2005年02月21日

パセリ・セージ・ローズマリー&タイム

a9840e15.jpg過日のCDショップで購入した時の
ハズした衝動買いです(笑)
このジャケットの映画「卒業」のサウンドトラックに
入っている♪4月になれば彼女は って曲が
春の訪れと共に、毎年聴きたくなるのですが
今年は思い切って買ってしまいました。

この映画は68年だったんですね。
小学校か中学校当時に映画館で見たので
そんなに古い映画だとは知りませんでした。(充分古い)
リバイバルだったんですね。(死語?)

結婚式場で花嫁を奪ってバスに乗り込んだ時の
あのシーンは有名過ぎるほど有名ですよね。
でも、初めて見た幼少の私は「これからどうすんの?」と
将来のふたりに疑問符を付けずにいられなかった。
ぜんぜんハッピーエンドに感じられなかったのは
心配性だからでしょうか?(笑)

しかし、この映画の中で楽しめるサイモン&ガーファンクルの
♪サウンド・オブ・サイレンス、♪スカボロー・フェアの2曲が
強烈なインパクトがあって、即レコード屋さんに走ったのです。
サントラの中では♪4月になれば彼女は はインストだった
ような気がするのですが、AMAZONの試聴だと歌も入ってますね。
記憶違いなのかな?

S&Gはこの3曲があれば私的にはOKなのですが
卒業のサウンドトラックには、邪魔な曲(スンマセン)もあるので
ベスト盤を購入したのですが、♪スカボローフェアが
バージョン違いで入っていて、それが気に入らない。
まさか違うヴァージョンがあるなんて考えもしなかった。
卒業のイメージが好きな方は(詠唱)と書いてある方をお求め下さい。

♪4月になれば彼女は 
これからの季節にピッタリです。
花粉症にも効果が期待できます! (ウソ)



budoubatake at 23:53コメント(6)トラックバック(0)どえりゃあ映画!  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by n_ayada   2005年02月22日 00:49
懐かしい!
S&Gは中学時代が甦ってきます。
友達の家で、こればかり、聴いたり、歌ったりしていました。
友達の部屋の間取りまで浮かんできましたよ(笑)
2. Posted by ワインセラピスト   2005年02月22日 02:59
> n_ayada さん、どうも!
私もなんです。ひとし君と語らった中学時代の日々が鮮明に甦るのです。
でも、S&Gと並んでいたのは「かぐや姫」なんです (笑)
ちょっとワインセラピーには不向きですよね、あはは!
3. Posted by oldblues   2005年02月22日 23:28
僕も最初に好きになったのは「サウンド・オブ・サイレンス」
でした。でも「卒業」を観た後は「ミセス・ロビンソン」の方が
好きになっていたんですよ

S&Gで好きなのは「故郷へ帰りたい」
これが僕のフェイバリットです
4. Posted by ワインセラピスト   2005年02月23日 14:54
>oldblues さん、ありがとうございます!
へぇ「卒業」を見てS&Gを知った私とは対照的ですね。
「故郷へ帰りたい」は♪Homeward Bound でしょうか?
輸入盤で購入したので、邦題がわかりません。あはは!
この曲だとしたら、Crosby,Stills,Nash&Youngっぽいかんじですね。
「小さな恋のメロディ」っぽいです。
5. Posted by t_monk   2005年02月25日 00:01
コメントありがとうございました。

「4月になれば彼女は」大好きな曲です。中学時代が蘇りますね。
ところで、自分もS&Gのアルバムの隣は「かぐや姫」でしたよ(笑)

自分は、大酒飲みですが、ワインには全く無知なんです。
というか、ワインの良さが分かってないんでしょうね・・

このブログで勉強します!
また来ますね。
6. Posted by ワインセラピスト   2005年02月25日 01:13
>t_monk さま、ありがとうございます!
コメントさせていただきましたが
ほんとうにズッと捜していたんです。
思い違いって恐ろしいですね。
これと似た間違いで「招き猫」の事を
ずっと「マネキン猫」だと思っていました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ