2005年03月06日

ボブ・マーリーに学ぶ経営学

80c4270b.jpgExodus のライブをビデオで見たよ。
ざっと10年以上振り。
有名なLive!というアルバムは1975年ロンドンでの収録ですが
その前日のライブでは、実は曲の構成が違うんです。
例えばノーウーマンノークライがサビから始まらないとかね。

今回見たライブは多分77年です。
これは、めちゃスリリングでした。
会社に置き換えると、ボブはもちろん社長。
で、コーラスやバンドは従業員です。
社長はその場のオーディエンス(客)のノリで
間奏を引き伸ばしたり、サビを繰り返したり
自由自在なわけです。
しかし、従業員はたいへんです。
自分の仕事に職人面して集中していたら変化に対応できません。
社長の一挙一動を見逃しません。常に集中しています。
何が起こっても対応できるように。
きっとそれがボブの求めるプロフェッショナルな演奏家なのでしょう。
♪クレイジーボールヘッドの途中から♪ラニングアウェイに変わり
再びクレイジーボールヘッドでエンディング。
次に何が起こるかわからないスリリングさはJazzのインプロヴィゼーションに
近い物があります。それをあの人数でやるのだからスゴイ。
しかも、このライブではボブは完全にラリっています。

ジャマイカといえばボブ・マーレーって感じですが
本名ロバート・ネスタ・マーレーがイギリス人とのハーフだ
という事実はあまり語られませんよね。
セントアンという田舎で育ったボブは自分だけが
肌の色が薄いのをとても気にしていた。差別を受けていたわけです。

愛と平和を歌うボブですが、少年時代は相当なワルだったのです。
父親は兵役でジャマイカに無責任に種を置いていっただけですし
半黒人の彼が生きていく為には、誰であろうがノシていくしかなかった。
そんな彼を人は「タフ・ゴング」と呼んだわけです。
(彼のレコードレーベルにもなっていますけどね)

マーカス・ガーベイの唱える「アフリカ回帰」と
エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世の「アフリカ統一」
これがラスタファリの始まりでありルーツです。
ラスタを知るには山川健一の「星とレゲエの島」をどうぞ!

奴隷として虐げられた400年間に対して♪Get up Stand Up!と
黒人(ブラックマン)を鼓舞しているのです。
♪Trenchtown Rock での
「音楽って奴はイイ、叩かれても痛みを感じないからね」は
ムチなどの暴力で労働を強要された事への怒りなのです。

ジャマイカではジャマイカ人扱いされなかったボブ・マーレーが
生誕60年で遺骨をエチオピアに埋葬し直すという話になると
急にジャマイカ人扱いになるというのもヘンな感じです。
観光収入の問題なのでしょうが、彼の掲げた
「愛と平和、基本的人権、アフリカ回帰」それよりも
スリリングな演奏と感情に訴える歌声やワンラブの精神が
時代を超えて継承されることを素晴らしいと思うし
世界中に彼のメッセージがいまだに発信される素晴らしさ。
ボブ・マーリーの不屈の魂は永遠なのです。

「目の前の巨人だって、元は赤ん坊だったんだぜ」
「お前らが大木なら、俺は小さな斧、いつかは切り倒してやる」
                ボブ・マーリー

fc70814e.jpg


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. AFRICA UNITE  [ 日曜日生まれ! ]   2005年03月24日 14:10
2. GILBERTO GIL『NO WOMEN,NO CRY〜ボブ・マーリーに捧ぐ〜』  [ hilowzダラダラ生態 ]   2005年05月19日 11:02
ブラジルの巨星ジルベルト・ジルがジャマイカの巨星ボブ・マーリーへのトリビュートアルバム。僕がブラジル音楽に少し興味を持つことになったアルバムです。ラテン系の音というものが、まだまだ無知に近いので、ジルベルト・ジルの事を説明しているウェブ上の文章をそのまま
レゲエと白飯で3食いけます。 こんにちは。僕です。 今日は、Best Box紹介したんだったら、ちゃんと説明せんとダメやないね。って言われる前に、 Bob Marleyさんの話です。 またぁって言われても、気にしません。 てか、Bob Marleyさんを紹介したのは、ブログ始めた

コメント一覧

1. Posted by hilowz   2005年05月19日 11:03
ノーウーマン・ノークライでたどり着きました!TBさせていただきました。
2. Posted by ワインセラピスト   2005年05月19日 16:51
hilowzさん、ありがとうございます。
アルファ・ブロンディご存知ですか?
「Masada」ってアルバムでボブを歌っているんですが
Why Should Black Hero Die so Soon って
そのフレーズだけで泣けますよ。
(14.Mystic Night Move)
ワインセラピストをクリックすると
アマゾンで試聴できます。
3. Posted by ぼんぼ太郎   2005年06月03日 21:43
ワインセラピストさんのこの記事。なんか凄い勉強になりました!
なるほど、なるほどの嵐です!
プロフェッショナルってのは、ああいう演奏の事を言うんでしょうね。
たしかに、映像見てたらそう思います。

とても、勉強になったので、TBさせていただきました!
ありがとございまっす!
これからも、遊びに来ます!
4. Posted by ワインセラピスト   2005年06月04日 16:23
ぼんぼ太郎 さん、はじめまして!ヤーマン!
今日はASWAD を聴いていますよ。
ボブ・マーレーと競演した事のある(コーラスでね)
数少ないミュージシャン。リスペクト!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ