2007年06月

2007年06月30日

f8d9fc76.jpg本日の結論:ビートルズは偉大である!
「み・くわぁむす」ってのはタイ語で
「幸せです」という意味なのだが
本日の結論や本日の出来事とは
まるで関係ないのだがそんな感じなのだ。
気持ちよく酔っ払っているのであるが
気にしないで書いちゃって
あとから削除したりするかもしれないけど
それはそれ!
なのだ。

本日は、今日までBlog を続けられた原動力の源の
巨匠おふたり&1名がご来店。
ご存知、「あいだにあるもの」Yuji
「ぶっとんだ音像字」lenmac のご両人である。

実は、ブログでのお付き合いが始まったのは
3年近く前なのだが、3人で会ったのは初めてなのだ。
「たら・れば」などという言葉は好きではないが
このおふたりが居なかったら、とっくに
ブログなんて書いていないと思うのである。
それほどの影響を受けたおふたりに
一度に逢えた事が幸せで仕方ないのだ。

ビートルズが偉大であると共にBlog も偉大なのだ。
いきなり友達である。
しかも、親友であり、心友であり、深友だ。

こんなに出会いに感謝できるのはビートルズの存在なしには
語れないのであるが、lenmac さんが思いっ切りハマって
お持ち帰り寸前になったのがアルバム「ロックン・ロール」だ。

編集盤ゆえの、次にどんな曲がかかるのかわからないスリリングさ。
そしてLP盤ゆえのビッグサイズの「おまけ」
30cmのビートルズ。 なのだ。

終盤は、私のウクレレをみなさんでお褒め頂き
お世辞でも「み・くわぁむす(Happy)」なのである。
私は弾いたのは
「Something」「Till there was you」「Life itself」「imagine」だ。
付け足し程度にハワイアンの「ハネレイ・ムーン」「ブルー・ハワイ」
もっと付け足して「おそうじオバちゃん」だ。
みんなで♪かわいいフリルのついたやつーっ!
・・・あそこの部分の透けてんの
は、問題発言である。

明日は、ウクレレ・デュオでの演奏なので
ちょっぴり自信がついたのである。さんきゅーっ!

みんなでの出会いに乾杯したのは「マルキ・ド・ペルラドくん」
今夜も大活躍なのだ!
      ↓

budoubatake at 04:25コメント(6)トラックバック(0)元気 

2007年06月29日

fe537393.jpgフランス、アルザスのピエールスパー社
が造るスパークリングワイン。
マルキ・ド・ペルラドくんです。
新しいロットが到着したのだが
エチケット(ラベル)がお洒落に
風変わりしていたのだ。
もしや!と思い味をみたら
やっぱ変わっていた。
今までのペルラドくんは
ふっくら膨らむイーストの香りが
特徴だったのだが、やたら
ブランディっぽいのだ。

これは賛否両論あろうと思われるのだが
本日、気に入って5本も飲んでくれた中田さん
いつもありがとうございます。なのです。

でもでも、なんか釈然としない気分なのである。
恋していた女の子が急におとなびた雰囲気に
変貌して置き去りにされた迷子のような気分なのだ。
恋を拒絶されるのも、恋を捨てるのも失恋なのだ。

budoubatake at 01:23コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2007年06月28日

16814e69.jpg『やさしい言葉の中に厳しさを見つけろ
厳しい言葉の中にやさしさを見つけろ』

だれの言葉だったっけ?
メモしてあるんだけど思い出せない。

2007年も半分が終わりますね。
いかがお過ごしですか?

本日12月の金曜日のパーティ予約が入って
たいへん驚いています。
過去最速かも知れない。
過日の「テレパシー」だと思うのだが
暑中見舞いを、実は本日投函した。
まだ届いていない人から連絡があるのは
まずもって驚くべきなのだ。

12月といえば、クリスマスメニューをそろそろ考えないとな。
そんな風に過ごしていると、もう今年も終わるね。

Hilo Kume さんのイラストに癒されながら。

budoubatake at 00:13コメント(4)トラックバック(0)元気 

2007年06月27日

bdeb6367.jpg過日、めでたく65歳となった
ポール・マッカートニー。
Wingspan: Hits and History
このアルバムを聴いていた時の事。
いつもこいつを聴く時は
BGMなのだが、ポールと膝を交えたのは
何年ぶりなのだろう?
そんな感じなのだった。
このアルバムはウイングスの軌跡で
ありながらも時系列は無視。
ソングライター、ヒットメイカーとしての
ポールを堪能できるアルバム。

ところが聴いていると、曲と聴いていたその頃の
風景や心情や空気や湿度が甦ってきて、いかに
自分がポール・マッカートニーを好きだったのかに
厭がおうにも気付かされたわけだ。

これは、実は自分では完全に忘れていたのだけれど
1980年のウイングスの来日。
私はチケットを入手していた。
高校2年生だ。
憧れのポールを観られる。
心は躍っていた。当時はポール=ビートルズだったのだ。

当時の他のメンバーの作品には、ビートルズの匂いがしなかった。
ポールの「Junior's Farm」には「Get Back」の香りがしたし
「Venus And Mars」は「Sgt.」のフレーバーだったからな。

ところが、その期待は「大麻所持」というおよそ考えられない
出来事により、泡のように消え去った時の悲しみは
裏切られた気持ちに限りなく近かったのだと思う。
いいオトナが何してんだ。とも思っていた。
その日からきっと、ポールを無視していたんだな。
「Flowers in the Dirt」までの作品は
一度も聴いていない事に気付いた。
このアルバムをなぜ買ったのかは思い出せないが
ビートルズの匂いが恋しかったせいだろう。
このアルバムはビートル・ポールなのだ。

過日、何の気なしに書いたエントリー。
「なぜ一度は愛した人を憎むことができるのか」は重要で
65歳を迎えたパースディにそれは起こった。
人を憎んだことはないと書いている私だが違っていた。
1980年のポールを赦していなかった事に気付いてしまったのだ。
私は、ポールのアルバムも買っていたし聴いていたのだから
わだかまりは何もないような気で居たのだが
少年の頃に付けられた傷はそのまま残っていたのだ。憎んでいたのだ。
これがトラウマってやつなのか。とぽつり。
普段の日常生活において思い出すこともないような事に
実は重要なトラウマというものがあるのではないだろうか。

80年の来日以前はポールの事が大好きで大好きでたまらなかった。
ジョンの性格や生き方には共感を覚えていたがソロ作品は
完全にポールのほうが好きだったのだ。
そして、65歳、標準で言えば定年退職してもいい年齢なのに
ニューアルバムのリリースだ。
すごいよポール。ずっと好きだったし、末永く活動してね。
そんな気分に満たされたのだ。
目には涙が溢れていた。
80年の愚かなポールをこころから赦す事ができると
彼のすべてが愛しく感じられ音楽も輝いて聴こえるのだ。

「赦す」という行為は、目の前の事柄ではなく
実は無意識に刷り込まれている怒りや憎しみに対して
有効なのだと悟ったのだ。
わかるかなぁ。 実体験がないと難しいね。
スピリチュアルな世界でいうところの「赦すの実践」を
勘違いすると、ただの甘えん坊になってしまう。
「赦し」とは、とっても深いのだ。

ポールを愛してる。とても幸せだ。

budoubatake at 00:33コメント(9)トラックバック(0)Beatles 

2007年06月26日

4f2d8ee0.jpg今夜は天使が舞い降りた。
でも、きっとあなたも天使だ。
なぜならば、天使を定義するのなら
神の遣いであり、神の一部という事。
ならばあなたも天使だ。
ならば神が創ったもの全てセラピストなのだ。
木の葉や、小石や水、醜い昆虫に至るまで
すべてが天使でセラピストだ。

実は一週間以上書きたくって仕方ない事柄があるのだが
なかなか書けないのである。
今夜は酔っ払っているし、集中力もない。
疲れ果てている日もあれば今夜のような日もあって
なかなか書けないのであるが「赦す事」
英訳すれば「Forgiveness」という
人生のメインイベントのような事柄を会得してしまったので
ぜひ、伝えたいのであるが、なかなか書けないというのは
実は、会得した気分になっているだけ。なのではないかという
疑問にブチ当っているのである。

天使はいつも私を肯定してくれる。
認知願望か?
人間は認められたい願望が常にあるからな。
ほぼ泥酔しているのだが、確実に言える事は
あなたも天使だ。という事なのだ。
愛してます。

budoubatake at 04:40コメント(5)トラックバック(0)元気 

2007年06月25日

d667a0b3.jpg葡萄畑で以前からやっているにも
かかわらず最近やたらオーダーの
多いポテトサラダなのである。
以前、ワイキキのどこで食べたかは
覚えていないのであるが
ポテト好きの私が付け合せの
マッシュポテトを食べた時
やたらニンニクが利いていて
ビックリ仰天。
さっそくお店のメニューに
エントリーしたのだがアピールが
弱いせいなのかあまり人気の
メニューではなかったのに
私が好きだから、という理由で
そのままにしておいた。

ところが!今やリピートが増えまくっている。
来客のほとんどが食べると言ったら
過言なのであるがそれに近い状態だ。

このポテトサラダにどんなワインを合わせるのかと
問われれば「あなたの本日飲みたい気分のワインが
いちばん相乗しますよ」としか言いようのない
アバウトなソムリエなのだが、それを聞かれたことは
いちどもないのでラッキーである。

なにかの番組とかで「ポテトサラダでダイエット!」だの
「ポテトサラダが健康の秘訣!」とか、やたら大袈裟に
ポテサラブームが沸き起こっているのか?
はやまた実力なのか?大いなる疑惑なのである。
                (文:みのポン太)

budoubatake at 00:01コメント(4)トラックバック(0)元気 

2007年06月24日

7ad8d64d.jpg本日はアロハ・パーティ
ハーラウ・ナプアオカレイ・ロゼラニ
の美女の集いだったんです。
写真はケイキ・フラのダンサー。
ほんと、かわいいんですよ。
ちゃんと踊りもこなしてて
出番の後にカウンターの
ハイチェアによじ登っての
いっぷく風景なのです。

カウンターに腰掛けて
店主と語らうなんてませてるでしょ?

将来がたのしみだね。

budoubatake at 00:32コメント(5)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2007年06月23日

9b3b38dd.jpgこれは、ブログを始めて実感していたし
今、暑中見舞いを書きはじめて
更にその思いを強くしている。
相手の顔を思い浮かべ自筆でメッセージを
書いているのであるが
テレパシーって絶対あるのだと実感した。

それはなぜかと問われたら
もう、何年も会っていないお方が
メッセージを書くとお店に現れるのである。
偶然のワケがない。しかも郵送していない。

ひとりふたりなら偶然ですませる事もできるが
数倍なのである。
おかげで今日も今日とてこんな時間である。

その人の事を思って言葉にする。したためるという行為は
それ自身、ものすごいパワーを発しているのだと
感じざるを得ないのであるが、いかがかな?

「ご無沙汰しております」とか書いてるのに
送る前にお店に来てもらうと手紙を出す際には
ご無沙汰していないわけなので、また
書き直さなきゃいけないので最も手間で面倒臭いのであるが (失礼!)
そんな手間以上に、こころが通じた事に
驚き、感心し、有り難く感じている今日この頃なのである。

だから、人の事を悪く思ったり、卑猥な妄想をするのは
やめておこうと、かたく心に誓っている。

budoubatake at 03:54コメント(12)トラックバック(0)元気 

2007年06月22日

2bae3e09.jpg今日はなんだか
ためいきばかり
蜃気楼の街
過ぎ去りし日々
すてきなメロディー

雨は手のひらにいっぱい
DOWN TOWN に繰り出そうっと。

「SONGS」シュガー・ベイブ
30th Anniversary Edition


budoubatake at 02:35コメント(10)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2007年06月21日

35e0dfde.jpg蒸し暑いね。
負けるもんか!って気持ちになって
にんにくの利いたスパゲティ
トマトソースでさっぱりと食べたい
そんな季節になりました。
カラダが求めてるものを食べるのが
健康にはいちばんいいのです。
ちなみにコイツはお昼ごはん。
乾麺で200g茹でてみました。
ほぼ二人前ですな。あはは。
食欲は十代です。

スパゲティ・カポナータ・ニンニク&麺大盛。
(別名:夏野菜のトマト煮のスパゲティ、スタミナバージョン)

budoubatake at 02:02コメント(4)トラックバック(1)元気 

2007年06月20日

3cb817a8.jpgちょっとした悩みがあって
眠れない日が続いていたのに
解決したとたんにぐっすり。
昨夜は12時間もノンストップで
眠ってしまい自分でも驚いている。

左の肘がずっと痛くて
原因がウクレレの弾き過ぎ
という事に気付いたのだが
これは止められない。
今週末にはライブの予定があるからな。

やわなカラダになったものだと
感慨もひとしおなのであるが
ここをどうやって乗り切るのだろう?
それが今、いちばんの問題なのだ。

30歳くらいまでは眠るって事が
とってももったいなくて能動的に行動していた。
睡眠時間が人より少なければ、それだけ
人よりたくさん生きた事になると信じていたからな。
それは同年代のヤツには負けたくないと思っていたからだ。
でも、いつの間にか無理の効かないカラダになってしまい
愕然としている。
現実「オッサン」なのだ。

そんな時、しみるのが人生の先輩の活躍だ。
今聴いているのはスティングの「All This Time」
ライヴアルバムなのだが、私的には映像がないほうが好き。
DVD だと音に集中できないせいなのかな?
CDで聴き直したら結構グー! なのだ。
ヘイ!スティング。どうやって年齢を乗り越えてるんだい?
そんな気持ちで聴いている。

budoubatake at 03:07コメント(2)トラックバック(0)元気ワインを美味しくする音楽 

2007年06月19日

c0dfd62f.jpg東区の和菓子屋「芳光」
わらび餅。
泣けるほどおいしいのさ。

自分の為には買いに行かないけど
ご進物のついでに自分にも。
他人にも自分にも「甘い」のだ。
おあとがよろしいようで。

budoubatake at 00:14コメント(8)トラックバック(0)元気 

2007年06月18日

19d0e043.jpgお誕生日おめでとう!
いつまでも現役でいてね。
最近ではバイオリンベースばかりだね。
やっぱ軽いほうがいいのかな?
私の少年時代はウイングスが全盛期で
リッケンバッカーが眩しかったよ。
楽器屋さんで見てはタメ息ついてた。
授業中もリッケンのロゴを落書きしてた。
バンドの名前もそれ風に書いたりね。
ごめん。
ニューアルバムまだ聴いてないよ。

そんなわけでこいつを聴いています。

Paul McCartney /All the Best


budoubatake at 00:18コメント(10)トラックバック(1)Beatles 

2007年06月17日

921e0baf.jpg私には龍神様が付いていてくれるのだそうだ。
昨夜の明け方、ピンクの朝焼けの中に
二頭の龍が美しく現れていたので
写真にパチリ。
5分もしないうちに
跡形もなく消えてしまった。
何のメッセージだったのかな?
知ってる?
雲って魂があるんだよ。
意思が通じるんだよ。

今夜はバンコクのサワさんが、お誕生日の
キョウコちゃんの為に名古屋に来てたんです。
大切な大切な深い話をたくさんできたよ。

サワさんは、バンコクで凹むと空を見上げるのだそうだ。
青空は日本とつながってるもんな。
遠距離恋愛ってインターネットのおかげで
以前よりは距離が縮まっているのだろうけど
逢いたい時に逢えないのはつらいよね。

早くふたりがいつもいっしょに居られますように。
私も空に祈ってます。

只今のBGMは、彼のイチオシ「indigo jam unit」

2×2~two by two~

明日はこいつを聴きながら滋賀にお参りです。

budoubatake at 03:57コメント(4)トラックバック(0)元気 

2007年06月16日

eb770d67.jpg昨夜の何気ないエントリーを
深く考えてくれた人が多い事に
なぜだか恐縮していたりして (笑)
ちょっと待ってね。
「恋」って素敵だよ。
人間の特権なんだからさ
深く考えさせちゃってごめん。
考え過ぎて恋しないのはもったいない。
私はこの曲をウクレレでよく弾いてます。
私にとっての恋ってのは
こんな効果があるんです。

The Beatles - TILL THERE WAS YOU

あの丘に鐘があったんだ
てんで気付かなかったよ
君に出会うまでは

空では あんなに軽やかに鳥が飛んでいたんだね
てんで気付かなかったよ
君に出会うまでは

音楽やバラの花、野花の香り
それらは、今じゃ、とってもいきいきと感じられるのさ
すべて君のせいだよ

世界は愛に満ちている
てんで気付かなかったよ
君に出会うまでは

 (強引雰囲気訳:ワインセラピスト)


The Beatles - TILL THERE WAS YOU続きを読む

budoubatake at 02:09コメント(13)トラックバック(1)Beatlesukulele life 

2007年06月15日

a8400871.jpg愛と憎しみは紙一重と云うけど
私は憎んだ経験がない。
なぜ一度は愛した人を
憎むことができるのか?
生きる方向性が違ったり
互いの成長によって価値観に
ズレが生じたりして離別があり
それは、お互いに傷付くものだと
そういう認識をしている。
でも、別れた人の事を
悪く言ってたり憎いとか
自分がかわいそうとか言われると
なんかこう、納得できないものがあるのだが
上手に説明できずに気持ち悪く思っていた。
憎しみに変わる愛を上手に定義してあったので
メモっておこうと思う。

恋愛というと、美しく聞こえますし愛の親戚かと思います。
愛というよりは「欲」なのです。愛欲・情欲なのです。
性欲だったり、愛されたい。経済的に支えてもらいたいという
自分の不完全性や不安感を満たそうとする自我的欲望なのです。
男女は、お互いの足りない所を補い合い
魂を磨きあうために出会うのですが
夢ばかり抱いている結果失望に終わります。
自分を救ってくれるはずの外の物や者は
憎しみの対象に変わります。

「パワー・オブ・ナウ」より

赤い糸で結ばれてる。運命的な出会いだ。
などと思っても、時間が経って、よくよく見たら
赤のはずが紅や朱やピンクだったりする事は
若い時にはよくある事だよね。
それを自己責任として受け止めるのか
相手のせいにするのかで美しい思い出になるのか
思い出したくもない事柄になるのかの分岐点なんだろうな。
私の思い出はすべて美しいが、美し過ぎる事はない。

「思い出は美しすぎて」 八神純子


budoubatake at 00:16コメント(16)トラックバック(0)元気ワインを美味しくする音楽 

2007年06月14日

b490a2b9.jpg昨夜、そしてその前日と連日
めっちゃおもろい夢を見た。
昨夜の夢はスゲぇリアルで
夢から醒めた瞬間に書きとめようかとも
思ったのであるが、あまりにも
リアルだったので
こんなの忘れるわけがない!
そう思っていたのにもかかわらず
やっぱ、詳細は忘れるんだよね。
夢録画装置を早く誰か開発して欲しい。

しかし、ここ一週間に起きた事の集大成が
実は、このふたつの夢には込められていて
その意味を、ついさっき気付いてしまったので
今夜は瞑想しながら答えを待とうと思っている。

昨夜の夢では、この先の私がどうあるべきかを
コンサルしてもらっていたのだが
かなり的を突いていたので、夢の中なのだが
宿題ができた。っつーかやるべき事が明確になった。
簡単に、乱暴に言ってしまえば「走光性」についての
レクチャーを、夢の中で師から受けた。という事なのだ。
土曜日に受けたITカンファレンス(セミナー)も男前豆腐も
みんな一瞬にして繋がった。
夢って凄い。

♪夢でもし逢えたら 素敵な事ねあなたに逢えるまで 眠り続けたい


budoubatake at 02:54コメント(4)トラックバック(0)元気 

2007年06月13日

f4be1645.jpgやっとこさっとこ夏だわさ。
冷房装置の夏が来たね。
って事は今年の夏は
実質2ヶ月くらいになりそうだね。
そんなわけで!
冷たい赤ワイン始めました!
さて、今年はどんなワインを
冷たく飲んでもらおうかと
散々迷ったのですが、決めたよ。
コートデュローヌ・V.V,ダンデゾン'05
このワインは清澄も濾過もしていないので
見た目にも、もちろん飲み口も
凝縮感があってデリシャス。
熟した果実の甘みや樽香もバランスよく
整っているので、冷やしても美味しいんです。

♪冷たくされてもいいんです
  冷たくするからいいんです
   あなたと私の関係はいつもローヌです。
  (どぅん・ば・どぅば・どぅば)
 ひとりで、ふたりでコートデュローヌ〜
 ( ひとりで、ふたりでコートデュローヌ)
            ロ〜〜〜〜〜〜ヌ〜〜〜〜!

相乗する音楽はこいつだ!
なんと!70曲入りで2100円なのだ。
これはギネスブックに載るのではないのか?
恐るべし。大瀧詠一師匠。

NIAGARA CM Special Vol.1 3rd Issue 30th Anniversary Edition

*この季節、レストランでぬるい赤ワインが出てきたら
 ワインクーラーにたっぷりの氷水を入れて
 持ってきてもらいましょう。
 口あたり冷たいくらいの方が今の季節はおいしいからね。
 (もちろんカジュアルなワインでね)
 全然失礼な事ではありませんよ。
 ヨーロッパとは違うから「常温」の定義が違います。
 日本の夏。40度もあるワインなんて飲めないもんね。
 (葡萄畑は、全てのワインが温度管理されてるから安心してね)

budoubatake at 00:39コメント(4)トラックバック(0)気軽なデイリーワインワインを美味しくする音楽 

2007年06月12日

ab2fcd4f.jpg「Northern Songs」REVOLVER
レノン&マッカートニーの作品の中でも
ビートルズがレコーディングしないで
他人に提供した楽曲を、マージービートで
演奏した不可思議アルバムだ。
実は、悪くない。
特徴をよく掴んでいるんだよね。
それはアルバムジャケットからも
容易に想像できる。
実はLPで持ってたのに、あげちゃって
持ってないのだけれど身近なビートルマニア
聴かせてもらえたのでラッキー!
耳タコ状態です。

本日はポールとビートルズ。ふたつの番組が録画してあるので
とっとと帰ります。 わくわく!続きを読む

budoubatake at 00:40コメント(0)トラックバック(0)Beatles 

2007年06月11日

6c3786d5.jpg過日、お客様と、映画の話をしてて
「カサブランカ観ると元気出るんですよ」
そう言ったら
「えー!?ラストシーン悲しいじゃん」
そういう答えが帰ってきたのだが
ハーピーエンドならハッピーエンドで
映画のその先はどうなるのだろう?と
思いを馳せてしまって元気になれない。
有名なラストシーンの「卒業」とかね。

愛する女性の幸せをこころから願うから
痩せ我慢をするのであって、そいつは
ダンディズムでありハードボイルドであり美学なのだ。
ボギー演ずるリック。
"As Time Goes By" って曲にすべては詰まってて
何度観ても男らしさに惚れ惚れするのだ。
痩せる我慢はしなくても痩せ我慢をする男は好きだ。

「サム!その曲は演奏するなって言ったはずだ!」
このシーンで、すでに涙ぐんでしまうのは私だけか?

実はオリジナルのバージョンよりもこのカヴァーが好きだ。
Dream

Tuck & Patti だ。
甘くとろける。続きを読む

budoubatake at 00:24コメント(4)トラックバック(0)どえりゃあ映画!ワインを美味しくする音楽 

2007年06月10日

3d94e9e4.jpgスペインのシャンパン製法の
スパークリングワインをCAVAといいます。
フランコリ・ブリュット・レセルヴァ
このワインを飲んだ人はほとんどが
「おーーーいし〜〜〜〜〜〜!」と
驚愕の声を上げるので、嬉しい。
ソムリエ冥利に尽きるのである。
今夜、カウンターにてコイツを飲んでくれた
彼女は、美しくエレガントで気丈なイメージ。
ところが酔いがまわるにつれて、その
美しい瞳が涙に濡れたのさ。

「そんな時には、思いっ切りそんな気分に浸っちゃえば?」
などと言うアバウトなソムリエなのであるが
彼女の話から、私の頭の中ではこの曲が鳴っていたのさ。
ベイ・シティ・ローラーズの「Remember」だ。

Very Best of Bay City Rollers

♪よくいっしょに歌をつくったり歌ったりしてたよね。覚えてるかい?
楽器を演奏したり、こっそりキスしたりしてたね。覚えてるかい?
今思うんだけど、どうして僕ら、別れなくっちゃいけなかったんだろうね?

そんな、つらい内容なのだが明るいポップスなのだ。
過去は過去で変えられないので「今・ここ」を生きなきゃね。
素敵な想い出は、笑ったほうがいいよ。
宿題提出してスッキリする手もあるけどな。
過去と現在を分離するのに役立つから。

さて、この曲。YouTube では、ウッディがギターを弾いてる。
エリックはキーボードだ。
しかもライブなのにフェイドアウトしてる。 (笑)
恐るべし。アイドル。

今思ったんですが、この曲の方が彼女にはピッタリ。

budoubatake at 02:37コメント(6)トラックバック(0)気軽なデイリーワインワインを美味しくする音楽 

2007年06月09日

21ca9559.jpg男前なのである。

budoubatake at 00:05コメント(8)トラックバック(0)元気 

2007年06月08日

c10f1ad4.jpg今日も今日とて、夜明けは近いのである。
営業時間外の葡萄畑は私の時間だ。
今夜は「人として」「経営者として」の
会話と、かなり下世話なシモネタ。
実は両方大好きである。あはは。
こんな美人の性体験談を聞けるなんて
インタビュアー冥利に尽きるのである。
昨夜は、自ら話してドン引きされたが
今日は大笑いさせて頂いた。
他人の性体験は実話であればあるほど
笑えるのはなぜだろう。

実は、性行為と云うのは、利他と利己の
せめぎ合いであって、過去の話であれば
笑いにできるから素敵なのである。
相手の為にマジメにやってても
相手と自分の満足の為の細かい要求に
対応すればするほど、他人にとっては「滑稽」なのである。
人間ってカワイイね。
それが現在進行形であったなら、笑いにできないけどね。

奥深いコミュニケーションであり
肉体を持つ者の特権なのである。
Get it while you can 
ってのはジャニス・ジョプリンの言葉なのだが
意訳すれば「光陰矢の如し」であり
「少年老いやすく学成り難し」であり
「いつまでも在ると思うな親と性欲」なのである。

budoubatake at 04:47コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2007年06月07日

095a0c68.jpgまたまた夜明けまで話し込んでしまった。
今から帰っても、甲斐まり恵さんにさえ
会えないかも知れない。
寂しいけど、充実してる。
「夢の夢」の話です。

追記しますので、ヨロシクです。
みなさま。よい一日を!
私は、おねんねします。
ちゃお!続きを読む

budoubatake at 05:49コメント(6)トラックバック(0)元気 

2007年06月06日

fc3f31f6.jpg昨夜「今・ここ」という悟り方って本を
紹介したら、驚くべきシンクロで
本日メールで送られてきたお薦めの
サイトの中に 「今・ここ」という
キーワードが使われていて
なんのこっちゃ!? とパニックだ。
「運がいい人 ツイてる人 流れに乗った人」
というタイトルで書かれていて
丁寧な文章で愛に溢れていたのさ。
(勝手にリンクすみません)
そして、見慣れない人のアクセスが
Mixi の方にあったので見てみたら
このサイトの岡部さんだった。
恐ろしいほどシンクロしているのだ。

これは、きっと「導き」なのだ。
メッセージを汲み取れ。
そう解釈して、見てみたら
< し み じ み 教 >と称する詩を発見した。
私のサマーディは、しみじみ教なのではないのか?
と凹んでいたら、もう一撃喰らった。

経営の勉強会の先輩から
「くすぶってちゃいけないよ」と言われてしまったのだ。
凹んでいたから彼の目にはそう映ってしまったのか?
しみじみ考えてみようと思う。 (笑)

というわけで写真はLAYER'S のテリヤキパインバーガーだ!
しみじみ旨いのだ。凹んでる暇があったらハイネケンなのだ。

budoubatake at 02:02コメント(2)トラックバック(0)元気 

2007年06月05日

3173b66f.jpg瞑想の境地がサマーディだ。
本来の意味を都合よく解釈するのは
私の特徴であり、アバウトな理由。
人は、何をしていても集中していると
宇宙と繋がっている実感があったりする。
それはとろける甘美な感覚だ。
「気の持ちようで毎日がサンデー」
ってのはランキンタクシーの言葉だが
私に言わせれば「気の持ちようで毎日がサマーディ」なのだ。

瞑想を試みた事はありますか?
お寺で、座禅を組んだことはありますか?
「無」になる事って難しいですよね。
不思議に人間って、いつもなにかしら考えてる。

カルマ・ヨーガって言葉があります。
日常生活を修行の場ととらえ、善行に励み
カルマの浄化を図るヨーガで、見返りを
要求しない無私の奉仕精神をもって行うのです。

つまり仕事であろうが趣味であろうが生きてるだけで
修行をしているわけで、その中にも最高の状態があると思うのさ。
仕事に集中してわくわくしている時や美味しいものを味わう瞬間や
いい音楽に出会う時至福を覚えるのだ。
それはすなわちサマーディ。(拡大解釈です:笑)

ま、そんな事を考えていた時に友人に薦められた本が
パワー・オブ・ナウ 「今・ここ」という悟り方
生きるためのヒントがちりばめられ、文章もわかりやすい。
スピリチュアルな、ものの見方考え方の誤解も正してくれる。
2回目を読み始めました。
壁と向き合っている人。恋愛のトラウマを抱える人には
読む薬になりそうです。
この表紙のピンクはえぐいけどな。

budoubatake at 00:27コメント(0)トラックバック(0)座・読書 

2007年06月04日

6b4536a3.jpg竹内まりやという人の声は
カレン・カーペンターや
カーラ・ボノフを好きな人には
たまんない質感なのだ。
最近の作品よりも
RCA時代の彼女の歌声やサウンドの
向こう側には、アメリカンポップスが
きらきらしていて大好きだ。
最も好きなのがこのアルバム
「University Street」
彼女の大学生活の卒業アルバムでもある。
とにかく元気で明るい少女らしさが
このアルバムのいちばんの魅力なのだ。

熟すとこんな感じになります。
それもまたよし。
竹内まりや - シンクロニシティ[素敵な偶然]

budoubatake at 00:21コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2007年06月03日

7740a905.jpgなごやっ子ツアー。
別名名古屋B級グルメのハシゴ。
「味噌煮込み」「味噌カツ」
そして、湘南の彼を最も魅了したのは
この風来坊の「手羽先」だったようだ。
実は、私は初体験。
お店で席に案内されると
「ドリンクと手羽先を最初に伺います」と
この名物に対する絶対的な自信が
このお店の魅力なのだろうね。
勉強になりました。

そして、熱田神宮の聖なる佇まいに浄化され
16番目の月のまわりに、龍神さまの雲が応えてくれた。

「ありがとうございます」
最も美しい日本語のマントラ。

せっかく名古屋まで来てくれたのに、話に夢中で
名古屋を知る事ができなかったよな。言語以外は。あはは。

今夜ももう明けようとしています。連日不良だな。

budoubatake at 04:21コメント(10)トラックバック(0)レストラン 

2007年06月02日

c6ac3459.jpg初対面の人と、こんなに
腹を割って喋ったのは
初めてかも知れない。
<本日のまとめ>
80%の力が120%になるためには
日々の精進が必要である。

<解説>
自分の持っている力を100%出そうと思うと
ガチガチに緊張してしまい、惨憺たる結果に終わるが
80%で行こうと決めてかかれば、いい「あそび」
ちょうどよい「呼吸」ができていい結果がもたらされる。
それは、グループであれば尚更であり
そこに相乗効果がもたらされると「1+1=3」以上になる。
つまり、持てる力を100%出し切った時よりも太く力強いのである。
結果として120%という評価が生まれる。
但し注意しなくてはならないのは、その持てる力の80%という部分は
日々の研鑽でクオリティを高めていかなければならない。

東京ローカル・ホンクにやられた。

budoubatake at 04:32コメント(2)トラックバック(1)元気 

2007年06月01日

b1d9fea8.jpg「毎日生まれ変わります」は
ジョン・レノンの言葉なのだが
今朝、自分が生まれ変わったのだと
強烈に自覚したのだ。意味も裏付けも
何もないのであるが、そうなのだ。
神社に行って「生まれ変わりました」と
宣言をしてすがすがしい気持ちになった。
医学的に見ても、毎日毎日われわれの
細胞は生まれ変わっているのだし
昨日と同じ自分でいる必要は無いのである。

さて、このブログであるが「実践!ワインセラピー」という冠を
とうに逸脱しているのだが、初心忘するべからずの気持ちもあって
なかなか変えられずにいたのだが、生まれ変わったついでに変えてみた。

このブログは、毎日感じた事を記しておく。つまり
感性を高めるための修行として千日は続けようと心に決めて始めたので
1031個目のエントリーということでお許し下さい。
本来なら、その誕生日に思い切って変更するべきなのかも知れないのだが
目が覚めたら、生まれ変わっていたので仕方がない。
と、そういう事にしておいて下さい。あはは。

人間は、毎日死んでいるんです。そして生まれ変わっているのです。
寝ている間というのは、夢を見ている時間以外はあの世に行ってるわけで
今生や来世という概念も実は毎日起こっているんですね。
ま、そこらへんの詳細はまた書きます。

産業革命(Industrial Revolution)で人類は飛躍的な
変化を遂げたのだけれど、物質社会がここまで来ると
もう、発展していく為には意識革命・意識進化(Conscious Evolution)
するしかないんですね。昨今のスピリチュアルブームは
起こるべくして起こっているという気がしています。

私自身のConscious Evolution は、ブログを続ける事によって
加速度が付いたと言っても過言ではないと思うので
これからも、内容は変わらず、アバウトでミーハーな立場から
情報発信して行きたいと思うので、今後ともよろしくお願い致します。

budoubatake at 00:03コメント(6)トラックバック(0)元気 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ