2005年05月

2005年05月31日

2999eee4.jpg私が初めてこのワインを飲んだのは
20年程前になります。
初めて飲んだブルゴーニュでした。
お客様が「美味しいから飲んで」って
飲ませてくれたのですが
その美味しさに圧倒されて
途端にブルゴーニュ贔屓になっちゃった!

マコン・ヴィラージュ・シャムロワ'03
ルイ・ラトゥール社です。
光り輝く麦わら色。黄桃を思わせる香り
爽やかな辛口ですが、酸は少なく
ミネラルっぽい後味がとってもイイのです。
日本の食卓にも何の問題もなくフィットしますよ。
これからの季節なら鮎の塩焼きなんかにも
この味わいは良く相乗しそうです。


1693a5d7.jpgそんな頃に巷で大ヒットしていた
カルチャー・クラブの「君は完璧さ」
♪Do you really want to Hurt me
只今懐かしく聴いております。
どの曲も素晴らしいよ!
レゲエありソウルありカリビアンも。
とってもカラフルな上質なポップアルバム。
そうそう、今池の「カラーズ」ってクラブ。
学祭のノリで楽しかったよね。
知ってる人はもう少ないかな?

このマコンもボーイ・ジョージも私にとっては、いまだに完璧さ!
09639658.gif←クリック!if You have fun!

budoubatake at 03:36コメント(6)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年05月30日

4fcf3bca.jpgさぁ!W杯2006でドイツへ行くための
予習だよ!全員集合!
こいつはミッテルラインのワイン。
ライン河の両岸100kmに渡る地域。
生産地はバハラッハ(Bacharach)
綴りからも酒神バッカス(Bacchus)に
関係ありそう。(独語はわかんない)(訂正!独語もわかんない)

バカラッヒャー・リースリング・キャスパーR QbA.'00です。
甘いフルーティな果実味溢れる豊かな香り。
味わいにはボリュームがあり後味は
とても爽やかですっきりとしています。
初夏から秋まで特にオススメしたい1本です。
ドイツのワインはこれからの季節がいちばん美味しく
感じるんですよね。湿度が高い日本はどうしても
疲労が蓄積しやすいですでしょ?
キリッと冷やして召し上がれ!
カラダがシャッキリしますから。夏バテ防止に最適!

5710553d.jpgもちろん合わせる音は、こいつ!
バート・バカラック・プレゼンツ
「スウィート・メロディーズ」
どうしてって?
Burt Bacharachさんをドイツ語読みしたら
バハラッハですよ。
しかも珠玉の甘〜い歌が目白押し!

09639658.gif←クリック!if You have fun!

budoubatake at 00:26コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年05月29日

881aadde.jpgウイザーヒル・ピノ・ノワール'03
へぇ!ニュージーランドでもピノが
栽培されているんですね。
そういえば「ラストサムライ」や
「ロード・オブ・ザ・リング」は
NZで撮影されたんでしたよね。
暖かいイメージがありますが
あの景色なら美味しく育ちそうだな。

な〜んてワクワクしながら抜栓しましたよ!
とっても濃い赤紫色。ブルゴーニュとは
まるで違います。外観からすれば南フランス風。
しかも思いっ切り樽の香り。
口に含むとまずは元気な酸のアタック。
濃厚な赤い果実を感じ、ふくよかな余韻が残る。
フランスのピノ・ノワールでは考えられない味わい。
百聞は一見にしかず。
こりゃ、経験の為に飲んでおいた方が良いかもね。
09639658.gif←クリック!if You have fun!

budoubatake at 00:37コメント(0)トラックバック(0)ワイン 

2005年05月28日

0ebec15d.jpg日本vsUAE。観た?
小野の繰り出すパスは芸術だね!
小笠原もキープできる魅力がある。
このふたりは特に光ってたよ。
小野のアタマも光ってたけどね。

Jリーグ創生期のアメリカW杯予選などから
比べれば、サッカー技術の成長には
目を見張るものがあるよね。
あの頃は、アジアを相手に戦っていて
リードしていてもハラハラさせられた。
でも今は負ける気がまるでしませんよね。

きっと選手にとってもそうなんだよ。
格下相手の時にはモチベーションが低く感じられるよ。
昨夜だって一対一では誰も負けてないでしょ?
でも結果は負けちゃってるんだもん。
目の前の敵が敵ではないという事です。

6月3日には、美味しいシャンパーニュが飲みたいね!
09639658.gif←クリック!if You have fun!

budoubatake at 15:46コメント(5)トラックバック(1)サッカー 

2005年05月27日

1ea292a9.jpg2003年の夏、フランスは猛暑でした。
フランクフルト・モナコ・ニース
そしてパリに訪れたのは7月でした。
まじ暑かったよ。
思い出したくもないくらい暑かった。
でも、最高の出来だったんだよね。
ボージョレ地区は。

ボージョレ・ジョルジュ・デュブッフ'03です。
日本で久し振りにヌーヴォーが売れまくった年です。
ボージョレのワインはフレッシュ&フルーティが信条。
村名を名乗るもの以外は、フレッシュな内に飲むべし!

外観は液縁まで美しいバイオレット。
脚は長く、並みのボージョレではないことが
外観からも伺えます。
香りは煮詰めたイチゴやフランボワーズ、すみれの香り。
ちょっぴり複雑なスパイシーさも感じます。
最初のアタックはほんのりチェリーキャンディっぽい酸。
果実味豊かでボディもしっかりとしてタンニンも
良いバランスです。

昔から思っているのですが、お好み屋さんにぜひ置いて欲しいんです。
しかも濃厚なソースのお店にね。ボージョレは絶対合うよ。
大須の「しらかわ」をご存知の方は多いと思いますが
あそこのタイプのお好み焼きにはピッタリだね!

38dbccd4.jpg憶えてますか?で思い出したのは
ハニー・ドリッパーズVol.1
♪Sea of Love 大好きな曲なんだな。
アル・パチーノの「シー・オブ・ラブ」では
オリジナルが何回もかかっていました。
Do You Remember I Met You・・・・・
こいつも8分の6拍子だね。
ロバート・プラント、ジミー・ペイジ
ジェフ・ベックのユニット。
プロデュースはナイル・ロジャース。
このメンバーで50年代のヒットソングをカヴァーした
何回聴いても飽きない最高のサウンド。
オールディーズの甘酸っぱさとボージョレは
お似合いだと思いません?

09639658.gif←クリック!if You have fun!

budoubatake at 03:51コメント(2)トラックバック(1)気軽なデイリーワイン 

2005年05月26日

f71c9e7e.jpgカリテラ・シャルドネ・レセルヴァ'02
輝く黄色。ほんのりと樽香とミネラルの香り。
白いお花のブーケとパイナップルの香り。
すっきりとドライだが後味に樽が残る。
厚みのあるオイリーな舌触り。


私見ですが、樽の強く香るワインは
食中酒としては邪魔になるんです。
シャブリと同じシャルドネ種ですが
このワインは生牡蠣には不向きです。
でも、ワインだけを愉しむのなら
こいつはアリ。

唐突ですが、失恋した時。どうします?

09639658.gif←クリック!
続きを読む

budoubatake at 03:08コメント(4)トラックバック(0)ワイン 

2005年05月25日

f4e7f6c3.jpgマキシ・プリーストが大好き!
どれくらい好きかって言うと
横須賀まで観に行くほど大好き。
行ったのはもう何年も前ですけどね。
日差しが日毎に強くなってくると
車に乗ってる時間なんかは特に
Reggaeが俄然、気持ちイイ!


マキシのアルバムの中で、いちばん聴くのは
このサードアルバム「MAXI」
ジャケットも洒落てるし、中身が凄い!

ライナーノーツは、かのランキン・タクシーによるもの。
なんと、このアルバムは二日間で録音されたのだそうだ。
しかもトラックダウンは1日5曲。唖然ですよね。

ベレス・ハモンドとの♪How Can We Ease The Pain?
この曲が、最も好きな曲。こいつはオリジナルですが
♪Wild Worldはキャット・スティーブンス
♪Some Guys Have All the Luckはロバート・パーマー
♪ReasonsはおなじみEW&F、のカヴァーです。が
どれもマキシのオリジナルであるかの輝きがあります!

とっても洒落た洗練されたブリティッシュフィーリングと
抜群のうねりとハネたジャマイカンの混血のサウンド。
甘〜いマキシの歌声にとろけちゃう。

相乗するワインはコレだよ!
ルドヴィヒスヘーファー・ホーニッヒベルク・カビネット2002
本日2本も飲んでくれた浅田さん。また宜しくお願いします。

09639658.gif←クリック!

このアルバムの参加メンバーは続きを見てね。
レゲエ好きなら知ってる人ばかりで驚くよ。
このメンバー見たら、悪いはずがないと確信しちゃう。続きを読む

budoubatake at 02:00コメント(5)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年05月24日

edfab4a5.jpg南フランスは気候も温暖。
だから、フルーティで濃厚なワインが
とってもリーズナブルなお値段で
買えちゃうのが魅力ですよね。
いろんな造り手さんが、それぞれの
哲学で素晴らしいワインを造っています。
だから同じ名前のワインでも中身は
同じ物はひとつもありません。
ますますワインにハマっちゃうね!

コート・デュ・ローヌ・ヴィエイユ・ヴィーニュ'02
生産者はドメーヌ・ダンデゾン。
葡萄品種はシラー100%です。
ヴィエイユ・ヴィーニュ(Vieilles Vignes)とは
樹齢の高い葡萄から造った証です。
よく見かけるから覚えておいてね。
樹齢が高い事をことさら強調するには意味があるんです。

葡萄の樹はどんどん深く根を張るのですが。
いくつもの地層から養分を摂ってゆくために
味わいにも複雑さがうまれる。
てなわけです。

さてこのワインですが、濾過を全くしていないんですね。
ですのでとっても深い濃い赤紫色が、グラスに注いだ時の
泡にまで反映されて、最初の瞬間からわくわくします。
香りも豊かでラリってしまいそうです。
濾過していないのにも関わらず上品な味わいと
果実味豊かなアタック、それに負けないタンニン。
そしてうれしいチープなお値段。
こういうワインを見つけるのがソムリエの醍醐味です。

昨夜、こいつを5本も飲んじゃった住藤ちゃんたち。
ありがとう!また仕入れておきま〜す!
09639658.gif←クリック!

budoubatake at 22:50コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年05月23日

ee899335.jpg一日中雨でも気にしないんだもんね!
この曲をかけてご機嫌!
ビートルズの1966年のシングル
♪ペーパーバック・ライターの
B面で発表された♪レインって曲。
スリリングなドラムが響き
ファットなベースが忙しく駆け回る。
サイケなサウンドと爽やかなコーラス。

でも、この曲のいちばん好きなところは
ジョンの歌声と歌い方かもしれない。
♪Rain 〜 I don't mind
その箇所、人生の中での雨降りの日にも
「I don't mind」と、いつも傍らで
ジョンが励ましてくれるから。

サッカー日本代表vsペルー代表の結果も「I don't mind」

09639658.gif←クリック!

budoubatake at 00:43コメント(8)トラックバック(0)Beatles 

2005年05月22日

4c715f20.jpgいつも同じコンディション。
そんなの難しいですよね。同じワインでも
お料理の違いや環境の違い、はたまた
その前に飲んだワインの影響が残ってたり。
以前美味しいと思ったのに「あれれ?」
なんて経験ありますよね。

「シャブリ」ってワインはブルゴーニュのと言うよりは
世界中の辛口白ワインの代表とも言うべきワイン。
写真はシャブリ・ドメーヌ・コロンビエ'03です。
コイツの魅力は、いかなる季節にも美味しいという事。
ワインだけでも充分楽しめて、レモンライムの清涼感が
食欲をそそってくれるので食前酒にも良し。
食中にはもちろん効果絶大。
シャルドネらしさがとっても良く出ているので
肉厚で芳醇な飲み心地はココロにも効くよ。
どんなコンディションでもOKなのさ!

64dc4e07.jpgちょっと優しい音が聴きたくなって
ケイコ・リーの「imagine」を聴いています。
こころが落ち着きます。
お疲れの方にオススメ。
シャブリとごいっしょにどうぞ。

イマジン
09639658.gif←クリック!

budoubatake at 01:12コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年05月21日

1d580090.jpgボルドーのフロンサックのワイン
シャトー・ダレム’86 です。
もう19歳のワインだよ!
あまり語られる事のないフロンサック。
一般的にこの地域のワインはメルロー主体で
ポムロールに似た味わいと言われています。
フェイスはやや安っぽい感じですが (笑)

色は濃いルビー。液縁には褐色が混じっています。
品の良い香り、期待に胸膨らむ時です。
口に含むとタンニンは強くも弱くもなく
バランスの取れた印象を受けますが
アフターに甘みさえ感じてしまう。
これが「瓶熟」したワイン。
タンニンが溶けた古いボルドーは
やはり魅力的です。
あ!
検索してたら、葡萄畑は通販より安く売ってた!(笑えない・・・)

今日は2Fのパーティルームにハワイからの方々が
おみえになってたのですが、どこにいっても
日本食でもてなされるのでコンチネンタル料理は
とっても嬉しかったのだそうです。
私も、女性スタッフがたくさんの外国の方と接した事で
とっても興奮していた姿がとっても楽しかったな。
菜々子さん、ありがとう!

291ea233.jpgフレンドリーな彼らにも好評だったBGM。
「アロハヘヴン・オハナ」
オハナってのはハワイの言葉で
   「仲間・友達」
良い日本の旅でありますように!
09639658.gif←クリック!

budoubatake at 03:32コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年05月20日

ba010115.jpg1Fのレストランスペースにつくった
個室にアジアンテイストの照明と
タイシルクのジム・トンプソンの
クッションを置いたんです。
今日来てくれた生野さんには
わかってもらえてうれしかった。
「これ欲しいんだわぁ〜!」ってさ。

バンコクでスクンビットのウェスティンホテルに行った時に
ロビーでタイらしい色使いのクッションを見て
あまりの素敵さに、翌日即購入したんです。
しかも、何セットも。あはは。

象さんが幸せを運んでくれそうだもんね!
写真はわかりにくいかな?
じゃ、どアップで。

6a1ac37a.jpgタイランドのお土産には最高ですよ!
あ、男性には幅に流行があるネクタイよりも
パンツの方がよろこばれるよ。
ただし、洗濯が面倒ですけどね。あはは。

09639658.gif←クリック!

budoubatake at 00:43コメント(5)トラックバック(0)Loveland Thailand 

2005年05月19日

60989055.jpg雨の日を素敵に過ごせるBGMだよ!
もちろん片手にワイングラス。心に花束。
雑誌をパラパラめくったり読書のお供にも
オススメなのはジョン・ピザレリ。
「キッス・イン・ザ・レイン」
彼の歌声は、甘く切なく、そして
紡ぎ奏でるギターは一聴して彼とわかる。
オンリーワンのサウンドなのです。
編成もギター・ピアノ・ベースのスリーピース。
夜ならば、ジャズクラブに居るような気分で聴けるんです。
あ!
そうそう、名古屋BlueNote で8/10(水)に生で聴けるよ!

このアルバムは、他の彼のアルバムと比べれば
キャッチーな曲も少ないしメリハリも少ない。
でも、全体に流れる軽快さはこれから来る
梅雨さえも素敵な季節に変えちゃうよ。
ガーシュウィンの♪アイ・ガット・リズムは
ミュージカル「クレイジー・フォー・ユー」
場面を思い起こさせてくれるしね。

しかし、雨が降るとどうしてこんなに
紫陽花って美しいんだろうね。
e1b6b49f.jpg



09639658.gif←クリック!

budoubatake at 01:49コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年05月18日

2808b5fa.jpgシャンパーニュ地方では、とりわけ作柄が
良かった年のみ年号付の「ミレジム」と
称して醸造されます。
逆に言えば通常のワインのように年号を
入れられない理由があるわけで
つまりシャンパーニュ地方は非常に寒い。
葡萄の作柄にバラ付きが出てしまう。
それをカヴァーするために複合年での醸造が
法律で認可されているんですね。

この写真は、ロワールで買ってきたものです。
ヴーヴレのシャトー・ド・モンコントゥール'95
どう?シャンパーニュ地方以外での年号付の
スパークリングワインって見たことないでしょ?
思わず1ケース、重いのに持ってきましたよ。あはは。
値段は安いんですが想い(重い)のあるワインなので
なかなか開けらんないんです。
でも、あと3本しか残ってない。

ロワールは古城がたくさんある事で有名ですよね。
古くはとっても栄えた場所なんですよ。
当時はシャンパーニュ地方よりもヴーヴレの
スパークリングの方が飲まれていたんです。

残念ながらモンコントゥールは輸入されていないみたいですね。
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
09639658.gif←クリック!

budoubatake at 02:12コメント(2)トラックバック(0)特別な日のワイン 

2005年05月17日

9911c7b6.jpgラ・フィエフ・ド・ラグランジュ'01です。
1855年のボルドーの格付けで3級となった
シャトー・ラグランジュのセカンドワイン。
一時期は評判を落としていたシャトーですが
1983年にサントリーに経営権が移り
目まぐるしく評価を上げています。

セカンドワインというのは簡単に言えば2軍。
樹齢が若かったり、その年の葡萄の出来映えが
よくなかったりしてシャトーを名乗るには
気が引けるなぁ、ってのがセカンド。
しかし、シャトーによってはサードまであったり
無理やりセカンドワインを造っていたり
紛らわしいネーミングもあったりしてセカンド?
と思うと全く関係がなかったり注意が必要です。

さて、このワインですが外観は透き通らない赤紫色。
液縁までしっかりとパープルが見え発展途上である
事を教えてくれます。
脚はしっかりと長く、黒すぐり、ラズベリーや
黒胡椒に混じってほのかな樽の香りがします。
口に含めば、おー!サンジュリアン。
セカンドとはいえ味筋をきっちり守っています。
ハッピーなひと時を約束できるワインです。
お値段もそんなに奮発ってほどでもありません。
安くてガツン!と来るボルドーが飲みたいならどうぞ!

8011cee5.jpgこのワインに合わせるなら
「ディープ・パープル」でしょ!
アグレッシヴな味わいと上品さ。
しかもこのジャケット。
キャンドルサービス付です (笑)
バーン!と飲んじゃいましょう!
あ、お店ではかけないよ。あはは。

09639658.gif←クリック!

budoubatake at 01:16コメント(1)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年05月16日

270cc2d4.jpgロンバルディア州のワインを再入荷しました。
以前評判が良かったけど品切れていたんです。

ヴァルテリーナ・スペリオーレ’サッセッラ'99
ネラ家の造るしなやかでボディーのあるワイン。
外観は美しいルビーカラー。すみれの香りです。
しっかりとした果実味と味わいはとても魅力的。
奥行きのある味わいは歓びという言葉が似合いそう。
葡萄品種はキアヴェンナスカ。
お隣のピエモンテ州ではネッビオーロと呼ばれます。
有名なバローロやバルバレスコを産み出す葡萄です。

ヴァルテリーナ・スペリオーレは1998年に
D.O.C.からD.O.C.G.に格上げになったばかりです。
簡単に言えばイタリアのワイン法で
政府のお墨付きになったワイン。ということです。
現在21のD.O.C.G.しかない事を思えば
いちどは飲んでおきたいワインですよね。
先輩のバローロやバルバレスコよりも
お値段も手頃なんで是非トライしてみて下さい。
コストパフォーマンスの高さに驚きますよ!

bfd89ab5.jpgこのワインによく合うサウンドはこいつ!
シャーデーのラブ・デラックスです。
チョコレート色のヌードジャケットが
象徴するエロティックで繊細なアルバム。
甘く囁くような官能的なヴォーカルに
絡み付く図太いベースの重低音。
無駄な装飾を可能な限り削り落とし
奥行きのあるサウンドが包み込む。
しかも9曲ともが素敵なタイトル。
恋に落ちても知らないよ! (笑)

09639658.gif←クリック!続きを読む

budoubatake at 00:18コメント(2)トラックバック(1)飲んでおきたいワイン 

2005年05月15日

ワインと料理の相性をマリアージュって言います。
お互いのポテンシャルが融合する事により
更に個性が引き出され、高めあう。
ま、直訳での「結婚」と同じですね。

「生牡蠣にシャブリ」が漫画「神の雫」でも
話題になっていますね。定番的なマリアージュ。
その理由とはシャブリ地区の地質は
牡蠣殻が堆積した石灰質であり、そこで育つ
葡萄で作るから醸造してもミネラルの香りがして
海のミネラル香を多く含む生牡蠣と相乗する。
てなわけなんですね。
(その土地の地層や気候がワインに与える
       影響を「テロワール」と言います)

ところが、フランスの生牡蠣の産地
ブルターニュ地方に近い事から
いちばん合うのはロワールの「ミュスカデ」という
ワインだった時代もありますし
ボルドーの極甘口ワイン「ソーテルヌ」を合わせるのが
最高とされていた時代もあります。

要するに生牡蠣ひとつ取ってみても
辛口から極甘口まで、時代によって違ったマリアージュで
楽しまれているという事実があるんですね。
言葉が時代時代で違うように「食」も文化ですから
移り往く訳です。

マリアージュの定石なんて実はどうでもよくって
要はあなたが今食べたい物と飲みたいワインが
最高のマリアージュ!って事ですよ。
カラダが求めるから食べたいと思うわけだし
美味しいと思えるわけです。
でもって吸収も良く血となり肉となって健康になるわけ。

ちょっと話は違うけど、われわれの「結婚」も
ふたつの個性が互いを成長させる為のもの、と私は考えています。
ところが、時の流れは厳しい現実を目の前にもたらす事もあります。
人生の終点まではそれがいい事なのか悪いことなのかはわかんないよね。
今厳しいキミにエールを送ります!

さて、私の聴く最高のマリアージュはこれ!
今夜のブライダルパーティでも1曲目を使ったよ。
Diana Ross and Marvin Gaye [FROM US] [IMPORT]
2b3951cd.jpg






09639658.gif←クリック!

budoubatake at 00:31コメント(0)トラックバック(0)ワインに対する想い 

2005年05月14日

aa5c9772.jpg昼は冷房、夜は暖房・・・・
ヤン坊マー坊 天気予報!ですね。
健康にはお気を付け下さい。
今朝は名東区で整体の予約があったのですが
その前にヒルトンホテルに用事があったので
広小路通りを通ったんです。
時間に余裕を持たせていたんですが
余り過ぎちゃって、覚王山の日泰寺に参拝しました。

「日本で唯一タイ王国から送られた
お釈迦様の遺骨を安置する寺」
です。
明治37年に建てられたかなり歴史の新しい寺で
「覚王」とはお釈迦さまのことで
「日泰」は日本とタイランドの事なのです。
ですから、漢字とタイの文字で表記されている
類稀な寺院なのです。
「いつもこころにタイランド」をモットーにする私としては
ここを訪れると、平安な気持ちになれるんです。
万博で名古屋にお越しの方はぜひどうぞ!

リンカーン・ヘリテージ・コレクション・メルロー'01
前フリとは関係なくニュージーランドのワインです。
昨今とっても評価のあがってきたNZ。

色は美しいルビー。粘性は中庸。
チェリーキャンディーの香り。え?メルローらしくないなぁ〜
などと思いながら口に含むと、おや!
意外にしっかりとしたタンニン。控えめな樽香。
ニューワールドにありがちな甘ったるさは皆無。
すっきりとした味わいで余韻もしっかりとしています。
これはコストパフォーマンス高いかもね!
フランスのメルローとは全く別物の味わいですが
これはこれで愉しむべし!いや、たのしめるよ!
タイ料理には・・・・
うん!そう!イサーン地方の餅米とミンチを使った料理
名前は忘れましたが、あの料理とは合いそうですが
一般的な、辛い酸っぱいタイ料理には相乗しません。あはは!

09639658.gif←クリック!

budoubatake at 03:05コメント(2)トラックバック(0)Loveland Thailand 

2005年05月13日

6bdb0de9.jpg「そこに僕はいた」辻 仁成
今日は分厚い雲に遮られた久し振りの雨
疲れた体を癒すには丁度良い本だった。
辻 仁成の小中学校時代を書いたエッセイ。
彼を取り巻く友達のイキイキとした表情まで
手に取るようにわかる元気の出る本でしたよ。
いたずら、初恋、秘密基地、先生との関わり
全て自分の幼少時代に置き換えて
懐かしい気持ちでいっきに読んでしまいました。

小学校4年生の時、ひとし君の家で5人ほどで
遊んでいた時に誰かが「好きな女子だれ?」
などと言い始め、結局、5人が好きな女子の名前を
無記名で書き合ったのね。
結果は「とよながさん4票」「すぎもとさん1票」
瞬時に私の初恋の相手は4人にバレてしまったのです・・・
それが、ハメられたのか自然にわかっちゃったのかは
今も謎ですが、その1票の発表の時に、自分の顔が
火を噴く勢いで真っ赤になっていたのは間違いありません。(笑)

後日成人して、私の勤めるカフェに、偶然にすぎもとさんが
お客様で来ちゃったんです。
その時は、心臓が飛び出しそうなほどびっくりして
厨房に篭って彼女が帰るのをひたすら待ちました。
頭が真っ白になって何も考えられなくなってしまったんです。
今思えば、なんて純粋なんでしょう (笑)

ずっと忘れていたそんなマドンナの存在を
この本は思い出させてくれてちょっぴり赤面してしまったのでした。

ワインのマドンナといえばリープフラウミルヒです!
気軽で美味しいドイツワインでも飲みながら
薫風の日の読書にオススメ!
09639658.gif←クリック!

budoubatake at 00:02コメント(0)トラックバック(0)座・読書 

2005年05月12日

3bfd5396.jpgロビン・ウィリアムスの助演で
マット・デイモンの主役・出世作となった
「グッド・ウィル・ハンティング」
好きな映画ベスト5に入る作品です。
ベン・アフレックも田舎町のテディボーイが
ぴったりハマってかっこよかった。

「恋愛」「友情」「挑戦」「決断」「愛」
「勇気」「希望」そして「トラウマ」
この映画をひと言で表現するのは難しいね。

いたずらな悪ガキが心の傷を克服して
素晴らしいであろう未来に羽ばたく
青春の一ページを切り取った最高の映画です。
世代を超えた友情と愛情を伝えるロビン・ウィリアムスと
マット・デイモンの熱演も魅力ですが
この映画の全般に散りばめられた
言葉の言い回しがとっても素敵。
しかも、心に残る素晴らしいフレーズが
何度も繰り返し観たくさせるんですよね。

自分自身以上に愛するものがあるとき、人は本当に傷つくのだ。とかね。

女の子との出会いの時がまたイカしてる。
その台詞は観た人だけの特権。おしえないよ。あはは。

私のお気に入りはこのサウンドトラック・アルバム
エリオット・スミスのアコースティックサウンドが
映画を観終った時から耳にこびり付くのです。
三拍子の8曲目♪ビトゥイーン・ザ・バーズもいいね。
♪ミス・ミザリーのバンドサウンドでも彼の声は素敵だよ。
13曲目の8分の6拍子アル・グリーンの♪傷心の日々も泣かせる。

このアルバムは今夜みたいな季節はずれの冷たい夜にはよく似合います。

09639658.gif←クリック!

budoubatake at 00:55コメント(6)トラックバック(1)どえりゃあ映画! 

2005年05月11日

eafdccb1.jpgリニューアルオープンで多くの方に
ご来店頂き、そしてお花を頂いたり
幸せなひと時を過ごしております。
お客様が、お店の為にシャンパーニュを
抜いてくれて感激でした。
シャンパーニュ・レカミエ・ブリュット
ドラピエ社の造る評価の高いシャンパーニュです。
泡立ちもとってもイイ感じ。
ヒュー・ジョンソンも高得点を付けています。

ロゼではないのですが、ほんの〜りと
ピンクがかった色あいは美しく華やかでセクシーです!

ちょうど乾杯する時にかかったのがこの曲
ケアリイ・レイシェル♪イン・マイ・ライフ
ビートルズのカヴァーですがこれが適度に
ハワイの雰囲気で絶妙なテイストなんです。
このアルバムでは♪ナウ・アンド・フォーエヴァー
も聴けますが、ハワイ語との混合で
それもまた良し!です。
bc635267.jpg

budoubatake at 00:41コメント(2)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン 

2005年05月10日

7662ca0e.jpg「セレブレティレッスン」のお知らせです!
 ガラス作家石井あき
     & 
フレグランスコーディネーター
   大野智恵美


「ガラスのバーナーワークと夏の香りを楽しむ会」

熱を得て、自由自在に形を変えるガラスの世界、
ガラス作家のバーナーワーク実演を見学
そして、少しだけ体験してみましょう。

日時:2005年6月5日(日)
。隠亜В娃亜腺隠院В械
■隠魁В娃亜腺隠粥В械
15:00〜16:30   各回定員5名 

場所:mmm.インターナショナル。グループ 名古屋校
名古屋市中村区名駅3丁目13番28号名駅セブンスタービル803

料金:お一人様¥3,150.(材料費・税込)

内容:ガラスのバーナーワーク体験と作家が作った
   オーナメントを使ってオリジナルのボトルを
   製作していただきます。
   また、そのボトルの中には皆さんご自身で
   デザインした夏のお部屋をさわやかに演出する
   シトラスの香りを、つめてお持ち帰りいただく
   調香体験もございます。

申込:ジャパンスタイルフレグランス 大野智恵美
  名古屋市西区笠取町3−178
お問い合わせ:info@jstyle-f.com


budoubatake at 17:48コメント(0)トラックバック(0)お知らせ 

2005年05月09日

a78818fb.jpg皐月といえば新緑の季節ですね。
爽やかなドイツの白ワインを新入荷しました。
ドイツのワイン雑誌「WEINWELT」で2004年
リースリング・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに
輝いた造り手レー・ケンダーマン社の自信作
クラシック・リースリング'03です!
色はごく薄い黄色、ほんのり緑。
粘性は少なく水様ですが、素敵な香り。
ややミネラルのニュアンスを含みながら
白いお花の香りが漂います。

クラシックというのはドイツワインの新しい表記で
辛口のワインを指すのですがそんなにドライではなく
ほんのりと甘みを感じます。アルザスのような雰囲気ですね。
日本の食卓にも華を添えてくれますよ。
今美味しい浅利やこれから美味しい鱸の塩焼きでも
ぴったりフィットします。
もちろん洋風料理なら前菜やパスタなどにもOK!
スパイシーなアジアのお料理にも合いそうです。
いわゆる気軽な食卓での万能選手ですね。
お値段も手頃です。



budoubatake at 23:05コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年05月08日

ada360c2.jpgこれからワインを知りたい方にも
ワインを熟知している方にも
新しい出会いをお贈りします。

ヨーロッパの人々が日常の暮らしの中で
ワインを愉しむような、そんな普段着感覚。
ヨーロッパの石畳の下のワイン専用の酒蔵で
好みのワインを探してテイスティングする気分を
気軽に味わっていただけます。

フルボトルだけでなくグラスワインも
約10種類を常にご用意。
料理とワインの幾通りもの調和を
アジアンモダンなリゾート空間の中で
自由にお楽しみ下さい!

budoubatake at 23:29コメント(8)トラックバック(0)お知らせ 

2005年05月07日

119ea9bf.jpg改装工事もほぼ終了いたしました。
明日は、営業できる体制作りです。
東急ハンズにお買い物に行った帰りに
みどりちゃんに遭遇。しかも横断歩道で
お互いに信号待ちしてた。
わお!必然の偶然?
つい習慣で、目の前に起こった現象に
何らかの理由を探してしまう
急いでなければお茶しようか、とカフェ・ド・クリエ。
ふたりきりで話すのはずいぶん久し振りかもしれない。
「愛をもらう人と、愛を与える人、それらは同等の価値がある」
とか、他愛もない話ばかりだったけれど
お店と自宅の往復だけだった私にとっては
とってもリフレッシュの時間になったし
エネルギーを頂けたよ。ありがとう!さすがコーチ!

みどりちゃんのブログも元気をくれるよ。
あなたもどうぞ!
09639658.gif

budoubatake at 23:51コメント(6)トラックバック(0)元気 

2005年05月06日

33e79e16.jpgクリームの魅力は、次に何が起こるかわからないスリリングな演奏。
しかもそれがギターベース・ドラムの
スリーピースという所です。
ジャック・ブルースのベースばかり聴いていた
私は、普通のベースが弾けません。(笑)
同じフレーズを何度も弾く事が悪い事
もしくは、とってもダサいことのように思えてしまうから。
高校2年生の時にやったバンドでは♪サンシャインラブを
ギターとボーカルやったんです。無謀でした。(笑)

ご存知のとおり、ジンジャー・ベイカーもジャック・ブルースも
ジャズやクラシックを経由してブルースロックに移行しているので
多彩なプレイとフリージャズの影響をもろに噴出している。
それ故に、一音一音に芸術性を求めるしシュールレアリズムの世界を
音にしたようなプレイが聴けるのです。

いちばん若かったクラプトンはもちろんイニシアティブを
取っていたわけでなく、ギタープレイに徹していたからこそ
素晴らしい演奏が聴けるんだよね。
でもって、このグループの使命は破壊と創造。
ジャズやロックをフュージョンしながらベイシックな部分には
ブルーズがある、という構造なのですが。
当時のこの革命のパワーは今も衰えることなく伝わってくるんです。
クラプトンのこのグループでの最高傑作は♪バッジだと思う。
この曲は美しく、ビートルズのアビーロードに入っていても
違和感はなかったのではないかな?

クリーム初体験はヘヴィー・クリームという2枚組みのLPで
高校生の頃に買いましたが、当時はリフのかっこ良さのほうが大事で
ジミヘンを理解できるようになった20歳過ぎ、ようやく
クリームのサイケデリックな魅力を理解できるようになりました。
簡単に言えば、合法のドラッグですね。
大音量でクリームを聴けばトリップできちゃうんです。
いわゆる、ひとつの「癒し系」ですね。(笑)

しかし、今回のセットリストからすると、そんなに一曲に
時間を費やしてませんよね。きっと。
10月にDVDで今回のライブが見られそうですが
長〜いインプロヴィゼーションは期待できなさそうですね。
でもでも!クリーム再結成の音源
早く聴きたいなぁ〜!

お店の改装も順調です。
相当かっこいいので期待しててね!


budoubatake at 00:24コメント(7)トラックバック(4)ワインを美味しくする音楽 

2005年05月05日

4b6c8430.jpg「ワイン一杯だけの真実」という本が
目に入って買ってしまった。
村上龍の本を読んだのは20年近く前。
「愛と幻想のファシズム」に感動して
「コインロッカー・ベイビーズ」で虜になり
「69」で笑い転げ、エロティック路線に
なってから私的にはつまんなくなっちゃった。

86年のオーパスワンに始まる8種類の
ワイン好きなら誰もが知っているワインと
それに纏わるショートストーリー集です。

買ってしまった原因は最初のストーリーが
「ハワイには文化がない」から始まるんだけど
え!こいつオレとおんなじ事思ってんじゃんって
ビックリしたんだよ。
ハワイの第1印象はつまんない街だったんです。
文化を感じないから。
でも、1週間以上居たらハワイの土地が持つ
ヒーリングパワーを感じて「これなのか」と思うんだよ。
居るだけで心もカラダも健康になっていくんだよね。
「愛と感謝と調和」がベースだからね。

村上龍作品を久し振りに読んでみて、やはり体質に合わないと思ったよ。
こころがネガティブになるんだよね。
それぞれにそのワインの個性をちゃんと理解しているんだけど
登場人物は全て利己主義のいかれた人ばかりで
気分が悪くなってくるんだよね。
それを受け入れられた頃の自分もやっぱり
そういう側面を持っていたし、当時の自分は好きじゃない。
本棚はその人を映し出す鏡だね。

あ、村上龍の悪口みたいになっちゃったけど
今の私にフィットしないだけで、彼のとんがった姿勢は
素晴らしいと思うし、文章の組み立てもディテールも
本当に素晴らしいと思うよ。
清濁併せ呑む器用さが今の私にないだけです。
怒らないでね。



budoubatake at 00:40コメント(0)トラックバック(0)ワインの本 

2005年05月04日

3dbc042b.jpgロイヤル・アルバート・ホールでの
クリーム再結成のライヴでは
エリック・クラプトンが感涙を流したと
今朝の中日スポーツで拝見しました。
写真からはサイケなクリームなどは感じられず
ひたすらおやじばんどでしたが
内容は良かったようですね!
ラジオでも1曲目がI'm so Gladだったとの
話題が聞けましたが、詳細が知りた〜い!
新聞の写真では黒のストラト!
ジャック・ブルースはSGベースではなくヴァイオリンベースでしたよ!

関心があるのは、当時は歌が下手で歌わせてもらえなかった
エリック・クラプトンが、歌っているのかどうか?
何曲歌わせてもらってるんだろう?
だって、今や、立派なヴォーカリストですもんね。
当時は天才ギタリストの称号しかありませんでしたから。
でも、クリームの頃はわずか21歳ですよ、絶句。
今聴いても震えちゃうあのギターがそんな小僧が弾いていたとは。
ロイヤル・アルバート・ホールといえばクロスロード!

トラックバックにて情報宜しくお願いします!
4a0c0b93.jpg続きを読む

budoubatake at 15:42コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年05月03日

d71445f5.jpgライブ終了
総勢300名が猫になった日。
自分の中ではいろいろな発見がありました。
顔がなくなっても誰なのかわかる人と
そうでない人が居たりします。
顔が変わるだけで世界は変わるんだな。と。

自分自身、人に話しかけないと相手から認識してもらえないし
顔のない自分ってのは生まれて初めての経験だったから
ドギマギしたよ。
目上の人に挨拶しても「ところでキミだれ?」と言われたり(笑)

ライブの方はノリ一発で楽しめましたよ。
なんせブルーノートですから、音響は抜群!
ミキサーも良いし、設備も最高ですからね!

当日演奏した曲
ウクレレアコースティック
1、ラブ・ウィル・キープ・アス・アライブ(イーグルス)
2、スリー・リトル・バーズ(ボブ・マーレー)
懐かしロック
1、デトロイト・ロック・シティ(キッス)
2、タイムマシンにお願い(サディスティック・ミカ・バンド)
3、六本木心中(アンルイス)
4、勝手にしやがれ(沢田研二)
5、ありがとう(奥田民生・井上陽水)

どう?たのしそうでしょ?
たのしかったよ!

えのさん、ありがとう!

budoubatake at 01:21コメント(0)トラックバック(0)バンド 

2005年05月02日

8166cbcb.jpgお茶目なえのもとさんの鶴の一声で
始まったこのプロジェクト。
CATSパーティ!
参加者全員がネコに扮して楽しむパーティ!
とうとう明日催されます。
私はキッスのメイクでロック猫。
デトロイトロックシティで登場します。
総勢300人の猫たち。
栄の街でおかしな人たちを見かけたら
その中に私も居るかも知れません。
あはは!
346a6ea6.jpg

budoubatake at 00:41コメント(0)トラックバック(0)バンド 

2005年05月01日

61497db3.jpg昨日のタイトルを書いて、なんだか
どこかで聞いた響きだなぁなんて思ってたら
今日、書店で発見してしまった。
「みんな十九歳だった〜山川健一著」
人は十九歳の時にそのピークに達するのだ
とぼくは思う。仕事そのものはともかくとして
内面的には、十九歳にしてすでにピークに
達してしまうのだ。という文から始まるエッセイだ。

いきなり「違うよ」と言いたくなった。
人間の成長は「カラダは20歳まで、それ以降は
こころの成長です」と聞いたことがあるんだよね。
吉本興業の元常務取締役木村政雄さんの言葉です。
性格と人格というふたつの側面から考えれば
性格は19歳までに作られてしまい
人格を社会や環境と摺り合せながら創っていく。
そう考えるのならば、あながち間違いでないような気もするけどね・・・
(性格は先天的・人格は後天的)

でも、パラパラめくるとこの本はジャマイカの情報が知りたくて
読んだ事に気が付いたよ。ゲットーから来た音楽
レゲエやタスタファリズムを教えてくれる本なんて
当時は皆無に近かったから、貪るように読んだよ。
そして、山川健一の大好きなローリング・ストーンズも
この頃のアルバム「ダーティ・ワーク」では
レゲエトラックがあって(♪Too Rude)そのカラオケに合わせて
ト−スティング(ラップ)するジャマイカンも居たよね。
このアルバムは1曲目でいきなり刃物のような
鋭い切れ味のキースのギターで始まる全体に疾走感のあるアルバム。
最も好きなのは4曲目の♪Hold Back カッコいいったらありゃしない!
それが私がストーンズをまじめに聴き始めた最初だったかもしれない。
今となっては前後関係がわからなくなっているけれど。あはは。

でも、19歳を過ぎても音楽三昧だった私には
とても価値のある一冊だったのは紛れもない事実で
山川健一氏には感謝しています!
19歳の頃のような純粋さでいつまでも音楽に感動していたいな。

budoubatake at 23:49コメント(0)トラックバック(0)座・読書 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ