2016年08月11日

004












『Baddest Japanese』(1990)
『Lover Boy』(1991)
20年以上ぶりに聴いてみたら良い!
やっぱこの頃のサウンド、好きだな。
チープな打ち込みリズムと太いベース。
Nahkiは貴重な存在だった。
カッコよかったな。

またデビューアルバムのように飄々と
「上を向いて歩こう」を歌って欲しい。

budoubatake at 23:32コメント(0)トラックバック(0)Love Jamaica 

2016年08月10日

13681078_1189465277770871_7748381441801437936_n

























Palaka Ishihara BANDが初の遠征である。
とうとう県外からオファーがかかるほどの
ナイスなバンドに成長したのか、といえば
さほどでもなく、どちらかといえば成長曲線の
プラトーの部分に差し掛かっていていちにちも早く
ひと皮むけてヒリヒリしたい今日この頃なのである。

そんな状況を知ってか知らずか在り難いオファー。
まことに僭越でございます。
先輩のみなさまにヒリヒリさせていただきます。

よくよく考えたら県外でライブは人生初である
まだまだ人生やってない事が意外にあるものだと
感慨もひとしおである。

そんなわけで『びわ湖スラック・キー・ジャンボリー』だ!

・日時 : 9月18日 お昼12時から18時頃まで 
・会場 : Rカフェ(滋賀県大津市北比良243)
https://www.facebook.com/events/1068510556549640/
・料金:前売り¥3500- 予約¥3800- 当日¥4000-
(前売りと予約は6/中頃より開始〜追って連絡先を公開します。)

※出店情報(5/21現在):
イシハラパラカ(パラカシャツ、オーダーもOK)
グッドスマイル鎌倉(スマイルグッズ、パラカグッズ)
ハッピーオンリーエブリデイ(パラカグッズ) 
ククルアエオ バイ アラニパラカ(パラカグッズ)
各アーティストのCD 他


出演者(6/16現在) :
山内ALANI雄喜
パイナップルシュガーハワイアンバンド(祝!結成40周年)
コオルア(マーティ&ノリコ)
カモク高橋
ハワイアナス(ダカイン鶴下&リカ)
タマシロマーケット
トレイルミックス(マカラニ&カリフソ)
シンタロウ
フイウララ
カマカニオハワイ
スレイタ
シン アンドウ
石川優美&ポノラニ
倉知誠
桑原功  他


協賛 :
アラニアロハサウンド(東京)http://www.alohasounds.com/index.html
シモギターズ(東京)http://www.shimoguitars.com/
イシハラパラカ(名古屋)
 https://www.facebook.com/honuleledesignworks/
ハワイアンスタイルカフェ ゼンベ(奈良)http://www.zenbe.in/
ラストギター(東京)http://lastguitar.com/
アラニトーンバー製作所(東京)https://www.facebook.com/Alani-Tone-bar-製作所-1631620757094000/
ウクレレ専門店&スクール ポエポエ(東京)
https://www.facebook.com/poepoe.nofofon/?hc_location=ufi
みどり楽器(名古屋)
https://m.facebook.com/profile.php?id=153471918088016
J'z Studioジェイズスタジオ(名古屋)
https://m.facebook.com/profile.php?id=286965971322315
Hawaiian Kitchensハワイアンキッチンズ(滋賀)
https://m.facebook.com/hawaiiankitchens/photos/?mt_nav=1
アロハシャツ専門店MountainOkinawaマウンテン(沖縄)
https://m.facebook.com/mountainokinawa/
伊江島 食の家 しまぶくろ(沖縄)
https://www.facebook.com/iishimabukuro/
不定期アラニ通信 主催 安藤伸
https://www.facebook.com/ando.shin?fref=ts
ブロウ インテリアデザイン(東京・奈良)

hulalele8palaka











今回このイベントに参加するのには理由がある。
40周年を迎えるパイナップルシュガーハワイアンバンドが出演するのだ。

もともとはPalaka Ishihara BANDはパイナップルシュガーハワイアンバンドの
トリビュートバンドとして結成したのであり、あっという間に脱線したが
もっとも敬意を表するバンドのひとつなのだ。
同じステージに立つのはおこがましいだろ、と言われそうだが
実際、そのとおりである。

パイナップルシュガーハワイアンバンドを見るためだけでも
来る価値のあるイベントだぞ。必見!

budoubatake at 20:34コメント(0)トラックバック(0)バンド 

2016年08月09日

8192850













オリンピックを見ていて「ん?ジョージア?どこの国?」
そう思った人はどれくらいいるのだろうか。

「アメリカのジョージア州が独立したのか?」
そう思った人はどれくらいいるのだろうか。

「エメラルドマウンテンがあるところだろうか?」
そう思った人はどれくらいいるのだろうか。

え?俺だけ?


budoubatake at 20:05コメント(0)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2016年08月08日

bobmarleyonelove




















過日おもしろい出会いがあったので記しておく。
26歳の男の子。
若くして海外で起業している。

あまりに個性的なので生い立ちを
カウンター越しにインタビューしていた。

今の彼を決定付けたのは大学生活の4年間だ。
聞けば100ヵ国以上の留学生がいるそうで
毎日が価値観の相違による激論。
そして協調と共感と違和感なのだそうだ。
私もそんな生活がしてみたかったぞ。
まさに「We are the World」な毎日だね、と言ったら
言わば「Shape the World」ですね、と返答があった。
互いの出っ張った部分を削って削って地球のように丸くなる
そういう考え方なのである。いたく共鳴した。

そんな彼らが学園祭だの飲み会だの、で盛り上がる音楽は
Bob Marleyなのだそうだ。100ヵ国以上の国々において
共通言語になっているのは「Imagine」や「Let it Be」ではなく
「One Love」や「Buffalo Soldier」なのだそうだ。

彼は日本の歴史もとてもよく勉強しており理解が深い。
そりゃいろんな国の人に説明しなきゃいけないわけだから
必死で勉強するわけだ。近代と未来の日本を語り合っていたら
数時間があっという間に過ぎていた。

おなじくらいの年齢なのに、息子にはこんなふうに話せない。
ものの見方考え方を強制しているような気になるからだ。
でもそういう世代ととことん話すのはとても心地良い時間だったのである。
っつーか、よくよく考えてみると国の名前と特徴を100言える人って居るのか?である。

budoubatake at 18:59コメント(0)トラックバック(0)元気Love Jamaica 

2016年08月07日

hulalele8pal











フラレレ8th. おつかれさまでした!
すばらしかった!
みんなの笑顔も素晴らしかったが
今回特筆すべきは、この手弁当のイベントが
回を重ね、みんながみんな自分の立場と役割を
ちゃんと自覚している「おとなのイベント」だからこそ
少数精鋭のスタッフで、しかもそのスタッフすら
走り回ることもなくアセった表情もなく
すべてが円滑に動いていた
そのすばらしさを強調したい。

8回を重ねるというのはこういうことなのか、と
代表吉田氏の手腕に舌を巻いたのであり
彼を中心としたファミリーなのだなと実感した。
類は朋を呼び、8年付き合える人間関係が礎だ。
しかも、それが500人を超えるのだからすごい。

1年生になったらともだち100人できるかな、などと
歌っていたのは遠い昔だが、8年生になって出演者だけで
500強の人、その全員が自分のイベントと思い行動しているのは
どう考えてもこのイベント以外に考えられない。
そこがすばらしいのである。

hulalele8palaka











Palaka Ishihara BANDは前回、フラとウクレレのイベントなのに
フラもウクレレも無いのにもかかわらず出演させていただき
あまりに恐縮だったので、今回はフラのバックを二曲と
みんなで踊れる曲を用意して万全の態勢だったが
巻き込みに時間がかかり過ぎてタイムオーバーしたらしく
またまた反省である。ごめんちゃい。

hulalele8p











そして、今回はみなさまから「おおしまさんってミュージシャンだったのね」と
多くの方からお声をかけて頂いたが、いえいえ、たまたま
ちょびっとベース弾ける程度で晴れの舞台に上げていただき
まことに恐縮だったのであるが、天使の歌声、歌声の天使
IZUMIちゃんとも2回目なのであり、オーディエンスからは
今回のほうが良かった!と賛辞を頂戴し感涙であるが
いくつもミストーンを出したのはひみつである。

13939502_1171844266191013_3640677271554930169_n










hulalele8











みんな、たくさんの写真をありがとう!
ことりさん、エディさん、後藤さんの写真しか
確認していないのでこれだけアップするけど
あとは老後の楽しみと遺影に使うかもしれないので
よろしくである。

13882175_1171843199524453_447279708723361051_n












スタッフのみなさま、吉田さんおつかれさまです。
参加者の皆様、ありがとう!
BBQや飲み物、デザートなどなど差し入れてくれたみなさん
ビッグ・マハロ!
感謝!感謝!!感謝!!!です。
また来年!
小枡でお会いしましょう。
Huleleleが最高さ!




budoubatake at 23:28コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年08月02日

carrzkiss_02182016115013980

















夕立そこまできている
雷ゴロゴロ ピカピカ
情容赦ないみたいだ
誰もが一目散へとどこかへ走る
カエルはうれしなきをしてる
男はどうした事かと 立ちつくすだけ
空の水が全部落ちてる






空がにわかに暗くなり、突然の雨。
この二曲があたまにうかぶ。
しかし、だ。
小中学生の頃の曲しか浮かばないのは、なぜだ。

budoubatake at 19:51コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年08月01日

51FDO9pZScL















Bobby Caldwellの3枚目のアルバムは1983年。
このアルバムを聴きながら内海にドライブに行った。
そのころは、大渋滞。
内海は一大観光地だった、そう。
「だった」のだ。
過去形である。

フラレレが今回8回目だから、8月の第一土曜は
今年が8回目になる。つまり7年連続で内海に行ってるのだが
渋滞を見かけた事もないし名鉄内海駅から
歩いてる人の波を見たこともない。

大好きな女の子とこのアルバムを聴いた頃。
あの頃よりも、海はずっときれいになってるのに
それを知らない人のなんと多いことか。

8月の始まりには3枚目「August Moon」がおすすめだ。
全体にノリの良い能天気さゆえに商業的にイマイチだった。
1曲目「Sherry」からご機嫌でロックなポップ。

でも、当時の彼女のことを思い出す時、聴きたくなるのは
やっぱり1枚目なのである。この曲を聴くと必ず思い出すし
彼女を思い出すとこの曲が聴きたくなる。




budoubatake at 02:23コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月31日

13892309_1046869662071201_7381945337518026294_n










風祭東『Panspermia』レコ発ライブ後夜祭ありがとうございました!
すばらしいライブでした。

回を重ねると、どうしても高望みしてしまいます。
次回のリクエスト、応えてくれるのだろうか。

budoubatake at 23:52コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月30日

ダウンロード (4)
















IZUMIちゃんのライブが終わって、翌日
ブログを書き終えた頃、のどに違和感を覚えた。
翌日はがっつりと腫れ上がってしまい、熱も出た。
真夏のくせにアロハの中にTシャツを着て
それでも寒いのでブランケットにくるまっていた。
察するに、知恵熱なのである。
ふだん使わない脳を使ったのでオーバーヒートしてしまったのだ。
我ながらさすがであり、情けなさナンバーワンである。

ロッドの最近はカヴァーばかりなのだが
それはそれで聴きごたえ充分である。



budoubatake at 03:08コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月29日

13428424_1077070162358070_3751772678179127111_n
























フラとウクレレのお祭りだからフラレレです。
おおしまくんの出番は17:00頃です。
Palaka Ishihara BAND
つづいて天使の歌声、歌声の天使
IZUMIちゃんのバックでBass弾きです。
愛に来てあいにーじゅー♪
(ハノハノはお休みさせて頂きます)

    = 記 =

  「HulaLele 8th」
日時:8月6日(土)10:00〜19:30
場所:小枡緑地
   愛知県知多郡南知多町内海小桝139
料金:入場無料

 *お食事はキッチンカーもあります。持ち込みもOK!BBQもできます。
 *各自思い思いに楽しめるイベントです。海もキレイ。(基本海水浴場です)
 *駐車場の終了時間にはお気を付け下さいね!

https://www.facebook.com/events/636413349845073/

budoubatake at 20:01コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月28日

105_4956
















ふと思った。
20代なかばで牛丼の食べ方を知ったのだが
当時の価格ってどれくらいだったのだろう。

1985年(昭和60年)で370円だそうだ。

おいおい、である。
今の価格、調べてみると30年も経過して
10円しかUPしてないじゃないか!
ゴルバチョフ、レーガン、中曽根の時代だぞ。
大昔である。

初めて吉野家の牛丼を食べた時
まったくなんの魅力もなかった。
ところが1985年ごろだ友人のひとりが
どうしても牛丼を食べたいというので付き合ったら
紅ショウガを真っ赤になるほどぶっかけて
ふりかけ(七味?一味?)をどっさり。
でもってなま卵。
なーんだ、そうやって食べるんだ。
まねをしたらハマってしまった。
今も年に一度は食べたくなる。

ウイングスがそんな(?)1985年を歌ったのは1973年だ。



P93_00581_L1-2_big

budoubatake at 21:52コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月24日

13690871_1034017666705212_8689241288010792983_n











すばらしい日だった。
2011年1月9日に、はじめて出会ったIZUMIちゃんと
いっしょにステージに立つことになろうとは。
人生、っつーか未来のページは
開くまでわからない。
「もうベースは弾かない」と弦をゆるめ
ハードケースにしまったのは四半世紀も前の出来事だ。
Palaka Ishihara BAND結成に伴いベースをまた
ハードケースから出してきたのが2年前。
それがこんなハッピーな出来事につながろうとは。

13754189_1034017830038529_673770156262839656_n











IZUMIちゃんの歌声を至近距離で聴けてしあわせだったぞ。
ほんとうにすばらしい。
演奏しながらも聴き惚れていた。

13731742_1034017776705201_6731306504817004800_n











8月6日(土)フラレレにて彼女とふたたびステージに立ちます。
野外ステージで潮風をたのしみながらお聴き下さい。

13728895_1034017276705251_782731010488237945_n











衣装提供はホヌレレデザインワークス
写真提供はコトリさん、そうそう彼との出会いも
2011年1月9日だったんだ。
声をかけてくれた吉田さん!
天才ミュージシャンJukeさん!
極上PA柏木さん!
会場に来てくれた、こころアロハなみなさま!
すばらしい一日でした。
Big Mahalo!
感謝。
また8月6日によろしくです!

13435476_1082137128518040_1382064187730880769_n

budoubatake at 19:46コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽ukulele life 

2016年07月20日

13645178_999757856812061_788026192365590845_n










竹内まりやの「ホールドオン」はご存じ杉真理の作品。
杉さんはアルバム「ソングライター」まりやは「ユニバーシティストリート」に収録。
甲乙つけ難い名曲であり、年に数度あたまのなかで鳴り響く。

まりやは時折「Hの音」がないので「おうどん」と聞こえるので
おなかがすいてしまうところが弱点である。
(Photo by ふみくん)









budoubatake at 23:32コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月19日

img20090508_p


















海の日にちなんで初期サザンを聴いていた。
「ステレオ太陽族」はきっといちばん聴いたのだろう。
細部まで覚えている。
しかも、このアルバムから連想するのは
海ではなく海の帰り道、北陸自動車道だ。
水晶浜に行っていた頃のテーマソングだったのだろう。

いまさら私ごときがいう事ではないが
彼の作詞能力ってのは彼の歌唱力なしには
ありえなかったと聴きながら思ったぞ。
かっこいいんだな。
音の響きが。
『我らパープー仲間』『ラッパとおじさん (Dear M.Y's Boogie)』のような
ふざけている曲において、それは著しい。

YouTubeにサザンがほとんどないってのはつまんないね。

budoubatake at 04:04コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月18日

13817221_1101080236640051_639539013_n












あずきバーは永遠です。
ハーゲンダッツのクリスピーサンドは
アイス最中をいとも軽く凌駕した。
最中にチョコを入れた発想は素晴らしかったが
甘さが強すぎてちょっとね、なのだ。
「おとなのチョコ最中」をつくったら
絶対売れるのにな。
そう考える人は多い。
のかな?


budoubatake at 01:57コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月17日

10291725_5450a47108964













月のきれいな夜に聴きたい音楽。
みんなそれぞれあるのだと思うけれど
夏のこんな夜風の心地良い夜に聴きたい曲は
ビーチボーイズの「Do you wanna Dance」なのだ。

「月明かりの下 踊らない?僕のベイビーになってくれよ」
そんな単純な歌詞が良いのである。





budoubatake at 01:15コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月16日

ar22073
















この情報は貴重なので自分用にメモ。
ただし、そんな細かい作業が
自分にできるのかが
おおいなる疑問である。

「レコード傷修復の技」
http://myfreebook.blog.jp/archives/1019367492.html

budoubatake at 00:10コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月15日

images (5)










「もみ上げ伸ばしたらエルヴィスに似てきましたねぇ」
「えっ?ヘルペスなら治ったよ」

おいおい、ジェームスよ。である。



budoubatake at 00:01コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月14日

images (4)











空耳:「木の子とボンジョビのピザください」

    ↓

正:「木の子とアンチョビのピザ」





budoubatake at 21:23コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月13日

c6ad41ee










「譲位」問題である。
ニュースもワイドショーもたいせつな言葉を言わない。
それは「国益」である。
諸外国とのお付き合いの中で
いつでもどこでも駆け付けられる機動性が
ご自分には欠乏しているとお感じなのではないのか。
日本の中では「象徴」でも
世界からは「国家元首」なのである。
なにしろ日本という国は世界最古の国家であり
その歴史は皇紀と呼び西暦2016年は皇紀2676年を数える。
世界の元首からは憧れの元首なのだ。
国家元首が外交できないことは国益を損なう、と
陛下はお考えなのではないのか。

マスコミも教育も「国益」という言葉を使うことに
アレルギーがあるのだろうか。
おかしなことである。

国民がしあわせでありますように。
すべてはうまくいきますように。
毎日祈っているのが神社の宮司であり
日本中のすべての神社の総本家が天皇陛下である。
つまり日本の宮司なのである。
(乱暴ですまん)

「生前退位」で問題になるのは
権力争いであろう。
しかし、今、憲法で言えば「象徴」である。
権力は、ない。
継承権も順位が明確であるからして
譲位なのである。
だとすれば、だ。

いまこそ「国民投票」なのではないのか。
法律を作ったり変えたり解釈を拡げたり
そんなことではなく、天皇陛下の思いに
賛同するか否かで即座に決めてしまえば良い。
それも「国益」であり陛下もご安心なのである。

浩宮様もすでに56歳である。
皇太弟となろう秋篠宮文仁親王も50歳。
陛下のために急がなくてはいけない。
82歳。
いちにちもはやく安心させてあげたいものである。

世界のために譲位を!とスリードッグナイトも歌っている。



budoubatake at 02:26コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月12日

ダウンロード (5)












男女のペアが入ってきた。
「ベースがあるんですね」
「?」
「ベースギターがあるんですね」
質問が悪い、声のかけ方がおかしい。
「はい」としか言えんぞ。

その時には入口入ってすぐの座席に
無造作に置かれていたのだが、通常はじめてのお客様は
いちばん奥に目が行くものであるので油断して置いていた。

せめて「ベース弾かれるんですか」などと話しかけてくれたら
ちょっぴり接近戦もやぶさかでないが、きっと
気の利かないやつなのだろうと思っていたら、案の定
数分後には連れ合いの女の子はうつむいて
鼻をすすっていた。

おいおい、別れ話かよ。である。
納得した。
別れ話をしなきゃいけない緊張感が彼の口から
どうでもいいことばを吐き出させたのだな。
人間極度の緊張に包まれると意味不明な事をする。

しかしなぁ。
レストランで別れ話をするのならもっと良い店があろうに。
しかも入店直後だもんな。
1時間近くずっと泣いてる女の子を見るのはつらい。
「別れ話は最後に」があたまの中で鳴っていた。

budoubatake at 21:32コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月11日

001

















ハブ酒である。
沖縄産。南都酒造所。
泡盛に13種のハーブとハブを漬け込んでつくるそうだ。
(ウイキョウ、チンビ、ケイヒ、鬱金、人参、リョウガニク
  丁字、カンゾウ、クコシ、カショウ、ゴカヒ、タイゾウ)
養命酒のように滋養強壮として飲むそうだが
食前酒としてハイボールならぬハブボールとして
つまり炭酸水で割って飲むと、だ。
肝機能が活性化して翌朝が楽なのだそうだが
過ぎたるは及ばざるがごとしなので気を付けたいものである。
ハイボールよりもスッキリしていてうまみもあるので
ついつい飲み過ぎてしまう。

BGMにはこいつがいい。
ハブ酒を飲んだことはあるかい。



budoubatake at 23:11コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月10日

13227719_1222377334446550_466169915058104271_o

















KO'OLUA (コオルア)さんDay!だったのである。

14:00からニューアルバム『E Mālie Mai(エ・マーリエ・マイ)』リリースライブ。
まずはリハーサルからやられた。
ノリちゃんの歌声が劇的に上手になっていたのだ。
「何か変えました?」と思わずインタビューしてしまったほどだ。
本人も気づかないうちに開眼してしまったようである。
そしてマーさんとのコーラスの精度がさらに向上した。
もう、たまんない、のである。
本番はオーディエンスも堪能したと思うぞ。

そして18:00からハワイアン・ナイトと称して開催している
Various ArtistsのライブにゲストとしてKO'OLUAさんに演奏してもらった。

この日は満席以上になっていたのだが、KO'OLUAさんの演奏、そう
ハワイ音楽を奏でる人たち全員がオーディエンスでもあるのだが
セッティングの時から、もうおしゃべりが止まってしまったのだ。
「プロの人はどんなセッティングをするんだろう」なんて意識で
見ていたのかも知れないな。
そこから演奏が終わるまで、誰ひとりひと言も発さない。
MCにも熱心に聴き入っていたのは印象的だった。

私自身は2ステージ拝見させていただいたわけだが、もう
感動の嵐である。彼らとの出会いは内海で「潮騒スラッキー」と
銘打ってイベントをした時にお手伝いさせていただいた時だから
もう6,7年経過しているのだが、今回が最高だった。

そして余韻の時間である。
全員がはけてからのお店には気の置けない仲間が集い
いかにKO'OLUAさんのライブがすばらしかったかを力説してたら
「CDを聴きたい」という声が聞かれたので、どうしようかな、と
躊躇したのだが、それはつまりスタジオ録音のクオリティと
ライブは別物だから、今の気分がトーンダウンしてしまったら
ちょっとせつないな、と頭をよぎってしまったのだ。

でもそれは完全に取りこし苦労なのであった。
サウンド極上。
もちろんライブに勝るものはないがとても素晴らしい出来栄えだ。

1曲目の「Hiʻilawe」からスラッキーのうつくしい響きと
うつくしいコーラスを堪能したと思ったら2曲目にして
いきなり意表を突く3拍子である。
「もう、どうにでもして」という乙女の気分である。
インストゥルメンタルもブルーグラス風のハワイアンもあり
この一枚でハワイ音楽を網羅できるのである。

ちなみにタイトルチューン『E Mālie Mai(エ・マーリエ・マイ)』は
ハワイ語で歌うオリジナルなのだが、日本の
数え歌のような童謡のようなニュアンスもあり
でも立派なハワイアンであり大好きなチューンだ。

もっとも驚いたのは裏表紙を見た時だ。
細かい文字でやたらたくさん書いてあるなと思ったら
すべての曲に対してスラッキーギターのチューニングが書いてある。
たとえば「Hiʻilawe」ならDのワヒネチューニングで
D-A-D-F♯-A-C♯ ってな具合である。

それって置き換えたら私のお店のメニューブックを見たら
レシピも書き添えてあるようなものなのである。
隠し味にクミンとほんのり蜂蜜入れてるんだけど
わかんないだろうな、ふっふっふ、などとほくそ笑む
おおしまくんとは器が違うのであり、なんという自信なんだと思うのだ。

長々と書いてしまったがKO'OLUAさんのニューアルバムは
ぜったいに「買い!」だと思うしお近くでライブがある際には
結婚式葬式以外ならキャンセルしても行くべきである。

Koolua

budoubatake at 23:49コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月09日

f5bf5206a25033355720adbf677f174a






















残席わずか。
ご予約はinfo@panspermia.jpへ!

あえて「後夜祭」と銘打つには、それなりの理由があると思うぞ。
ふっふっふ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

『Panspermia』レコ発LIVE IN 名古屋 後夜祭
2016年7月31日(日)
名古屋葡萄畑ハノハノ
http://hanohanoaloha.jimdo.com/
名古屋市中区 丸の内3-21-32 太田ビル1F
出 演:風祭 東&The Atmosphere(橋本 哲・金子 充伯)
開 場: 18:30/ 開演: 19:00
チケット:前売¥4,000/当日¥4,500
*飲食別途
ご予約、お問い合わせ
info@panspermia.jp

1985年にチューリップを脱退した安部俊幸
姫野達也とのALWAYS、杉真理との
Piccadilly Circusを経て
独自のポップミュージックを展開中。
そのビートリーな作風にも圧倒的な支持者が多い。

お食事しながらお気軽におたのしみください。

budoubatake at 03:17コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月08日

13517515_823559577774927_5100801078268019545_o




















ナイショのはなしだが、おおしまくんがベーシストデビューするらしいぞ。
なんと、IZUMIちゃんのサポートだ。
っつーか、Jukeさんのサポートかな。
お時間許せば是非!

https://www.facebook.com/events/129562767469858/

Izumi Pahēpuaokalani LIVE at Terrace
日時:7月24日(日)
場所:TERRACE(テラス)/中華
 愛知県半田市宮本町6丁目213−4
 0569-23-8891

時間:Open 12:00 / Start 13:00
Charge \5,500 (食事付)

★ご予約
090 3482 2559(吉田)まで

budoubatake at 03:03コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月07日

Paulgeorge











いつ何時にも集中と拡散が必要だ。
俯瞰する能力。
それは意識するだけで身に付くのだから
目の前に集中しながらも、いつも俯瞰していたらいい。

簡単な事なのに、ほとんどのひとができてない。
あ、俺もだ。

budoubatake at 02:53コメント(2)トラックバック(0)運気理論 

2016年07月06日

Better
















『Better Days』by Chris Daniels & the Kings

なんども繰り返して聴いている。
奇をてらったことは、ひとつもなく
肩の力は抜けまくり、空気のように音楽を奏でる。
もちろんシャウトなんてしない。

バンジョーやフラットマンドリン、フィドルの音色が心地よく響く。
すべてが自然だ。アメリカの音楽ってじつは
こんな感じなのかもしれないな。
魂が絶叫するようなものではなく、暮らしに寄り添った
ナチュラルな響きは広い大地を想像させる。
ただそこに在ることが自然な音楽。

こんなふうに音楽を奏でたいな。

budoubatake at 19:04コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2016年07月05日

images (3)








青山繁晴、私は大好きだ。
自民にも鋭い爪を立てていたのに
参院選に立候補するとは
まさに青天の霹靂である。

応援したい気もするが、このひとの
スタンスが変わってしまったら嫌だしな。

この選挙演説を聴いたら応援したくなった。
「青山繁晴って名前は覚えにくいから平仮名にしましょう」
そう言われて彼は激怒したそうだ。
「親からもらった名前を、親が考えに考えた名前を
 選挙ごときで変えられるか!」と。

こういう気骨のある人間にこそ日本を良い方向に導いて欲しい。
政党だとかにとらわれず、主張のできる人。
拉致被害者にずっとこだわってるひと。
とことん掘り下げる人。
天皇陛下を尊敬してる人。



budoubatake at 02:56コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月04日

B













選挙が近づくたびに、げんなりするのだ。
そう。
facebookだ。

応援したい気持ちはわかる。
しかし。

なにごとも、過ぎたるは及ばざるが如しである。
適度にね。

budoubatake at 01:08コメント(0)トラックバック(0)元気 

2016年07月03日

yuji

















愛逢月である。
藤沢からYuji、大阪から梅田くん、そして
西区から中島くんとプルちゃん。
後半には健介まで加わってくれた。

はなしは尽きない。

いいなぁ、なかまって。
クラスメートに久しぶりに会う感覚。
梅田君は初めてなのにいつの間にかクラスメートだ。

出会いに感謝。

budoubatake at 20:00コメント(0)トラックバック(0)元気 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ