2005年02月26日

ポン!と背中を押してくれるMusic

昨日は、バンドの練習日でした。藤井ちゃんが突然
♪Three Little Birdsやりたいんだわぁ」って言い出したんです。
で、まぁいろいろと話していたら
「仕事の事で悩んでいたんだけど、この曲聴いてたら
なんかすっきりしちゃってさぁ!」

あるんだよねぇ〜・・・・
人生の節目節目に、出会うべくして出会う物や事や人、そして音楽。
腑に落ちる時ってのは、絶妙のタイミングなのでしょうね。
私にとっても、その時代その時代に自分への応援歌がありました。

10代後半は、佐野元春の♪ガラスのジェネレーション
「つまらないおとなにはなりたくない」
このひと言が、自分のモチベーションでした。

20代は、ビリー・ジョエルの♪My Life
Go Ahead with Your own Life,Leave Me Alone!
この部分にどれだけ勇気付けられたか。

30代は、スティーヴィー・ワンダーの
♪Don't You Worry About a Thing でした。
車の中で、何度繰り返し聴いたかわかりません。

まだまだたくさんあるけど、10年単位で考えたら
私の自分への応援歌ベスト3です。
音楽の持つエネルギーって、スゴイですよね!

af6125dd.jpg♪Three Little Birds のオリジナルはココで試聴できます。
Exodus [FROM US] [IMPORT]
Bob Marley & The Wailers


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 友達のような音楽 5  [ 「あいだ」にあるもの ]   2005年03月01日 21:51
もう一度書くけど、どうしてこんなに、こころに響くのだろう小坂忠さんの「People」最近友達に、「これいいよ〜聴いてみな」って買わせたら、もう最高に気に入ってしまって、こんな風に云ってた。『よく頑張ったね、もう充分頑張ったさ、君は素晴らしいよ』って慰めてもら

コメント一覧

1. Posted by lenmac   2005年02月27日 07:26
あー、僕も応援歌ってたくさん有ります!
一番勇気を貰ったのがbeatlesの「bad boy」。
カバー曲ですけど、高校時代にやな事が有る度に聴いてました。
ジョンの声に背中を押してもらってたんです。
あー、でもバンドで「Three Little Birds」をやるっていいですねー。
昔バンドでレゲエやったんですけど、レゲエにならなかった記憶が有ります。
あー、僕には裏のリズムが取れないんだーって、逆に音楽に打ちのめさせられました(笑)。

2. Posted by ワインセラピスト   2005年02月27日 17:40
>lenmac さんありがとう!
Hit me with Music!トレンチタウンロックですね!
なーんだ。レゲエも実は深く知ってるんですね。
そうなんですよ。はじめて♪ワンラブをコピーした時に
「なんじゃこりゃ!」って演奏になりましたからね。あはは!
でも、クラプトン(ディラン?)の♪ノック・オン・ザ・ヘブンズドアを
やったら、それらしくなったよ。
ブラックマンの偉大さを体感しました。
今回もウクレレが中心のアロハなレゲエなので
楽しく楽しく演奏すると思います。
♪Bad Boy は初期のロックンロールの中でも光ってますよね。
ブレイクするときのNow, junior, behave yourselfってとこが
すんごくセクシーなんですよね!
歌詞も、lenmac さんが学生服着てるイメージで読み直したら
ぴったんこで笑えましたよ。フラフープは別ですが (笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ