2005年12月

2005年12月31日

02f25f55.jpgあたまの中で「春よ来い」が流れます。
♪お正月といえば
 炬燵を囲んで
 お雑煮を食べながら
 百人一首をしてたのです。
日本の四季を感じる時。
いつも「はっぴいえんど」が私の傍に居ます。

そんな事もブログしてると気付いたりするんだよね。
なにげない日常に、ちゃんとリズムやノリが存在して
ハーモニー(調和)がある。
ワインで言うならば
目で色を愉しんで、嗅覚で香りを堪能して
舌でさまざまな味の要素からいろんな表情を汲み取る。

五感が活きてくると生きてる事にすら感動を覚えるのね。

映画「モンドヴィーノ」が言いたかった事はそこじゃないのかな?
ワインを脳みそで飲んでる人が多過ぎるからさ。
五感を研ぎ澄ませば、テロワールや生産者の愛情が
きっと感じられるんだよ。って事なんじゃないかな?
見た人すべてがいろんな感想があっていい映画なんだけどね。

じゃ、おせち料理に合うワインを紹介しておきましょうかね。
辛口からセミ・ドライのタイプのシャンパーニュ
もしくはスパークリングワイン。
意外にお正月のお料理に合うんですよ。
鍋なんかにも合うし、すき焼きでもOK!

お年始に手土産だったら、スパークリングワインなら
お料理もおいしくなるし、食卓が華やかになる。
絶対にオススメだよ!
予算も千円ちょっとから数万円まで
幅広く選べるのも魅力。

今年も一年、ありがとうございました。
ハッピーなお正月をお過ごしくださいね!
愛してます。


budoubatake at 00:59コメント(3)トラックバック(1)元気 

2005年12月30日

2056b584.jpgタイランドから友人が帰省した。
空港が遠くなっちゃったので
早朝に金山までお迎えに行ったよ。
睡眠は1時間とちょい。
いっしょに朝のコーヒーを飲んで
昼までカフェで喋ってた。
名古屋の水はおいしいって言ってたよ。

月末なんで山盛りの仕事があって
ハードな一日だったよ。
義理堅い彼はお店にも食事に来てくれて
結局、こんな時間まで喋ってた。
「俺ってタフ」

彼に彼女ができた。
正確にはできつつある。

もの凄くいいヤツなのに
男女関係には、てんで、全く疎い。

そんな彼が、出会った彼女の事を、話したくてたまんない。
その様子を見てるだけで、こっちもハッピーになるんだよね。
「恋は魔法」だね。
みんなを幸せにしてくれる。

彼と彼女の大好きなSoulive を聴いています。
ファンクジャズ。
こころが躍る、素敵なインストアルバムなんだよね。

酔っ払っちゃったよ。

budoubatake at 03:57コメント(2)トラックバック(0)元気 

2005年12月29日

1f2299d0.jpgブルゴーニュ・ルージュ
キュベ・サンヴァンサン'02
生産者はヴァンサン・ジラルダン。
マルサネ村からの葡萄のみで造られた
驚くほどのお値打ちワイン。
この生産者のアイテムは
とっても多いんだけど、どれも秀逸。
さて、このワインですが
ピノらしさはしっかりと残しつつも
透けて通らない濃い色あいのとおり
素晴らしい濃縮感がありタンニンもしっかりしています。
こんなおいしいブルゴーニュ・ルージュ
ぜひみんなに飲んで欲しいな。

クリーム色のシンプルなデザインのフェイスも
そそられるんですよね。
あ、今風の言葉にすると「萌えワイン」?
使い方間違ってます? (笑)

そそられるアルバムジャケットならこいつ!
もちろん中身もクール!

Cool Struttin'

ジラルダンのワインには相乗効果抜群なのです。
ブルーノートの名盤。

budoubatake at 02:50コメント(2)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年12月28日

ご存知ですか?
2006年元旦って「新月」なんです。
それって凄い確率ですよね。

新しい年が新月で始まる。
ステキじゃないですか!

満月に向かうまでの間にした事は
必ず実になるのです。
詳細は「月の癒し」という本をご覧下さい。

きっとあなたの一年に
大きな影響を与えると思うんですよね。
だから
だから、どうぞ、こころを込めて
「愛と感謝と調和」の気持ちで
新年をお迎え下さい。

私は、あなたの2006年が
幸運が雪崩のようにやってくる年であるように
お祈りするつもりです。


*こんな動画で癒されています。
  エサをあげてね!たのしいよ!
 (私は何分も遊んでました;笑)


adopt your own virtual pet!




budoubatake at 04:46コメント(5)トラックバック(2)元気 

2005年12月27日

某特選ブティックでの話。

取り立ててカワイイわけでもなく
派手さもなく、まぁどちらかといえば地味で
特選サロンの似合わなさそうな彼女がいましたとさ。

彼とクリスマスプレゼントを選びに来たそうです。
その彼というのも、素朴なタイプで
「この娘のために一所懸命働いて、この日の為に貯金してました」
そんな面持ちで現れたそうです。
場違いな雰囲気にたじろぎながらも彼女とのデートにウキウキ。

一巡して彼女は彼にこう言います。
「やっぱりこれが欲しい。いい?」
「もちろんだとも」
選ばれたピカピカのバッグとは裏腹な
彼氏の使い込まれた財布から数枚の一万円札。

「きゃ〜っ、うれしい!どうもありがとう!」
満面の笑顔で彼女がお礼を言い
とても幸せそうなカップルはそのお店を後にしました。

・・・・・・数時間後

その彼女は、似たタイプの違う男性と同じお店に登場。
同じようなやり取りの後、先程と同じバッグを購入。

「きゃ〜っ、うれしい!どうもありがとう!」
満面の笑顔で、再び彼女はお礼を言い
とても幸せそうなカップルはそのお店を後にしました。

・・・・・・数時間後
またまた違う男と登場。
店員さんは、もはや微笑みかける顔が、引きつりそうになりながらも
先程と同じバッグをうやうやしく取り出し
プレゼントの梱包をするのであった。

・・・・・ 翌日
その店員さんは初めて接するふりをするのがたいへんだったそうです。

こうして結局、彼女は同じバッグを5つ購入。
大変アタマの良い女だよ。しかも女優だよ。
4つはリサイクルショップ行きなのでしょうね。

どの彼に会っても「このバッグ大切に使ってるよ!ありがとう」って
きっと言ってるんだろうし、彼らは彼らで
彼女に素敵なバッグを買ってあげて彼女が喜んでいる姿に
ご満悦なんだろうから・・・・・

クリスマスってすごいね。これ実話なんだよ。
彼女は小悪魔?それとも悪魔?

budoubatake at 00:25コメント(9)トラックバック(0) 

2005年12月26日

162fdfa1.jpgコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ
詳細は↓を見ていただくとして
このワインはパワフルだよ。
濃い赤紫色。ブラックベリーや
胡椒・赤い果実の熟した香り
力強いアタックと余韻。
ゴクゴクとは飲めない
味わい深さがあるんです。

酒屋さんで見つけたら
絶対に買いです!

葡萄畑ではリストに載せません。
ワインの味がわかる人だけに
味わって欲しいからね。


<以下紹介文>

現代的スタイルのシャトーヌフ・デュ・パプと
世界のテイスターが認め、
パーカーズ・ワイン・ガイドでも
5つ星を獲得し続ける“パプのスター”、
『フォン・ド・ミッシェル』!

フランスの3ツ星レストラン
「Jardin des Sens」をはじめ、
スペインでは「El Bulli」
のワイン・リストにも名を連ねるなど
世界的に有名アイテムとなっている
要注目の生産者です!

“パプ”で揺るぎのない名声を得た彼らが
満を持してリリースした、とっておきのローヌ。

現在のように「自然派」という言葉が
持てはやされるようになるずっと前から、
化学肥料や農薬を一切使用しない
有機農法でワイン造りを行ってきた彼ら。

そんな彼らの造るローヌは、柔らかく果実味に溢れ
とてもエレガントなスタイル。
こちらも世界中のレストラン・ソムリエ達から熱い視線を集めています! 

budoubatake at 01:34コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年12月25日

今日いちばんの感動。
アルバイトさんすべてが
帰り際に「いいクリスマスを!」と
スタッフ同士で声を掛けてるんだよ。
素敵な光景じゃない?
だって、めっちゃくっちゃ
忙しかったんだよ。
くたくたになっても
人に気を使えるって素敵だよ。
ちゃんと気持ちを言葉にできるって凄いよ。
いい仲間と仕事ができてハッピーだね。

昨夜の話。
功ちゃんがふたりでワインを3本飲んでいったのね。
3本目を飲みながら。(泥酔状態)
「俺ね、こいつの寝顔が最高に好きなの。大好きなの。
こいつが隣で寝てるのを見ると、こいつのためなら
何でもできるって気になるんだ。
会社だって何だって捨てられる。こいつが居るだけでいいんだ」

な〜んて言ってたよ。
彼女には最高のクリスマスプレゼントかもね。

「いいクリスマスを!」

8963e0b8.jpg

budoubatake at 01:39コメント(0)トラックバック(0)元気 

2005年12月24日

086caa06.jpg「メレ・カリキマカ!」
本日のディナーでいちばん人気のあった
グラスワインを紹介するね。
グラッヒャー・トンプロブスト'82
リースリング・アウスレーゼ
(遅摘み葡萄を使ったワイン)
23歳のワインです。
少し琥珀のかかった美しい黄金色。
香りにも複雑みを感じます。
奥行きのある味わい。
甘さと酸のバランスが絶妙。
ドイツ・モーゼル地方のワインは
このキレの良さが魅力なんだよね。
アウスレーゼ特有のトロリとした
舌触りもセクシーだよ。

よくワイン通と称する人には軽視されがちですが
実はドイツワインこそ、もっと日本に定着すべき
そう信じて疑わないんです。
へたなカクテル飲むより華やかな気分になるしね。

さぁディナー1日目。
もうすでにくたびれちゃってる。あはは。
そんなわけで取り出したのはこのアルバム。
Alvin Youngblood Hart です!

Big Mama's Door

数年前にジャケ買いした稀な成功例。
「え?これが1996年の録音?」
正直驚きます。だってミシシッピーの香り満載なんだもん。
ギター1本と、しゃがれた声でブルースを奏でるんです。

土の香りが恋しくなると聴きたくなる名作。なのです。

白ワインが琥珀色になっていくのは
枯葉と同じなんだよね。
どんどん土の色になっていく。
赤ワインも赤から茶色に変わっていくんだよ。
時間の流れはいろんなものを変化させるけど
自然は偉大だよ。 ね。みんな土に還っていく。

「メリー・クリスマス」

budoubatake at 03:56コメント(2)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2005年12月23日

f4d6c27f.jpgすごかった雪も、只今小休止です。
窓の外では街路樹がまるで樹氷。
午前中の気温知ってます?
マイナス1度でした。
しかもAM11時頃です。
どうなる事かと思ったよ。


マッサージに行こうと思い立って
その前にカジュアルフレンチのお店でランチ。
豪雪の為か貸切。ひとりぽつん・・・・
調理場の仕込みの音とフレンチポップスしか聞こえない店内。
窓の外にはゴシック様式の教会が見える。
重い空。 舞う雪。
なぜかフランスに居るような快適さだったよ。
たった1500円でフランス旅行気分だった。
シェフがフランス人だからかな?

06638166.jpg雪景色は外なのです

はっぴいえんどの「かくれんぼ」って曲。
食後の熱いお茶を飲みながら
雪景色をぼんやり眺めてた。
そんなひと時って大切だよね。


今夜は大雪にもかかわらず
キャンセルもなく超満員でした。
ありがとうございました。

budoubatake at 02:45コメント(0)トラックバック(0)元気 

2005年12月22日

a479ff0f.jpg寒すぎる・・・・
そんなわけで聴きたくなったのは
吉田美奈子さんの「Flapper」
「氷」を意味してるのかと思ったら
それは「Frappe」なんだね。あはは。
「Flapper」は「お転婆娘」
1976年の美奈子さんはおてんばだったのね。
今や,神がかってるけど・・・・

大瀧詠一大先生の「夢で逢えたら」が入ってたんで
購入した一枚。なのに
それ以外の曲の方が断然出来がいいんですよね!

♪夢で逢えるまで眠り続けたい

なんて素敵なメッセージ!
私は春が来るまで眠り続けたい。
♪ねぇ冬眠。こっちむいて〜 って感じ。

明日から3日間、曇り時々雪の予報。
ちょっと待ってよ!
去年は秋の台風で今年は年末に雪。
営業妨害もほどほどにして欲しいな。
これも試練なのか・・・・?
ご予約の数が減りませんように・・・

って書いてたら雪が舞い始めたよ〜!
まだやらなきゃいけない仕事があるのに・・・・・

足元に気を付けてね!
車の運転は、さらに気を付けてね!「Frappe!」

budoubatake at 02:56コメント(2)トラックバック(0)元気 

2005年12月21日

b0c3b824.jpgご機嫌なブルゴーニュです!
コート・シャロネーズ'02
鮮やかなルビー色。
熟した果実のエレガントなブーケと
黒すぐりの香り。
チェリーのようなアタック。
まろやかなフィニッシュ。
やさしいタンニンがキレのいい味わい。
あと味にイチゴが顔を出すね。
とってもチャーミングなワインです。

只今のBGMはこいつ!
♪Knockin' on Heaven's Door
い〜曲だよね。

30th Anniversary Concert Celebration


budoubatake at 01:31コメント(4)トラックバック(0)ワイン 

2005年12月20日

3b404338.jpgいやぁ〜
どこで誰と誰がつながってるか
わかんないもんですね。
最近知り合いになった社長さんが
お客さんや仲間を集めて
パーティをしてくれたんですが
そこにミスター・ウクレレの
ポエポエ加藤さんが居ようとは・・・・
昨日に引き続き、ウクレレとフラ。

加藤さんは、泉のウクレレ・ショップ
ポエポエの店長さんでこころ優しい
ジェントルなアニキです。

いい人にはいい人が集まるね。
帰りがけにみんな「ありがとうございました、ごちそうさまでした!」って
声かけて帰ってくんだよね。
いい人との関わりは本当に気持ちがいいものです。

<インフォメーション>
この番組は要チェック!
「河井継之助〜駆け抜けた蒼龍〜」
12月27日(火) 21:00〜23:24


budoubatake at 02:48コメント(2)トラックバック(1)アロハ・スピリット 

2005年12月19日

dfdbe8c6.jpgポイント・サーフ主催の
「メレ・カリキマカ」ってイベントに
ゲスト出演でアロハミュージックの
歌と踊りをやってきました。
私はウクレレ担当だけどね。
8人のフラダンサーが自分達の演奏で
踊ってくれるなんて気持ちが良かった。
フラの方々も、生演奏で踊れて
気持ち良かった。のだそうだ。

サーフショップのイベントだから
若い子が多いのかと思いきや
私よりも年上の人の多い事。
びっくりしたよ。

今はロングボードが流行ってるんで
体力落ちても、また始めるきっかけになってるみたい。
おじさんサーファーがたくさんいるってのは
素敵だよね。

ワイキキなんかでは「え?」って感じの人が
ボード抱えて歩いてたりするもんね。

「丘サーファー」なんて言葉があった頃から
バリバリ海に行ってた人たちの集いでした。

セットリスト
・ハナレイ・ムーン
・ブルー・ハワイ
・ワイアナエ
・カイマナ・ヒラ
ハワイ語って覚えるの大変だったよ。たのしかった。ありがとう!マハロ!

budoubatake at 01:58コメント(2)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2005年12月18日

a899ba83.jpg思い立ったら吉日。
つい先週までこのお方の
存在すら知らなかった。
でも、なんか感じるものがあって
岐阜にアーサー・ホーランド牧師の
お話を聴きに行ってきたよ。
岐阜ダルクの主催でした。

ダルクとはDARC
Drug
Addiction
Rehabilitation Center の略なのだそうだ。
つまりは薬物・アルコール依存の
リハビリ(社会復帰)をするための施設。

アーサー・ホーランド牧師との出会いがなければ
こういった施設が国の施設ではなく
ボランティアによって運営されている。
そんな事実さえ知らなかった。

さて、私は音楽依存症ではあるが
アルコールは依存するほどではないし
この講演会に行く事をためらった。
1時間の講演に往復3時間だしね。

でも、アーサーのスケジュールを見たら
東海地区に来る予定は、この日を逃したら
いつになるかわからなかった。
おそるおそる出掛けてみたよ。

アーサー牧師も良かったけど
会場に所狭しと詰めかけた社会復帰を目指す人たちの
熱意と優しさと勇気にまずは感動したよ。

彼のお話は、なにしろ愉快でおもしろいし笑えるし
親鸞聖人やらインディアンまで出てくるんだよ
キリスト教を超えた部分で話してくれるから
君にもぜひ聴いてほしいな。
彼のHPを見てね。
(念のために、私は無宗教です)

いちばん感動した言葉
(一字一句間違いなくは書けないけどゴメンネ)
「人間は疲れてると自然が恋しくなる
自然と触れ合うだけでで癒されるんだよ。
誰かと触れ合う事がない人でも
風が吹けば、風が全身を抱きしめてくれる
太陽があれば、全身を暖めてくれる。
自然のエネルギーが『お前の事が好きだよ、とっても大事なんだよ』って
言ってるんだよ」
終わってから握手してもらったよ。

たくさんたくさん刺激を頂きました。
ジョン・レノンの「イマジン」に関しても話してくれたよ。

今年聴いた講演会のマイ・ベスト3
・アーサー・ホーランド
・芳村思風
・田中真澄
このお三方は一回も原稿など見ないよ。
まさに立て板に水。機会があったら逃しちゃダメだよ!オススメです。

budoubatake at 00:39コメント(2)トラックバック(0)元気 

2005年12月17日

38cfa3b4.jpg今朝は、もう冬休みの涼太郎くんと
連れ立って整体に行ってきたよ。
雲ひとつない青い空と太陽。
自由が丘のあたりに池と公園があって
あまりにもきれいだったので
「キレイな景色だね」って言ったら
「うん、キラキラしてるね」って言葉が
帰ってきたのね。
なんかその感性が無性に嬉しかったよ。

♪こんなきれいな朝 久しぶりだね〜
 透き通る街に 光が踊りだす

と歌うセンチの歌声が頭の中でこだましたよ。
「One More Good Time」アルバム「スマイリング」の中の
素敵な曲なんだ。

素敵な朝と整体のおかげで
今日の忙しさは、楽しい忙しさだったよ。
「気」の流れは大事です。
こころもカラダの健康に左右されるからね。
整体の先生に疲れ過ぎだって言われたよ。
今までで、いちばん手荒な治療だった。
それだから快適なのかなぁ〜?

これからはもっと手荒にお願いしなくっちゃ。

今から小牧まで行くんでお酒飲めないけれど
きっと今飲んだら、どんなワインも極上の味がするはずだよ。

そんなわけでセンチ聴きながらドライブしてきま〜す!
なごやかに なごやかに

budoubatake at 01:37コメント(7)トラックバック(0)元気 

2005年12月16日

d01f1e6c.jpgすべてがうまく行けばいいのだけれど
そうは問屋がととんのとん。
疲れた。
忙しくても爽快でハイな時と
ストーンな時があるよね。
今日はまさに後者だよ。

音楽に癒してもらおうと
さぐってたら
こいつを見つけたよ。

「Lion」奥田民生。
♪アーリーサマーに癒されました。
このアルバムは本当に素晴らしいよ。
ほかも聴いたけれど
このアルバムが最高だよ!

疲れた時にスッキリとする爽快な一枚!
サプリメント以上に五臓六腑に沁みわたるのです。

明日は整体に行ってきます。
腰が痛くて・・・・
無理のきかないお年頃です。あはは・・・・はは

budoubatake at 02:40コメント(8)トラックバック(1)元気 

2005年12月15日

d5791560.jpgバルバレスコ'00テッレ・デル・バローロ
ご存知イタリア・ピエモンテの代表的な
D.O.C.G.ワインです。
葡萄品種はネッビオーロ。
すみれの香りとガーネット色が特徴です。
香り豊かで、しっかりとしたボディ。
フォアグラやジビエ、クセのあるチーズと
なんでもござれ!の豪傑ワインです。
力強さがモットーです。

よく勘違いされるのは
ぎちぎちに濃縮感のあるワイン、渋いワインを
「重い」と表現される方が多いのですが

「重さ(=ボディ)」はアルコール度数に由来します。
ですので、このバルバレスコなんかは
新世界のお値打ちな巨峰ジュースのような色をした
渋いフルーティなワインを「重い」と思ってると
全く別の味わいなので、ご注意くださいね。

もうクリスマスまであとわずかですが
こんなBGMはいかがかな?
サルサ・クリスマス
オルケスタ・デ・ラ・ルス

陽気で軽快なサルサのリズムで
クリスマスを彩ります。
口あたりは優しくてもどっしり重い
バルバレスコにはピッタンコだよ!さぁ、踊ろう!

サルサ・クリスマス

サルサってとってもセクシーなダンスだよね。
でも、なつかしのフォークダンス的なたのしみがあるんだよ。
ひとつ難点は、恋愛体質の人には要注意って事かな?あはは。

budoubatake at 00:56コメント(0)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン 

2005年12月14日

ce4daabe.jpg昨日、マッサージに行ったんです。
すげぇ肩こりだと言われましてね
肩に湿布してますよ。
ちょっと楽になった。
頭痛の原因もここらしいよ。
その湿布の名前がすごいんです!
「コランデス」
どう?
私にはばかうけでした。


昨夜の話。
すべて完了して「そうだ!熱田神宮に行こう!」と
お店を出たら、すごい厚い雲がかかってたのね。
「うわぁ、さっきまで綺麗な月が見えたのに、雪降りそうだな」
などと思いつつ車を走らせて、到着。

そうしたら、月がとっても綺麗に輝いて
星も美しく僕を歓迎してくれたのね。

よくよく見たら、自分の真上だけ雲がないのよ。
(熱田の森の中だから周りまでは見られない)
で、
お参りして家路に向かったのが2:40くらいかな?

栄近辺に近付いたらいきなりの大雪!
その間わずか5分くらいだよ。

空を見たらさっきまでお星様が見えてたのに
真っ黒い雲に覆われていました。

「ああ、熱田の神様に歓迎されてたんだな」
な〜んてのは、自意識過剰でしょうか?

街灯に照らされて舞う初雪は、本当にキレイだった。
真っ白に、清らかに・・・・

budoubatake at 01:53コメント(4)トラックバック(0)元気 

2005年12月13日

188398e9.jpgソネット・スプマンテ・ネイラーノ
イタリア、ピエモンテのスパークリング。
どう?この色あい。
赤のスパークリングって素敵でしょ?
やや甘口のやさしい口あたり。
スムーズな泡立ち。
ボトルの見た目もブラックの外観に
濃いイエローそしてわかりやすいロゴ。

ホームパーティの差し入れに最適!
だって華やかなんだもん。
ジュース感覚で飲めちゃうから
飲み過ぎにだけは注意してね。
スパークリングは後からくるからね。 


c13cac00.jpgそれはロネッツさん!






56b3a9ca.jpgそれはコメットさん!

ソネットです!ってば!








月がとってもきれいだね。
寒いけれど、あたたかくして風邪などひかないようにね!

budoubatake at 01:52コメント(0)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン 

2005年12月12日

a6ff8dee.jpg今日、サンタクロースを体験した。
生まれて初めてかもしれない。
こんな事ってあるんだって・・・・
もう感動で、死にそう。

過日、センチメンタル・シティロマンスの
オフィシャルHPのBBSのなかに、おもしろい
書き込みがあって、メールアドレスがあったんで
メールしてみたんです。
そしたら返信して下さって、しかも
私の現在持ってないアイテムを貸してくれる!って言ってくれたんです。

狂喜乱舞!
しかも、車で小1時間くらいの場所でしたので
何かのついでの時に行こう、くらいに思ってたら
相手の方がお店に持ってきてくれたんです。

信じられない話でしょ?

私も信じられません。
でも、目の前のCDとカセットテープと、今流れている
センチメンタル・シティ・ロマンスはリアル以外のなにものでもないわけで・・・・

神様がくれたクリスマスプレゼントなのかな?
な〜んて勝手に解釈しています。
世の中、優しい人。
居るんですよね!

だってさぁ、メールとお店の信用だけだよ。
もう手に入らない宝のような音源を預けてくれたんだよ。
宝が帰ってくる保障なんてどこにもないのに・・・・

本当に、こころから、ありがとうございます!

今日は、ながいお付き合いのたかちゃんのご結婚や
プル&梅ちゃんのミッドナイトトークなど
盛りだくさんの一日だったけれど
こんな素敵なサンタクロースに会えた事。いちばん書いておきたかった。

センチ。最高っす!

budoubatake at 02:59コメント(2)トラックバック(1)ワインを美味しくする音楽 

2005年12月11日

2b02b062.jpg日本はブラジル、クロアチア、オーストラリアと同組かぁ
予選突破は確実だね。
フランスW杯ではクロアチアに負けてるから
ここでひと泡ふかせてやんないとね!
大丈夫。
予選突破です。

もちろん厳しいですが、どんな組合わせでも
W杯に楽なグループなんてあるはずないからね。
グループなんて実は関係ないよ。
実力は、ほとんどいっしょ。
あとはモチベーションと運だけの問題。
大丈夫!

ジーコはイチゴがラッキーアイテムだから
みんなでいちごのシャンパンを飲んで応援しよう!
代表メンバーはケガにだけは注意してね。
小野が早く代表復帰できるといいな。

みんな! 思いっ切り応援しようね!

budoubatake at 00:29コメント(0)トラックバック(0)サッカー 

2005年12月10日

66f0d5d2.jpgドイツからやってきたロートワイン。
ロートワインってのは白葡萄と
黒葡萄を同時に醸造して造るロゼワインの事。
法律的には白ワインと赤ワインを混ぜて
ロゼにすることは許されていません。
このワインはモーゼル地方のロートリングで
生産者はマルガルテンホフ。
葡萄品種はローターエルプリング&
シュペートブルグンダーです。

舌を噛みそうなカタカナが続いて
もう読む気をなくしちゃったかな?

このワインは、ドライで素敵な味わいなんです。
見た目もおしゃれなサーモンピンクで
テーブルをひときわ華やかにしてくれる事うけあい!

お料理を選ばない万能選手ですので
お気軽にどうぞ。
続きを読む

budoubatake at 02:03コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年12月09日

1db70f63.jpg昨夜は「オーラの泉」なる番組を拝見。
お客様に教えて頂いて見てみたよ。
出演は国分太一・美輪明宏・江原啓之。
ゲストが中島啓江さんでした。

涙が出るほど感動した。
中島啓江さんの言葉にウソがなかったから。
好きな言葉は「ありがとう」なんだって。
これを普通の人が言うと、相当薄っぺらくて
偽善に感じるんだけど、違った。

冒頭のインタビューですでに飲み込まれて
最後まで息をもつかせぬ展開だったよ。

HPを見てみると、4月からやってたんだね。
惜しいことした!全部見たいよ。

私は、すべての人はつながってると思ってるんです。
っつーか、人類全体でひとつの細胞だと思っているので
この番組を見たら、こころの中でジョンを想う時
傍にいてくれるのかな? なんて思いました。

美輪明宏さんは以前から好きで、できたら一度
差し向かいでお話してみたいんです。

美輪さんと飲みたいワインは・・・・
そうだな。
何でもいいけれど華やかな香りのする赤ワインがいいな。
シャンパーニュよりも赤ワインの方が似合うな。
イタリアよりもフランスだな。
ブルゴーニュかボルドーか・・・・
悩むところです。

budoubatake at 03:40コメント(8)トラックバック(1)TVから元気をもらう 

2005年12月08日

54f95705.jpg四半世紀経っても想いは募るばかり。
きっとジョンに恋してるんだな。
しかも、彼の残した言葉や音など
生き様すべてが愛しい。
いつまでたっても生々しくって
日々影響を受け続けています。

その手助けになって下さっている
ジョンで繋がっている方々にも
深く感謝したいと思います。
この場を借りて「ありがとう」

好きなアーティストはたくさん居るけれど
誕生日や命日までを克明に覚えてる人は
私の中ではジョン・レノンその人だけなんです。
完全に「聖域」です。

もうこの世にいないなんて、いまだに信じられないんです。


budoubatake at 00:09コメント(12)トラックバック(6)Beatles 

2005年12月07日

7fbf16a7.jpgカラダがしんどいと、ついつい
栄養ドリンクやら元気の出る
滋養強壮剤を飲んでしまいがち。でしょ?
あれって、めっちゃカラダに悪いと思うんですよ。
ってのはね、あれ合法の覚醒剤じゃないかって(笑)
効いてるときはいいけど、あるとき
まとめてドっと疲れが出てブっ倒れる。
そんな経験ありません?

疲れたなら疲れたまんま。
マッサージとかしてもらったり
のんびりお風呂につかって血行を良くして深く眠る。
私は明日はマッサージに行く予定です。

オーバーヒート気味の時こそゆったりした時間を過ごす。
夜空を1分見つめてるだけでもリフレッシュできるからさ。

このアルバムジャケットはクラプトンのスローハンド
「コカイン」って曲があってね、ヒアリングのできない私は
♪She is all right,She is all right cocaine〜 って聴こえてたんです。(笑)
「あの娘はコカインでハイになってる」って曲なのかな?ってね。
正確には♪She don't lie,She don't lie,cocaine〜 です。あはは。

そういえば空港で「メディスン」って単語を知らない人が
「これ何?」ってきかれて「ドラッグ」って答えたら別室に連れられた。
なんて話は、よくある「知り合いの知り合いがさぁ〜」的な話なんだけど
これってまじ? (笑)

じゃ、薬物に頼らず師走を乗り切ろうね!ばいちゃ!

budoubatake at 03:55コメント(3)トラックバック(0)元気 

2005年12月06日

058b094e.jpgライヴも来週に迫ってきました。
大勢の前での演奏では生音では無理。
ピックアップ付のウクレレが必要なので
ふじーちゃんに借りたSonny D Ukulele。
ハワイで購入したそうなのですが
これがめっちゃいい音なんです。
テンションがきついのがたまにきず。
アンプでこのアコースティック感を出すのが
至難の業で、なかなかいい音が出ないんですよね。
悩みのタネです。

それともう1点。
シールドをつなぐと、シールドの重みで
ウクレレを持つ手(フォーム)が安定しないんですよね。
軽〜い楽器だからね。
慣れるまでが大変、立って弾く練習してますよ。

バンドの構成がウクレレ2本なんです。
突如!「同じ事してても面白くない」という事で
もう1週間と少ししかないのに
リードウクレレ担当になりました。あはは。
ビートルズでいう所のジョージだね。
ウクレレ始めてまだ3ヶ月だよ。
日々、試行錯誤中です。

師走にこんな事してて・・・・ いいんです!(キッパリ)

私のやり甲斐の源泉だからさ。
人生愉しまなきゃね!


<インフォメーション>
BS1 12月8日(木) 前10:10〜11:00
BS世界のドキュメンタリー
平和の歌はこうして生まれた ジョン・レノン暗殺から25年
今年12月でジョン・レノンの暗殺から25周年を
迎えるのを機に作られたドキュメンタリー。
35年前、新婚のジョン・レノンとオノ・ヨーコは
カナダのホテルで「ベッド・イン」を行い
ひたすら平和を訴えた。この二人の行動を
カナダの公共放送CBCが記録していた。
CBCはこの度、当時の記録映像を掘り起こし
関係者にインタビューし、ベッド・インから生まれた
一つの歌が瞬く間に世界中に広がっていく様子を描いた。
制作:CBC/カナダ/2005年

BS2 12月9日(金) 前0:30〜1:59(8日深夜)
ミッドナイト映画劇場 ジョン・レノン・ストーリー
IN HIS LIFE : THE JOHN LENNON STORY 2000年・アメリカ
ジョン・レノンの若き日から、ビートルズとして
一生を風靡(ふうび)するまでを実話に基づいて描いたTVムービー。
ジョン・レノンの家庭環境、彼の人生を大きく変えたギターや
ポール・マッカートニーとの出会い、そしてビートルズの誕生など
彼の駆け抜けた時代を再現、その人生の光と影を浮き彫りにする。
(原題:IN HIS LIFE : THE JOHN LENNON STORY)

BSこだわり館 ロック誕生50年
第1回:ロックの誕生 ビートルズが全てを変えた!
12月12日(月)後11:30〜0:30
今年はアメリカでロックが誕生してちょうど50年。
ブギのビートとブルースの声が合わさった
リズム・アンド・ブルースから生まれ
ラジオDJのアラン・フリードが「ロックン・ロール」と
名づけて始まったロックは、ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツの
「ロック・アラウンド・ザ・クロック」が1955年に
全米1位を獲得して市民権を得たのだった。
この番組は、ロック半世紀の歩みを貴重な映像と
専門家による解説で全3回に分けて紹介
「ロックの全貌」を見渡せるようにした
「壮大なロック・グラフィティー」である。


budoubatake at 01:27コメント(0)トラックバック(0)ukulele life 

2005年12月05日

073c5b29.jpg12月ネタ。
南フランスでジゴンダスなどの
素晴らしいワインを造る生産者に
サンタ・デュックさんという方がおられます。
この写真は彼の造るスーパーテーブルワイン。
コルクを抜かないとヴィンテージもわかんない。
でも、素晴らしい出来映えのワインなのです。
飲んだら価格とのギャップに驚くはず。

ラベルには「サンタ・デュック エリタージュ」と書かれています。
Heritage は、そのまま英語読みもできるよね。
ヘリテージ(遺産)です。
「サンタが、いさんでお持ちしました!」なんて
クリスマスのホームパーティの差し入れにどうかな?あはは!

サンタさんの造るジゴンダスもスゴイダス。

続きを読む

budoubatake at 00:51コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2005年12月04日

2e373537.jpg今日、クリスマスリースを飾った。(遅)
括り付ける時に優しい女子アルバイトさんが
乗っかっていた椅子を支えてくれた。
ううっ!
なんてやさしい娘なんだ・・・!

「すみません・・・」
「な〜に?」
「おしり。・・・破れてますよ」
「え?! うそ! いや〜ん!」

私はお尻の破れたパンツを穿いて
ず〜っと仕事していたのであった・・・・

「キミこういう時はさ、こんな風の身のこなしの方が
スマートに見えるよ。やってごらん」

な〜んて実演で教えてたのが一瞬にして道化に変わった。
しかも、いつ破れたのか記憶にない・・・・
ひょっとしたら昨日も、その前も破れてたりして・・・・

ぞっとするのであった。

今日の教訓 「気を付けよう、甘い言葉と身なりには」


budoubatake at 01:19コメント(6)トラックバック(0)元気 

2005年12月03日

b54cd3a2.jpg美しいですね。ジョン。

"Jealous Guy" を
フルコーラス、動画で聴ける
サイトを発見しました。
コマーシャルが入るけど
そのあと始まります。
こちらでどうぞ!

ビートルズ時代のジョンも見られてハッピーな気分。

"Love" では、ヨーコの髪をほどく
ジョンの手がとても優しくてセクシーで
なんだか泣けてきちゃいました。

センチメンタルな季節です。

= 追記 =

明日もジョンに逢えるよ〜!
クリックしてね!


budoubatake at 03:37コメント(5)トラックバック(1)Beatles 

2005年12月02日

a5d6bfb4.jpg映画「Mondovino」を観てきたよ。
お昼に出掛けようと思ったら
とってもおだやかであたたかだったんで
自転車で出掛けたんです。
(自転車が似合わないとよく言われるのはなぜ?)
普段通らない道を(一方通行の箇所とかね)
ちんたら行くのも趣深いよね。

いろんな発見があったりしてね。
でもって「おおしまさ〜ん!」なんて
広小路で呼ばれたりして・・・
名駅に行くまでに知り合い二人に会ったよ。
いつどこで誰に会うかわかんないね。
油断できません! (笑)

さて、この映画。
もう上映は終わっちゃうんですよね。
賛否両論あると思いますが
私の中で何となくスッキリしなかったものが
見終わった時にはちょっぴり軽くなったよ。

そして、自分の感性は日本人なんだなぁ〜って思ったよ。
「感謝と調和のこころを持たない、過剰な自信は醜い」と思った。
あれ?いつになく過激発言? (笑)

ついつい影響されちゃうんだよね。
でもだいじょうぶ。
過激な感性は寝たら忘れてますから。あはは。

あ。映画「モンドヴィーノ」は後ろの方の席で観た方がいいよ。

budoubatake at 02:46コメント(2)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2005年12月01日

3ed22ae9.jpgいちごのシャンパンだよ。
ドイツ産の苺から造られたスパークリング。
12月らしくこんなのはいかがかな?
やや甘口で、アルコール度も低め
お酒が弱い方にもおすすめ!
食卓を華やかにしてくれるよ。
何より美しい色と泡立ち
熟したイチゴの素敵な香りに
ドギマギするよ。

まさにイチゴ(一期)一会!

今日はアロハバンドの2回目の練習で
クッタクタに疲れてます。
おやすみなさ〜い!

budoubatake at 02:34コメント(4)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ