2005年11月

2005年11月30日

3b389b98.jpgコルビエール ドメーヌ デ トロワ アス'03
このラベルのASというのは生産者の
アルノー・シェさんのお父様その先代
3代続いて頭文字がASという所から
付けられたのだそうです。
決してASSではありません。 (笑)
葡萄品種はシラー、グルナッシュ、サンソー
シラー以外は老木を使っています。

外観は美しいルビー色。
最初のアタックは滑らかなタンニンのせいか
穏やかなのですが、飲み終えてからの余韻が長いんです。
思わずもうひと口。するとこのワインの魅力が見えてきます。
奥行きのある味わい。複雑みはあっても
どんなお料理にも相乗しそうな柔らかさ。
アルコール度数を見てみたら13.5%の表示でした。
やっぱ少し高めなんですね。

このワインにお似合いのサウンドと言えば
最初のアタックからノックアウト!
しかも余韻も長くエキサイティングなリディム。
ブルーノートの音のサンプリングもお見事!
しかしUS3,このアルバム以外は、買ったけどてんで聴いてないんです。
このアルバムは、死ぬほど聴きまくりました。
別テイクのミニアルバムまで買っちゃてんのよね。
お楽しみ下さい!

Hand on the Torch

このアルバムの出た頃はクラブに入り浸りでした。あはは。懐かしい〜!
そうそう、リディムってのはジャマイカの言葉でリズムを意味します。
♪Tukka Yoot's Riddim なんて曲も入ってますが
レゲエとヒップ・ホップそしてジャズの融合した
それはそれは素晴らしいアルバムなのです。

budoubatake at 02:24コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年11月29日

f4f4afa7.jpgお客様からメールが来て
「炬燵でヌーヴォを愉しんでます」
な〜んて報告でした。
私の家には炬燵が存在しないので
(部屋が狭くなるのがどうもね)
なんか羨ましかったよ。
友達の家に行った時とかさぁ
炬燵囲んで飲むワインって
な〜んかイイんだよな。

そんなわけで、炬燵のような暖かいBGMです。
BOB MARLEY & THE WAILERS: Welcome to Dubrock
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ / ウェルカム・トゥ・ダブロック

今年リリースされた奥様の「リタ・マーレー秘蔵の音源」との
ふれ込みに、ささやかな希望をいだいて聴いてみた。

初心者が聴いたらブッ飛ぶね!この音質の悪さ。(笑)
伸びちゃったテープをそのまんま使ってるんじゃないのかな?
だから音程も気持ち悪い。
「どこの後家さんもええ加減にして欲しいな」

けど「じゃぁま〜い〜か(ジャマイカ)」な〜んて
他事始めちゃうと、時々小気味良いスネアの音や
深いアナログ・リヴァーブ(ディレイ)で
だんだん遠ざかっていくボブの声に
思わず手が止まって聴き入っちゃうんです。
後半11曲目あたりからは少し音質も良くなるしね。
ウェイラーズの演奏はやっぱタイトでかっこいいよ。
ま、ボブあってのウェイラーズだけどね。
かつて「ジョー山中&ウェイラーズ」のアルバム聴いたら
ひっくり返ったもんな・・・

コアでディープなレゲエファン、もしくは絶対神のように
ボブ・マーレーを崇めてる人にはオススメの一枚。
こちらのDUBよりも聴きやすいよ。

budoubatake at 16:55コメント(0)トラックバック(0)Love Jamaica 

2005年11月28日

e912183d.jpg憂歌団を聴いています。
昨夜に引き続きブルーな気分ってなわけでは
ないのですが、ぴたっとはまるんです。
GOLDEN☆BEST/〜Complete Best 1974-1997
このベスト盤はいいよ!
「リラックスデラックス」「気分」「UKA」
このあたりの音が大好きなんだけど
いい感じにピックアップしてくれてて
その前後もいい選曲なんだよ。

カヴァー曲も「お嫁においで」
「ファンキー・モンキーベイビー」を
チョイスするあたりは「気が合うねぇ!」って感じ。

「ザ・エン歌」
特にこの曲が好きなんだよ。
勘太郎のギターの素晴らしさったらないよ!
♪酔払ってゆうのじゃ〜ないけれど〜
で始まるサビも花岡さんのベースもかっちょいい!

あとね、特筆すべきは「ALL OF ME」「SLOW BOAT TO CHINA」などの
ジャズのスタンダードの時のドラムの素晴らしさ。
木村のヴォーカルは唯一無二でこんな曲を歌っても
完全にブルーズなのさ。
「渚のボード・ウォーク」はドゥー・ワップの名曲だけど
この曲初めて聴いた時はバンドでコピーしたよ。
ちょうど「アメグラ」「グローイング・アップ」などの
映画がオールディーズ満載でサントラも大流行した頃だよ。

憂歌団の素敵なところは「Blues Band」の和訳を
バンド名にして、されどデルタ・ブルーズの模倣ではなく
オリジナリティ溢れる日本語のブルーズをやってるって事。
まさに「名は体を現す」だよね。

このアルバムは初心者にも、かつて聴き込んでいた人にもオススメです!
ひとりきりで飲むワインのおともにどうぞ。




budoubatake at 01:01コメント(18)トラックバック(1)ワインを美味しくする音楽 

2005年11月27日

bfe53658.jpgNothing is Real」
この言葉がとっても好き。
♪Strawberry Fields forever での
歌詞の中の一節です。
「なにもかもが現実じゃない」
そして続く次のフレーズでは
「it doesn't matter much to me」
このジョンの言葉もとっても好き。
「僕には関係ないけどね」って・・・
これらの言葉にずっと影響を受けている。

何かが起きたときにも「どっちでもいいじゃん」って
言える事は自分にとって「it doesn't matter much to me」であって
どっちに転んでも大勢に影響ない。

刃物が飛んできたらリアルだよ。瞬時に避けるから。
それ位のこと以外は「Nothing is Real」であり
「it doesn't matter much to me」なのさ。

先日、ともだちのはまちゃんが同じような話をしてて
「悩むというのは実はどっちでもいい事」という
神の言葉にも近い名言を置いていってくれた。

その言葉は、もうビートル・ジョンによって、物心ついた頃から
脳みそゴシゴシ洗われてたんでカラダに沁みついてるはずなのに
悩んでしまうしユートピアが欲しくなるんだよね。

「Living is easy with eyes closed」

それが完璧にできたなら
どれだけ煩悩が、少なくて済むのだろう?
あれ?
今日はネガティブ? (笑)続きを読む

budoubatake at 00:58コメント(8)トラックバック(1)Beatles 

2005年11月26日

85a54caa.jpgカセッタ・バルベーラ・ダルバ'98
イタリアのピエモンテ州産。
美しい赤紫色。7年の歴史を感じさせない
バイオレットが液縁まで続きます。
ややスパイシーな香りとお花のような
エレガントな香りにブラックベリーが
混じったような複雑な香り。
口あたりは軽やかですが余韻は長く
ドライな印象の中にベリーを感じ取れます。
さっと焼いたようなお肉料理に合わせたいですね。

あわせる音楽はこちら!
Pure Lovers, Vol. 6 [Compilation] [Import]
レゲエのラヴァーズロックのオムニバス。
4bf1ae73.jpgI Will Always Love You なんかも
愉しませてくれるよ。
何しろこのアルバムジャケットの
バイオレットがセクシーだよね。
打ち込みのレゲエに古い音の
サンプリングが混じりはじめた
93年リリース!

budoubatake at 00:38コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年11月25日

70213bd6.jpg寒い季節。
暖かい部屋で聴くJohn Lennon
とってもあたたかなんです。
最近はこの「マインド・ゲームス」
カラダの芯から暖めて頂いてます。
あの名作「ロックンロール」前夜の
ジョンの魂が、愛が全開のアルバム。

「I Know (I Know) 」はこの訳
とっても好きだな。

「Aisumasen」をリマスター盤で聴きたいと
ずっと思ってるんだけど、いまだ聴けず。

あいすいません!

毎日生まれかわります!

budoubatake at 00:06コメント(4)トラックバック(0)Beatles 

2005年11月24日

88596e59.jpgアロハ・バンドを結成して
本日が初めての練習だったのさ!
自分自身のデキには納得してないけれど
バンドのデキには満足してます!
楽しかった。ただ単純に楽しかった。

それでいいじゃん!
音を楽しむと書いて「音楽」だもん!
ハッピーで〜す。

ウクレレ2本とギター&パーカッション。
フラダンサーが2名。
かなり期待してもらっていいよ。
選曲もいいし。未来は無限だよ。
たのしい!とにかく楽しい!
まさに愛と感謝と調和だよ。

それがアロハ・ミュージックの醍醐味だね。
欲求不満を叩きつけるロックの世界とは
まるで真逆の癒しの世界。
奏でるまではいかないけれど
演奏してるだけでハッピーな気分になるよ
あとは、観て頂く人にそれが伝われば、最高だな。
来月の18日に初ステージで〜す!

先日、朝までミーティングした甲斐があったね!あはは。
今日みんなで音出してお酒飲んで、めっちゃ
ハワイに行きたくなったよ。恋しいよ。

ジャケットは「アロハ・ヘヴン〜マイ・ハワイ」
今回の選曲とはな〜んの関係もありませんが (笑)
まさにそんな気分だったので・・・・
このアルバムジャケットはアロハ・シャツをモチーフにしてるんですが
かっこいいんだよね。
このアロハ、欲しいな。

あ!このアルバムの中の♪Honolulu City Lights は課題曲だった。
この歌い方、とってもエロいんです。
わかるかな〜 (?)

追伸:昨夜のお星様と潮騒は最高でしたよ!海が好き!



budoubatake at 00:59コメント(2)トラックバック(0)ukulele life 

2005年11月23日

ac48e3f8.jpg今から忘年会に行ってきま〜す!
知多半島の先の方、内海までのドライブ。
汐風のなかで、潮騒の音と満天の星空を
眺めて深呼吸してこようと思います。
久し振りに海に逢えるよ。

おたんちんでコートを忘れてしまったので
長時間は無理だけど、汐風にあたって
冷えたら温泉で暖まってきます。

さぁ、あなたも「飲み過ぎ」に注意してね!

オフコースの「Three and two」
ジャック・ジョンソンの「on and on」
この2枚を携えて、行ってきま〜す!

budoubatake at 01:22コメント(0)トラックバック(0)元気 

2005年11月22日

47c62b9f.jpg酒は飲んでも飲まれるな!
昨夜はふじーちゃんとウクレレ持って
飲んでたら気付いたら朝だった。
この夜の長い季節に朝を迎えると
ちょっとヤバイ。 (笑)
出勤の人とすれ違うのは
日付の違い。損したような気分。

ふたりで聴いていたのは「HULA Le’a JAPAN」
日本のアーティストによるハワイアンなんだけど
これがメチャいけてるんです。
♪アロハ・オエなんぞは美しいコーラスのアカペラ。
♪ハナレイ ムーンが好きだな〜 って
いっしょに弾いてたんだよ。

ふじーちゃんは、歌を歌うために煙草をやめた。
水泳も始めたそうだ。肺活量を上げるためにね。
凄い心意気だ!感動!
その、ふじーちゃんは8:30から会議だと言っていたけど
ちんぷんかんぷんな会議になっていたでしょう。あはは。
酒は飲んでも飲まれるな!だよ。
これからの季節、要注意!



budoubatake at 16:32コメント(0)トラックバック(1)アロハ・スピリット 

2005年11月21日

9c0b3bec.jpg滋賀の神社です。
今日は天気が良かったので
高速道路を走ってる時から
山々の美しかった事!
神々しいというか
自然がすでに芸術の域ですね。
去年も書いたけれどススキが
本当にきれいなんだよね。

木々の葉が「赤・黄・緑」のラスタカラー
そこに混じるゴールドに輝くススキは
ほんとうに心を豊かにしてくれます。
日本人でよかったよ。

本日のドライブのBGMはこいつ!
ジョン・ピザレリの「ニュー・スタンダード」
こいつはワインのBGMにも最高!
フォー・ビートのロックンロールもアリの
甘〜い歌声のジャズアルバム。
「小沢さ〜ん!甘いよ〜!甘すぎるよ〜!」

New Standards


budoubatake at 00:33コメント(2)トラックバック(0)元気 

2005年11月20日

5113207e.jpg衆議院議員 片山さつきさん。
TVで彼女を拝見すると
なぜだかわかんないけれど
この曲が聴きたくなるんです。
「真夏の出来事」平山三紀

私の中では片山さつきさんの
テーマソングとなっています。


c5d8e80b.jpg平山三紀は個性的な声と
その小悪魔的な風貌と歌詞で
一世を風靡したんですよ〜
私はほんのりあと追いですけどね。
ビジュアル的にかなりタイプなんだよな。
70年代のヒッピー風でいかしてます。
ちょっと遊び人でHっぽいお姉さま。(笑)


「筒美京平 TRACKS 」
彼女のトンガった感じと小悪魔的な歌詞を
満喫できる最高の一枚!

平山三紀と片山さつきさんは
どこでつながってるのかな?
なんで連想しちゃうのかな?
髪型?

8c6412ee.jpgえ?片山さつきさんと飲みたいワイン?
「・・・・・・・・・・・・・・」

平山三紀と飲む機会があったら
彼女に合わせて何でもOKだよ!あはは!
どんなワインだろうが焼酎だろうが
ビールだろうが媚薬になっちゃう!
このジャケット!か〜わいぃ〜!
でも今、何歳?




budoubatake at 00:50コメント(2)トラックバック(0)元気 

2005年11月19日

debb7355.jpg先日、お客様のリクエストで
結婚20周年のバースディヴィンテージの
ワインを捜して欲しいと頼まれたんだよ。
でもね、20年前のワインって
けっこう難しかったりするじゃん。
保管の問題とかで、あけたら
痛んでたっていったら洒落になんないでしょ?

で私が選んだのが、アルザスのゲヴェルツの
セレクション・ド・グランノーブルのヴァンダンジュ・タルディヴ
厳選した遅摘みの貴腐葡萄から造られた貴重品。
気候条件と葡萄の生育が良くないとできないから
毎年造れるとは限らないんです。

だから結婚記念日には最適かな?と思ってね。
この極甘口のデザートワインは長期保存も簡単なのさ。

すごく凝ったデザインのボトルデザインだったけれど
写真撮るの忘れちゃった。残念!

そんなわけで結婚20周年を迎えても
甘〜いおふたりには、この音楽でハイになって欲しいな

Cheap Trick「Live at 武道館」
7曲目の♪I want you to want me(邦題:甘い罠)
デザートワインでふたりで乾杯!
いつまでも‘甘いわな〜’  ってことで・・・・(日毎寒さが募ります)


budoubatake at 18:18コメント(6)トラックバック(0)特別な日のワイン 

2005年11月18日

43d330c1.jpg「とりあえずビール!」
その言葉を今日は聞きませんでしたね。
満員御礼!
ありがとうございました!
今やコンビニでも買えるのに
わざわざお店で飲んで頂けるんだから
自宅で飲む以上に美味しく感じて頂けるよう
グラスにもお食事にも注意を払いました。
よろこんで頂けてなによりです。

お客様のひけたお店の中で
ボージョレ・ヌーヴォーと愉しんだのは
フレッシュ&フルーティなこのアルバム。

去年アラモアナの近くのタワーレコードで
試聴して購入したハワイのイーグルス
(勝手にそう呼ばせてもらってます)
ポノの「ホーム・オブ・マイン」
ハワイアンと英語の曲が半々。
全て素晴らしいハーモニーとアコースティックな演奏。
デビューアルバムだと確か書いてあった。

aaa18b88.jpgフレッシュ&フルーティで
「愛と感謝と調和」を感じる
珠玉の一枚なのです。
寒くなってきたけれど
あたたかな気持ちにさせてくれる音楽と
ボージョレのマリアージュは最高だよ!

budoubatake at 01:55コメント(2)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン 

2005年11月17日

c612433e.jpg今年の穫れたて到着です!
どうしてかわかんないけど
「解禁」という甘〜いキャッチコピーが
こころを躍らせるよね。
わくわく!どきどき!ほっかほか!
ひと足お先に「いっただきま〜す!」

今年の葡萄畑は2種に絞り込みました。
モーフーのヴィラージュとルイ・テット。
酒屋さんやコンビニで買えるものは、ご自宅でどうぞ!
葡萄畑でしか飲めない! な〜んてわけじゃないけれど
私のチョイスには自信があるよ。
バランスよくフレッシュでフルーティ。
毎年いろいろ買うけれどいつも安定して美味しいのは
このふたつなのさ! 

ボージョレ・ヌーヴォはガメィって葡萄品種から造られるんだけど
モノによって違いますが、共通してイチゴの香りがします。
それを感じてラリるほど嗅いでから飲んでみてね。
さらに美味しくなるから。

ボージョレ名物の「田舎風パテ」なんかも
しこたま造っておいたので、ぜひいっしょに愉しんでね!

「今年も健康な葡萄が収穫できて良かったね!」
「神様、大地の恵をありがとう!」
「ワイン生産者の方々の1年の努力に感謝!」そんな気持ちで乾杯して欲しいな。

ボジョレの人々、そして素晴らしい大地と太陽に乾杯!

(今年の作柄よりも暴動の方が気になってしまうけどね)

そうそう!
タイトルとは関係ないけれど、サッカー日本代表の試合は観た?
後半しか見てないんですが、松井の「伸びしろ」のすごさったらないよね!
海外移籍でふたまわり程大きくなりました。
1対1で負けない。しかも2対1でも負けない!

ジーコジャパンに若い次世代の選手が生まれたことが
この試合の大きな収穫だよね。
阿部もがんばったよ。
W杯がたのしみだね。

budoubatake at 01:48コメント(6)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年11月16日

7ae6b2cb.jpg最近は空気も乾燥してきて
夜空がとってもキレイですね!
今夜は満月です。
名古屋は曇ってて見られませんが・・・・
このあいだの多度でも星がキレイに見えたけど
先日夜中に鈴鹿山脈のふもとに出掛けた時には
満天の星に驚いたんですよ〜。
もう本当にキレイ。

その道すがらに聴いていたのがLeon Ware
「リオン・ウェア」そして「Inside Is Love」
元気の出るソウルミュージック。
マーヴィン・ゲイを好きな人にはオススメだよ。

歌も声も素敵なんだけれど
ひとつひとつの楽器の関わり方がとってもいいんですよね。
アンサンブルに無駄がないんです。

最近の彼の作品はもっとセクシーさに磨きがかかってて
美しい夜空とワインがあったなら
めっちゃセクシーな気分になるのかもね。

ワインは媚薬。ふたりで飲めばセクシーな飲み物。
そこにリオン・ウェアが流れてたら・・・・
間違いない。 (あ、間違っちゃう場合もあるよね;笑)


budoubatake at 00:54コメント(8)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年11月15日

61663147.jpg昨夜、ナゴヤドームの横を通ったら
やたら凄い人がうじゃうじゃいて
風船持ったりして、年齢層も
性別もバッラバラだったので
何があったのかと思ったら
サザンオールスターズだったのね。
20年以上この人気ってすごいよね!
私がいちばん聴いたのはこいつ。

♪われわれもわれも君たちもパープ〜!って
「我等パープー仲間」や「栞のテーマ」が入ってる
『ステレオ太陽族』
初期3作の素人っぽい勢いも良かったけれど
このアルバムはタイトルも内容もジャケットも良かった。
ちょうど車の免許取った頃だったしね。
この頃から、車は移動オーディオルームだったのさ!

サザンのサウンドは「あ!これクラプトン」とか「ポリスだ!」とか
その時その時の桑田の好みや音の出所がリアルにわかっておもしろかったな。
でもCDでは一枚も買いなおしてないんだよね。
あんなに聴いてたのに・・・・

budoubatake at 01:11コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年11月14日

aee6c1b5.jpgボージョレ・ヌーヴォがやって来る!
今週木曜日だよ!
気軽に愉しんでね。
お祭りだもん。
「解禁!」っつーとなんだか
魅惑的に感じるよね。あはは。

秋の味覚と思ってガブガブっとどうぞ!
私にとってのヌーヴォはこちら!

今週もあなたにハッピーがたくさんありますように。

budoubatake at 01:21コメント(6)トラックバック(1)飲んでおきたいワイン 

2005年11月13日

510aebc5.jpg多度のあられ屋さんに見学に伺ったよ。
前回は捺染工場の見学でした。
飲食店はサービス業であるとともに
製造業だよ。なんて言ってましたが
猛烈に反省しました。
製造業の人達って、本当にすごい!
我々は「はじめに道具ありき」で
調理しますが、彼らはそこが決定的に違う。

こんな物をこういうふうに造りたい。
だからこんな機械が必要だ。
そこから始まるんだもんね。
その想像力と創造力は我々の比じゃないな。
そこにかける情熱と資本の桁が違うんだもんね。

いろんな人に出会い、学ばせていただくのは快感です。
自分ってまだまだだなぁ〜と実感させて頂けるからね。
マゾの血が騒ぎます。あはは。

多度まで遠いから何を聴こうかな?と取り出したのが
先日購入したオフコースのSELECTION 1973−78
紙ジャケ仕様で再発売。
リマスタリングされて瑞々しい音色なのです。
音のひとつひとつがクリアで光り輝いているんです。
今まで聴いていたオフコースとはまるで違うんでビックリ!

そのひとつひとつに思い入れがあるからかも知れないけれど
改めて聴いても本当に素晴らしい楽曲達です。

オフコースを初めて聴いた時には「なんて女々しいんだ!」
な〜んて思っていましたが、高校3年生の受験も間近の頃
彼女にフラれちゃったのね。
で、空っぽの日々が始まって女々しい自分に遭遇した時に
オフコースの失恋の歌はこよなく愛しい存在になったのでした。
あ、今、オフコースを聴いて彼女を想う事はないよ。あはは。

「ワインの匂い」って曲との出会いも
ワインに携わる為の布石だったのかな?


budoubatake at 01:59コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年11月12日

♪Over the Rainbow は、よくご存知の曲ですよね。
この曲が異常に好きなんですよ。
え?!あなたも!?
うわぁ〜、ハッピーだなぁ〜!

そんなわけで、私の好きな今日付けの
♪Over the Rainbow ベスト3!(明日は違う事言ってたりする;笑)
今日のような冷たい雨があがって
うつくしい虹が見られたらうれしいね。

ced94985.jpgIsrael Kamakawiwo'ole
(イズラエル・カマカヴィウォオレ)

このお方は、ハワイアン。
この巨体からとっても優しい歌声が
かもされるのです。
寒い季節にオススメの心暖まる
癒し系の♪Over the Rainbow なのさ!
今はもう亡くなられたそうで
新譜の聴けない素晴らしいアーティストのひとり。


a94aa3f6.jpg美空ひばりです!
日本語の歌詞が妙に沁みるんです。
20歳になるかならないかの頃の
フレッシュでスウィングした雰囲気が
こころを軽やかにしてくれるんです。
ひばりちゃん、サイコー!
「虹の彼方に」なんです。
演歌の人じゃないよ。
まだ聴いてない人!え〜んか? 


e08c1d9b.jpgOne More Car, One More Rider
Eric Clapton

クラプトンのこのライヴアルバムでの
♪Over the Rainbow は批判も多いのですが
私は大好きです。
キーボードのおかずも妙にかっこいい。
もちろんジャジーなクラプトンの
ギターも歌声も最高なのさ!

じゃ、ウクレレ持って唄っちゃお!続きを読む

budoubatake at 01:54コメント(3)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年11月11日

29801e2e.jpg寒くなってきましたね。
窓を開けていると手がかじかみます。

ブルゴ−ニュ・ルージュ'00
やさしい色あい。脚は長め。
アタックも味わいも凡庸。
やや尾を引く余韻が魅力なのか。


そんなわけで、力強いこのサウンドを聴いています。
独特の詩の世界。
彷徨っている雰囲気が
夜のしじまに溶けていくのです。

カルメン・マキ&OZ

いつも良いワインに出会えるとは限らない。
そこがまた、ワインの楽しみでもあるよね!

budoubatake at 02:41コメント(2)トラックバック(1)ワイン 

2005年11月10日

60ef6864.jpgフランスでの暴動が深刻ですね。
ちょうどTVでの映像がトゥーレーヌ。
ロワールのピースフルな街です。
美味しいワインの産地でもあるのですが
行った事のある土地で自分のイメージと
全く異なる事態が起こっている事に
もの凄く衝撃を受けたんです。
「あんな平和な街なのに・・・」

観光ではわかんない事が山ほどあるんですね。

TVを見つめながらウクレレを抱えていた私は
頭の中でBob Merley の♪Soul Rebel が響き始めた

弾いてみる。
「お!コード4つだけじゃん」
悲惨な映像を眺めながらポロンポロン弾いてるなんて
完全に対岸の火事っつーか他人事。
なんてやつだ・・・・

ところがたった4つのコードのレゲエなのに
弾いてると、どうもフィーリングが違う。
レゲエにならない。
気持ち悪い。

とことん弾き始めた。

わかった!一見もったりした8ビートだけど
16ビートで、ウラにアクセントがあるからあのノリなんだ!

ポロンポロンからジャンガジャンガに変わった。
「お!歌いやすい!」
発見だぁ!

ウクレレだから間抜けでポワ〜ンとした音楽しかできない
いやいや、そうじゃなくって、オリジナルとは異なる楽器で
そのオリジナルのノリを出そうとすると
違うものが見えてくることに気付いたんだよ。

これは「ブレイクスルーの発想」であり「置き換えの法則」だよね。
なんか夜中に妙に興奮してしまいました。 (笑)
音楽が人生を教えてくれる。
そんな瞬間でした。

フランスの虐げられた人達にも
暴力ではなく音楽で世界を変えようという
Bob Marley のメッセージを届けたいよ。

One Love 、One Heart!

ね!何にせよ暴力には反対です。続きを読む

budoubatake at 01:53コメント(2)トラックバック(1)ukulele life 

2005年11月09日

fdc03fcf.jpgダッツ・ルートビアは好き?
飲んだ事のない人の為に
その味わいを解説するね。
「コーラにサロンパスを入れたような感じ」
体の芯から疲れがとれます。 (笑)
ビアっていってもノンアルコールなんですよ。
かつては中毒で、必ず冷蔵庫に入っていた程。
だから今も時々、無性にカラダが欲するんです。

でもさぁ、自販機では買えないのさ。
ポピュラーじゃないんだよね。残念ながら。
コカコーラ・ボトリングあたりが生産してくれると
普通に買えるのにな。

で、ソーシーズでホットドックといっしょに
味わってきましたよ〜!
満足!

budoubatake at 03:06コメント(6)トラックバック(0)元気 

2005年11月08日

bf0ed3d6.jpg今日はファルファーラでランチしたよ。
手打ちのパスタはマジ美味しい。
二色のタリアテッレは見た目にも
ファンタジックで歯触りもちょうどイイ。
何よりも、懸命に働くスタッフの
笑顔の輝きがいいよね。
いいお店は輝きが違うよ。
手入れも行き届いていて
快適な時間を過ごす事ができました。

帰りは、名古屋高速が途中通行止めなのを知らなくて
行きの3倍時間がかかったけどね。
食事の満足感が、その不快感を補うには充分でした。

良いお店に行くと、モチベーションが上がります。
ありがとう!

budoubatake at 04:47コメント(6)トラックバック(0)レストラン 

2005年11月07日

e0ad7904.jpgピノ・グリージョはイタリア特有の葡萄品種。
でも原産はフランスのブルゴーニュなんです。
ピノ・グリとも同じなんですがイタリアの
ワインになると独特の味と香りです。
極めてドライな飲み口と華やかな香り。
女性には特に評判のいいワインです。
色あいは、ほんのり緑がかっています。
白いお花やミネラルっぽい豊かな香り。

今日は「小唄会」に出掛けたんです。
三味線とともに唄う江戸時代から大正時代の香り豊かな
独特の節回しに癒されてきました。
名古屋市民会館中ホールが超満員!

その帰りにCDショップに立ち寄ってみると
手に入り難かった70年代の音楽って
急に入手が簡単になったのね。
その頃に耳にした音楽が今またFMとかでかかるからかな?

今日購入したのは
1、オフコース「セレクション1973〜78」
2、オフコース「Three and Two」
3、カルメン・マキ&OZ「ファースト」
4、吉田美奈子「Frapper」
5、Bay City Rollers「邦題:噂のベイ・シティ・ローラーズ」

これらのアーティストはベスト盤はあっても
オリジナルがなかなか手に入らなかったんですよね。
つまり「天邪鬼な性格」の人にはフラストレーションの元だったんです。
ヒット曲じゃなくて隠れた名作を愛するタイプね。 (笑)

特筆すべきはオフ・コース、リマスタリングで
今まで聴いてたベスト盤の数倍素晴らしい音で聴ける。
明らかに違うよ。チューリップもそうなのかな?
コアなファンが再び買っちゃうように仕向けてるんだよね。
ま、音が良くなるのは嬉しいよね。あとは財布と相談だけどね。
いちばん欲しかった「ワインの匂い」がなかったのが残念。

ローラーズも「Let's Go」って曲が大好きなんだけど
どのベストにも入ってなくて困ってたんだよ。
「Keep on Dancing」もレスリーじゃないヴァージョンも聴けるよ!
いきなり2回聴きました! あはは!

budoubatake at 00:37コメント(6)トラックバック(2)ワインを美味しくする音楽 

2005年11月06日

飲食店を経営する友人が閉店した。
新しい門出のためにたくさんの人が集まった。
うれしいけど、悲しい。
常に微妙な気持ちだった。

そして、ふだん飲まない位のお酒を飲んでしまい
不覚にも朝を迎えてしまった。
スタッフの方々、ごめんちゃい!

プロミュージシャンを二組呼んでのライブ。
それが終わっても興奮冷めやらず
ギターやウクレレを抱えてみんなで歌った。
たのしい音楽とすばらしい仲間。

彼の決断は、新しい人生へのスタート。
人間性も社会性も理性も知性も教養もある素晴らしい人物。

仲間がずっと応援するからね!

Departure

c625f876.jpg

budoubatake at 00:47コメント(2)トラックバック(0)元気 

2005年11月05日

b3827a68.jpg最近の「神の雫」は「サイコドクター」に
かなり近い内容だけど、まぁ、楽しい。
「大使閣下の料理人」は、ほんとうに
博識な作者で頭が下がります。
しかも涙あり、笑いありで「美味しんぼ」の
ような食に対する飽くなき追求がある。
「取締役島耕作」は中国問題に真っ向から
立ち向かい光と影、そして新聞には載らない
中国の情報を教えてくれる。
コミックモーニングは大人の漫画週刊誌だよ。

今日は「神の雫」の中の名言を紹介しようかな。
こいつは、ワインだけでなく日常全てに当てはまるからね。

〜 以下抜粋 〜
いかなる名作名画も完全無欠な物など存在しない。ワインも然り。
いや、何の欠点もないワインなどというものが仮に存在したとして
それは果たして、何者にも勝るワインなのだろうか
少なくとも私の飲んできたワインという飲み物は
もっと不完全で、それ故に
欠点を補って余りある魅力に溢れていた。
                      以上

どう?いい言葉じゃない?
この世にあるもの全てに適応(置換え)可能な言葉だよ。

budoubatake at 17:25コメント(4)トラックバック(0)ワインの本 

2005年11月04日

6b30523b.jpg「この映画を観ると
明日あなたが選ぶワインが
きっと変わります」とのふれ込み。
映画「モンドヴィーノ」
予告編はこちらでどうぞ!

ドキュメンタリーなのかな?
ワインを扱う人はとりあえず必見。

「ワインとは何か?それは自然と人間が生みだす結晶だ」
う〜ん。深いお言葉。

東京 渋谷アミューズCQN 03-5468-5552 10/29(土)〜
東京 シネカノン有楽町 03-3283-9660 10/29(土)〜
大阪 梅田ガーデンシネマ 06-6440-5977 11/19(土)〜
京都 京都シネマ 075-353-4723 12/10(土)〜
愛知 ゴールド劇場 052-451-0815 11/19(土)〜
北海道 札幌劇場 011-221-3802 11/5(土)〜
福岡 KBCシネマ 092-751-4268 11/12(土)〜
宮城 仙台フォーラム 022-728-7866 お正月公開予定
静岡 静岡シネマギャラリー 054-273-7450 お正月公開予定

映画「サイドウェイーSideway」もたくさんの葡萄畑が見られて
しあわせでしたよね。ま、ストーリーは別として。 (笑)
この映画はどうなのかな?愉しませてくれるのかな?
どちらかというと、メモを片手に観るべき映画のような
そんな雰囲気が漂ってますよね・・・・ (笑)

budoubatake at 00:17コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2005年11月03日

1dfbeba6.jpgどうですか?この燃える太陽!
Live Act Tulip vol.2
76年8月のチューリップのライヴです。
中学生の私にはリアルタイムの「旬な」
日本のロックだったんですね。
当時はまだ、レコード屋さんに
「和製ロック」ってカテゴリーがあったのさ!
笑えるよね。

このアルバムは2枚組で、ベスト盤的な
要素が強くて、このアルバム持ってたら
すなはちチューリップを全て網羅した気分になれたんだよ。
だからってワケでもないけれど、よく聴いた一枚。(二枚?)

♪君の鼻毛は長い、な〜んて曲も楽しかったし
♪甲子園という高校野球を描いた組曲は
アビーロードのメドレーを摸して作ったにしては秀作過ぎる。

♪夢中さ君に、は長い間私を洗脳していた。
真っ赤な車に乗った女の子には弱かったのだ。
ついつい無意識に恋してしまいそうに
なってしまったものさ。あはは。

ライナーノーツには財津和夫の言葉が書かれている。
「5年後、10年後も唱い続けていたい。
客も入らぬ会場で、相かわらず『夢中さ君に』を
唱ってる人間が、この世にひとりくらい居たっていいだろう」
今も、ライブで歌ってくれるのかな?30年経ってるけど。

そんなわけで、完全復刻!紙ジャケ仕様
オリジナル23作品。なのだ!


「ぼくがつくった愛の歌」姫野くんの声にシビれる〜
「風のメロディ」ベースラインとコーラスが凄い!
「青春の影」当時この曲を聴いてピアノを始めた人の多かった事。
「人生ゲーム」ああ、ラジオ聴いてたなぁ〜
「Do You Wanna Dance」ここでビーチ・ボーイズを知ったのでした。

このアルバムに入ってないけど「千鳥橋渋滞」
この曲は、雨が降ると傘をさす前に
いつも頭をよぎるメロディなんです。

小学校から中学までビートルズと平行して聴いてた
今も大好きな、大切な音楽のひとつ。なのです。
文化の日だもんね!音楽文化も大事な文化。

budoubatake at 00:01コメント(14)トラックバック(1)元気 

2005年11月02日

044e6d9c.jpgブルゴーニュらしいブルゴーニュです。
ヴィレ・クレッセ’01
ミネラルの香り、蜜の香りと
ドライで広がりのある味わい。
昼夜の寒暖差の激しい今宵にも
こころをほわっと温めてくれる味わい。
フェイスはいまいちですが美味しいよ!

あわせたい音楽はこの一枚


ヴェリー・ベスト・オブ・クリストファー・クロス


♪ニューヨーク・シティ・セレナーデ
この曲がよ〜く似合う季節になってきました。
フェイスよりも中身だよ!あはは。

今日はね、クイーンのライヴが名古屋であったんです
その帰りのお客様と、初対面にもかかわらず
3時間も語ってしまった。あはは。
しかも、営業時間外。
出会いって、いいね。
音楽ってイイね。
人と人をつないでくれるから。

budoubatake at 03:52コメント(6)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2005年11月01日

c73b3193.jpgNovember だね!
のーてんぱーにオススメのDUBだよ!
ボブ・マーリィ・ダブ・コレクション
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ

とってもチープだけど気持ち良く
ノレるサウンドなのです。
「ボブ・マーリィ・60th Birthday記念」で
怪しげなアルバムが多数出てる中の一枚。

どう考えても海賊盤(ブートレッグ)レベルの音。
そんなアルバムがほ〜んと多いよ。

Bob Marley をはじめて聴く人にはオススメできませんが
うんちゃ!んちゃ!のギターとドラムに
うねるベースのシンプルなレゲエが好きな人にはイイよ!

ところどころに入ってるボブやバニー、ピーターの声が
ゾクゾクっとさせてくれます。
欲を言えば、もっとエフェクトをガンガン効かせた
ダブが好きなんだけどな。

オススメの入門ダブ・アルバムはこいつ!
THE UPSETTERS「SUPER APE」
右と左のスピーカーの真ん中で
聴けば「のーてんぱー」になる事うけあい!
ワインをしこたま飲んでからトライしよ〜!

Super Ape


budoubatake at 00:49コメント(4)トラックバック(0)Love Jamaica 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ