2006年09月

2006年09月30日

d9908620.jpg「赤色」が好きなんだよな。
酒屋さんでも、赤いラベルには
必ず手が出てしまうんですよね。
そんなわけで買ってしまったのは
ノストラーダ・ガルナッチャ'04
アラゴン州カンポ・デ・ボルハ産
フランスでいう「グルナッシュ」が
スペインに来ると「ガルナッチャ」
言葉の響きから言えば、とても
愛くるしいイメージじゃない?

濃縮した赤い果実の香りに
黒胡椒の香りが混じります。
チェリーっぽい味わいのアタック
全体的にバランス良くまとまってるんだけど
ボリュームに驚かされますね。
値段からすれば、ウルトラ値打ちです。
初心者にも、そうでない人にも
納得の一本になるでしょう。

相乗するお料理は、軽く焼いた肉料理全般。
クリームシチューなんかにも合いそう。
ハンバーグやとんかつのような
日本の食卓の洋食にも合わせられますよ。

相乗する曲はコイツだ!

パスト・マスターズ(1)
続きを読む

budoubatake at 00:51コメント(8)トラックバック(0)日本料理とも合わせやすいワインワインを美味しくする音楽 

2006年09月29日

1fda46ea.jpgラ・ミシオン・カベルネ・メルロ'05
深い紫色の後ろにブラックフルーツの
強烈なアロマ。とても強くしっかりと
していてしなやかなワインです。
濃縮感もタンニンも充分。
バランス極上。
見た目にもOK! でしょ?

ニューワールドらしい果実味もたっぷり
でもでも、ブラインドテイスティングなら
チリというよりは、南仏かイタリアのワインと
答えてしまいそうな味わいなんです。

わかる人にしかわかんないコメントでゴメン。
要するにチリらしくないんだけど
値段はチリ。

あれ? もっと混乱?

じゃ、BGMには、こいつをどうぞ。

Discovery

続きを読む

budoubatake at 04:07コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワインワインを美味しくする音楽 

2006年09月28日

「神送り」って行事があります。
出雲に神様が集合しますよね。
神社の神様の旅立ちをお見送りするのが
今から2時間後。
滋賀までドライブです。
間に合うかな?
お客さんと(っつっても友達)
話し込み過ぎちゃった。
さぁ、今夜は何を聴きながら行こうかな?

すごい山奥なので、カーブを曲がった瞬間とかに
鹿の親子や、キツネに遭遇したりするんですよ。
だから、カーブは慎重にスローインです。
いちど、鹿を轢きそうになって、眼が合ったんですね。
あの時の眼が忘れられない。

じゃ、今夜は

ライド・オン・タイム
ゴー・アヘッド!


眠くならないように達郎さんと
デュエットしながらドライブしてきまーす!
山奥で見る星は、ほーんと凄いんです。
今夜も見られるといいけどな。


budoubatake at 02:39コメント(4)トラックバック(0)元気 

2006年09月27日

b713d769.jpg月の満ち欠けは早いね。
毎日が駆け足、急ぎ足。
本日、南区まで行く用事があったんで
このアルバムと共に出掛けた。
南区は、私にとっては異国で
国道に面した部分しか知らない。
カーナビの「間もなく目的地です。
音声案内を中止します」ってアナウンスで
ビビッてしまうんです。
「もう少し教えてよ」って感じ。

山下達郎「Moonglow」


続きを読む

budoubatake at 00:15コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年09月26日

f0f6901c.jpg物想いに耽る時にオススメの一曲。
「Take a Bow」 マドンナ。
Something to Rememberってアルバムを
この一曲の為に買ったのさ。
ほんと、何回聴いても痺れるね。
ベイビー・フェイスのコーラスもいいしね。
独りのワインを盛り上げます。
素晴らしきワインライフ!

budoubatake at 01:10コメント(4)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年09月25日

488b482b.jpg友人の主催するウクレレクラブの
発表会を見に行ってきた。
またまた教えられちゃったな。
私のウクレレはウクレレらしくないかも。
ギタリストのように弾くなら
ギター持った方がいいよな。
ウクレレの醍醐味はやっぱあの
間抜けな、ゆる〜い音色。
折りしも先程ジェイクがTVで
「Blue Hawaii」を弾いてたけど
あれならギターでやればいいじゃん。
なんて思うんだよ。
「Beyond the Reef」は、我々もやってるんだけど
今日聴いたヴァージョンの方が好きかもね。
ゆったり、まったり、あのユルさがいいんだな。

会場がまた良かった。
五条川のほとりで、川のせせらぎが聞こえたからね。
私の育った町では、この五条川と合瀬川の桜が有名。

どちらの川も、素敵なネーミングじゃない?
合瀬川(ごうせがわ)ってのは、勝手な憶測ですけど
その語源は「逢瀬」だと思うんです。
つまりデートのメッカ。京都で言えば鴨川。(言い過ぎ?)

だから、いつか「合瀬川恋歌」「五条川ブルース」
この2曲を作ろうと・・・・・ すでに構想20数年・・・
ウクレレで作ってみようかな?

またそんな気にさせてくれた素敵なひとときでした。
ありがとう。


budoubatake at 01:08コメント(7)トラックバック(0)ukulele life元気 

2006年09月24日

5ed58049.jpgジュヴレ・シャンベルタン'02
コンフュロン・ジャンドル家です。
薄い色調は、ピノ・ノワールらしくて
好感が持てます。愛くるしい色あい。
こんな可憐な色、どうやって出すんだろ?
美し過ぎて、写真には撮れない。
ぜひ感じて欲しいな。
甘いベリー系の香り。
チャーミングな味わいの中にも
やや強めのタンニンとブ厚いボリューム。
だからブルゴーニュが好きなんだよな。
バランス良く心地良いリラックスを
約束してくれますよ!

相乗する音楽といえば
やっぱ、話題のこいつか? 旧盤ですが・・・・

Living in the Material World


気持ち悪いコード進行も、なぜか気持ちいい。
ジョージにしか醸せない、唯一無二の世界が拡がるのです。
ブルゴーニュでしか醸せないピノ・ノワールにピッタリ。

ところで、ジョージのこの曲って何?
George Harrison - Gopala Krishna


budoubatake at 03:31コメント(4)トラックバック(0)愛を深めるワインワインを美味しくする音楽 

2006年09月23日

b1277ef1.jpg八百屋さんで、あまりに素敵な香りを
撒き散らしていたので、ケースで買ってしまった。
『ナイヤガラ』なのです。
何かの間違いなのではないのか? と
Google で検索してみたが
「ナイヤガラ」の検索結果 約 118,000件
「ナイアガラ」の検索結果 約 1,260,000件
「Y」の文字がないのに
なぜ、何ゆえに『ナイヤガラ』なのか?

ちなみに名古屋には、かの有名な
『大名古屋ビルヂング』ってのがあるけど
それは、まあ、理解できる。
『ナイヤガラ』は理解不可能だ。
誰か、その謎を解き明かしてもらえません?

ちょっと買い過ぎてしまったんで
明日は『ナイヤガラ』でデザートなんぞ作るんです。
「秋分の日」は「食欲の秋」なのです。

BGMには「大瀧詠一」なのです。


budoubatake at 00:46コメント(6)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年09月22日

3d471a51.jpgまたまた読書の秋です。
癒す心、治る力
  ―自発的治癒とはなにか

これもまた、おもしろい本。
カラダは本来、勝手に治癒する
能力があって、そいつをいかに
刺激してあげるか?

アメリカ人の著者なのですが
自然治癒力を高める東洋医学と
対処療法の西洋医学のマッチング。
ま、そんな本は今や珍しくないんですが
読んでてとってもためになるんです。

高校2年生の時に、サッカーの試合で
膝をモロに蹴られた事があって
ずっと治らなかったんです。
すると、もう片方の膝に
負担がかかってしまうんでしょうね。
続きを読む

budoubatake at 00:34コメント(4)トラックバック(0)座・読書 

2006年09月21日

59f844f9.jpg「プリティ・ヘレン」を観た。
「プリティ・ウーマン」や
「キューティーブロンド」そっち系。
ストーリーも脚本もなぁ〜・・・・
もう少し作り込んだらな。と
少しもったいない気がしました。と言うのも
登場人物のおしゃれさや元気な笑顔が
とってもいいんだもん。
もう少し、小粋なセリフを乗っけて欲しかった。
続きを読む

budoubatake at 01:34コメント(2)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2006年09月20日

446f2d9a.jpg  『自信』

まず、自分を褒めてあげられるものを見つけて
結果を出してごらんなさい。
そして、自分を褒めてあげる。
そこがあなたの自信の突破口。



どう? いいでしょ?

「81−1」夏木マリ

この本は、魅力的だった。
2時間もあれば、読めちゃう。
でも、読み返したくなる本。

なぜならば、この本に書かれている事は
自己啓発であり、スピリチュアルであり、哲学だから。
なによりも、その哲学は全て彼女の経験に裏付けられているから
言葉の重さが違う。響いてくる。

続きを読む

budoubatake at 00:28コメント(4)トラックバック(0)座・読書 

2006年09月19日

80cce506.jpgこんな丸の内の街の中ででも
虫の声が聴こえます。
いいもんですね。
で、聴きたくなったのは
Beatles の「Abbey Road」
10曲目「Sun King」
虫の声がスピーカーと
窓の外からとのステレオで聴こえてきます。
秋にオススメのビートルズ。

「Come together」が、コイツのおかげで
「米とげ、ザ〜ッと」に聴こえるようになってしまった。
空耳好きだけど、記憶から消し去りたい。 (笑)

続きを読む

budoubatake at 00:07コメント(8)トラックバック(1)Beatles 

2006年09月18日

ae8f4b25.jpgモルドヴァのシャルドネです。
ディオニソス・メレニ
カルレヴァーナ・レゼルヴァ・シャルドネ'02
ファーストアタックは樽の香り。
次に柑橘系の香り。
味わいはフレッシュ&フルーティ。
どうしてこんなに樽香を残すのか?
少し疑問だ。
せっかくのシャルドネの蜂蜜の香りを
邪魔してるんだな。
私的には、ステンレスタンクで
イキイキとした仕上げをした方が
いいんじゃないかな?って思うんだけど。

台風のせいで、はっきりしない天気。
しかも不愉快な湿度。
だからかな?

今のBGMはジョージ・ハリスン「慈愛の輝き」
George Harrison

車では、センチメンタル・シティ・ロマンスのファースト。
センチメンタル・シティ・ロマンス


このローテーションが続いています。

budoubatake at 02:56コメント(2)トラックバック(0)ワインワインを美味しくする音楽 

2006年09月17日

f27d0268.jpg先日、車で信号待ちしていたら
前のトラックの荷台(?)に
  Lovin' You
そう書かれていたんです。
素敵じゃないですか?
ドライバーのお顔を
拝見したい気分になりました。
まじ。

どんな気持ちでそいつを書いたのかな?

そのトラックに追走してると
ほんわかあたたかい物が
こみ上げてくるんですね。

神の使いとしか考えられない。(大袈裟?)

「あなたは愛されている」  (You are Loved!)
アーサー・ホーランド牧師の言葉を思い出した。

もちろん、頭の中では、ジャネット・ケイの
「Lovin' You」が響いた。

運転手さん、ハッピーをありがとう!

budoubatake at 00:57コメント(0)トラックバック(0)Love Jamaica元気 

2006年09月16日

81ea3895.jpg銀行さんに寄ったら
そのお隣のインド人と目が合ったのさ。
「まだ、ランチOK?」
2:30頃だったけど、食べられたよ。
新陳代謝がよくなったような
そんな気分になるから
インド料理はやめられないね。
9月15日って「敬老の日」じゃないんだね。
まだ、抜けないよ。

遅れ馳せながらMixi 始めてみました。続きを読む

budoubatake at 04:53コメント(4)トラックバック(0)レストラン 

2006年09月15日

昨夜の「オーラの泉」のゲストは 前田日明さん。
この番組をご覧の方なら、今回は
さぞ、驚かれたのではないかな?
いつもだと、ゲストの方の本音に迫り
新たな魅力を引き出す。という側面も
この番組は持ち合わせていると思うのだけれど
今回は、全くもって「スピリチュアルコンサル」
TV番組らしくなくてドキュメンタリーだった。
続きを読む

budoubatake at 00:47コメント(10)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2006年09月14日

6d0180ea.jpgパトリアッシュ・ヴァン・ド・ペイ・ドック
ピノ・ノワール'02です。
濃い色あい、濃縮したベリーの香り。
口に含む瞬間、ラズベリーが香ります。
アセロラのような味わい。
イキイキとした酸と果実味。
タンニンは控え目。ボリューム感は
やや強めです。
塩胡椒だけで焼いた、おいしい豚ロースの
ステーキといっしょに味わいたいな。

ヴァン・ド・ペイとは地酒の事。
ドックってのは、前置詞のde にオックが
引っ付いてドック。犬じゃないよ。
フランス語って、言葉同士が引っ付いての
発音だから難しいよね。
オックってのは、ラングドック地方の事です。

聴きたくなるのは、この曲だな。
The Beatles 「Hey Bulldog」 (ただの連想ゲームです)

budoubatake at 00:17コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年09月13日

470bf4c0.jpgモルドヴァ共和国のワインです。
プルカリ・カベルネ・ソーヴィニヨン'03
英国王室御用達と聞けば
飲んでおかなくっちゃ! ですよね。
外観は、カベルネにしてはやさしい色調。
香りもさほど強くはないけれど
ラズベリーやブラックベリーの香り。
ざくろや黒胡椒も感じられます。
味わいは、やさしめのタンニン。
バランスよくまとまっています。
パワフルなカベルネを求める人には
お薦めできませんが、マイルドな味わいです。

英国王室御用達で思い出すのはジョン・レノンだ。

1963年、イギリス王室の御前コンサート
王室主催の「ロイヤル・バラエティ・ショー」でのジョンのMC
「次の曲はみなさん参加して下さい。
安い席の人たちは手拍子してくれるかな?
高い席の方は宝石を鳴らして下さい」

"Will the people in the cheaper seats clap your hands?
All the rest of you, if you'll just rattle your jewelry."
(05:35)

彼のこんなシニカルなユーモアが大好き。
笑顔もチャーミング。

71a22828.jpg

budoubatake at 00:59コメント(4)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2006年09月12日

1410e314.jpgマッサージに行ってきました。
お昼頃にそこに行くと、お隣の
「米屋の手づくりおにぎり」屋さんに
いつも行列ができてるんです。
でも、買いたい気分にはならなかったので
インプットだけしてたんです。
続きを読む

budoubatake at 00:28コメント(10)トラックバック(0)元気 

2006年09月11日

d2e8946a.jpgTVをつけてたら、ポールの声が!
「This Never Happened Before」だ。
「イルマーレ」って映画の予告だった。
調べてみたら、エンディングで使われてる。
この曲。好きなんです。
キアヌも好きなんだよ。
早くDVDにならないかな?

映画館に行くほどでもないでしょ?
続きを読む

budoubatake at 00:06コメント(4)トラックバック(0)どえりゃあ映画!Beatles 

2006年09月10日

マントラ
「おんくろだのうんじゃくそわか」

ラッキーナンバー
「358」

「和顔愛語」

budoubatake at 03:11コメント(0)トラックバック(0)元気 

2006年09月09日

fb443604.jpg満月の夜、いかがお過ごしでした?
昨夜はJoy Wow 阪本啓一先生のセミナー。
懇親会にお声掛けしなかった人が居たみたい。
申し訳ございませんでした。
実は、こういったセミナーの醍醐味は
壇上からよりも、懇親会のほうが大きいんですね。
面白いお話がたくさん聞けました。

阪本先生の切り口は全く新しいから
いろんな方に聴いて学んで欲しい。
学ぶと言うよりは感じて何か行動が変われば
みんながハッピーになれる。 じゃないかな?

彼も、このセミナーを始めたばかりだし
もちろんライブなので、オーディエンスとの
駆け引きも、暗中模索で、立て板に水ではなかったけれど
そこがまた、行間を読む醍醐味を生んでくれたりしてね。

あまりに流暢過ぎても「あー、いい話聴いたね」で
終わっちゃうからね。ちょうどよかったです。

簡単に言えば、極右脳と極左脳をいかにミックスするか?
なんだけれど、今までの概念にプラスで乗っけると
いろんな事が見えてくるんじゃないかな?

あなたの街でも、聴けるといいですね。

budoubatake at 11:43コメント(4)トラックバック(0)元気 

2006年09月08日

d8335aef.jpg南アフリカ産のスパークリングワイン
エイケンダル・ブリュット
ソーヴィニヨンブラン・シャルドネ
美味しくて安いのがいいよね。
クリーミーな泡立ちとすっきりドライな
味わいにも拘らず、しっかりとした後味。
ケース買いでも損のないスパークリング。

2010年のW杯に向けて漕ぎ出したオシムジャパン。
相手のレベルから言えば、ちょっと情けないゲームが
続いてますよね。どうしたもんだ?
続きを読む

budoubatake at 01:57コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 
「毎日をもっと楽しく、楽に生きるお話」
JOYWOW オープンセミナー
     *どなたでも参加できますよ。
      ハッピーになりたい方は必見です。続きを読む

budoubatake at 00:00お知らせ元気 

2006年09月07日

328d6404.jpg待ち遠しいね!
映画『フラガール』オフィシャルサイト
こんなサイトもあるんだよ。
『Hula Girl』のビデオクリップ
期間限定なんだって。

松雪さん、美しすぎる。

budoubatake at 00:37コメント(3)トラックバック(0)アロハ・スピリットどえりゃあ映画! 

2006年09月06日

a675c6e6.jpgnatalie ai kamauuです。
ハワイのタワレコで購入。
アマゾンでは取り扱いがないみたい。
しっとりとしたコンテンポラリーな
ハワイアンです。ほんのりと
Jazz のフレーヴァー。
おしゃれ系サウンドですね。
ワインのある風景にはバッチリです!

気付いたら、ブログ誕生日を
とっくに過ぎていました。
かれこれ2年も毎日更新してるんですね。
成長してない所が凄い!

でも、ブログってオススメですよ。
その時のテンションが現れるし
過去の自分から学ぶ事があったりして・・・・

それって学習能力がないって事かな?
ま、いいや。

ここまでやってこられたのも
皆さんのおかげなんです。 ほんと。

ありがとう!

ブログっていうフォーマットではなく
日記だったら、とっくにやめてるもんね。
今までの投稿件数 760 。 (やるじゃん!)

コメントがモチベーションなんですね。
近い友人から「最近は、コメントしづらい」って聞きました。
何だか、コミュニティが出来上がってるように見えるらしいです。

そんな事ないのにね。
会った事もない人が大半だもん。

何か感じたりしたら、お気軽にコメントして頂けると
もう少し、続けられるかも知れません。 (笑)

今後ともよろしくお願い。です!


budoubatake at 04:53コメント(16)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽元気 

2006年09月05日

012ca3cf.jpgチリの土着葡萄カルムネール。
実は、初体験だ。
アナケナ・カルムネール'05
香りはピーマンやブラックベリーなど
カベルネフランのようなニュアンス。
ほんのりと香る樽が絶妙です。
フレッシュな果実の香りや味わいとの
マッチングはとってもいいね。
ボリューム感もあってバランス良くまとまっています。

合わせたい音楽はこいつだな。
続きを読む

budoubatake at 00:36コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワインワインを美味しくする音楽 

2006年09月04日

c9883241.jpg過ぎ行く夏、訪れる秋。
聴きたくなるのは、センチメンタルで
ちょいとセクシーな歌声。
門あさ美「セミ・ヌード」
7曲目の「色のない構図」は8分の6拍子の
ロッカバラード風なんですが、曲の終わりの
フェイドアウト寸前に彼女の囁く声

「うそつき・・・」

男なら誰でも耳元で言われた事があるでしょう?
ここでいつも巻き戻してもう一度聴いてしまうのは
私だけでしょうか?
スピーカーに耳を近づけてしまうのは、私だけ?
正直で誠実がウリの私ですが (?)
こう言われる時、少しワルい男になった気分で
少々、快感だったりします。続きを読む

budoubatake at 00:28コメント(10)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年09月03日

e7155b1a.jpg少し前だけど、LA からの便り。
Linda から。
フリーペーパーのLALALA(ららら)と
Lighthouse をわざわざ送ってくれた。
ページをめくったら、いきなり
彼女を特集した2分の1ページ!

Linda すばらしいよ!
今頃は、この記事で引っ張りだこだといいな。続きを読む

budoubatake at 01:17コメント(11)トラックバック(0)元気 

2006年09月02日

f0c1b7db.JPG人間、歳を重ねるごとに丸くなります。
かつては、ビートルズは聖域で
カヴァーアルバムなんていっさい認めてなかった。
40を超えると、こんなアルバムも
「それもまた、アリじゃない?」
なんて感覚で、お店のBGMに使ってたりします。
「In My Life」だけはいただけないけど (笑)

ビートルズ・イン・ボッサ 続きを読む

budoubatake at 01:03コメント(6)トラックバック(0)Beatlesワインを美味しくする音楽 

2006年09月01日

dc48aa6a.jpgアウトリガー・リーフ・オン・ザ・ビーチの海辺では
波の音とライブを聴きながら
お食事ができます。
ハレクラニの横のアウトリガーです。

昼間のプールサイドではきれいなおねえさまが
長いナマ足で「お飲み物はいかが?」なんて。
ね。断れませんよね。
商売うまいよな。
だってプールの入口はおばちゃんなんだもん。
プールサイドのレストランはおっちゃん。続きを読む

budoubatake at 03:55コメント(0)トラックバック(0)レストランアロハ・スピリット 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ