2006年10月

2006年10月31日

60391d88.jpg「カエル・カード」なるものを頂いた。
「本来の自分を思い出します」と念じて
60枚の中から、一枚を引くんだよ。
そうするとメッセージがあらわれて
その時に自分にぴったりの一枚に
ちゃんと出会うのだそうだ。
ちなみに、先程見てみたら

Compassion 「思いやり」
まわりのあらゆる人・物・生き物・出来事に
深い思いやりを!いつも心やさしく柔軟な態度で
すべてのものに接するあなたは安らぎそのもの。

と書かれていた。
その時の気分で、何とでも解釈できる所が
きっとこのカードのいいところなんだろうな。

「思いやり」というカードを引き当てて
数人の顔が浮かんで、数件、電話とメールをした。
おお!
役に立ってるじゃん。

きょうこちゃん。ありがとう。


budoubatake at 00:55コメント(18)トラックバック(0)元気 

2006年10月30日

ff971dbb.jpgUTOPIAの「DEFACE THE MUSIC」
コレステさんにお貸しする約束を
していたので、捜し出してみた。
リピートで聴いてたら、実は
買ってから一度しか聴いてなかったのに
だんだん気持ち良くなってきてしまった!
いわゆる、真面目なパロディ。
クスっと笑えるけど、王様と同じで
もう一回聴こうとは思わなかったのに
今回いつの間にかトリコになってたよ。
ビートルズに対する理解が半端じゃない。

しかし、邦題の付け方はかなり乱暴で笑える。
レコード会社の担当が、ヘラヘラしながら
書いている様が想像できるからだ。

検索してたら、いろんな人が
かなり評価してるアルバムであることが判明。
CDラックに葬られていた事を
なんだか申し訳なく思ったよ。
トッド・ラングレンさすがです!

上手にレビューを書いてあるHPがあるんで
詳細が知りたい人は、コチラを参考にしてね。
勝手にリンクしちゃうけど、ごめんなさい。



budoubatake at 00:11コメント(0)トラックバック(0)Beatles 

2006年10月29日

d9649bca.jpgサレント・ロッソ・ネグロアマーロ'03
南イタリアの香り豊かな赤ワイン。
C-moon が、かわいいでしょ?
ワインって、ほんとうに千差万別で
十人十色なんだよね。
同じ産地で同じ葡萄品種でも
多種多様な味のワインになる。
そして、ボトリングされて
そこに生産者のセンスが盛り込まれて
ひとつの作品になるんだよね。

このワインは、ブルーベリーや
ブラックチェリーの繊細な香りと
ほど良く溶け込んだ樽の香りと味わいが
なんともバランスの良いワイン。

今夜は雲ってて見られないけれど
逆の形の三日月が昨夜はきれいに見えてたよ。

昨夜、こいつを飲んでる時にかかってたのはこいつ!

Suitcase
続きを読む

budoubatake at 00:26コメント(0)トラックバック(0)仲間と飲みたいワインワインを美味しくする音楽 

2006年10月28日

56b552f1.jpgイカルディ・バレラ・コルテーゼ'04
イタリアのピエモンテ産コルテーゼ種を
使った、とてもドライな白ワインです。
飲み進めるにしたがって、オイリーな
味わいが強くなってきます。
食欲をたかめる為の食前酒におすすめ。
わりとボリューム感もありますよ。

このワインのエチケット(ラベル)を見て
頭に浮かんだ音楽は、この曲です。
In my Life meet the Beatles!続きを読む

budoubatake at 00:55コメント(9)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年10月27日

ちなみに、ゆったり40名着席のレイアウトです。
真ん中で、ゲームや演奏ができるくらいのゆとりがあります。

cf136e86.jpg2dc9b695.jpg











只今のBGMは、ドナルド・フェイゲン

Morph the Cat


8周年ということでDMを送ったら
懐かしい人たちがたくさん来てくれてうれしい!
当時、恋人同士だったふたりが子供を
ふたりも連れて来てくれたり。

今夜もビバ!


budoubatake at 01:22コメント(6)トラックバック(0)お知らせ 

2006年10月26日

1348d7e1.jpgバンコクからCDが届いたのさ。
T-Bone「Enjoy Yourself」
このバンド、以前Live を観たんです。
Hardrock Cafe BANGKOK でね。
新譜を、サワさんの将来の新婦が
バンコクの香りと共に運んでくれた。
スカ・ロックステディという
ボブ・マーレーの初期の頃のサウンドを
目指し始めたようだ。以前はレゲエだったのに。
しかし、タイ語が気持ちいいんだな。
早くもお気に入りです。コップン・カー!

さて、一昨日はキリスト教会。
今日は、仏様の前でのライブを観てきました!
続きを読む

budoubatake at 04:21コメント(6)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽Loveland Thailand 

2006年10月25日

986afc2a.jpgフアン・フランシスコ・ソリス・ブランコ'04
スペイン・ラマンチャ地方、ヴァルデペーニャス
葡萄品種はアイレン100%
美しく輝く麦わら色。
すっきりとドライな飲み口。
残り香にほんのり檸檬の香り。
ほどよく樽の香りがとけています。
ブランコってのはスペイン語で
「白」なんですよ。
ということは、かつての大ヒット曲
「白いブランコ」は「Blanco Blanco」?

白いブランコ


♪白いブランコに変えたのは
  なにか、わけでもあるのでしょうか?

って、そりゃ「白いギター」
TVジョッキーだね。


budoubatake at 00:36コメント(7)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年10月24日

45c935b1.jpg葡萄畑に行ってきました!
日本ソムリエ協会東海支部
例会と称する勉強会で多治見神言修道院へ。
こちらの修道院では、ミサ用、及び
観光土産用としてワインを造っているんです。
それを担っているのが、いわゆる
知的障害者と呼ばれる方々。
以前、新聞で見て、一度ぜひ訪れてみたいと思っていたので
願ったり叶ったりの勉強会だったよ。

テーマ 「多治見修道院ワインについて」
講 師 上田真哉氏 多治見修道院醸造長
続きを読む

budoubatake at 00:07コメント(6)トラックバック(0)ワインに対する想い 

2006年10月23日

04b64aa2.jpg改装しました!
このセッティングは明日のパーティ。
22名ですので、ド真ん中のセッティングですが
5〜60名のパーティでも大丈夫ですよ!
忘年会、そろそろ埋まってきてますので
お早めにお問い合わせ下さいね!

インテリアが変わると
聴こえる音まで変わってくるから不思議です。
とってもイイ音に聴こえるんですよ。
気分に左右されやすい体質って事か?

19d3fb4c.jpg今聴いているのは「XO」
ひとりビートルズと言われる
エリオット・スミスです。
なんか、とっても拡がるんです。
しみてきます。
ワインもおいしいよ!

XO
続きを読む

budoubatake at 00:59コメント(11)トラックバック(0)お知らせワインを美味しくする音楽 

2006年10月22日

fb88bb03.jpg「今日は、名古屋のお惣菜屋さんから
いっさいの『ハムかつ』が消えた」のだそうだ。

         (ゆーさく談)

続きを読む

budoubatake at 00:52コメント(9)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2006年10月21日

76c061b3.jpg自分史について過日書いたけど
面白いページを発見したので
よかったら、検索してみてね。
「NipponStyle」プロダクトでたどる自分史
自分の生まれた年に何があって
どんな産業製品が生まれたのかが
おおまかに調べられるんです。

エースコックのワンタンメン。
こいつは私の生れた時に作られたのだそうだ。
インスタントラーメンらしい味わいが
なんとも印象的。今も同じ味なのだろうか?

いま、とっても食べたい。

いつの時代から、インスタントラーメンが
こんなに複雑になったんだろう?
たかがカップラーメンのクセして
いくつもの袋を開けて、しかも
この袋は、麺があがってから入れる。とかさ。
どーも苦手です。

そんなんインスタントじゃねぇじゃん!

お湯を注ぐだけ!
そこに長年こだわり続ける「カップヌードル」に一票!


budoubatake at 01:22コメント(4)トラックバック(0)元気 

2006年10月20日

89adb781.jpgイル・ポッジオーロ・バルコ・レアル
カルミニャーノ'03
物悲しい秋にお似合いの赤ワイン。
凝縮したベリーの味わいと樽香
そしてタンニンがバランスよく
まとまった素敵な味わいでこの値段なら
みんなが満足でしょ。
私は満足です。
あらら。
自己完結しちゃダメだよね。
まいっか。秋だもん。

そんなわけで今聴いているのは

Wings at the Speed of Sound

続きを読む

budoubatake at 02:11コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年10月19日

2f00e768.jpgヴェルディッキオ・ディ・カステッリ
ディ・イエージ・クラッシコ'03サルタレッリ
をご紹介しましょう!
ヴェルディッキオっていうと
水がわりにじゃぶじゃぶ飲むワイン。
そんなイメージがあるんですけど
こいつは、深い味わい。
秋にも美味しいヴェルディッキオ。
しっかりとしたクリーム系のパスタにも
よく合いそうな味わいですよ。
旬の木の子のお料理にもいいかもね。

爽やかだけど、深い味わい。
そんなワインのおともには
このアルバムはいかがかな?
続きを読む

budoubatake at 00:28コメント(4)トラックバック(0)気軽なデイリーワインワインを美味しくする音楽 

2006年10月18日

43491ca7.jpg読書の秋、してますか?
「美女は何でも知っている」 林 真理子
もう、20年も彼女に笑わせてもらっている。
そう、anan のコラム。
こいつは、ほぼリアルタイムだから
楽しく読めたよ。

彼女のお買い物やお食事など
ものすごい贅沢でちょっと嫌味に
感じても、そのあと必ず
ズッコけるんだな。

だから、憎めない。
続きを読む

budoubatake at 00:43コメント(6)トラックバック(0)座・読書 

2006年10月17日

c04fb96e.jpg今夜は月が見えてますか?
ここからは少ない面積しか
空が見えないのです。
昨夜の帰りの道すがら
あまりに美しいお月様に
ずっと見とれていました。
あの月を揺り籠にして
ぶらんぶらんしたら
めっちゃ気持ちいいだろうな。
なんてね。
たぶん、そのイメージは
この写真。ウイングスが原因。

続きを読む

budoubatake at 01:08コメント(10)トラックバック(0)Beatlesワインを美味しくする音楽 

2006年10月16日

51555df2.jpgコート・ド・ヴァントゥー・ルージュ
トラディション'04 ドメーヌ・レスタニョール
濃い赤色の中に、いちごや
フランボワーズを感じます。
そしてスパイシーな風味。
濃縮感のある味わい。
深く広がりがあり、しかも
親しみやすい味わいですよ。
タンニンもしっかりあって
飲み応えがあります。
ラベルのセンスはイマイチだけど
見た目以上の味わいは保障しますよ!

今ね、窓は開けたまんまなんですが、冷えますねぇ。
急に秋が深まってきました。

あまのじゃ君のおすすめBGMはこいつです!
続きを読む

budoubatake at 00:53コメント(9)トラックバック(0)気軽なデイリーワインワインを美味しくする音楽 

2006年10月15日

fdc3f239.jpg明日から、2Fのパーティルームを改装します。
なので、本日のパーティは、このインテリアでの
最後のパーティとなったんですが
「ピアノとワインを愉しむ会」だったんです。
いい雰囲気でした。
バッハやドビュッシーなどとともに
いろんな土地のワインを飲み比べ。 です。
いつもこんな風に上品なパーティばかりだと
こっち側も楽しいんだけどな。



2de9ec9e.jpg改装後はこのピアノが
もっと映える内装になります。
おたのしみに!
またアップしますね。

続きを読む

budoubatake at 00:40コメント(7)トラックバック(1)お知らせ元気 

2006年10月14日

aae85bef.jpgコート・デュ・ローヌ・ルージュ'04
ドメーヌ・アンドレ・ブルネル
この造り手さんは、シャトーヌフ・デュ・パプ
で、超有名。
フランス料理のお店に行くと
いちばん値段お安い赤ワインの定番は
かつて「コート・デュ・ローヌ」だったね。
そんなイメージから抜け切らないんですけど
この、ブルネルさんの造るローヌは
洗練されてて、しかもパワフル。
スパイシーなローヌらしさも堪能できます。
安物のイメージなんて微塵もありません。

今、聴いているアルバムはこいつ。

HELP! - 4人はアイドル
続きを読む

budoubatake at 03:05コメント(6)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年10月13日

fbf88a3f.jpg過日は、神様を出雲にお見送りしましたが
今夜は、神社に帰ってくる神様を
お迎えに行くんです。
滋賀の山奥まで何を聴きながら
行こうかと思案してたら、コイツです!
フォリナーの「Head Games」
17歳になる自分にプレゼントしたんです。
「Seventeen」って曲が入ってたからね。

過日の「JOYWOW」阪本先生のセミナーで
自分の歴史を年ごとの年表にまとめると
サイクルや傾向がわかるって話を聞いてて
ようやく先週着手したんですよ。


続きを読む

budoubatake at 00:34コメント(16)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年10月12日

36bb2df6.jpg「金木犀の香りでいっぱいだね」
中学校の時に同級生の女子に言われた時
私の頭の中には「金星」と「木星」が
浮かんで、意味がわかんなかった。
その時初めて金木犀を知ったんだよ。
今、ここ中区丸の内にも
その香りが、漂っているんです。
でも、イメージは学生服なんです。

そんな頃に手に入れたウイングスの
「Venus and Mars」を聴いています。
当時はポールにくびったけ。 でした。

あ。

「Venus and Mars」は
「金星」と「火星」か。
金木犀とも、金木星とも
全く関係なかったね。 ま、いっか。

12. Treat Her Gently/Lonely Old People
13. Crossroads
この流れが、たまんないんです!

今聴いてても、もういちど
A面にひっくり返す準備をしてしまうんです。
CDで聴いてるのにね。
 

budoubatake at 00:43コメント(8)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年10月11日

6e2c101d.jpg昨日の演奏は、ヒドかった。
会場の長久手町文化の家 森のホール
ここが、曲者だったのさ。
ホールに入ったときの第一印象は
「おお!ロイヤルアルバートホール!」
エンジっつーかワインレッドが
そう感じさせるんです。

いわゆる、ヨーロッパのオペラや観劇の
ために造られたような瀟洒な造り。
2F席もアーチ状になってて素敵だった。

続きを読む

budoubatake at 01:38コメント(4)トラックバック(0)ukulele life 

2006年10月10日

e905b362.jpgグアルド・デル・レ・エリゼオ・ロッソ'04
酒屋が「これ飲んでおいて下さい」と
1ケース勝手に置いて行ったワイン。
ちゃんと伝票は付いてます。 (笑)
でも、こいつは良かった。
濃くて深い色あい。
セパージュ(葡萄品種)の標示はないが
たぶん、サンジョベーゼとメルローか
カベルネが少々。
イタリアの香りとフランスの香りがするんです。
違ってたらどうしよう。 (笑)

しっかりとしたタンニンと果実味の
ほど良いバランスは、絶品。
ブラックベリーやラズベリー
カカオマスの香りも混じっています。

お値打ちでパワフルなワインをお求めの方には
超オススメです。

本日初めて聴いたこのアルバム。

リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(DVD付)
続きを読む

budoubatake at 00:30コメント(4)トラックバック(0)飲んでおきたいワインワインを美味しくする音楽 

2006年10月09日

b99d3cb0.jpgHappy Birthday、John!

John Lennon/Plastic Ono Band
こいつを聴いています。
「My Mummy's Dead」 好き。
このアルバムは、裸のジョン
傷付きやすい少年のままの
純粋なジョン・レノンが感じられる。
だからこそヘヴィーで
いつもいつもBGMでかけるような
そういった類のものとは一線を画すんだ。
座して聴くアルバム。
もちろん、大好きなアルバム。

友人が、学校から呼び出しをくらった。
高校生の息子が「いじめ」の加害者で
校長室で、説明を受けたそうだ。

続きを読む

budoubatake at 00:26コメント(14)トラックバック(0)元気 

2006年10月08日

ea2fcae6.jpgヴィラ・ソピタ・メルロー・ヴェネト'04
深くて濃い色あい。
見るからにメルロー。
口に含めば・・・・
イキイキとした酸と言うには
少しきつい。
どこかが突出した味わいは苦手。
このワイン、見た目は素敵なんだけどな。

お店のワインを選ぶ基準は「調和」
甘くても酸とのバランスがよければ
お食事にも充分いけるし
渋みが強くても、果実味豊かであれば
そんなにヘヴィなお料理でなくても
マッチしますよね。
続きを読む

budoubatake at 02:51コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン元気 

2006年10月07日

be2cc2fa.jpg過日、新聞で見たんだけど
ミュージカル『 LOVE 』の
サウンドトラックが発売になるんだってね。
どーよ?

ジョージ・マーティンかぁ・・・・
恐いもの見たさでいちどは聴きたいかな。

でも、オリジナル作品をつぎはぎして
新作を作るって、どーよ?

ボブ・マーレーの場合も
「デュエッツ」とかいうアルバムがあったけど
情けない事に、買っちゃったんだよね。
ひとまわり全部まだ聴いてないけど・・・・・

ま、結果は同じだろうけど、聴きたくなるのよね・・・・

東芝EMIのHPはこちら!

ミュージカルの公式HPは、こちら!

<本日の付録>
ジェイク・シマブクロ
While my Guitar Gently Weeps


budoubatake at 02:11コメント(4)トラックバック(0)Beatles 

2006年10月06日

ネット上で流通しているお話・・・  

おすそわけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学生のとき、足し算、引き算の計算や、
会話のテンポが少し遅いA君がいた。

でも、絵が上手な子だった。

彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、
解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。

冷や汗をかきながら、指を使って、
ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、
N先生は違う学校へ転任することになったので、
全校集会で先生のお別れ会をやることになった。

生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだからA君が言え、
と言い出したお馬鹿さんがいた。

お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを普通の子と一緒に勉強させてくれて、
              ありがとうございました・・・」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。

水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。

放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。

その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。

N先生がぶるぶる震えながら、
嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした。

昨日、デパートのポストカードの中に
美しい水彩画と、A君のサインを見つけました。

N先生は今、僻地で小学校で校長先生をなさってます。
先生は教員が少なく、子供達が家から
2時間ほどかけて登校しなければならないような
過疎地へ自ら望んで赴任されました。

N先生のお家には毎年夏にA君から絵が届くそうです。
A君はその後公立中高を経て、美大に進学しました。

お別れ会でのN先生の挨拶が思い浮かびます。

「A君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。
 みんなはもしかしたら、 見たこと無いかもしれない。
 ユトリロっていう、フランスの人でね、
 街や 風景をたくさん描いた人なんだけど。
 空が、綺麗なんだよ。
 A君は、その才能の代わりに、
 他の持ち物がみんなと比べて少ない。 だけど、
 決して取り戻せない物ではないのです。 そして、
 A君は それを一所懸命自分のものにしようしています。
 これは、簡単なことじゃありません!」

A君は、空を描いた絵を送るそうです。

その空はN先生が作り方を教えた、
美しいエメラルドグリーンだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お し ま い 。


budoubatake at 15:30コメント(5)トラックバック(0)元気 

2006年10月05日

フラダンス教室
「ハーラウ・ナプアオカレイ・ロゼラニ」
こちらの第3回発表会に出演します。
日程 : 10月9日(月・祝) 13:00開場 13:30開演
会場 : 長久手町文化の家 森のホール

おひまならどうぞ!


budoubatake at 16:31コメント(0)トラックバック(0)ukulele life 

2006年10月04日

5bd73b5b.jpg南フランスのワインは概して好き。
そのフルーティさとスパイシーさ
太陽を感じるその味わい。
そして、フランスでしか生まれない
気品あるフレーヴァー。
本日ご紹介したいのは
ジゴンダス'04 エドモン・ピュレルです。
葡萄品種はグルナッシュ90%、ムールヴェドル10%
この、ワインらしからぬエチケット(ラベル)
自由な発想で造られたワインなんだな
なんて、想像しちゃうわけです。

香りは、スパイシーなアタックから
チェリーやラズベリー、ザクロ。
口に含めば、濃縮感のある味わいが
とても長く続きます。フルボディ!
大好きな味わいだから、みんなに飲んで欲しいよ。

続きを読む

budoubatake at 00:09コメント(2)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2006年10月03日

c6b2b025.jpg月日の経つのは早いもので
もう、ハワイに居たのが夢のよう。
今夜、なぜか行きたくなったレストラン。
それが「チャイズ・アイランドビストロ」
アロハタワー・マーケットプレイスは
不思議な所。
観光客が異常に少ない。
たまたまだったのかな?
続きを読む

budoubatake at 00:41コメント(6)トラックバック(0)アロハ・スピリットレストラン 

2006年10月02日

160b7837.jpg怠惰な一日を過ごしてみた。
っつーか、カラダが重くて動かなかった。
喉が腫れて、悪寒もあったので
「何もしない」と心に決めたのさ。
うとうとしながら夕方に、NHKで
「トップランナー」って番組を観たよ。
ゲストはAIってお方、この人、いいね。
続きを読む

budoubatake at 00:29コメント(6)トラックバック(0)元気 

2006年10月01日

84f41d0d.jpgついこの間まで真夏だったのに
もう10月なんですね。
今夜のハーフムーン。見てますか?
めっちゃキレイです!
そんな夜のお薦めワインはコイツ。
ブルゴーニュ・ブラン
 キュヴェ・サンヴァンサン'03
ヴァンサン・ジラルダンのワイン。
こいつは、深まる秋にぴったりですよ。
まず、ミネラル感溢れる香りの中に
オレンジや林檎の香り。
グラスを回せば、どんどんいろんな
香りが複雑に絡み合っているのがわかります。

味わいも、シャープでありながらも
ボリューム感があるんです。
それもそのはず!
シャサーニュ・モンラッシェ
ピュリニー・モンタッシェ、そしてムルソーの
平均樹齢30年の葡萄を使ってるんですね。

相乗する音楽はこちら!

Pearl
続きを読む

budoubatake at 00:05コメント(2)トラックバック(0)愛を深めるワインワインを美味しくする音楽 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ