2011年04月

2011年04月30日

2be0276d.jpgメリーモナークフェスティバルを
ネットで見ている。リアルタイムで
PCでも見られるのでお薦めだ。
日本時間だと13時頃から18:00くらいまで。
いつ観ても思うのは
「フラダンサーは歯が命」
ホワイトニングしてからステージに立つのか?
テレビカメラに映ってあれだけ白いという事は
実際見たら異常に白いはずだ。
三流は知らんが一流のモデルなどは
店で見ても気持悪いくらい白いのである。

話をフラに戻そう。あんなに長い間
「笑顔」でいられる事の凄さは真似できない。
踊ってる時も頭の先、いや髪の先から指やつま先
全身に「神経」が行き届いていて
どこにも隙がないのである。
しかも一糸乱れぬチームダンスだ。
(一糸纏わぬチームダンスではないので注意してほしい)

すべてのフラは生演奏であり、そのクオリティも高い。
明日もチェックだぜ!ベイビー。
日本時間13:00〜19:30迄の放送だ。
http://www.k5thehometeam.com/category/201839/live

budoubatake at 15:37コメント(0)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2011年04月29日

2fa84d42.gifどうやらどんどん増税のようだ。
法人税も消費税も高速道路も所得税も。
そしてなにをするのかというと
高性能な洗濯板をつくろうとしている。
成長戦略なくして増税はあり得んだろ。
あたまおかしいんじゃないのか。
冗談はタバコの増税だけで充分だ。
http://hanohano.ldblog.jp/archives/51660030.html
どうして私でさえわかるようなことが
政治家はわからないのか不思議だ。
「寄付」というのは非日常だが
生活は日常なのであり「税」とは
まったく相容れないものだとわかっていない。
被災地の事をみんなが思っていても
日常の生活があっての寄付なのである。

今冷え込んでる消費のマインドをさらに冷やそうとしている。
そんな政策をまじめに取り組むなんてとても信じられない。
言うまでもなく資本主義経済の血液は消費なのであり
じゃんじゃん消費へと向かわせなくてはいけない。

お客さまによれば中部圏の中小零細ゼネコンには
仕事がなくなるのだそうだ。つまり国家予算を
東北に集中するため、それ以外の地域は
優先順位から漏れていくという事だ。

そんなことしてたら来年度、再来年度の予算が
立たなくなる事は火を見るよりも明らかだ。
大手ゼネコンの独り勝ちとなり中小零細は
倒産の危機に見舞われる。
つまり血流が悪くなり血栓を引き起こすのだ。

いまこそ「夢を語る明るいリーダーが必要だ」
夢とは時流に合った成長戦略の向こうにある
「わくわくする明確な状態目標」である。

総理には一刻も早いご決断をお願いしたい。
国民はもっと怒ったほうがいいと思うぞ。

budoubatake at 02:36コメント(2)トラックバック(0)元気 

2011年04月28日

5dd46ead.jpg「大島さんこれ知っとる?」と
見せられたのは二本の曲がった木。
「これ楽器なんだわ、どう鳴らすと思う?」
持ち方はなぜかほとんど正解だったが
たった二本の木片がリズミカルな
三連符を奏でるとはビックリした。
最初なかなかできなかったが
ちゃんと三連ができるようになると
スプーンやフォークでも三連が鳴らせる。
おもしろいぞ!

その名が示すとおり、起源は骨なのかも知れない。
あばら骨のような雰囲気。
指を1本挟む場合と2本挟むとき、そして
支点の長さを変えるだけで音色が変わるのも
めっちゃおもしろい。

言葉で説明するのは難しいので
YouTubeを添付しておく。





budoubatake at 02:32コメント(8)トラックバック(0)元気 

2011年04月27日

355d43fe.jpg友人がウェットスーツを作ってるのだが
着心地を確認したいということで
彼いわく中肉中背の私に白羽の矢。
本日彼の会社で試着したのだが
ウェットってのは体のラインがモロであり
おなかのぽっこりが無性にカッコ悪い。
「いやん!恥ずかしい・・・・ 見ないで・・」
そう言いつつも写真に撮られてしまう
哀れな私だったのである。
http://www.honulele.com/aboutus.php






budoubatake at 20:17コメント(8)トラックバック(0)元気 

2011年04月26日

05916a29.jpg昼のワイドショーに釘付けだった。
ずっと涙が出っぱなしであり
シャワーする前に体重計に乗ったら
2キロも減っていた。(ウソ)
いちばんグッときたのは病床で録音された
自分の葬式で流す感謝の肉声である。
きっと痩せ細り、残された体力を
ふりしぼっての女優業最期の大仕事だ。
そんななかで冒頭のことばは今回の
震災で被害に合った人たちへのあたたかい
こころくばりなのであり常人ではない。
いのちあるうちからすでに菩薩なのだ。


///////////////////////////////////////////////////



こんにちは、田中好子です。

きょうは3月29日、東日本大震災から2週間経ちました。
被災された皆様のことを思うと心が破裂するような
破裂するように痛み、ただただ、亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りするばかりです。


私も一生懸命病気と闘ってきましたが
もしかすると負けてしまうかもしれません。
でもその時は必ず天国で被災された方の
お役に立ちたいと思います。
それが私のつとめと思っています。

今日お集まりいただいたみなさまに
お礼を伝えたくて、このテープを託します。

キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。
幸せな、幸せな人生でした。心の底から感謝しています。
特に蘭さん、美樹さんありがとう。2人が大好きでした。

映画にもっと出たかった。テレビでもっと演じたかった。
もっともっと女優を続けたかった。

お礼の言葉をいつまでもいつまでも
みなさまに伝えたいのですが、息苦しくなってきました。

いつの日か、妹・夏目雅子のように、支えて下さった皆様に
社会に、少しでも恩返しできるように復活したいと思っています。
かずさんよろしくね。その日までさようなら。


///////////////////////////////////////////////////



『神様、もう少しだけ』ってドラマを見た時には
彼女がお母さんって事に衝撃を受けたが、彼女の
むすめ役を演じた方々の涙をみるといかにその演技が
演技を超えひとの心に訴えかけたのかがリアルに見て取れた。
特に山田優ちゃんはほんとうの母親が死んじゃったかのように
声も出ないほど泣きじゃくっていて涙を誘った。
あの子、いい子だな。

私の中学高校時代、いちばん多感な頃のアイドルだったので
とりたててファンではなかったが無視できないほどの
圧倒的な存在感があった事は確かだ。
「ありがとう」「おつかれさま」

追伸:56歳のランちゃんはうつくし過ぎる。続きを読む

budoubatake at 00:33コメント(8)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2011年04月25日

901cb9f6.jpg滋賀へ参拝の帰り道
いちめんのイエローにこころ奪われた。
おなじ道を通ったのに、どうして
行きは目に入らなかったのか不思議だ。
ひとの視界ってのは常にフォーカスを
繰り返すから、見える景色も
違ってくるからおもしろい。
桜のピンクに緑と鮮やかな黄色。
まるで魔法。



♪菜の花ばたけに入り日薄れ
 見わたす山の端 霞かすみ深し
 春風そよふく空を見れば
 夕月かかりて におい淡し

「朧月夜」って曲があたまをよぎった。

budoubatake at 00:57コメント(4)トラックバック(0)元気 

2011年04月24日

2d41d6e8.jpgPray for JAPAN@Nagoya
ありがとうございました。
ほんとすばらしい集いでした。
震災復興に対する思いの溢れる
すてきなイベントとなりました。
今日も今日とて感動したな。


126050b4.jpg笑顔のパワーって
ことばにできない。
今回の義援金は笑顔のエネルギーを宿して
被災地に届くものと確信しました。
参加いただいた方、気を送ってくれた方
こころから感謝を申し上げます。

budoubatake at 02:14コメント(4)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2011年04月23日



なぜだかわからないが
下くちびるが痺れている。
まるで歯医者で麻酔を打った時のように、だ。
「いかりや病」と診断してみた。

budoubatake at 03:46コメント(0)トラックバック(0)元気 

2011年04月22日

061bab2a.jpg

ショックだ。







http://youtu.be/QGDjpdsij4U


追伸:Hilo Kumeさんがブログでハノハノを紹介してくれたぞ!
http://ameblo.jp/hilokume/entry-10867848115.html

budoubatake at 03:13コメント(4)トラックバック(0)元気 

2011年04月21日

724c64e9.jpgプリッツだ。
左は北海道のお土産。
右はタイランドのお土産。
上海の空港で私も買った記憶がある。
名古屋にもあるのか?うなぎ?みそかつ?
なにはともあれグリコってすごい。
すごいついでに気仙沼の
「さんまプリッツ」だの仙台の
「牛タンプリッツ」を作ったらどうだ?
私がグリコなら期間限定で1割高くして
復興支援PRETZとして全国で販売する所存だ。
もうやってたりして。

budoubatake at 03:01コメント(6)トラックバック(0)元気 


孫 正義 講演 「震災復興に向けて」

budoubatake at 02:40コメント(4)トラックバック(0)元気 

2011年04月20日

287bd074.jpg「愛と感謝と調和」ハワイアンには
それがあるから心地良く響き
みんなが笑顔でいられるんです。
フラのみなさんもたくさん集うようなので
軽い気持ちでその様子を見て欲しい。

いよいよ今週末です♪
皆さん是非是非お誘い合わせの上ご参加くださいませ♪



タイトル: 「Pray for Japan @Nagoya」
日時: 4月23日(土) 13時から
場所: ハノハノアロハダイニング2階パーティールーム
(http://ggyao.usen.com/0004012871/)
会費: 2,000円(こども無料!)
(ミュージックチャージは東日本大震災の義援金として寄付させて頂きます。)

出演: Kahuna, Ian Shiroma, Ka Wailele, など
お問い合わせは: ハノハノアロハダイニング(052-961-4210)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5093849

参照:http://youtu.be/B4jhczpweRc

おまけ*真夏の名古屋名物フラレレ!コミュニティ開設されました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5580630

budoubatake at 03:37コメント(2)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2011年04月19日

6bbbd48f.jpg『超スピリチュアル次元ドリームタイムからのさとし』
ウィリアム・レーネンというチャネラーと
吉本ばななさんとの対談と云う事で
これは読みたい!とひさしぶりに
わくわく取りかかった本である。
「楽園ハワイ」って本を読んだ時に
あまりにも吉本ばななというひとが
スピリチュアルな人だと感じたら
やっぱこんな本も出していたので
チェックしないわけにはいかない。
ここでいうのは昨今はやりの
「スピリチュアル」ではなく
霊的な閃きというか着眼点という意味。

ドリームタイムってのは文字通り
寝てるあいだに幽体離脱して
魂が経験する事がらを指す。栄養補給だな。

じつは対談部分は半分以下でそこは
かなり楽しく読めたのだが
レーネンさんの語るスピリチュアルは
宇宙からのメッセージらしいが
我々日本人の生活様式に合わないメッセージも多く
的を得た話はおおむね日本人としては
あたり前の事が書いてある。
ネットでなら買えるのだがなかなか
書店ではお目にかかれなかったのだが
そういうことなのだろう。

もちろん良い事が盛りだくさんなので
救われる人も多いだろう。
つまり当たり前を当たり前にできないから
人は悩みくじけたりするわけだ。

彼のことばで「デュアリティー」ってのが心に残った。
Dual Realityという意味の造語という解釈をしたが
ちゃんとdualityと云うことばが存在した。
「二重性」と云う意味だ。
この考え方はおもしろい。

だが物事にはいくつもの側面があるので
デュアルではなく球面のようであり収縮性のあるものが
複雑に絡まり合い繋がっているというのが私の持論なので
すでにチャネラーを越えたといっても過言ではない。
ウソである、過言をとおりこして虚言である。

吉本ばななさんといちど語りたい。

budoubatake at 17:00コメント(2)トラックバック(0)座・読書 

2011年04月18日

8af42306.jpg好天の日曜日。
あたたかで風も凪いで心地良い。
鶴舞公園はとてものどかで
こども連れの家族がしあわせそうだ。
こういう風景はTVの世界と180度違い
ほっこりと心を和ませてくれる。
そんな中での今年最初で最後のお花見だ。
Keaneくんという日系ハワイ人がいる。
「これボクの作ってきたカクテル」
「へぇ、なんて名前?」
「More Heat!」そう聞こえたのだが
飲んでみるとライムやミントが爽やかで
「より熱い!」という感じじゃなかったが
帰ってきて調べるとモヒート(mojito)というカクテルだった。
飲んでるといつのまにかさくらの花びらが
色を添えてめっちゃ風流である。
みんなで歌って踊ってのポットラックパーティ
主催Ka Waileleさんのお人柄で
とてもたくさんのハワイ好きが集った。
ひとをゆたかな気持ちにさせるのは
ちょっとした思いやりと笑顔と音楽だ。

974caafb.jpg






その後は当店にてフラレレ・ウクレレ祭
ウクレレの音色ってのは、もう
ただ鳴っているだけで癒されるのだが
とてもあたたかかった。
PAに張り付きだったので写真を撮れなかった。すまん。
また来月も開催するのでよろしくである。

夜は大好きなイラストレーターHilo Kumeさんが
名古屋ついでに食事に来てくれた。
店内の彼のイラストに目を細めてくれ
料理もとっても愉しんでくれた。
次回はバンドをともなって2Fでライブしてくれるそうだ。
決まったら告知するのでよろしくである。

8fb95dad.jpg






満月の夜の贈り物なのか?
お花見では手作りのお料理をいろんな人からたくさんいただき
ハワイアンのDVDをプレゼントしてもらいハワイからお土産が山盛で届き
フィジーのタパをお土産に頂き、豊橋名産をおすそわけしてもらい
頂きっぱなしの感謝感謝のマハロないちにち。
ほんと、盛りだくさんなAlohaないちにちだったのである。

budoubatake at 18:18コメント(6)トラックバック(0)元気 


稲 恭宏(いな・やすひろ)博士
東京大学 大学院 医学系研究科
病因・病理学/免疫学 専攻 博士課程修了。博士(医学)。
東京大学医学博士で病因・病理学、免疫学者。
『低線量率放射線療法』の発見確立者で、
放射線の医学的科学的真実を証明した世界的権威の医学英文論文多数。


ここまで力強く断言されるとさすがに「そうなのかも」と思うぞ。
放射線は微量ならかえって健康に好影響を与える。
AIDS治療にもかなり有効なのだそうだ。
四分割の中の3つ目。興味のある方は最初からどうぞ。

budoubatake at 18:17コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月17日

3a2d8315.jpg「人生を旅するように、その時々を大切に生きる」
すてきな言葉だったのでタイトルに使った。
アン・サリーのインタビュー。
純粋に音楽に接していくその姿勢や
自分がミュージシャンとしてどういう立ち位置で
どういうかたちでなにを表現していくのか。
あれほどすばらしい声と感性を持っていても
もっとなにかができるんじゃないのか、と
自分をどんどん駆り立てていく姿ってのは
やはり小気味良いし、素のことばだからこそ
ぐっとこころに響いてくる。
諸行無常という彼女の口から出たことばにも
ああそうだね、可塑なひとで居続けたいよね
もっともっと高みを目指して頑張らないとね、と
めちゃくちゃに元気をもらった私である。

http://www.papersky.jp/2011/04/15/annsally/?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

budoubatake at 00:20コメント(4)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2011年04月16日

a6c229e8.jpgタイのお土産にもらったのは
レモングラスの香りのディフューザー。
お花があしらわれてるかんじが
なんともタイランドっぽい。
その香りはまさにタイ料理。
トムヤムクンが食べたくなる匂いだ。
タイは今ソンクラーンといって
お正月なのであり、夏と真夏しかない
理想的な国のまさにその暑さのてっぺん
真夏なのであり誰それかまわず
水をかけるという無邪気なお正月だ。

無邪気といえばタイ人ってのは西暦の正月があり
中国の旧正月がありタイ正月がある。
年に3回正月があるとても無邪気なお国柄だ。

さて「打ち水」ってのはここに何度も書いているが
ほんとうに温度を下げるのであり、ソンクラーンってのは
めっちゃエコなお祭りである。

今年の夏、関東では打ち水がはやりそうだな。
たいせつなことは、風呂の残り湯など
再利用として撒く事が大事であり
決して上水道から直接撒かないようにお願いしたい。
それが打ち水のささやかなルールだ。
ちょいと早過ぎるお知らせだったかな。
でも知っておいて損はない。
みんなが打ち水するだけでヒートアイランドは
すこしばかりマシになるのだ。http://uchimizu.jp/2010/about/

budoubatake at 02:40コメント(2)トラックバック(0)元気 

2011年04月15日

9bfcf3b4.jpg迫る初夏。
昨夜は友人と語らっていて
ふと外を見ると明るかった。
「いかんて、いかんて!朝だて朝」
夏を感じた風流な私であり
じゃ、風流ついでに長年の夢だった
朝マックとやらを食すチャンスが到来
とうとう潮は満ちたのであり充実感にみなぎる
わくわく感を抑えてマックへと向かった。
TVでとてもおいしそうに見える
エッグマックマフィン。うふふである。
「やっとおまえに会えるぜベイビー」の気持ちだ。
しかしその名前を知らなかったので
ドライブスルーで「朝マックマフィン!」と
てきとーにオーダーしたらいろいろごちゃごちゃ
質問されたが面倒だったので
「じゃ、それ」とオーダーしパクっと食べたら
「えっ?たまごが入ってないじゃん」であり
たまごのない朝食なんて考えられないのであり
完全に片手落ちなのではないのか!と憤慨したが
どうやらソーセージマフィンと云う商品だったようである。
機は熟した、潮は満ちたと思っていたが
お・あ・ず・け!である。
「またな!ベイビー!いつか会おう」とマックに手を振る
ニヒルな私なのである。

budoubatake at 16:28コメント(8)トラックバック(0)元気 

2011年04月14日

ea4dd13d.jpg昼間、ベランダでただひたすら
ぼ〜〜〜〜〜〜〜っとしてみた。
っつーかようやくそういう事ができる
あたたかさになったという事だが
例年に比べてかなり遅いのは
昨年の夏が長かったから調整したのか。
明らかに余計なお世話である。
ベランダで陽にあたりながら
太陽に向かって目を閉じると
真っ赤な世界がひろがり
初夏は間近だと知る。
つまり迫る初夏であり世界の平和を守るのだ。




budoubatake at 02:04コメント(4)トラックバック(0)元気 

2011年04月13日

0e5b20c1.jpg粗大ゴミとアンテークの差をご存知だろうか。
私がアンティークショップで聞いたところ
それは素材の良し悪しなのだそうだ。
ま、そんな質問をすること自体
いかがなものかと思われるが
疑問はその場で解決したいタイプの私である。
さて、なぜその話なのかといえば
昨夜突如聴きたくなったジャマイカ人と
日本人の合作のビートルズカヴァー集
そのアルバムが無性に聴きたくなったのである。
で、そのアルバムを探していたら
めっちゃ懐かしいCD。
今ではぜったいに手に入らないであろう
知る人ぞ知る、と言うよりは知ってる人しか
ご存知ないようなジャマイカンアーティストの
アルバムが山のようにある。

あの頃はエンゲルレゲエ係数が高くて
収入のほとんどがジャマイカに費やされていた。
当時のレゲエCD持っている人ベスト10に入るのではないか?
それくらいを持っている私なのだが
一般的な価値観からしたら、これらはゴミだ。
だが、欲しい人にとっては
きっと5000円くらいなら(定価の倍)欲しいであろう
そういうCDばかりである。
別の言葉で言うと完全なる廃盤で
復帰の兆しすらないCDなのだが、今はゴミでも
10年後にはきっと宝のような存在になるはずだ。
80年から90年初頭のレゲエならなんでも私に聞いてくれ!である。
たぶん、無いものは無い。
CDショップよりも断然在庫は多いのである。
どれも思い入れがあって捨てられないんだよ。

budoubatake at 05:04コメント(4)トラックバック(0)Love Jamaica元気 

2011年04月12日

6c644a61.jpg昨夜どうして12進法の話になったのかといえば
日本人の生活の特異性である。10年はひと昔と
言うように10単位で数えダースでは考えないが
海外ではおおよその単位はダースなのであり
12進法なのだという話からなのである。
それ以外にもサービス業に対してのチップ。
日本人はどこの国に行ってもチップで悩むのだ。
なぜなら定価という概念が定着しているのは
日本くらいのものだからである。
他国へ行くと買い物や食事すら満足にできない。
日本語しか喋れないのに海外旅行に行くから
ボラれても気付かない輩が多いために
日本人プライスが平気でまかり通ってしまう。
っつーかその国の歴史や生活レベルなど
予習せずに海外に行ける環境も
そこには影響がある。

どこの国とも国境が地続きでないから
外国には絶対にパスポートが必要であり
通行証などで他国に入る事もない。
それが島国の特異性である。

文字などはさらに特殊でひとつひとつの文字に
意味のある文字を持つ文化などあまりない。
アルファベットやハングルなどがいい例で
記号の集まることでことばを生みだすが
ひらがなは大和ことばであり、それぞれが意味を持って
そのかたまりで語句となっている。

漢字を使いはするものの長い歴史の中
やまとことばに当てはまる都合の良いものしか利用せず
日本固有の漢字であり漢から伝わったものの
カタカナの外来語と同じく日本語なのだ。

われわれは中国人や韓国人とおなじ顔をしているのだが
最近の研究ではそのDNAはまるで違うのだそうだ。
ホントかよ、と調べてみたら本当にそうだった。
いろんな意味で深く納得したぞ。

そう、我々の祖先。
あなたは何代上の人の名前まで言えるだろうか。
かつて30年ほど前に「Roots」という映画があり
社会現象にまでなったのだが、日本人は世界中でも
自分のルーツを知らない特殊な民族だ。

おじいちゃんのおじいちゃんがどんな人で名前で
どこでなにをして暮らしていた人なのかを知らなくても
日本人であることに変わりがないということに
安心しきっているからそういう事を伝えないのか?
だとするならば、かつてどこの国に征服された事もなく無垢であり
有史以来ずっと固有の文化を育んできた自負を
もっともっとみんなが世界の標準と比べて
誇り高く生きるべきなのだと思う。

日本人の生活というのはほんとうに考えれば考えるほど
世界レベルでいうと非常識なのであり、がゆえに
とっても素敵なすばらしい文化を持った島国なのである。
神道をまったく知らない輩ですら自然とともに共生する
そして和をもって尊しとなす事を知っている。
今回の震災でこういう現状を知り得たのは
不幸中の幸いではないのかな。

石原都知事は今みんなで少し我慢して乗り切ろうという趣旨の
当選コメントをしていたのだが、それは本来の大和魂ではない。
みんながみんなのために思い切り能力を発揮して
大きく調和する事がだいじなのだ。

ではどうするのか。
これからエネルギー問題に対してどう向き合うのか
増税してもいいから太陽光発電や新しいエネルギー源に積極的に投資して
それをできる人をできない人が税という形で応援すればいい。
危険な原発はもう誰も欲しくはない。
LED照明を推奨しエコポイントを設けるべきだ。
消費も活発化し節電もでき一石二鳥ではないか。

みんなに我慢を強いるような政治は古過ぎる
我々があたらしい概念で世界をリードするチャンスなのだから
今こそ島国根性で大きく和する成長戦略を!である。

budoubatake at 03:06コメント(0)トラックバック(0)元気 

2011年04月11日

3f3be55c.jpg昨夜お客様との会話の中で
突如ひらめいて開眼した。
知ってる人はすでに知っていて
あたり前の事で今さらなんなの?
そう思うかもしれないが
音楽ってのは12進法だった。
五線紙で表記したりドレミファソラシで
7音で構成されているので盲点だったが
よくよく考えたら12進法なのである。
ギターなどで言えば12フレットで
1オクターブなのであったり前なのだが
そこには自然の摂理というか自然界の
もっというなら宇宙の法則が働いているとしか
考えられないのである。

時計も日付も各種製品の単位のダースなど
12という数字にはどこか区切りの良さがあり
それは3×4であったり4×3であったり
つまり3と4という数字を日常生活に
どう活かすのかという事柄は
運気と絶対に密接な関係があるはずなのである。

音楽に話を戻せばルートから3度の音というもので
和音の響き方が変わる事は周知の事実であり
Keyによってその根音の3度はフラットしたりする。
つまりKeyはその名のとおりで「鍵」なのである。

中学生の頃音楽の時間が大嫌いだった私であり
今も五線紙をみるとイヤな気持ちになる。
つまり楽譜の読めないプレイヤーなのだが
中学校の頃に音楽ってものは12進法なのであり
それは宇宙の法則に従っていてすべてのものごとに
変換可能な応用の効く智恵の集積なのだということを
教えてもらっていたのなら興味を持てたのかも知れない。

ながく書けば書くほどに意味がわからないと思うが
私も書きながら自分の中で整理整頓している。

ご存知音楽というのは「ラ」が基準になっている。
440Hzという周波数が宇宙においてとても
安定している周波数なのだからに違いないのだ。
だからアルファベットの「A」で表記され
そこから始まるのだよ、すべての基本だよとの意味だ。

私のような音楽音痴はドレミファなのになんで
「ラ」が「A」なのかという部分でもう音楽理論を知ろうという
意欲をなくしてしまうのであるが440Hzは世界共通であり
仏教で言うと「Om」日本語だと「南無」は440Hzを意味し
宇宙の波動と一体化する事を意味する。

日常に440Hzと12進法そして3という数字を意識すると
調和させる事ができたり倍音を奏でたりするのである。
ちょっと考えたら身の回りにそういう例はいくつも
見つかるはずであり応用するとその力は何倍にもなる。
足し算ではなく掛け算となり大きく響くのである。

世の中の偉人と云われる人とあなたとのあいだに
どれだけの差があるのかという事だ。
じつはほとんど差はない。
なにかを成し遂げるために誰に何を伝えたか
その調和が倍音を奏でた時にとてつもないエネルギーとなる。

budoubatake at 17:10コメント(4)トラックバック(0)元気運気理論 

2011年04月10日

c2a27612.jpgフラ雑誌「フラレア44号」に
HanoHano AlohaDiningが紹介されてるので
書店で見かけたらチェックして欲しいぞ。
4月12日発売だ。うふふっ。












被災地から「夏祭りは復興のためにやります!」と
力強いおことばが聞けたのはなによりだ。
祭というものは「奉り」であり「祀り」であり
つまり神様とのかかわりなのであり、それをして
元気を出すってのは理にかなっていて
お花見自粛などもってのほかなのである。
ちいさな楽しい目標があるだけでも
ひとはがんばれる。お祭に向けてがんばってほしい。

さて、そこでひとつ疑問がある。
政府はわれわれの復興支援募金の分配を一部決めたが
どうして福島の原発半径30km圏内に対して使われるのか?

東京電力をはじめ電力会社と原発を推進し反対勢力をいっさい
押し込んできた日本政府が責任を取るべきであり
純粋な義援金がそこに使われるのは本意ではないのである。
「日本の原発は安心です」3月10日まで言っていたじゃないか!である。
あれは人災なので震災義援金を使うのはおかしい。

budoubatake at 01:39コメント(2)トラックバック(0)元気 

2011年04月09日



4/3 <孫正義>熱く語る



3/26 広瀬隆氏講演



3/27 大前研一ライブ



Coca-Cola Happiness Machine

budoubatake at 00:39コメント(0)トラックバック(0)元気 

2011年04月08日

58f883a9.jpg映画「オーケストラ!」を観た。
(原題:Le Concert)フランス映画なのに
起承転結がしっかりあってビックリした。
フランス語とロシア語だけなので
字幕だのみってのがさみしいが
とても夢のある素敵な映画だった。
っつーか、バイオリンを弾く美女を
眺めているだけでもしあわせな気分だ。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は
とってもロックだと思ったぞ。

さて、本日は20日ぶりくらいに
花粉症のお薬を飲まずに一日過ごしてみた。

多少鼻たれ小僧だが体調がぜんぜん違う。
やっぱくすりは飲まずに過ごしたいものだ。
犬でいう鼻が人間の首。
くすりを飲んでる間、ずっと首が熱を帯びていて
とっても気持悪かったのだが、今日はだいじょうぶだ。
明日から天気が崩れるそうなので、このまま
花粉を雨が流し去ってくれたらいいけどな。
みなさまも、おでゃ〜じになも。である。
Happy B-Day Buddah!



Concierto de Tchaikovsky para violin

budoubatake at 02:41コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2011年04月07日

9b694bbb.jpg近所にありながらいちども行った事のない
神社があり今日はうららかだったこともあって
なんとなく散歩がてら行ってみた。
さくらは咲き誇りウグイスが鳴き
歴史のありそうなその神社はまるで
別世界のような結界を感じた。
桃源郷があるとするならば
まさにこんな風情なのではないのかと思ったぞ。

不思議にココだけが空気が違う理由を分析する。
神社なのにお寺のような雰囲気もあり
本殿には龍が彫られているのも
神仏習合を感じさせる。
千年以上人々から森の鎮守の神さまとして
親しまれてきたからだろうか。
次々にご近所のお方が手を合わせに来る。
閑静な住宅地だがここだけ森が残っている。
こんな安らいだ場所があり今日まで
知らなかったとは不覚である。

細い道の入り組んだところにあるので
行くつもりで行かないと気付かない神社だ。
じつはこういう歴史のある神社や仏閣はたくさんあり
京都を訪れたような気分になるのであり
こうしたちいさな探検はお薦めである。

アロハシャツを着たおっさん(私)が
その建物の数々をつぶさに見ているのを見て
参拝しに来る人からは不審者に映ったかもしれない。

さくらも美しかったからデジカメでも持っていたら
もっとつぶさに観察してても観光客風で
良かったと思うのだが賽銭泥棒などに間違われて
通報でもされたらややこしいな、などと思い
そそくさと帰って来た次第である。
ウグイスの声には後ろ髪を引かれた。



budoubatake at 00:13コメント(8)トラックバック(0)元気 

2011年04月06日

ba7170c0.jpg松田聖子主演の「プルメリアの伝説」は83年の作品。
わざわざ映画館に観に行くほどにファンだったが
印象といえば聖子ちゃんの演技のお粗末さであり
大ファンですら失望した映画だ。
プルメリアというと松田聖子のイメージが
付き纏っていたのは昨年までだ。
ん?
もう1年もハワイに行っていないのか。
そう、昨年初めて現地でプルメリアの花を
まじまじと見たのである。
それはそれは素敵なシルエットであり
まっこと不可思議な、天然とは思えない
神さまのデザインとしか言いようのない
完璧なうつくしさなのである。

プルメリアのすばらしさを昨夜、なぜか男同士で語っていた。
想像するととても良持ちの悪い絵だが熱く語っていた。
しかも、結論はこうだ。

「プルメリアって見れば見るほど少女の気持ちになるよね」

酔っ払いの戯言にしては気持悪過ぎるのであるが
ほんとにほんとに言い得て妙である。
あの可憐さには正直、形容することばを持ち合わせない。
それほどにパーフェクトな花びらなのである。

budoubatake at 01:48コメント(8)トラックバック(0)元気アロハ・スピリット 

2011年04月05日

80fc925e.jpg本日から月が少しずつ大きくなる。
月の満ち欠けと運気には密接な関係がある。
満月に向かう2週間はじゃんじゃん
動くべきなのである。生物すべてが
活性化するので成長の度合いが大きくなる。
意識して種を撒くといい。

蛇足だがダイエットしている人は
この時期はやや抑え気味にして
満月の翌日からたらふく食べるといいのだ。

春の月は霞がかるから朧月と言われる。
源氏物語で「朧月夜に誘われてやって来たのです」と
女性を口説くシーンがある。
それがきっかけで源氏は須磨流しになるのだが
それでもなお断ち切れないふたりの仲。
とても好きな場面である。

源氏物語、第八帖 花の宴ー朧月夜 
「照りもせず 曇りも果てぬ 春の夜の 朧月夜に似るものぞなき」
桜舞う花冷えの夜の出逢いは、生涯忘れられない恋になりました。

春の月には運命を変える強力なパワーがあるような気がする。
満月までの二週間、立ち止まることなく
あまねくそのパワーを頂戴して欲しい。
つまり活発に生きるべきなのであり
自粛は自粛するべきなのである。

budoubatake at 00:45コメント(8)トラックバック(0)元気運気理論 

2011年04月04日

de965683.jpg「良い手相だね」とまずはそう言われた。
「Hがいいね」
「は?」
「感度が良いというかじょうずだね」
「あはは、そんなの手相にでるんすか?」
「この線がそう。芸術家肌でもあるね」
「ってことは芸術家はみんな床上手ですか?」
「(笑)そういえないこともないわね」
知らなかった。
芸術と性技に相関関係があったのか、しかも
Hが人よりも長けているかどうかなんてのは
当人はなかなか知り得る機会もないわけであり
「ああっ・・・ こんなのはじめて」などと言われても
それはリップサービスと受け止めていたが
どうやら本当なのかも知れないぞと思ったが
時すでに遅しである。
年々老化の波が押し寄せていて、そちらも
例外ではなくっつーか残念な事に、いたって顕著である。
せめて20代に手相を見てもらうべきだった。
この歳でどうしろというのだ?
ま、いいや。

彼女いわく本来、自分の力でじゃんじゃん道を開くタイプなのだが
これまでの人生において、多くの人に助けられる人生に
変化したのだそうだ。
思い当たるぞ。

30代に入ってからはずっと誰か誰かが付かず離れず
見守ってくれてて助けてくれているのは実感としてある。
宿命と運命は違うとはこの事なのか。である。

今回の震災は彼女に言わせたら好転反応なのであり
アジアは言うに及ばず日本が世界の中心(スタンダード)に
なるための転機なのだそうだ。

「金運もいいね、ぜんぜん困らない」
「いやいや、たった今困ってるんですけど」
「今だけだから心配要らない。大器晩成です」
「いやいや、もう50も近いんですけど」
「あははははは!」
笑ってごまかされたのだが、ちょっぴり元気になった私だ。

budoubatake at 02:02コメント(10)トラックバック(0)元気 

2011年04月03日

57d4151a.jpg本日のワイン会は若葉の頃にふさわしい
ソーヴィニヨンブランのテイスティング。
本場フランスの名醸ワインを含め
ニューワールドから貴腐ワインまで。
春のお料理とのマリアージュを愉しむ企画だ。
ソーヴィニヨンブランという葡萄には
なぜか親しみ(Intimacy)を感じるのである。
若葉や檸檬の香りのするこの葡萄は
日本の食卓にピッタリだと信じて疑わない。
マリアージュの基本からいえば
檸檬の香りのするワインには
焼き魚など檸檬を搾りたくなるような
お料理と合わせるのを基本とするので。
その相乗効果はお魚好き日本人としては
無視できないワインなのである。

俗にサラダに合わせるワインはないと言われるが
唯一、海の幸のサラダとの好相性として
ソーヴィニヨンブランが挙げられるのも
覚えておきたいところだ。
(その代表はサンセール)

音楽でいえば、こんなデュエットである。



The Closer I Get to You / P.J

budoubatake at 00:01コメント(10)トラックバック(0)日本料理とも合わせやすいワイン気軽なデイリーワイン 

2011年04月02日

a3be05e5.jpg今朝、目が覚めた時「アクション!」と
内なる声が号令をかけた。
昨日まではリハーサル。
今日からが本番である。











Sweet- Action

シャワー浴びながら、いつのまにか
この曲をくちづさんでいた。

31c18bb4.gif






アクション大魔王。

budoubatake at 00:48コメント(0)トラックバック(0)元気 

2011年04月01日

f3e0eb8e.jpg4月が来ると思いだすのは映画「卒業」
挿入歌「April come she will」
この曲があたまの中で鳴り響くのだ。
小学生の頃、リバイバルで観た。
そういう時代であり2本立ての
もう一本は「ローラーボール」だった。
「日米対抗ローラーゲーム」って番組が
ゴールデンタイムに放映されてて
その影響で観に行ったのだが
そちらはまるで覚えていないのに
「卒業」は忘れられない映画になったどころか
サントラ盤を即買いに走ったほどだ。

しかし、東京ボンバーズ
いま考えるととても良い名前である。
って誰も知らんか。(笑)



こんなかんじだけど土井まさるでないのが残念。



こいつは「卒業」のラストシーン

budoubatake at 02:03コメント(12)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ