(金)フジテレビ「天国で逢おう」
〜末期ガンウインドサーファーの家族、その愛〜
見逃したのです! 誰かビデオ貸してくださ〜い!

その前日に、昨年放送された宇梶剛士さんナレーションの
ドキュメンタリーを深夜に偶然に見て感動したのですが
その続編が翌日放送されていたとは・・・・

私は「生かされている」という概念が、実はよくわかりません。
もちろん説明はできますよ。でも、腑に落ちていないのです。
頭でわかっているだけなら、わかっていないのと同じだからね。
腑に落ちないと行動は変わらない。

自分だって生れたからには死は必ずやってくるのであって
それがいつなのか? 
いつその日がやってくるのかは、わからない。

「あと半年です」と宣言された時に飯島さんのようにできるのかな?
最期の波乗りをした時の、必死の表情が頭にこびりついて離れない。
抗がん治療で体力がどんどんなくなっていく中で
訪れた、ウインドサーフィンに出会った場所での最期の波乗り。
弱々しいライディングとその後のつらそうな風情は涙を誘った。
御前崎だったかな?
飯島さんの友達も素敵な人だった。
笑顔でサヨナラをしていたから。

彼をウインドの世界にいざなった先輩も、若くして亡くなっていた。
闘病生活でお葬式に行けなかった彼が、死を目前にして
どんな気持ちで仏壇に参ったのでしょう。

「天国で逢おう」

そのひと言は、深くて重くて、美しく悲しい。
そして、この素敵な笑顔の向こうにあるものを考えると
時間は無限でない事を反省するのです。

飯島夏樹さんのエッセイもポジティブなヴァイブレーションが満載。
命懸けの日記なのです。 ぜひご覧下さい!


この肉体は、神様がくれた、僕らの生活で言えば「洋服」のようなもの。
くたびれたら次の洋服を着る。
魂は生き続けて、成長し続けるんだよね。
輪廻転生を飯島さんも知っているんだね。
興味ある方は「生きがいの創造」飯田史彦を読んでみてね。



budoubatake at 00:03コメント(0)トラックバック(2)TVから元気をもらう 

2005年02月15日

5cbb2b3d.jpgこの写真。とっても良くないですか?
ボブ・マーレーに続いてジャニス・ジョプリンです。
これまた、未発表曲とかが含まれていて
このジャケットなら、騙されても
飾っとけばいいか。なんて気持ちで買っちゃった。
ジャケット見ただけで、もう、声が聞こえてきちゃうもんね。
結論で言えば、選曲も良かったし、内容もOKでした!
♪Me and Bobby McGee ♪Trouble in Mind
この2曲の未発表バージョンは生々しくてよかったよ!
両方、伴奏はギター1本。

18 Essential Songs [BEST OF] [FROM US] [IMPORT]
Janis Joplin


ジャニスはNowが大事だった。
子供のように欲求に対して真っすぐ。
だから彼女のメッセージは至ってシンプル。
「もうちょっとだけ頑張ろう!」
「手に入れられる時にやっときな!」
このアルバムには入っていないけれど
♪クライ・ベイビーなんぞは
自分を振った男が、失恋して自分のところに帰ってきた時に
泣いていいんだよ。と慰める。まるで天使です。
でも、絞りだすような彼女の声は悲痛。

ジャニスのかすれた声に絡み付く歪んだギターと
忙しく音が動くベース。
ロックの女王と言われているけどリズム&ブルースだよね。
オーティス・レディングが聴きたくなっちゃった。
衝動買いの連鎖は恐ろしい・・・

今日「グラツィア」って雑誌で佐藤愛子さんのインタビューを読んだら
「目の前の欲求をいかに抑えるかがオトナなのです」
みたいな事言っていて、ジャニスを聴きながら
「欲しいものに真っすぐ」vs「理性」という図式が浮かんだけど
やっぱそれってバランス。
両方兼ね備えるのが素敵なオトナのような気がします。



budoubatake at 00:53コメント(10)トラックバック(1)ワインを美味しくする音楽 

2005年02月14日

43d7f1f3.jpg昨年、初めて沖縄(4月)ハワイ(8月)を体験しました。
風景がとっても似ている事に驚いたんだよね。
理由は簡単でした。
米軍の基地によって栄えた街。
でも、それは目に見える部分。
目に見えない部分には、多くの要素があるのね。
あくまで私の感じた事です。
<歴史>
1、侵略された過去を持つ。
2、もともとの民族は、マイノリティ。
3、公用語が近代に何度も変わっている。
琉球王国は日本ではないし、沖縄の人は日本人だと思っていない。
ハワイの人もアメリカ人だという自覚はない。
<人>
1、八百万の神を持っている。
2、人に優しい。
3、自然を大事にする。
4、調和を持ってよしとする。
このあたりが、目に見えない共通点。
ひめゆりの塔は重かった。
日本人として人間としてツラかった。
でも、沖縄とハワイと日本、同じ島の文化です。
忘れたものを取り戻さなくては・・・

さぁ!本題です。
ふんどしケアリイ出演のTV情報!

●2/20(日) 14:00〜14:54 
TBS系列全国放送 28局ネット
琉球放送創立50周年記念特別番組
「Aloha! 涙そうそう。
〜沖縄とハワイ
太平洋を隔てて通う島の心〜」

 BEGINがハワイ、オアフ、カウアイ、マウイの
ハワイ各島を巡りながら、沖縄とハワイの
共通点を探ります。またそれと同時に
ハワイの自然、風土の中から、ケアリー・レイシェル
が『涙そうそう』をカバーするに至った
背景を感じ、沖縄とハワイの魅力の原点の
共通性を見出し、島に生きる両者の
音楽を通した心の交流を描きます。

以上HPから抜粋。

<昨年4月13日の日記>
続きを読む

budoubatake at 00:17コメント(6)トラックバック(3)アロハ・スピリット 

2005年02月13日

98448294.jpg今日は、中途半端に時間が余ったんで
久し振りにCDショップに出掛けたんだ。
ウェイラーズのBurnin' [Deluxe Edition]
買うつもりだったのに、あれま!
いつの間にこんなにたくさん知らないアルバムが出てるの?
商魂逞しいと言うか、ちょっとした違いで
また、同じアルバム買わせるのかよ!
って感じに捉えていました。散々、散財したからね。あはは!

ラスタマン・ヴァイブレーション(デラックス・エディション)
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
買っちゃいました!
ところが、これまたハッピーな衝動買い!
聴いたら震えました。
コイツは、レコードもCDも持ってるのだけど
またまた更に買っても、何の文句もありません!
それどころか、こんなスリリングな演奏を聴いたのは
久し振りです。

まずは、音質の良さ。
それも、心得たリミックス。
一つ一つの音が突き刺すように響くんだよ。
ベースの音もタイトで深くなってる。
アイ・スリーのコーラスもイキイキと聴こえる。
だから全体がライヴ聴いてるようにスリリングなんだよ!
キミにも聴いてほしいな!

もともと、このアルバムは1本の映画を見るような
コンセプトアルバム。(だと私は思っている)
起:ポジティブなバイブレーションが大事なんだよ!
  オレにはこのレゲエのリズムがピッタリくるのさ!
  だから、言いたい事このご機嫌なリズムに乗せて
  言わせてもらうぜ!
承:ジャマイカの歴史と現状、社会のシステム。
転:ハイレ・セラシエの演説をレゲエのリズムで表現。
結:いつまでいたちごっこするのさ?
  平等の権利をオレたちにくれよ!
奴隷としてジャマイカに連れて来られた400年間を憂う
ブルーズであり、戦う音楽なんだな。
何の罪もない男の子が流れ弾に当って死んでしまう。
母親が頭を抱え涙する状況の描写とかね。
レゲエを単に陽気な音楽だと思ったら大間違いだよ!

未発表の別バージョンもダブも最高です!
2枚目のライヴはLIVE!とはまったく違った
イメージでとてもスローテンポ。
生のDub といった風情です。
興奮しました!




budoubatake at 00:58コメント(7)トラックバック(3)Love Jamaica 

2005年02月12日

8dde4e8c.jpg今日は滋賀に行ってきました。
お昼、名古屋は晴天だったのですが
滋賀の山の中は、気温2℃で雪でした。
2時間もかかんない所なのに
全然違うのは驚きです。

さぁ、今日は過日に引き続きローヌのワイン。
コート・デュ・ローヌ・ブラン'02
アンドレ・ブルネル家が造っています。
ここのシャトー・ヌフ・デュ・パプの赤も
とってもイイ造りで、パワフルで美味しいのですが
このローヌの白も素晴らしいのです。
葡萄品種はクレレット、ルーサンヌ、グルナッシュですが
香りにミネラルのニュアンスがあり、蜂蜜のような
甘い香りがあるので、ブラインドならシャルドネと
間違えてしまうかもしれません。
美しく輝く黄金色。
パイナップルやピーチの香り。
少し温度が上がると黄桃を感じます。
味わいは、すっきりとした辛口。
しかしながら、ちゃーんとボリューム感もあります。

35ebe939.jpgBGMにはコイツがおすすめだよ!
ボビー・コールドウェルの78年の名作。
What You Won't Do for Love特に♪My Flame
この曲は甘くてせつない。
春めいた日の海へのドライブにも最適。
あ! そんな日もあったっけ・・・・あはは!
ジャケットのデザインも素敵でしょ?



budoubatake at 02:56コメント(4)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン 

2005年02月11日

5f70172b.jpgセレブレティレッスン 
<春のシーズンティーを香りとともに楽しむ会>

紅茶のいれ方、飲み方、楽しみ方を
春摘みのシーズンティーでおいしく学びましょう。
ご自宅でお客様をお招きしてのティーパーティーには
紅茶と一緒に味わえる「香りのおもてなし」で
素敵な演出をしませんか。

日時:2005年3月6日(日)
。隠亜В娃亜腺隠院В械
■隠魁В娃亜腺隠粥В械
15:00〜16:30   各回定員5名

場所:mmm.インターナショナル。グループ 名古屋校
名古屋市中村区名駅3丁目13番28号名駅セブンスタービル803

料金:お一人様¥3,150.(材料費・税込)

内容:シーズンティー1種と、その他の紅茶2種
(花粉症対策の紅茶)のおいしい楽しみ方をお話しします。
紅茶の風味を充分に味わうためのお菓子もご用意いたしております。
また、テーマの紅茶に合わせた、おもてなしの
おしぼり用フレグランスをデザインして
お持ち帰りいただきます。

春の日のちょっと優雅なティーパーティーを楽しみにいらしてください。

申込:ジャパンスタイルフレグランス 大野智恵美




budoubatake at 00:48コメント(0)トラックバック(0)お知らせ 

2005年02月10日

a6b81b13.jpg北朝鮮戦。ハラハラさせてくれましたね。
前半4分で、小笠原が得点した時には
いったい何点入るのか?
なんて、楽観視していた人も多いのでは?

後半に1点返されてから、すぐに高原を投入。
そして、俊輔を入れたジーコの采配は良かった。
後半34分の大黒投入は、大きな賭けだった。
前回、カタかったからね。
時間がなくなってパワープレイに移った直後。
後半46分の大黒のシュートは素晴らしかった。
この写真の通り、振り向いてのシュートだからね。
あれは難しいシュートだよ。
ノートラップだしね!
ハズさなかった事が彼の持つ運とストライカーの素質!

俊輔は、やっぱり頼れる存在だね。
ピッチが落ち着くよ。
高原はあの後半33分のヘディングシュートだね。
普段なら決めてたんじゃないかな?

最終予選は始まったばかり。
わたしをドイツに連れてって!



budoubatake at 00:22コメント(2)トラックバック(6)サッカー 

2005年02月09日

6a9c8ced.jpg今日は尊敬する横山さんにお話を伺いました。
メッチャ忙しいお方なのに2時間も話してくれたよ。
要点は「常に変わり続ける事!」
自分は変わっているつもりでも、相手にとってどうか?
お客様の要望は、毎日変わっていくんだもんね。
決して現状には満足していなくても
なかなか変化できないのが人間の性。

68454ced.jpgそこで、薦めていただいたのが
大前研一先生の本。
「考える技術」 「50代からの選択」
さっそく買いに走ったよ。
とっても影響を受けそうな予感がアリアリ!
今日もハッピーな衝動買いをしたのでした。



budoubatake at 00:36コメント(0)トラックバック(2)座・読書 

2005年02月08日

d8ab9ad5.jpg♪You've Really Got a Hold on Me に続いて
胸を打つ大好きな8分の6拍子の曲を
紹介しますね!

♪Yes it is これも、なんど聴いてもイイ!
ビートルズがただのアイドルロックグループではなく
彼らのコーラスワークの素晴らしさを伝えた曲なのでは?
♪Ticket to Ride (涙の乗車券)のB面で
オリジナルアルバムには入っていなかった。
US盤の「ビートルズ検廚辰討里貌っていて
この1曲のために買った人も当時はいたはず。
その後は「ラブソングス」ってのが出て
そこでも聴けましたが、CD化はされていません。
今なら、パストマスターズで聴けます。
アウトテイクはアンソロジー2でどうぞ!

彼女とデートするんだけど、赤い服だけは着てこないで欲しい。
元彼女のことを想い出すから・・・
なんて曲なんですが、この曲のせいもあるのかも知れませんが
赤い服がなぜか大好き。あはは!
ビートルズの影響は深いのでした。

続きを読む

budoubatake at 03:19コメント(3)トラックバック(0)Beatles 

2005年02月07日

8e87b20b.jpgまたまた新入荷ワインです。
南仏の葡萄は太陽の恵みを受けて
とてもよく育つのです。
だから果実味があっておいしくて
しかもお値打ちなワインが多いんだよね!
色が濃いのも特徴のひとつです。
栽培される黒葡萄は、北部では主にシラー。
南部ではグルナッシュ・シラー・サンソー・カリニャンなどです。
ローヌではなんと生産の95%が赤ワイン。

このワインは、南部地区でシャトー・ルドティエの造る
コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ
ボーム・ド・ヴニーズ・キュベ・スペシアル。
より良い葡萄を選別して醸造しているから
味わいは格別です!
グルナッシュ60%・シラー30%・サンソー10%。
濃くて透き通らないルビー色。スパイシーな香り。
目の詰まった味わい。しかも豊な果実味で
バランスの取れた逸品。
あと味は優雅で、余韻の長さに驚きます。

あ、ソムリエの皆さん。ミュスカ・ボーム・ド・ヴニーズとは
全くの別物ですので、お気をつけ下さいね!




budoubatake at 00:07コメント(2)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年02月06日

fe0273b9.jpg♪You've Really Got a Hold on Me
この曲を、ダウンしているキミに贈ります。
8分の6拍子の曲が大好きなのですが
この曲は、自分の中でのロングセラー。
いつまで経っても色褪せない名曲です。
歌詞もイカしてる。私の中では
初期のビートルズの中ではNo.1です。


ギターの音とユニゾンのピアノ。そこから太いギターのイントロ。
ジョンの切ない歌声、コーラスも最高。
ブレイクも、せつなさがつのって、3分間の素敵なドラマを見せてくれる。
ポールの後半のコーラスも
「本当はオレがリードボーカルとりたがったゼ!」
くらいの勢いでシャウトしています。

赤盤・青盤の次に買ったのがこの「ビートルズNo.5」でした。
♪ロング・トール・サリーから始まる日本編集のLP盤。
♪スロウ・ダウンも魂を揺さぶるロックンロールだった。
ドイツ語版の♪シー・ラブズ・ユー♪抱きしめたい
が入っていて、まだ小学生だったんで、音で聴いていたから
今でも、ドイツ語で歌えます。

ま、余談はさておき、キミに早く元気になって欲しい。
励ましちゃいけないって言われたけど、ごめんね。

ブログを書くって作業は,ラヴレターなのかもしれないね。
今日は、キミのことだけ考えながら書きました。

続きを読む

budoubatake at 01:22コメント(0)トラックバック(1)Beatles 

2005年02月05日

875595d8.jpg新入荷!アウトーリ・バルベーラ'03
イタリア・ピエモンテ産です。
濃い赤紫色。樽香を含んだエレガントな香り。
すみれの花の香りにスパイスを少々。
脚はとても長く、ラベルを見ると13.5%の表示。
どきどきしながら口に含んでみると
第1のアタックは、フレッシュなベリー系の味わい
でも、飲み干した後から、いろいろと混じり合った
複雑な味わいと、とても長い余韻が残ります。
タンニンはやや控えめですが、上顎に収斂性が残ります。
うわぁ、こりゃいいわ!

見た目だけで、ケースで買っちゃったけれど
これは、オススメです!
ボトルも見た目がカッチョイイでしょ?
形もとってもラブリーでセクシーですヨ!

これをいっしょに飲みたい人は、ズバリ!
小島楓先生です!
エンディングロールが終わるまで見てしまう
そんなテレビドラマは他にありません。

0156756a.jpg






budoubatake at 00:31コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年02月04日

今日はね、朝9時から19時まで
尊敬するえのさんの会社の社員さんの
「科学性の法則論文発表会」に行ってきました。
もう、刺激的でメモりまくり。
整理が大変です。しかし、企業は人なり。
スゴイ人にはスゴイ人が集まるね。
10時間も座りっぱなしで聞いていたんだけど
疲れなんて微塵もない。
むしろ興奮して仕方ないんだよ。
今から、整理整頓します。

で、BGMに取り出したのがこのCD。
ローリング・ストーンズのスティル・ライフ
A列車で行こう!から始まる1982年のライブアルバム。
このアルバムは、フルボリュームで聴いて欲しい。
思わず腰が動いちゃうよ!
R&RからR&B。ロックの醍醐味の詰まったアルバムです。
まだ聴いてない人は要チェックだよ!
ノリノリ!

995abdf6.jpg










budoubatake at 22:53コメント(3)トラックバック(0)元気 

2005年02月03日

d5904ec3.jpgう〜ん、ジーコい〜ね!
本当は、ここで1失点くらいしておいた方が
北朝鮮戦に向けて、良かったのかもしれないけれど
鉄壁のディフェンスと、オーバーラップ。
前線のディフェンス。
10人がオールランドプレイヤー。
前回に引き続き、調子のいい小笠原を
ジーコはどうするのか?
これは見ものです。

宮本も、前日にフィットしていないとか
スポーツ新聞に書かれて奮起したのかな?
最近の日本代表はイケメン揃いだよね。
宮本も小笠原も玉田もジャニーズに居ても
おかしくない。決して違和感ないヨ。
2月9日。楽しみにしています!

今日の勉強会は、よかった!
録音したいくらいだった。

「知行合一」だからね。
今すぐするべき事は『自分の価値基準を明確にする』
明確にしたら、それを定義する。
定義したら、行動レベルに引き上げる。
それが「意識が現実を創る」という事なんだ。
Plan Do Check Action と似てるね。
まずは、今からお礼状を書きます。
最近、毎日書いてるなぁ・・・
モンブランさんからお礼状が来るかな?あはは!



budoubatake at 02:09コメント(2)トラックバック(0)サッカー 

2005年02月02日

eaf09685.jpg







涙さえ凍り付く
最果ての白い野に
つながれた 我が友よ 
明日を信じよう

音もなく降り積もる
シベリアの雪野原
魂が彷徨いつ 
異国の丘に

苦しみの果てに 儚く消えた
名もなき命 祈り続けた
愛する人の明日の幸せを

いつの日か甦る
故郷の青い空
妻よ子よ 父母よ
燃ゆる想いよ


この極寒のシベリアの大地に眠る日本人の数、およそ6万人
想像を絶する、飢えと寒さ。そして過酷な重労働。
彼らはこの三重苦の中で、次々と命を落とし
二度と故国、日本の土を踏む事はできませんでした。

続きを読む

budoubatake at 16:08コメント(0)トラックバック(0)観劇 

2005年02月01日

a1f40ccf.jpgVdPドック・シャルドネ・ヴィオニエ’03
新入荷です。久々の厚い味わいの白ワインです。
白ワインって爽やかなものを欲しがる方が
多いのですが、まったり系もいかしてますよ!
香りは、柑橘系。とっても爽やかな
第1印象なのですが、口に含むと
オイリーな舌触りにビックリします。
美しい黄金色。エキゾチックな
トロピカルフルーツのアロマが広がります。
バターを感じるこのワイン。
帆立のクリーム煮なんかには最適です!

このワインと愉しむなら、この曲です!

続きを読む

budoubatake at 00:05コメント(10)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年01月31日

4479cebe.jpgタータン旋風をご存知ですか?
ベイシティローラーズです!
そう、1976年日本上陸の時には
日本中が大騒ぎでした。
脳天気な50'sポップスの焼き直しなのですが
今聴いても、とっても良質なポップソングです。
キャッチーなメロディ、甘いレスリーの歌声。
「エジンバラの騎士」と自称し
ビートルズの再来とまで言われていたんだよね!

アメリカン・グラフィティが1973年。
カーペンターズの「ナウアンドゼン」も同年。
古き良きアメリカンポップスが注目される中での
♪バイバイベイビーや♪サタデーナイトは
日本中の女性ティーンズのハートを
がっちりつかんだのですが
♪イエスタディズヒーローを歌ってからは
過去の人になってしまったのは、いとおかし。

Webで検索かけると、いまだにファンクラブがあったり
最新情報があって驚かされます。
コピーバンドまで居るんだね。
拝見してみたい。
ってゆーか、参加してみたい。あはは。
We Want Rollers!の掛け声はかかるのでしょうか?

セントラルパークにタータンショップヨークという
女性服のブティックがあって、そこの前を通ると
♪S・A・T・U・R・DAYナイト!
って必ず頭の中で響き渡るのです。
え?キミも?
あーよかった。



budoubatake at 00:50コメント(4)トラックバック(1)元気 

2005年01月30日

dfc7ad56.jpg玉ちゃん、凄いぞ!2得点。
ジーコに対するバッシングも聞かなくなったね。
海外組に頼らなくとも、ガンガンいけるぜ!
アレックスも松田も頼もしいゼ!
1点目の、玉田のトラップからシュートの速さは
ド胆を抜かれましたよ。まさにストライカーです。
相手がたいした事なかったせいもありますが
常に数的優位を保っていたのも良かった。
オフシーズンにあれだけの運動量は相当キツいはずなのに
さすが代表ですね。特に小笠原は良かったと思うよ。
2月9日は期待が持てそうです。

今日の仕事の締めくくりにかかったのは
リンダ・ロンシュタットの♪ラブ・ミー・テンダー
カヴァーってのはこういうものだよ。
オリジナルを超えた存在。
エルビスも、もちろんいいけど、このアルバムのも本当にイイ!
♪Alison もコステロよりもこっちが好き!
♪White Rhythm and Blues もJDサウザーよりいいよ!
かつて、ウエストコーストサウンドにハマった
きっかけになったのは、イーグルスやドゥービーズよりも
このアルバムだったかもしれない。
愛してやまない、お気に入りの一枚です。
バンドをやっていて、アンサンブルについて
考えさせられたきっかけになったかもしれない。
楽器の関わりがシンプルながらも絶妙だからね。
ローラースケートを履いた姿には時代を感じますけどね。あはは!

fb293b51.jpg




budoubatake at 00:02コメント(2)トラックバック(0)サッカー 

2005年01月29日

3605a3ce.jpgシャトー サント・コロンブ’01です!
ハートのラベルと聖なる鳩が描かれたラベルは
まさに、バレンタインにピッタシ!
カロンセギュールがちょっと高いななんて
思っている人にオススメだよ!
産地はボルドーのコート・ド・カスティヨン
ツウからは、なめられがちな場所ではありますが
いいものもあるんですよね。
このシャトーの顧問はミシェル・ロラン氏!
もう、中身は保障されたも同然ですね。
メルローの魔術師。

濃いルビー色。アタックはやや軽めながらも
ほど良いタンニン。長い余韻。
ピーマンのフレーヴァーをあと味に感じます。
ラタトゥイユとともにいかがでしょうか?

西城秀樹も絶唱しています!「♪ロ〜ラン!」

266cb23a.jpg









budoubatake at 00:08コメント(2)トラックバック(0)愛を深めるワイン 

2005年01月28日

554f57a7.jpg新入荷ワインです。
ヴァンドペイ・ドック・メルロ・シラー’03
最近、富に人気の目の細かい、果実味溢れる
しかも、渋〜い赤ワイン。

まさにこいつは、あなたのハートに直撃の1本。
濃いルビー色。ブラックチェリーや胡椒の香り。

こいつを飲みながら、まっちゃんと営業会議。
「レストランの明日を考える会」
1時間の予定が、4時間だった。
家に帰って、朝刊を読みま〜す!

budoubatake at 04:53コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年01月27日

18f0ef02.jpg昨夜、深夜にブルース・ウィリスの
The Kid をTVでやってたんです。
1度見たのに、どんな映画か忘れてしまってて
見入ってしまいました。

40歳のバースディを迎える男の前に現れた
ひとりの少年。それは何と過去の自分だった。
8歳のバースディがトラウマになっていて
だけど自分は、それに気付かずに40歳を迎えようとしている。

記憶から飛んじゃっている自分の物の見方考え方を変えちゃった
トラウマと称される事柄に気付いている人は
多いのかな?少ないのかな?
私自身は、実はよくわかりません。

でも、この映画に託された「希望」と「勇気」
そして、自分や他人を「許すこころ」は
とっても染み入りました。
まさに、おとなのおとぎ話。
「救命病棟24時」を見てからだったんで
余計に染みたかもね。

この映画を好きな人は、マット・デイモンとロビン・ウィリアムスの
グッド・ウィル・ハンティング」がオススメだよ!
印象的な言葉は「It's not your Fault!」
自分を許し、他人を許し、涙が溢れるまで
同じ言葉を言い聞かせるシーンではこちらまで涙が出ます。
おヒマな時にどうぞ。
こころがきれいになります。
決して、狩猟(ハンティング)映画ではありません。(笑)

またまた、新入荷ワインがあるんで、明日紹介するね!


budoubatake at 00:06コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2005年01月26日

c2e642e3.jpg月刊プレーボーイで、レイ・チャールズ
1992年のインタビューを読んだのね。
61歳の彼が「もうやり残した事はない」
そう、言い切っているんです。
素晴らしい人生です。

映画「Ray」も評判いいので
ぜひ観てみたいですね。

HPの予告編を観ただけで、鳥肌が立っちゃった!

534933ee.jpg






ブルース・ブラザーズもおさらいの意味で
もう一度どうぞ!
レイのシーンは最高だよ!

レイ・チャールズの楽曲の中でも、やはり若い頃の方が好き。
60年代が圧倒的にカッコイイ!
でも、大好きな曲♪I Got a Woman は、ハニー・ドリッパーズ
バージョンの方が実は好きだったりします。あはは!

そうそう、来月の月刊プレイボーイ
「それはヤードバーズから始まった」
3大ギタリスト特集だよ!

7a624c5c.jpg

budoubatake at 00:08コメント(5)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年01月25日

945000f6.jpg風邪、大丈夫ですか?
2日前、起きたら喉が痛くて
昨日は、一日中頭が痛くて
割れるかと思いました。
でも、今朝起きたら絶好調!
やっぱり、バカは大丈夫なんですね。
あっはっは!

バンド仲間の藤井ちゃんがAloha なCDをたくさん貸してくれて
この一週間で、50枚ほど聴きました。あほですね!
でもね、ハワイアンって全てイイ!と思っていたけど
やっぱし良くないものもあるのね。(自分にとってですよ)
ま、当然なんですけど・・・・

しかし「ご縁」とは不思議なもので
ビギナーズラックが付き纏うような気がします。
音楽に然り、人に然り、ワインに然り。ね。

「ワインは悪酔いするから」
「ワインは頭が痛くなるから」
「ボージョレなんて赤ワインじゃねぇ!」などなど
いろんな話を聞きますが、それもやっぱ「ご縁」なんでしょうね。
私なんかも、かつて、ボルドー5級のシャトー・ポンテ・カネを
レストランで飲んだのが、初めての格付けボルドーだったわけですが
渋くて飲めなかったんです。(笑)

ところが、半分位の飲み残しを家に持って帰って
翌日飲んでみたら、あらま!
「昨日のワインと全然違う!ま〜るくなってる!」
こんな偶然から、赤ワインが飲めるようになったんですよ。(笑)
「ワインって生きてるんだ」って実感した瞬間でした。

そんな幸運な出会いを、レストラン葡萄畑でして欲しいんです。






budoubatake at 03:20コメント(0)トラックバック(0)私のワイン経歴 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ