2006年12月

2006年12月31日

acbf283e.jpg本日は、今年最後のお祓いに
滋賀にドライブでした。
高速で鈴鹿あたりから雪景色で
躊躇したんですが、突撃。
三重県と滋賀県の境のトンネルを抜けると
そこは雪国だったのさ。
バリバリのノーマルタイヤ。
滋賀に入ってからは後続車には
すべて追い抜かしてもらって
恐る恐る走ってました。
山ん中なので、スベったら崖なんだもん。

お祓いのおかげなのかな?
過日の詐欺事件。
担当のA君が、利子を付けて現金で返却に来てくれましたよ。
大好きなゴンチャロフのお菓子とともにね。
どうやってかき集めてきたお金なのかを想像すると
ちょっぴりかわいそうな気もしたけど
今もらっておかないと、まずいしね。

心配してくれた方々、ありがとうございました。

大難は小難、小難は無難をもって逃れさせていただけるよう
あなたが祈っててくれたおかげです。
ありがとう。

そして、たった今まで、仲間と毎年恒例の忘年会。
元気をありがとう!


budoubatake at 03:43コメント(8)トラックバック(0) 

2006年12月30日

02f48876.jpg行きつけのマッサージ屋さんが
一宮に移転する事になって
困ってたんです。
お客様とそんな話をしてたら
「この近くに、いい店あるから
パンフレットもらってきてあげる」
食事中のささやかな会話の中の
ちいさなちいさな、実現されなくても
何の不思議もない「約束」は
翌日果たされた。

そんなに親しいお客様でもなかったんだけど
こんな風にしてもらうと、急にこころが
接近しますよね。
好きになっちゃう。

でも、自分はそうしてるかというと
即座に忘れちゃう事が多かったり
それって、反省だな。なんてね。

小さな約束を守れる人には
ハッピーな事柄がきっとたくさんあるんだよ。

そんなわけで聴いているのは
マキシ・プリースト「Close to You」
なぜか、年の瀬にピッタリ!
このアルバム「Bonafide」は、ほーんと名作。

続きを読む

budoubatake at 03:20コメント(0)トラックバック(0)元気ワインを美味しくする音楽 

2006年12月29日

31ba1c32.jpg仕事納めの方々、お疲れ様でした!
本日、入口でお断りしちゃった方々
すみませんでした。

疲れ果てていますが、人間交差点
こいつを差し入れに頂いたので
おうちに帰って読んでから
眠りにつこうと思っています。
こんなん読んだら
また、泣いちゃうんだよなぁ〜 あはは。

BGMには、こいつを聴こう

sweet,bitter sweet ?YUMING BALLAD BEST
続きを読む

budoubatake at 01:54コメント(9)トラックバック(0)座・読書ワインを美味しくする音楽 

2006年12月28日

5009d640.jpgコトー・ド・ラングドック'01
ドメーヌ・ニザス。
果実味溢れて、ボリューム感も
タンニンも申し分なし。
ケースで買っても後悔しないワイン。
太鼓判押しておきます。
よくよく調べてみたら
アランデュカスでも使われているんだね。
ナットク。
おいしいよ。

疲れ果てて只今、聴きたくなったのは
スティービー・ワンダーです。

Innervisions

うーーーーん、癒される。

budoubatake at 01:19コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワインワインを美味しくする音楽 

2006年12月27日

人は、生きているだけで影響を受ける。
能動的になればなるほど得るものは多いよね。

私にとって「音楽」や「本」そして「人」は
いつも自分に必要な情報を与えてくれる教師だ。

その定義は、出会う以前とそれ以降では
違う自分になっているって事。
必須条件なのさ。

しかも音楽ってヤツは、人生の喜怒哀楽に
「華」を添えてくれる特別な存在。だ。
今まで感じられなかった事が感じられるようになったりね。

2006年に出会ったすばらしい音楽たち。
私にとっては新譜。だ。

今年のヒット!

たぶんいちばん聴いたのはこいつ。
良過ぎて、次にまだ行けない。
来年の新譜に取っておかなくては・・・
だって、もう新作はないんだもんね。
フィギュア8


次にたくさん聴いたのはこいつ。
とってもリラックスさせてくれたし
とにかくすばらしい。
Curious George: Sing-A-Longs and Lullabies


私の、ジョージ感を変えたのはこのアルバムが発端。
そしてジョージの人生観がするっと沁みてきた。
私の人生もきっと角度が変わったんだと思う。
「愛はひとりひとりにやってくる」のさ。
George Harrison


かなり聴き過ぎて、最近は聴いていなかったけれど
今年のお気に入り。たぶん永遠に聴くと思う。
Chaos and Creation in the Backyard


こいつも聴きまくった!
こんな風に自然体で音楽を奏でられたら。ってね。
マナクーラの月


そして、ウクレレといえば
いちばん影響を受けたのはこのアルバム。
ウクレレ・スウィング42


続きを読む

budoubatake at 04:26コメント(4)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 
そっか、宿題、だったね。
昨日、本日とやたら時間取られたんで
もうね、書きたくなくなっちゃった。

結論は『人を信じてても領収証はちゃんとね』
なのだ。

          以上。続きを読む

budoubatake at 02:36コメント(3)トラックバック(0)元気 

2006年12月26日

51f9936b.jpgクリスマス、おつかれさま!の図。
Ch.タイヤック'89
ボイド・カントナック'90
アルテル・エゴ・ド・パルメ'98
シャンパーニュ・エグリィ・ウリエット
などなどなど・・・・

調子に乗って、飲みすぎたかな。
BGMは『LOVE』

きょうは、実は、ちょっとした詐欺にあっていて
大騒ぎだったのです。
明日も、その件で忙殺されそう。
キミにも知っていて欲しいので
また明日書きますね!

そうそう、葡萄畑の店長、ゆーさく君の
奥さんが産気づいて、早退させてあげたんだよ。
でもね、子供って凄いよ。
陣痛が頻繁になったのは
ディナーも落ち着いた23:00少し前。

こどもって、ちゃーんとわきまえてるんだよね。
パパの仕事ぶり見ながら「そろそろいいかな?」ってね。

明日は、ベイビー誕生と詐欺報告! 鴨。

そうそう!
偉大なるSEX MACHINE、JB
・・・・・

偶然、TVをつけたら飛び込んできてびっくり。


budoubatake at 05:13コメント(10)トラックバック(0)元気 

2006年12月25日

9f265ba8.jpg昨夜の出来事。
友人まっちゃんのお手伝いに。
そしたら、しまやんが
「大島さん、これどうぞ」って
赤ワインをグラスでくれたんです。
しばらく忘れててオマールに
夢中になってたら、喉がかわいたんで
「ゴクッ!」
その瞬間、凍りついたのさ。

あまりにもだだくさに飲んじゃったけど
この味わいは、ボルドーのグランヴァンだ!
よく見たら、褐色がかっている。
推定、1985年ポイヤック。

「これなに?!なんなの!」

「バローロ 1998 ピオ・チューザレでございます」

恐れ入りました。
まだまだ修行不足ですね。
でも、よかったら、ブラインドで
ワインツウを称する人に飲ませてあげてみて。
この香りは、ボルドーだからね。
当てられないと思うよ。
ワインは知れば知るほどわからないのさ。

してやったり、そんな笑顔のしまやん。
あの表情は一生忘れないかも。
最高のクリスマスプレゼントだったよ。
ありがとう!


budoubatake at 00:39コメント(4)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2006年12月24日

c080dcc8.jpgMerry Christmas!

素敵にお過ごし下さいね!

Maybe This Christmas

budoubatake at 00:00コメント(4)トラックバック(0) 

2006年12月23日

dc8f1099.jpgアンドレ・ブルネルのコート・デュ・ローヌ
イマージュ・デュ・スッド'05
グラスにワインをそそぐと
深く鮮やかな赤紫色。
いかにもローヌって雰囲気です。
葡萄はシラーとグルナッシュが半々。
ややブルーベリーを思わせる味わい。
ほど良いタンニンと果実味。
ボリュームもあって素敵な味わい。
このラベルもかわいいよね。
コート・デュ・ローヌの頭文字CDRを
デザイン化してるのね。
こういったポップなデザインのワイン
けっこう好きだったりするんです。
っつーか、お客様が気に入った時に
覚えやすいでしょ?


続きを読む

budoubatake at 02:00コメント(3)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン元気 

2006年12月22日

26e0d704.jpg私の日常っていうと、仕事を終えて
すぐに眠るってのができないんですね。
興奮状態がニュートラルになるには
ちょいと時間がかかっちゃう。
で、こうしてブログ書いたりね。
そうして家に帰ってニュースを見ながら
リラックスするんです。
そんな中でのお楽しみは
「やじうまプラス」お天気キャスター
甲斐まり恵さん!
キュートでかわいらしい。
清楚でエレガント。
うそのつけないタイプで育ちもいい。(憶測)
アドリブに弱いところがまたカワイイ。

彼女と飲みたいワインは・・・・・
昨日紹介したカヴァ。かな。
カジュアルに、だだくさに乾杯したい。
朝の番組が終わったあとにね。
「おつかれさま!」って。
朝から飲むシャンパンを「朝シャン」と俗に言います。

続きを読む

budoubatake at 03:02コメント(4)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2006年12月21日

c7483b32.jpgスペインで造られるシャンパン製法の
スパークリングワインをCAVA と呼称します。
安くて美味しいのがうれしいね。
こいつは、なんとビンテージ付き!
いわゆる「ミレジム」ってヤツ。
マシア・レレウ・カヴァ・レセルヴァ
 ミレジム・ロゼ2001
美しい色あいとさっぱりした飲み口。
アフターの余韻もありすばらしい!
このボトルのスタイルも昔の
シャンパーニュスタイルでかっこいいよね!
セクシーな夜に味わいたい一本。

あわせたくない音楽はこいつだ!
誰がカバやねんロックンロールショウ

budoubatake at 01:17コメント(2)トラックバック(0)愛を深めるワイン 

2006年12月20日

d517e7c1.jpg輸入業者の稲葉さん。
こういうワインを捜すの
きっと好きなんだろうな。
来年の干支のエチケット。
「いのししラベル」なのさ。
ピエモンテ・バルベーラ'05
果実味もタンニンもバランスも
申し分ないし、口あたりも
やわらかなので、お正月には
ぴったりかも知れないよ。
おみやげにもいいかもね。


budoubatake at 01:21コメント(2)トラックバック(0)日本料理とも合わせやすいワイン 

2006年12月19日

f2fa3835.jpg毎年、この季節になると聴きたくなる音楽。
BeeGees - First of May
「小さな恋のメロディ」の挿入歌。
マーク・レスターもトレーシー・ハイドも
クリスマスツリーよりも
ほんのり小さかったかもしれないね。
私がこの曲を初めて聴いた時は
クリスマスツリーよりも小さかった。
当時付き合っていた彼女よりも
小さかった。
彼女が、ほんのりトレーシー・ハイドに似ていたのが
ちょっぴり自慢だったのさ。

この曲『若葉の頃』って邦題が付いていて
原題は『五月一日』
邦題を考えた人は、冴えてますよね!
しかし、どうして5月にクリスマスツリーを
思い出すんでしょう?
そこはかとない疑問です。
アメリカにも「こどもの日」があって
「柱のキズ」が「クリスマスツリー」?
そういうこと?

もう一曲は、ユーミンの「A Happy New Year」

もう一曲は、はっぴいえんどの
「春よ来い」だな。

<本日の付録>
『LOVE』TVプロモーションCM
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/special/love_cm.htm

続きを読む

budoubatake at 04:27コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年12月18日

c4575337.jpg疲れきった日にはシェリル・クロウ。
このベスト盤は、元気が出る。
よって、最近の通勤時に欠かせない。
2曲目の「Soak Up The Sun」
出だしの歌詞が、何度聴いても
「マイフレンドは巨乳でーす」
そう聴こえて更に元気になる。
I'm gonna Soak Up The Sun は
「アホの坂田さん」に聴こえるしね。
空耳アワーに送ってみようかな。

I'm so tired

<本日のサイケな付録>
「Within You Without You / Tomorrow Never Knows」
プロモーションビデオはこちら!
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/special/love_pv.htm続きを読む

budoubatake at 01:34コメント(6)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2006年12月17日

06e9d1df.jpg初めてフランスに行った時
パリのレストランでブラインドで
VdP(地酒)を飲まされた時には
少なからず感動した。
安酒のイメージはまるでなく
繊細でバランスよく、高貴だった。

このシェマン・ド・マルキエールの
VdPはどれも素晴らしいが
このピノ・ノワールには驚いた。
いわゆるブルゴーニュのそれとは
全く別物と考えた方が無難だけど
今のお客様のニーズにピッタリの
ピノなんじゃないかな?

濃い味わいからは、チェリーや梅などの
ピノ特有の香りよりも、もっと
凝縮した果実を感じます。
ドライフルーツとチーズのおともが正解。

パリでの「ル・ビストロ・デュ・ソムリエ」での
記憶が甦ったのさ。
続きを読む

budoubatake at 03:45コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年12月16日

b9d17b29.jpgこのワインはコート・デュ・ローヌ'03
生産者はテラヴィティス。
ラベルに誇らしげに「ノンフィルター」と
表記してあります。
なんでも、ビオディナミにこだわった結果
ノンフィルターになったのだとか。
葡萄品種は明記されていないけど
すばらしいボリューム感。
フルーティな飲み口。
なめらかなタンニン。
素敵!
チェリーっぽいニュアンスもあって
おもしろいローヌですよ。
これは買い。でしょ。

さて、この部屋に山積みのお仕事。
今日は、あゃぁ♪**さんと亮ちゃんのふたりが
お手伝いに来てくれて、だいぶ負担を減らしてくれた。
感謝!感謝!!感謝!!! です。

必要な時に必要な人が現れるんだね。
生徒の準備ができた時に教師が現れるが如く。

続きを読む

budoubatake at 01:28コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年12月15日

e69206cc.jpgやってもやっても仕事が山積み。
もりもりです。
今も、聴いてる『LOVE』
あまりのストレスに
ここの椅子の左右にスピーカーを
セットして大音量。
ほとんどヘッドフォン状態です。
サイケです。

「忙しい」は「心」を「亡くす」と書く。

昨夜は、とんでもなく忙しくて
自己採点では完全に心を亡くしてた。
キッチンで料理をこなすので精一杯で
ワインはすべて、アルバイトさんが
チョイスしてお勧めしていた事が
気になりながらも、お料理出さないと
申し訳ないしね。

でもね、帰り際に、私に握手を求めてくれた
お客様が4組も!
これってそんなに無い事なんだよ。
うれしかった。

ま、残念ポイントは全員”おっさん”だった。ってこと。
時には女性にモテたい。 あはは。

優秀なアルバイトさんたちに囲まれて幸せだよ。
続きを読む

budoubatake at 03:55コメント(12)トラックバック(0)元気Loveland Thailand 

2006年12月14日

8420e62c.jpgこのワインはカーサル・ボルディーノ
ハウスワインに使用していて
モンテプルチアーノ・ダブルッツォ(赤)
トレビアーノ・ダブルッツォ(白)
このスクリューキャップ。
抜こうと思ったら、とっても固くて
手首の方が負けてしまって
捻挫しちゃったのさ。
こんな事は、初めてだ。
これも老化現象の一つなのか?
なんてショックを受けてたら
こいつを軽々と開けてしまったヤツが居る。
アルバイトの綾。
今日から彼女をアニキと呼ぶ事にした。



budoubatake at 02:03コメント(12)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年12月13日

8ac64def.jpgNANA 泣かせ過ぎ!

続きを読む

budoubatake at 01:47コメント(15)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2006年12月12日

ba347f7a.jpgトワベー・エ・オウモン。
ドメーヌ・ジャン・クロード・マス
赤も白も同じラベルのVdP (地酒)
レベルは高いが値段は低い。
理想的なワインです。
コストパフォーマンスは
驚くべきだと更に念を押しておきましょう。
しかも、ボトルはヘヴィー。
通常のものより分厚いんです。
中身へのこだわりを感じるね。

ちなみに白はシャルドネ。
赤は、メルロー80%、カベルネ15%、シラー5%。
Bの表示は、最高級なのだそうだよ。

ちなみに大門は名古屋の有名どころ。
え!? 名古屋の地酒?
なアホな。

南フランスです。


budoubatake at 00:01コメント(2)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン 

2006年12月11日

5257fb44.jpgアマローネ・デッラ・ヴァルポリツェッラ'01
このワインは凄いんです。
陰干しして水分を飛ばしてから
糖分をすべて発酵させます。よって
15%というボリュームが生まれるのです。
このパワフルな味わいのとりこになる人
続出してるんですよ!
濃いガーネット。強い香り。
どえりゃぁヴァルポリツェッラです。

あわせたい音楽は

フィギュア8


アコースティック感を損なわないバンドサウンド。
そして繊細なヴォーカル。
濃密で緻密な音がこのワインにはお似合い。


budoubatake at 00:48コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2006年12月10日

初めて買ってもらった
バットを持った
すると
バットが輝いた

バットが楽しそうだった
カァーン
バットに当った
ホームラン
気持ちがよかった

守備に入ったぼくは
飛んでくるボールを取って
一るいに投げた
アウト
とても気持ちがよかった
野球がとても楽しいということが
わかった

野球は、ぼくにとって友達だ

     りょうたろう


budoubatake at 00:03コメント(12)トラックバック(0)元気 

2006年12月09日

Life Itself
      (by George Harrison)

You are the One
You are my love
You send the rain and bring the sun
You stand alone and speak the truth
You are the breath of life itself, oh yes you are
You are the One

神はひとつ
そして愛
自然現象すべては神の力
よく観察すれば、その中に神が見える
その変遷はまさに呼吸のよう
神はひとつ

You're in my dream
I hold you there in high esteem  
I need you more each step I take
You are the love in life itself, oh yes you are
You are the One

神はこころの奥底に居てくれる
敬愛する神
いつなんどきも
神は私をとおして体験している 
そう私の中にも存在する
神はひとつ

You are the one that I'd die for
And you're all that is real
You are the essence of that which
We taste, touch and feel

輪廻転生でさえ神の体験
神の一部である我々は人生を
感じ、体験し、味わう。

You are the One
No matter what
You are the real love that I've got
You are my friend and when life's through
You are the light in death itself, oh yes are
You are the One

神はひとつ
自分が得られる真実の愛
真実の友人、真実の人生
光である存在
神はひとつ

They call you Christ, Vsnu, Buddha, Jehovah,
Our Lord
You are, Govindam, Bismillah, Creator of All

ひとによっては、あなたをキリストだとかVsnu
ブッダ、エホバ、主とか呼ぶ
ゴーヴィンダ−、ビスミッラー etc.
でも 神はひとつ すべての創造主

You are the One

神はひとつ、だからぼくらも「ひとつ」なんだよ

       (ほぼ完全意訳 by ワインセラピスト)

Somewhere in England


budoubatake at 04:46コメント(6)トラックバック(1)Beatles 
2d0b49b5.jpgジョージ・ハリスン & フレンズ
コンサート・フォー・バングラデシュ
本日のWOWWOWで、初めて見たんです。
ジョージ歴は浅いので、ゴメン。

冒頭のラヴィ・シャンカールで卒倒!
彼の額の汗と同じくらい手に汗握る。
ジョージの立ち姿のかっこいいこと!
リンゴもめっちゃ若くてかっこいい!

このコンサートの影響で、中学校の時
生徒会やってたのをいいことに、募金の企画したんです。
当然、バングラデッシュより何年か後なんですけどね。
そんな風に、ビートルズからは
数知れないほどの影響を受けてるんですね。

そして、今聴いているのは

マインド・ゲームス


よくよく考えたら、このブログをLivedoorで始めたのも
Liverpool とLivedoor の綴りが、似てたから。 鴨。 (笑)

budoubatake at 00:09コメント(6)トラックバック(0)Beatles 

2006年12月08日

9763d9fc.jpgこころから、サンキュー、John!









私の知りたい事は、すでにこの曲で
教えてくれてたんだね。
気が付かなかった。
今年の命日にはこんな解釈。
来年にはもっと進化して
違う訳をするかも知れないけど
ありがとう、ジョン。
きっと、恋してるんだな。
究極の利己は、究極の利他だね。



"All You Need is Love"

Love, love, love, love, love, love, love, love, love.
愛、そう、愛だよ
愛、だね、愛だよ

There's nothing you can do that can't be done.
Nothing you can sing that can't be sung.
Nothing you can say but you can learn how to play the game
It's easy.

君ができることで、できないことなんて何ひとつない
するって決めたら、いままでも、できたはずだよ
きみが歌えることで、歌えないものなんて何ひとつない
歌いたいから歌える そうだろ?
言葉に言いあらわす事ができなくても
人生ってものが、何のためにあるのかを
もう君はすでに知っている
だから、思い出すだけでいいんだよ
簡単な事!

There's nothing you can make that can't be made.
No one you can save that can't be saved.
Nothing you can do but you can learn how to be in time
It's easy.


君が創りだせるもので、創れないものなんてない
ポジティブだったりネガティブだった感情、つまり
過去に考えた思考が、今の君を創っているという事さ
きみに救えない人なんていない
だって想えば叶うのだからね
たとえ今それができなくても、遅かれ早かれ
そんな日がやってくる、集団意識ってやつだよ
みんなで考えれば簡単な事!

All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.

君のすべては愛
君は愛から生まれてきた
君は愛を育む

All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.

生きてるってのは、愛を知る為の偉大な体験
だから、愛こそはすべて
必要なのは愛だけなんだよ

There's nothing you can know that isn't known.
Nothing you can see that isn't shown.
Nowhere you can be that isn't where you're meant to be.
It's easy.

知らなかった事は、知る事ができなかった事
逆に頭だけで知っている事なんて、たいして意味を持たない
見えなかったもので見えるものは無い
君自身が見たものを、自分のハートで理解すればいいのさ
君が体験した事以外は、君にとって存在しないに等しいのだからね
そう考えたら簡単だろ?

All you need is love, all you need is love,
All you need is love, love, love is all you need.
All you need is love (all together now)
All you need is love (everybody)
All you need is love, love, love is all you need.

愛があれば、偉大な力を生み出す
愛がなくちゃ、生きる意味もない
愛を判断基準にすれば答えは簡単!
そう、愛こそは全て

       by Beatles (John Lennon)

         (意訳:2006年12月のワインセラピスト)

9fed4cc7.jpg

budoubatake at 12:08コメント(21)トラックバック(1)Beatles 

2006年12月07日

6b7ad62f.jpgラ・ミシオン・メルロ・リセルヴァ'05
只今売れまくりの一本!
なぜだ!
だって安くて美味しいんだもん。
かーんたん!

濃い色調。熟したフルーツの香り。
カカオのニュアンスと丸みを帯びた
メルロらしさ溢れる味わいが素敵。
しかも、ボルドー風にさっぱりとした
仕上がりになっているんです。
だからチリ産でもお食事にピッタンコです。
エチケットも高級そうでしょ?
食卓を盛り上げるには
やっぱ見た目も大事だよね。

本日の「英一郎弾き語り」聴きに来てくださった方
ありがとうございました。
ライブの後、お食事できる席をご用意できなくてすみませんでした。
ご挨拶できなかった方にも「ごめんなさい」
私も聴きたかったけど、今日はキッチンだったのよ。

私がコックコート着てると「それ、どこで買うんですか?」とか
聞かれるんだけど、普通にユニホーム屋さんですって。
決してコスプレではありません。あしからず。
「美味しいもの食べさすぞ!」って意気込みです。あはは。

あ、「ふろふき大根イタリア風」本日仕込みました!
このワインにもぴったりだよ。


budoubatake at 01:14コメント(2)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2006年12月06日

7cd25356.jpgキアンティ・クラシコです!
このエチケット、かわいいでしょ?
クリスマスっぽいじゃん。
生産者はジオグラフィコ。
豊かな味わい、クラシコってのは
伝統的。つまり特定された古くからの
葡萄畑にしか表示できないのです。
クリスマス・パーティの差し入れなどにも
評判良さそうじゃない?

続きを読む

budoubatake at 00:09コメント(0)トラックバック(0)仲間と飲みたいワイン座・読書 

2006年12月05日

7b830e5d.jpg本日の最終回、泣かせすぎ!

budoubatake at 00:37コメント(2)トラックバック(0) 

2006年12月04日

88ff78fb.jpg The Road to Escondido
J.J. Cale、Eric Clapton
レイド・バックした雰囲気。
このゆるゆるさは
師走にピッタリかも知れないよ。
J.J.ケイルファンもクラプトンファンからも
そっぽ向かれてるこのアルバム。 (笑)
私は、好き!
師走、独りきりになれる時間に
ワインとこのアルバムでリラックス。どう?
続きを読む

budoubatake at 00:43コメント(4)トラックバック(1)ワインを美味しくする音楽 

2006年12月03日

00de77c6.jpg泣かせすぎ!

budoubatake at 00:32コメント(3)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2006年12月02日

6e771f32.jpgこのアルバム、やっぱ気に入らない。
でも、毎日聴いてる。
どういうことだ?
たぶん、端折る部分が耳に残ってしまって
気持ちが悪かったりするんだろうね。
ほぼリマスター状態の曲なら
気持ちよく聴ける。 かも。

やっぱ、ビートルズが好きなんだな。
このアルバムは、ビートルズじゃないから
随所で、いやぁ〜な気分になる。

Hey Jude もね。演奏がブレイクするあたりは
ぞくぞくしちゃうんだけれど、オリジナルの
あの流れは、芸術の域だからさ、クラブで踊ってて
あんなミックスがかかったら嬉しいのかも知れないけど
自分のオーディオの前ではね、いまいちノレない。
他の曲も、言い出せばきりがない。

でも、車よりも、ヘッドフォンで聴いた時には
とってもPsychedelic な感覚があった。
つまり、キメてる時に音楽聴くと
いつもと違った部分に耳がフォーカスしてて
たとえばRevolution を聴いてたとして
ジョンのギターが頭の中でぐるんぐりんまわって
キンキン響いたりするよね。
そんなサイケな感覚があるよね。アンソロジーよりもさ。
「ナチュラルでハイ」を狙っているのかな?

でも、そんなのも、実はイコライザーを通して
録音すれば、自分ミックスが今まででもできたわけだし
わざわざ、ジョージ・マーティンにお願いしなくても
自分で勝手にやってたよ。エコーかけてみたりね。

いっそ、世界中のDJにビートルズリミックス選手権やらせて
いろんな人のいろんなつなげ方やコラージュの仕方を
「I LOVE Beatles 誰それバージョン」ってのを
著作権が許せば、そっちの方が素直に愉しめる気がするよ。
何十通りの作品ができておもしろいぞ!
ジョージ・マーティンにしかできないものを期待し過ぎたのかもね。

書いてたら、予想通り、めっちゃネガティブコメントだな。

でも、もうすでに相当聴いてるんです。
ジョン・ポール・ジョージ・リンゴ
大好きなんだな。

最後のジョンの「Good night」は、今の季節には
悲し過ぎる。

ジョンは永遠に片想いの恋人だ。



注*「このアルバムは、ビートルズじゃないから」
 その理由は、以下を読めばわかります。
 簡潔に言えば、ショウのBGMなんです。
 ビートルズの最新作じゃない。
続きを読む

budoubatake at 01:23コメント(7)トラックバック(0)Beatles 

2006年12月01日

ba348936.jpgサンセール・バレー・フレール'05
ロワールを代表する白ワインです。
海の幸のサラダとサンセールは定石。
檸檬の香りが相乗するんです。
このワインは、飲んでみて驚きました!
なぜかというと、あまりにもサンセール!
緑の葉の香り、檸檬の香り
ミネラル、蜂蜜、ややフローラルな香り。
サンセールのお手本とでも言うべきか。
もし、こいつをブラインドで出されたら
逆に、サンセール以外のワインを
ウラ読みして言ってしまうかも知れない
それほどサンセールだ。



budoubatake at 00:47コメント(0)トラックバック(0)日本料理とも合わせやすいワイン 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ