2009年08月

2009年08月31日

0ad6385f.jpg選挙の結果を知らない、今現在だ。
そんなことよりも、今日しかできない事に
全身全霊を注ぐ事こそ、政治なのであり
今を生きる、ということだ。
ああ、今日も素晴らしい一日だった。
音楽って、すごいわ。

d495d0be.jpgViva!BCCR!






9b49e5fd.jpg感謝。
おつかれさまでした!





04580c50.jpg

budoubatake at 01:23コメント(20)トラックバック(0)バンド 

2009年08月30日

8cee666b.jpg選ぶ日である。
Choose Day とは言わないようで
election だ、綴りをまちがえると
まるで意味が違う。
erection と間違ってはいけない。
勃起した、となる。
まぁ、選挙も勃起も、似たようなものだが
あえて区別したい今日この頃だ。

Ruby Tuesday 忌野清志郎&The Razor Sharp 1987



「選挙日はビールの日」とも、解釈がなされている
「るーび Choose Day 」

935514d9.jpg









選挙のあとは
明るくいこみゃぁ!
ダイアモンドホールで会おうぜ!

budoubatake at 00:27コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2009年08月29日

861ac2d8.jpg海の上に飛行機がやって来る。
ヤァ!ヤァ!ヤァ!
ここは常滑りんくう海岸芝生公園
9月5日のための下見に訪れたのだが
ナイスな場所であり、軽く日焼けしたぞ。
キラキラ光る水面、白い砂浜。

夕刻まではいられなかったが
きっと美しい夕陽が見られる。

7292d64c.jpg私の車は、古いので
ナビを見てたら、ずっと海の上を
軽快に走っていて、ボートのようだ。
車の中で、ひとりでウケてたぞ。
よって、少し古いナビの人は
現場に到着できない疑惑があるが
がんばって到着してください、である。

6f0acdac.jpg




http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/alohanight/






嵐のように、いろいろとギフトのあったいちにちだった。

ちーさん、というお方が居る。
このイベントにもお力添えを頂いているのだが
このお方は、ほんとうにすごいお方で
下見の間も、釣り人がいたら「何が釣れるんですか?」
お散歩のおじちゃんには「普段、夜はどんなかんじですか?」
ビーチで遊ぶ家族には「ジェット乗せてあげる」と
誰彼なく話しかけるのである、が一部上場会社の社長である。
どうみても、ふらふらしてるオッサンなのであり
水戸黄門が身分を隠して全国行脚の旅をしているかのようなのである。

常滑のコンビニのオバちゃんは、中国人だったが
めっちゃ気の付くやさしいお方だった。
中国人にもいろいろなのだと、そうとうに驚いた。
丸の内のコンビニ中国人では、ありえない、しかし
日本人店員と比較したら、あたりまえのサービスしかしていないのであり
よくよく考えたら、それは不可解であり、丸の内の中国人コンビニは
値段を下げるべきではないのか、との結論に至ったのである。
サービス以前に、ニコっと笑えよ中国人、なのである。

夕刻、市会議員1年生と語らう時間を持つ。
まったく不可解な政治システムに苛立ちつつも
組織である以上、突き抜けて何かを変える意思があるのなら
お前、勉強不足過ぎるんじゃないのか?としみじみ。

2ヶ月間のアジアバックパッカー生活から帰ってきたミホが
櫻井よしこ「日本人の美徳、誇りある日本人になろう」
返却するために、お店によってくれた。貸した事も
その本を所持している事も、読んだ事も忘れていたので
びっくりしたのだが、彼女が立てなくなるほど
酔っ払ってしまったのは、ホームに帰ってきた
安心感なのであり、20歳の少女にアジアひとり旅は
緊張の連続だったのだと推測し、甘やかした私だが
偶然居合わせたはまちゃんの逆鱗にふれ、S性に
火をつけてしまった、といえども、若干二十歳の少女
ミホには、いい勉強だったのではないのか。
冷静になったら、彼のやさしさがわかるはずである。

はまちゃんは「ゆうゆうラーメン」と「ニラ玉飯」で鎮火し
ゴキゲンになって、私のビジネスにもおおいなる助言を貰う事ができた。

玉虫のように、刻々と移ろいゆく目まぐるしいいちにちだった。
出会う人すべてから、教わることの多い、子供の頃で言えば
お正月と誕生日とクリスマスがいっせいに訪れたような
有り難い、いちにちだったのだ。感謝。

budoubatake at 17:19コメント(6)トラックバック(0)元気 

2009年08月28日

df07fed9.jpg30日のライブに向けて、名東区の
アルマジロさんでのライブだ。
ギター初心者の私は、2分の間奏の
練習に100時間以上は使っている。
もうひとりのギタリストYu さんなどは
ストラップが切れちゃうほどの
練習量なのであり、頭がさがるのである。
私のストラップなんて、もう
かれこれ20年ほど使っているのだ。
Yu さんは、たった3年ほどであり
あんびりーばぼーだ。

今日のオーディエンスは世代が近かったので
80年代ロックは、おおいに楽しんでいただけた事と
自画自賛しているのであり、自分も最高に楽しかったのだ。
あと1回のライブで解散なのだと思うと
ほんのり寂しい気もする、秋の夜長である。

<本日の感動付録>
小さなバスケットヒーロー(2分割)





budoubatake at 00:23コメント(8)トラックバック(0)バンド元気 

2009年08月27日

6065f82f.jpgああ、そうだね。
秋がやってきたね。
つくつくぼうしの声が
夏の終わりを告げる前に
秋の虫が鳴き始めたね。
アビーロード。
9月9日以降、どんなB面になるのか
きっとスリリングなメドレーになる。
嗚呼、待ち遠しい。

The Beatles - Sun King



<おっと、その前に要チェックだ!>

「明るくいこみゃぁ」ダイアモンドホール 8月30日
「Aloha Night」常滑りんくう海岸芝生公園 9月5日

<こちらも要チェックだ>

*テレビ朝日 8月27日(木)深夜3:10〜 
 小林克也「BEST HIT USA」まるごと1時間ビートルズ
『コンプリート・ビートルズ』 リマスターCD公式ガイドブック



The Beatles Remastered 09 09 09

budoubatake at 00:52コメント(12)トラックバック(0)元気 

2009年08月26日

6644e49d.jpgロッド・スチュワート Still the Same:
Great Rock Classics of Our Time
ロック懐メロのカヴァー集だ。
なんの感動もないが、同時に
悪くないアルバムなのだ。
ロッドが歌うと、ロッドなんだよな。
でも、Hot Legs を求めちゃいけない。
もうそんな年齢じゃないから。
円熟したボーカルを愉しめる一枚。

Have You Ever Seen The Rain



budoubatake at 00:58コメント(11)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2009年08月25日

f8e0134c.jpg結論を先に言う、「大調和進党」の結党だ。
各党のマニフェストに、やりきれない
もどかしさを感じる人の多さや
党首討論や政策討論を聞いていて
ほんとうに野党も与党も、民意を
まるでわかっていないし世界の中の日本
誇り高い民族国家としての長い歴史に
どのみち汚点を残す選挙となるのは
必至であり、それもそのはず
TVの視聴率取りと同じような感覚で
票を取りに行くのなら、そんな政治は
いらないのだ、と断言するものである。

付き合いも8年になる若者が居る。
いつも選挙の時にはひと声かけるのだが
投票したためしがないのに、今回は
自ら進んで投票に出かけると言う。

きっとこんな感覚で、今の日本に「No!」と
意思表示する人間が今回の選挙では増えるのだろう。
しかしながら、多くの議席を確保した政党に
誤解してもらっては困るのだ。
「Yes!」と云う投票ではない、からだ。

各党の討論で、相容れない気持ちはわかるが
おとな同士の会話で、あそこまで相手を受け入れないのは
政党を背負った人間だけなのではないのか、と人は言う。
違う政党でも、いいアイディアには賛同したらどうなのか
細かいディテールは煮詰めたらいいのではないのか。

大衆迎合するほど馬鹿げた政策はないのである。
かつて、ほとんどの人たちが消費税に
「No!」と言ったのではないのか。

今の年金制度が、破綻するとわかっている以上、財源を
公平に徴収するためには、もっと消費税率を上げるべきと云うのは
みなさん周知の事実であり、無能な政治家が選挙で当選するために
なおざりにしてきたからこそ、社保庁の怠慢や驕りが
それによって噴出したとも言えるのではあるが
政治とは、大衆に媚びるのではなく、時代によって
臨機応変に、そういった教育をしなければならないのだ。
そこにこそ、力を注がなくてはならない。

あるべき未来、孫子の代が幸せに暮らせる環境を創る事が
使命であり、任務なのだ。変化・成長しない者は淘汰されるのが
自然界のルールであり、万物流転の法則でもある。
時には嫌われようとも、後々理解してもらえたら良いのである。
今、少しくらいの我慢を強いられたとしても
次世代を良くすることの方が必須事項なのである。
それが継承する側の義務なのではないのか。

それこそが政治であり、リーダーの務めではないのか。
そこを外していては、あたらしい誇り高き日本は創造できない。
いつまでも村山談話を継承するような間違った歴史認識を改め
孫子の代が世界のリーダーシップを執り、和を以って尊しとする
日本の文化を発信しなくてはならないのだ。

そこで、我が新党「大調和進党」(ダイチョウワシントウ)が掲げるのは
『十七条憲法』を軸とした
高いレベルでの原点回帰である。
国民個々の個性を発揮できる環境を作り
おおきく和することを目的とする。

現地点では、特に第5、6,7,8条に重きを置く。
つまり、官吏は国家を動かすのだから
国民のために働く、という当たり前の概念を貫く。

そのための大調和進党のスローガンは「仁義礼智忠信孝悌」である。
 仁・・・思いやり、慈しみ。
 義・・・人道に従うこと、道理にかなうこと。
 礼・・・社会生活上の定まった形式、人の踏み行なうべき道に従うこと。
 智・・・物事を知り、弁えていること。
 忠・・・心の中に偽りがないこと、主君に専心尽くそうとする真心。
 信・・・言葉で嘘を言わないこと、相手の言葉をまことと受けて疑わないこと。
 考・・・おもいはかること、工夫をめぐらすこと。親孝行すること。
 悌・・・兄弟仲がいいこと。
*英訳するのなら「Be Kind!」のひとことだ。

これに照らし合わせたのならば、日米安保だろうが
消費税率だろうが、地方分権だろうが少子化、医療問題でさえも
すべてが解決に向かうのである。
いらん大衆迎合のマニフェストを創らなければならない理由は
自らのビジョンの無さなのであり、日本国を貶める事につながるのだ。

ついでに、大調和進党の党旗もご紹介しておこう。
日章旗(日の丸)の赤を黄色に変え、点々ふたつに
お口を書いたら出来上がり、である。

df198a2c.jpg
こんな政党があったら「No!」ではなく
ポジティブな「Yes!」の一票を投じたいと思っている。
(つまり、すべて妄想だ)

*8月30日は、投票に行こう!
 当日行けない人には、期日前投票がある。

budoubatake at 02:37コメント(8)トラックバック(0)元気 

2009年08月24日

783c17bd.jpg「ビッグ・フィッシュ」いい映画だった。
このDVD のビジュアルからしたら
私的には、絶対に観ない映画だが
お奨めされたからには拒む理由は
何もないので、とりあえず
見た目で判断しつつも、あえて
騙される所存で挑んだのだが
ここちよい裏切られ方であり
人の価値観を受け入れる醍醐味でもある。

この映画は「父と息子の和解」という
永遠のテーマをファンタジーで
包み込んだ力作であり、ありのままを
情報として伝える息子と、自分の価値観で
寓話化した話を、人を楽しませながら伝える父親との
相容れない人間性と、より理解し合いたい願望との
葛藤を、ユーモラスに感動的に伝えてくれる。

「逃がした魚は大きい」という言葉とおなじで
いわゆる「ホラ」としての「Big Fish」と寓話のなかの
「巨大魚」との掛詞となっている。

疲れて何も考えたくない日のリフレッシュに最適。

budoubatake at 00:14コメント(4)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2009年08月23日

a18c698e.jpgこのブログも満5歳を迎えた。
それもこれも、あなたのおかげ
ありがとう!
そんなわけで、自分にご褒美として
今日は三好でアーモンドアイズの
ライブを観てきたのである。
153号線を走ってても民家がないのに
dc4ee9f4.jpgどうしてショッピングモールは
人で溢れてるのか、不思議である。
三好では地下に住居があるのか
竪穴式住居なのか、どちらかなのだろう。
豊田市にほど近いせいなのか
エキゾチックな顔立ちの人たちが多く
ブラジル系の少女は美しい子が多いので
私が今の高校生くらいなら、5分に一回
ひとめ惚れするものと思われる。
三好の印象は、美女の町、だ。
ただ、縄文時代の竪穴式住居に住んでいるのなら不憫である。

budoubatake at 00:53コメント(10)トラックバック(0)元気 

2009年08月22日

ee586822.jpg「華麗なるレース」が突如聴きたくなった。
クイーンが聴きたい日にこいつを選ぶ
そんな日は、あまり多くない。
今夜は、8月30日のライブに向けての
合同練習っつー感じだったのだが
どことなく、消化不良なのだ。
自分たちの演奏時間よりも
ほかのバンドを聴く時間の方が
長いせいなのか、なんだか疲れた。
ソーセージとフライドエッグが食べたい。


Queen - Teo Torriatte in Japan 1979



budoubatake at 02:35コメント(6)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2009年08月21日

465182b3.jpg「サービスとして夢を語る」
このパワーは絶大であり
聞いてくれる人に感謝、なのだ。
まだ、ガネーシャは健在だ。

budoubatake at 16:22コメント(4)トラックバック(0) 

2009年08月20日

e66fc0f7.jpg「Chengeling」を観た。
そうか、クリント・イーストウッドか
知らずに観たのだが、「許されざるもの」に
相通ずる正義感に満ちた作品であり
見ごたえのある142分だ。
昨夜のエントリーにもつながるが
理不尽な立場に立たされた時に
あなたならどうするか?
つまりそういう映画であり
憤りの中心で愛を叫ぶしかなく
1920年代のアメリカだから、という事
だけではなく、理不尽な境遇に
追い遣られるのは、明日は我が身なのだ。

予想以上にいい映画だった。
たくさん書きたい事があるが
ネタバレになってしまうのでやめておく。
観た方はぜひ、ワインでも飲みながら
ともに語りましょう、である。


チェンジリング 日本版予告編 Changeling JTrailer

budoubatake at 00:07コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2009年08月19日

3918c5f1.jpg櫻井よしこ氏も絶賛のこの本。
『なぜ君は絶望と闘えたのか 』
このいたたましい事件性と
それを取り巻く様々な出来事とで
誰もが周知の本村氏であるが
彼の9年間の成長ぶりが
私には、とても眩しく映った。
人間はこんなにも成長するのであり
必読だ。TV 報道は3分割で見られます。

この本について語る武田鉄矢(全7回)。

あるお方が言うのには
「自分らしく生きる、ってのを無理せずそのままの自分で良いのだと
解釈する人が多いようだが、断じて違います。人はいくつになっても
ほんの少し背伸びをしながら生きなくてはならない、その結果
成長するのです、人格が向上するのです。人間が
人間らしく生きるには、成長し続けなくてはいけないのです」

まるでそのとおりなのだ、と私も思うが、本村氏を
ここまで成長させたのには、多大なる偶然があまりにも
タイムリーに重なり、しかも背伸びどころか跳躍しまくった結果
空を飛べるようになってしまったくらいの進化に見えるのは
私だけではないはずである。
あの完璧な記者会見を思い出すと、私も跳躍しなくては、と
深く深く考えさせられるのだ。

budoubatake at 01:43コメント(4)トラックバック(0)座・読書 

2009年08月18日

2eb3a153.jpg【 Aloha Night 2009 】
海辺で楽しむBBQ とライブ!
ハワイアンやイーグルスなどを
潮風とともにどうぞ!
食事はなんと、食べ放題!
セントレアも至近距離
飛行機の発着を眺めながら
日本に居ることを忘れてしまう
ステキな環境です。

満月の夜、過ぎ行く夏を惜しむ
屋外イベントで盛り上がろう!

日時:9月5日(土) 15:00〜 日没
場所:常滑りんくう海岸芝生広場
料金:5000yen
(1ドリンクとフリーフード)
(Kids 2500yen )
*ビーチマットはご持参下さい。
*海水浴、できます!
*ジェットスキー、できます!
 (お子様も乗せてあげちゃいます)

お問い合わせ : 大島まで!

<前売り券発売中!>


昨年の「Aloha Night」 on TV

<アクセス>
*名鉄常滑線 りんくう常滑駅下車、送迎アリ。
*お車なら、知多横断道路りんくうICを出たら右折
 高架をくぐり堤防沿いの一方通行を直進、200mに特設駐車場。

<当日の天気による開催の有無>
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/alohanight/

budoubatake at 00:50コメント(0)トラックバック(0)元気お知らせ 

2009年08月17日

ab61d51c.jpgお盆が過ぎようとしている。
この時しか会えない友人が
訪ねて来てくれたりして
しみじみとしている。
この時にしか会えないからこそ
一年分の私を伝え、同様に
彼の成長過程を知る事となるのだが
もちろん、それは普通の会話で
充分に成り立つのである。
親友とは、心友であり深友であるから、だ。

こうして会える友人もいれば、物理的に
突然には、なかなか会えない友人もいて
そんな友人に想いを馳せる夜もあるのだ。
「Wish You Were Here」 だ。

今、まさに必要な友人、つまり、あなたに、いますぐ会いたい。

生きている時間が長くなると、そんな人物が
どんどん増えていく幸せをも噛み締めている私だ。

肉体的にはどんどん老化していき、醜い自分になっていくのだが
なぜか、ほんとうに、しあわせだ。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は
こんな今でないと、私には理解できなかったかも知れない。

私にとって、とても重要な人たち
かけがえのない人たち、それぞれに言いたい。

ありがとう、愛してます。




Carole King - You've Got A Friend

この曲の良さが、ようやくわかりはじめたのである。

budoubatake at 00:21コメント(8)トラックバック(0)元気 

2009年08月16日

3e7a5507.jpgP.68「対日歴史観を見直した
韓国の代案教科書」
こいつだけでも本屋で
立ち読みして欲しい。
政治学や歴史学者ではなく
韓国の経済学者が、数字をもとに
日本植民地時代の捻じ曲げられた
歴史の見直しをしているという
日本にとっては明るいニュースだ。
「日本帝国主義者が農村の土地を
奪った」とされている事柄が
いかにウソっぱちで、その土地からの
農産物が日本に輸出され貨幣を得て
日本の工業製品を買っていた、など
植民地とは聞こえが悪いが、ウインウインの
関係だった事が明白に記されていて
当時の韓国の経済成長も証明されているのだ。
それが、あたらしい韓国の教科書になるのなら
日韓W杯の存在よりも、おおきく調和できるのではないのか。

ご存知のとおり、「くだらない」という言葉のルーツは
「そんなものは百済にもないよ」つまり今の時代で言えば
「東京ない」「NYない」という言葉に置き換えられそうな
そんな勢いで、朝鮮半島の文化から影響を受けていた事は
日本では、ちゃんと教育されて、小学生でも日本の文化の
源が、中国や朝鮮半島を経由していることを知っており
敬意を払っているのにもかかわらず、第二次世界大戦の
たった一部を捻じ曲げて、陥れるような教育が両国で
長く続いた事は、まことにもって遺憾である。

ロシア・中国という異形の大国に隣接している以上
日本と韓国、そして台湾は、もっと緊密に連携し
調和するべきではないのだろうか。

budoubatake at 00:56コメント(2)トラックバック(0)座・読書 

2009年08月15日

3323379b.jpgやっぱ、エエわぁ〜〜
ストーンズのライブアルバムは
「スティル・ライフ」に尽きるのだが
このアルバムもやはりすごい。
どうしてこんなにエエ加減なのに
カッコいいのか、不思議であり
チャーリー・ワッツが年老いても
なぜこんなにスリリングなドラムが
叩けるのか、まったくもって
ストーンズのエネルギーは
枯れるということを知らないのか、に見える。

名古屋ドームで観た時の興奮がよみがえる。

遠めで見たならば、20代の少年が演奏しているようにしか
見えなかったし、その圧倒的な存在感と卓越した
パフォーマンスとショーとしての完成度に
度肝を抜かれたのである。

budoubatake at 00:55コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2009年08月14日

b2bf1192.jpgハワイに伝わる癒しの秘法
みんなが幸せになる
ホ・オポノポノ
神聖なる知能が導く
心の平和のための苦悩の手放し方

うーん、なんて長いタイトル。

もうこういう胡散臭い書物には
近付かないようにしていたのだ。
その存在は知っていたのだが
無視していたのに、友人に
なかば強引に手渡されたのである。

しかも、帯にはこうある。
「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています」
たったそれだけの言葉で、誰にでも、いますぐに
「ホ・オポノポノ」の奇跡が起こる。


まったくもって胡散臭いのである。

ところが、手に取り、読み進めると
著者のいうところの「クリーニング」は
すでに、私が自分自身の研究の中で気付き、学び
実践している事と、ほぼ同じなのでびっくりしたのだ。
故葉室頼昭氏とも共通する部分も多く、好感が持てる。

特に、水に関する記述などは、水資源豊かな
火山国であり島国という部分が共通しているせいなのか
「水に流す」という感覚、「清める」存在であることには
同じように考えているようで興味深い。

ただ、これをしたから必ずこうなる、なんていう
魔法は皆無であり、セミナーを受講した人の体験談などは
かなり突拍子もなく、眉唾なので、藁をもすがる人を
セミナーへ導入するための本だと思いつつ読み進め
自分に必要な事柄だけを、ピックアップして
取り込めば、それなりに良書である。

イハレアカラ・ヒューレンというお方は
きっとすごいお方なのだと思う。
会わなくてもわかるのだ。

budoubatake at 17:24コメント(2)トラックバック(0)座・読書 

2009年08月13日

015faa53.jpgブラッド・ピットはミーハー的に大好き。
成長するにつれ若返えるなんていう
その発想も好きであるので観るしかない。
結論で言えば、予想以上によかった。
マイベスト10が入れ替わった、のだ。
この映画の良さを、どれくらいの人が
理解しているのだろうと、アマゾンの
DVD のレビューを見てみたが、驚き。
映像技術のすばらしさやストーリーの
「なんじゃそら感」にとらわれることなく
この映画の死生観や人生観を多くの人は
きちんとキャッチしていて、うれしい。
「な、アホな」と突っ込む人が
もっと多いのではないのかと予測していたのだ。

この映画は、さしづめ映画界の「星の王子様」であり

「なに、なんでもないことだよ。
心で見なきゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなことは、目には見えないんだよ」

And now, here is my secret, a very simple secret:
It is only with the heart that one can see rightly;
what is essential is invisible to the eye.

「だけど、目では、なにも見えないよ。心でさがさないとね。」

But the eyes are blind. One must look with the heart.


まさに、そういう意味でとても感動した映画だ。
豊かな時間を持ちたい人にお勧め。

budoubatake at 00:45コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2009年08月12日

071a315f.jpgそんなわけで、買った本。
「ハワイ暮らし成功物語」
はた せいじゅん(著)
まだ、精査していないが
写真の美しさで買ってしまった。
楽園で暮らすってどうよ?
暮らしたなら、即、そこは
楽園ではなくなる気がするが
ま、他人の事なので
美しい写真とともに
覗き見させていただく事とする。

もしも刺激を受けたなら、「ハワイでビジネス成功物語」という
本をドキュメンタリーで書く所存である。

60歳を超えたら、ハワイで海の見える珈琲屋を
のんびりやりたいと、漠然と考えている。

budoubatake at 00:14コメント(2)トラックバック(0)アロハ・スピリット座・読書 

2009年08月11日

ae7ce45e.jpgあの成功者たちがこっそり使っている!
―「春夏秋冬理論」で今日から運が開く
神田昌典 (著), 來夢(監修)
偶然にこの本を見つけ即購入。
なぜなら、この理論は正しく
もっと知りたいと思っていたからだ。
ラッキーである。
しかも、この本の近くに
読みたいと思える本が2冊もあった。
いわゆる雪だるま方式である。
開運を謳う本は、インチキばかりで
もううんざりなのだが
「春夏秋冬理論」を神田昌典が
書いているのなら、買い、である。
12進法は、だてに存在していないのである。
興味のある方は、春夏秋冬理論 ・ 【無料】季節判定


<おしらせ>

中野督夫さんから、直々にお電話をいただいた。
ライブがあるよ、とのお話だったので
二つ返事で行くつもりだが、とってもいいライブなので
あなたも体感しませんか?であり
センチは35周年なので12年周期で云えば
もう3回りしそうな円熟のバンドなのである。
大好きなバンドだ。



8/24(月) 名古屋(愛知) ● ボトムライン
~GYPSY BLOOD“Again”/センチメンタル・シティ・ロマンス
     Special Joint Live~
● 出演: 【GYPSY BLOOD】 速水清司(vo,g) / 永井充男(g,cho)
     / 藤井真一(b,cho) / 宮口ジョージ(key) / 上原"ユカリ"裕(ds)
【センチメンタル・シティ・ロマンス】 中野督夫(vo,g) / 告井延隆(vo,g)
          / 細井豊(vo,p,key) / 瀬川信二(b) / 野口明彦(ds)
● 開場18:00 開演19:00
● 4,700円(前売4,200円)+Drink代500円
● 愛知県名古屋市千種区今池4丁目7番11号
● 052-741-1620



「うん,と僕は」 センチメンタル・シティ・ロマンス

budoubatake at 00:40コメント(6)トラックバック(0)座・読書 

2009年08月10日



なんざんしょ?
立秋を過ぎてしまい、夏が来ないまま
残暑見舞いが届いたのである。
しかも、今、猛烈に雨が降っていて
ほんとうに梅雨って明けたの?
そんな気分である。

もんもんもこもこの入道雲です

ギンギンギラギラの夏なんです

日傘くるくる、ぼくは退屈

もんもんもこもこの 夏なんです

budoubatake at 01:22コメント(2)トラックバック(0)元気 

2009年08月09日

3be87f9d.jpg名古屋っ子の海、それは内海だがね。
こどもさんも歌っとりゃぁす。
どえりゃぁええ天気だでかん。
名古屋弁だけどがハワイアンだがね。



0e675a4f.jpgカヴァイレレさんの演奏とフラだわ。
華やかさ抜群だて。
セミもよろこんどったに。
よーさん鳴いとりゃぁした。



f3459e60.jpgどえりゃぁよーさん来とったのは
なんだかしゃん、うれしかったわ。
名古屋だけに、なごやかだがね。

過日のBKKの写真が納得いかんくてデジカメの
説明書を初めて読んだがね。
ちょっとキレイになっとらせん?

スタッフの方々、出演者の方々
長時間、お疲れ様でした。

budoubatake at 17:08コメント(0)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2009年08月08日

cd07039d.jpgスティービー・ワンダーを聴いている。
Hotter Than July
熱いのだ。
暑い日に最適の音楽。
蒸し暑いだけで不愉快な暑さから
開放してくれる作品なのだ。

今年の海水浴場は壊滅状態なのだそうだ。
そりゃそうだろう、まだ
夏という実感がないのだ。

真夏を味わうなら、本日の小桝(こます)海岸。
フラレレ・ルアウ2009
20:00頃までやっているので、今からでも遅くない。
夏を満喫しようぜ、べいびー!


Stevie Wonder - As If You Read My Mind

budoubatake at 00:44コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2009年08月07日

b5adab93.jpgブルゴーニュ・パストゥグラン
 キュヴェV'07 バロ・ミロ
ブルゴーニュの赤ワインは
ピノ・ノワール単一品種と
お思いだろうが、例外がこの
パストゥグランなのだ。
ボージョレで使われるガメイと
ピノ・ノワールを混醸するのだが
ガメイの比率は三分の二まで許される。
ガメイ種の比率が多いのが通常だが
バロ・ミロはピノ50%ガメイ50%。
フレッシュないちごの香りと
チェリーのフレーバー。
両者の長所が出ていてナイスだ。

ま、ボージョレってなぜか区別されてるけど
ブルゴーニュの一部なんだよね。

さて、今年もヌーヴォ合戦が始まった。
飲みたい人はコンビニで買えば?って気分なのだが
普段お付き合いのある輸入業者さんに悪いので
ほんのり仕入れる事とした。
カジュアルにワインを楽しむうちのお店ですら
お客様方は、あまり興味ないのである。
ヴィーノ・ノベッロに関してなら皆無に近いのだ。

ガメイをさらに上品に飲むのならパストゥグランを
強烈にお勧めするものである。
タイトルに深い意味はない、ただ、そんな世代だ。

budoubatake at 00:47コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2009年08月06日

16cdf3b0.jpgトリッパのパスタ。
しかも生麺で、もっちもち。
うま過ぎて死ぬかと思ったぞ。
その店は、ラ・ファルファーラ
大府駅のほんのり南だ。
徒歩1分、ダッシュで20秒。

シェフのテキパキと動く姿を
カウンター越しに見ているだけで
うっとりしてしまうのに、こんなに
美味しいパスタを出された日にゃ
昇天してしまいそうなのである。

トリッパも、丁寧に下処理されていて
完璧なのであり、車で行ったので
ワインを飲めなかったのは残念。

タイ語で「良い」を「ディー」と言う。
そういう関係上、ディー・トリッパと言うしかなく
Got a good Reason♪なのである。
このパスタのテーマソングに認定する所存だ。


Day Tripper

budoubatake at 00:23コメント(10)トラックバック(0)レストラン 

2009年08月05日

491981b8.jpgそんなわけで、タイシルクを
購入してきたりしてみたので
お店的にも、プチ改装である
とは大袈裟だとも言われているが
とても気に入っているので
お店に来たら、見てやって欲しい。
しかしBKK でシルクを買う時には
じつは要注意なのだ。
まず、贋物を平気で売る輩が
そこらじゅうに居るのであり
屋台やらナイトマーケットでは
ほとんど信用できない。
シャレで買って、使い捨てなら
それはそれで旅の醍醐味なのだが
いい物は、しかるべき場所で購入したい。

さて、そんなわけで、今回のBKK を総括したい。
前回からは、8年ぶりだったので、地下鉄も
初めて乗ったし、パラゴンという怪獣のような名前の
大型デパートにも訪れてみたのだが
なんとも、あの人の多さには驚く。

日本で言うならば、どこに行っても新宿・渋谷なのだ。
地下鉄やBTS という公共の交通手段も満杯。
そして道路も常に渋滞、深夜ですら、だ。
あまりに人が多いので、自転車にすら乗れない状態。
実際、自転車なんて一台も見ていない。

ところが、素敵なのは、いたるところに木々があり
適度な間隔で、ちゃんと緑が保存されているのは
とてもいいことだと思うのだ。

以前に比べると、金を売るお店が極端に少なくなっていた。
ネックレスや指輪、ブレスレットなどを
じゃらじゃら身に着けている人が多かったのだが
そういう人も、あまり見かけなかったぞ。
きっと、お金を金に変える必要がないほどに
通貨が安定しているのだろう、これはあくまで推測だ。

以前に比べて目に付くのは、マッサージ店だ。
しかも、安価であり、どこに行っても上手である。
私が行ったところは、いきなり暗がりに通され
洋服も着替えさせられ、15分ほど経過した頃
かなり密着してきて「んんん、はぁ、んん」と吐息が聞こえ始め
首筋に長い髪が触れるので、違うマッサージに来てしまったのか、と
わくわく期待してしまったのだが、ふつうに1時間そのままだった。
300THBなので、日本円にしたら900円以下である。
背中にまたがってくれたりしてくれたので
いけない妄想をしてしまった分だけ通貨に換算し
100THB チップを置いてきたこころやさしい私である。
足裏マッサージなら、15分100THB なんてところもざらにあり
良心的で20分以上モミモミしてくれる。そう!
BKK では、毎日マッサージ店に行くべきなのである。

昨年の暮れから今年にかけて、飛行場がデモ隊に占拠されたり
世界的な金融危機で、今、タイランドのツアーは
滅茶苦茶に安いので、清水の舞台から飛ぶような
気構えはまるで必要なく、ちょっとタイ料理を体験する
そんな気分で行けるから、超お薦めだ。

実際私も、タイ行きを決めたのは旅行の10日ほど前だ。
国内旅行よりもぜんぜん安いし、日本に帰ってきて
BKK よりも名古屋のほうが、だんぜん蒸し暑い事に気付いたのだ。
ホテルのプールで日光浴(タイ焼き)、お腹がすいたら
たらふくタイ料理を味わう、そんな旅行がいい。

budoubatake at 00:30コメント(2)トラックバック(0)Loveland Thailand元気 

2009年08月04日

b3293b1d.jpgBTS タクシン橋から船で
チャオプラヤー川をのぼり
オリエンタルホテルへ。
ホテルはリバーサイドであり
このあたりは高級ホテルの
密集地帯なのだ。

a33dba4c.jpgロビーにつづく道には
さりげなくお花。
カフェのテーブルには
デンファレの一輪挿し。
天国にいちばん近いホテルだ。


178a6f7c.jpgロビー。
時間が止まる。
お花や緑がふんだんに使われ
光が射すと、夢の世界なのだ。
最初に宿泊したのは1994年の正月。
クリスマスの飾りつけだった。

ed6eafb2.jpgオリエンタル・ブティック
店ごと買いたくなるくらい
素敵なもので溢れている。
VAT(税金払い戻し)が必要なほど
買ってしまった。
60歳くらいの店員さんに
「とても上品で素敵だからワイフと
写真撮らせてくれ」と頼んだら
とたんに、はにかんでしまい
可愛らしかったぞ。
彼女の中に晩年の沓子を見た。

3ed0a02c.jpg小説「サヨナライツカ」の
重要なシーンに出てくるフレンチ
「ノルマンディ」は、川沿いの席が
予約できなかったのだが、ドタキャンがあり
チャオプラヤに臨む最高のロケーションで
ランチする事ができた。
ツキまくっているのは日頃の行いなのである。

6a69f398.jpg盛り付けもキレイ。
ランチは3,000円程度なので
バンコクの最高級フレンチと思えば
とても安価なのだが、グラスワインは
1杯4,200円ほどだ。(シャブリ)
会計の時に、目玉が飛び出た。
バンコクでのワインには気をつけよう。

50719373.jpg誇り高く格式高いレストランに
ふさわしい接客は、気持ちいい。
世界のフランス料理店カタログには
バンコクでは、ここしか載っていない、と
彼は語り、その証拠の小冊子を
プレゼントしてくれた。
デセールにお花を描く仕草も
キマっているのだ。




cc8cf1e8.jpgオードヴル二皿とメイン料理
パンは数種類が食べ放題。
で、デザートのあとにマカロン。
ボリュームあり過ぎ。
3つ残してしまった、が
至福の時が過ごせるので
超おススメのレストランだ。

c3dab65c.jpgコロニアル調のはなれ。
ここで夜はパーティなのだろう。
写真を撮ったあとに、ぞくぞくと
スタッフが準備を始めたのだ。
写真撮れて、ラッキー、である。
BKK には、お洒落なホテルが乱立するが
それでも尚且つ、ナンバーワンなのには
ちゃんと理由があり、写真には映らない
うつくしさ、があるのだ
行かないとわからないのである。
一生に一度は訪れて欲しい。(ワインはほどほどに)

budoubatake at 00:58コメント(8)トラックバック(0)Loveland Thailandレストラン 
f3096a30.jpgザ・ドーム64階の「Sirocco(シロッコ)」
地上247mの眺めは圧巻。
しかし、ワインリストの値段も
また圧巻なのであり
シンハビールで乾杯!
流れるジャズは、生演奏だ。

bb391e0a.jpg幻想的な雰囲気だが
旬なナンバーワンスポットなので
やたらと人が多く、ザワついている。
しかも、ここで写真を撮るな、とか
規制もやたら多くてげんなりする。
ドレスコードがあり、初日の夜には
入れてもらえなかったのだ。

e09c1086.jpg規制をするのなら
もっと違う部分だろ、と
突っ込みたくなるのは
この階上レストランに
柵も壁も、さえぎるものが
なにもなく、ここから落ちたら
確実に死ぬどころか
けっこう長い時間飛べそうである。
従業員の制服がエルメス風であり
どこかベトナムのアオザイに似ている。
とてもお洒落だ。

765e8b9d.jpgお手洗いですらお洒落。
住んでもいいくらいだ。

budoubatake at 00:55コメント(0)トラックバック(0)Loveland Thailandレストラン 

2009年08月03日

34f3af96.jpgソンブンの渡り蟹のカレー炒め。
こいつを食べるためだけに
BKK に行く人もいるくらいの名物。
私は5回目のBKK であり
5回目のソンブン。


8857b7ae.jpgとろける旨さ!
空芯菜炒め。





c1443270.jpgすずきの姿煮
辛い酸っぱい、のタイランド炸裂。
香菜ってBKK で食べるとどうしてこんなに
おいしいんだろう。



94b270f0.jpgイカの炭火焼きスイートチリソースで。
もちろん、もっともっと食べたが
写真撮ってる場合じゃないのである。
アロイ・マック・マー・カッ!
(たいへんおいしゅうございます)


08b243fd.jpgげんきなスタッフ。その数に驚く。
40周年なのだそうで制服にプリントしてある。
お話してたら、記念のボールペンをくれた。
ラッキー!である。



7c7993de.jpgロゴ。蟹のマーク。
お店が改装してキレイになってたのは
チョッピリ残念。
小汚いくらいが良かったのだが
もちろん大満足!!

budoubatake at 20:46コメント(2)トラックバック(0)Loveland Thailandレストラン 
8f7f28b0.jpgイエェ〜〜〜BKK だぜ、べいびー。
ジムトンプソンの家(Yeah!)の
オープンエアレストランからの風景だ。
過日書いた、思いもよらぬ
ちょっとした困難ってのは
パスポート期限は有効だったのだが
有効期限6ヶ月以上というのに
三日足りないと云う事実が
1週間前に判明し、あわくったのである。
エエ加減にせいよ、HIS である。
ま、友人の手厚い調査と人脈と
イミグレ微笑み作戦によって、難なく
c82af996.jpg入国できたのだが、最悪の時には
そのままUターンと脅されていた
かわいそうな私だったのだ。
なんて話は、もうどっちでもよく
ラッキーに次ぐラッキーが
てんこもりのBKK だったのだ。つづく

04ad48fe.jpg<付録>
ジムトンプソンの家のレストルーム。
ここに充分住めるぞ。
いや、住みたい。

budoubatake at 17:20コメント(2)トラックバック(0)Loveland Thailandレストラン 

2009年08月02日

e367edf5.jpgCh.ポタンサック'04
ポテンヒットとひそかに呼んでいた
このワインも、レオヴィル・ラスカーズの
所有畑となってからは株が上がったのだ。
クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル。
10年ほど前までは、ウルトラカジュアルな
ボルドーだったのに、いつの間にやら
高級ワインの仲間入りをしているのだ。
なんだか解せないのだが、良しとしよう。
ギリ気軽なデイリーワイン、だ。

budoubatake at 00:00コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2009年08月01日

719893f0.jpg第1級ムートンに隣接したシャトー
それが、Ch.クルタンなのだ。
ポイヤックのワインは
やはり美味い。
ひとをパッピーにせずに居られない
そんな味わいなのである。
濃厚な煮詰めたベリーの香り。
程よい樽のニュアンス。
長く続く余韻。
もちろん、ムートンとは
比較にならない味わいなので
ムートンの何分の一、の予算で買えるのだが
そのお隣の葡萄畑を想像しながら
飲むのも、また一興である。

それは一般に、ミクロクリマと呼ばれ
ほんの少しの土地の傾斜や成分で
途方もない違いが生まれる、というのが
通説であり、実際、現地に足を運ぶと
なるほどな、と納得するのである。

桜通りという大きな川のあちらとこちらでは
まるで行き交う人が違っているのを考えたら
わかり易いのではないかな。
錦三と丸の内では、諸事情がまったく異なるのだ。

しかしながら、値段のわりにいいワインである。
Ch.クルタン。
最初に付き合った彼女の名がくるみちゃんだったせいか
クルタンという名は、なんか他人のような気がしないのである。
というのは、完全なる蛇足である。

budoubatake at 00:00コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ