2013年08月

2013年08月31日

c4376ea3.png8月が終わる。そういえば
「Summertime」って曲は
なにを歌ってるんだろう?
ふと思った。
ジャニスが声を振り絞って歌うには
とても苦しい状況を当然ながら
歌っているのだろうと推してた。
それなりの、つまり算数が解けないとか
読書感想文を書こうにも
本を読んでいないとか
そういった類のブルースだ。
ところが歌詞を読んでみると
どこにもブルーが見当たらない。

表面的には、こどもの成長を願った内容だが
人間の一生を四季にたとえたうえでの
夏なのかもしれない。ジャニスや
ビリー・ホリディの歌うブルースには
とても深い哀しみと闇がみてとれるのだ。

深い想像力と洞察力と時代背景を知識として
入れていないとほんとうはこの曲を
なにもわかっていないのかも知れないが
多くの人を惹きつけてやまない。
それが英語圏にない私には不思議だ。
つまり歌詞の内容と彼女たちの表現との
整合性がよくわからないのだ。
「赤ちゃん泣かないで」と
ジャニスのようにヒステリックに叫んだら
それはもう育児ノイローゼとしか思えないが
彼女は母親にはなっていない。
冗談である。

ガーシュウィンの作曲は1935年。
それ以来ジャズのスタンダードであるが
私の最初の「Summertime」はジャニスだった。

その後ビリー・ホリディを知ったが
しばらくのあいだ同じ曲だとは気付かなかった。
それほどにこのふたりの表現力は
すさまじいということなのである。

ガーシュウィンとビリー・ホリディとジャニス。
その他にも数え切れないほどのカヴァーがあるが
琴線に触れるのはやはりこのふたりだ。

8月は終わるがこころのなかの夏は永遠である。
人生はいつも夏で良い。






Summertime, time, time
Child, the living's easy
Fish are jumping out
And the cotton, Lord
Cotton's high, Lord so high

Your daddy's rich
And your ma is so good-looking, baby
She's a-looking good now
Hush, baby, baby, baby, baby, baby
No, no, no, no, don't you cry, don't you cry

One of these mornings
You're gonna rise, rise up singing
You're gonna spread your wings, child
And take, take to the sky
Lord, the sky

Until that morning
Honey, nothing's going to harm you now
No, no, no no, no no, no, no, no, no, no
No, no, no no, no no, no, no, no, no, no
No, no, no, no, no, no, no, no, don't you cry

budoubatake at 19:24コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2013年08月30日

2ddefbca.jpg映画『二つの祖国で 日系陸軍情報部』
MIS(Military Intelligence Service)
のインタビュー作品を観た。
なんとも言えない気分だ。
ここに書くと語弊もあるので
書かないが、カウンター越しなら
どれだけでも語れるので
良かったら、どうぞ。

budoubatake at 23:02コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2013年08月29日

8b7d70af.jpg『永遠の0(ゼロ)』が映画に。
そんな話を耳にした。
私の母は戦争もののドラマや
映画をいっしょに観てたりすると
「あの頃こんな太った人は居なかった」
「こんな髪の毛の長い人おかしい」
そういう細部にこだわるタイプであり
私もそういう影響を受けているせいか
百田さんの小説に胸打たれた
多くの人間のひとりなのであるがゆえ
映画の中にそういう登場人物が
皆無である事を切に願う。

映画は時間の制約があるからな。
小説の中で好きなのは宮部が
人知れず筋肉を鍛えているシーンだ。
あのシーンはなかったら残念だ。

桑田佳祐をテーマソングに起用する地点で
どうも私のイメージからは遠のいていて
心配しているのだが、同時に
とても期待している。




budoubatake at 02:28コメント(2)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2013年08月28日

cfd2c1c9.jpgひさしぶりにややお気に入りの
とんかつ屋に出掛けた。じつは
行きづらくなった理由があるのだ。
ふたりで行った時の事。
話に夢中になってた最中
お味噌汁に口を付けようとした。
一瞬調味料の位置を確認し
視線は相手に向けたまま
軽く一味を入れましょ、と
振ったら爪楊枝だったのだ。
しかも一本ずつ出るそれではなく
ピンクの半球のフタのみだったから
みそ汁の器にはドバっと爪楊枝が浮き茶色に対し
刺し色としてのピンクがとても鮮やかだった。

そんな失礼があったので1年くらい
足が遠のいていたのだが、そろそろ
時効なのではないかと行ってみたら驚いた。

例のピンクの爪楊枝入れが
一本ずつしか出ない爪楊枝入れになっていたのである。
じつに申し訳のない事をした私である。
っつーか苦情即処理でありすばらしい。
いやいや、苦情は言ってないどころか
たくさんの爪楊枝を無駄にしてしまい
丁重に謝った私だったのだが
そんな事件をもちゃんと上に報告していたと云う事だろう。
たいしたものである。

完全に蛇足の話だが「やなぎ楊枝」と聞くと
柳ジョージ!と思ってしまう世代である。

budoubatake at 00:05コメント(6)トラックバック(0)元気 

2013年08月27日

4bd96c49.jpg晩夏である。
お店の柱に蚊がとまっていた。
おまえももうすぐシーズンが
オフになるのにこんなところに
やって来るから殺生しなくてはいけない。
許せよ。と息をひそめ相手に
気付かれないよう細心の注意を払い
一気に「ハっ!」と潰しにかかった。
「?」
指先に残る感触が違う。
木目だがね。
他人には見せられない間抜けた姿である。

budoubatake at 19:44コメント(2)トラックバック(0)元気 

2013年08月26日

6542e02f.jpgふと手に取ってしまった。
『運とツキに好かれる人になる』
桜井章一である。
この本はすばらしい。
毎ページ感心してしまう。
こんなふうに運気の流れを
図解できたり言語化できるのは
「石橋を叩いてる暇があったら
渡ってしまえ」という決断力の
スピードを日々鍛えた結果だろう。
この本はお薦めだ。
知ってしまっただけでも
すでに運気は上がっている。

budoubatake at 00:22コメント(0)トラックバック(0)運気理論座・読書 

2013年08月25日

6455138f.jpgジョージの声が心地良い。
秋の気配。
変わらないものは
なにもないのである。
万物は流転する。







budoubatake at 00:51コメント(0)トラックバック(0)元気 

2013年08月24日

90c50392.jpg砂肝を食べに行った。
深夜にも食べられるお店は
とても貴重なのでありがたい。
メニューに「ポテトと卵のサラダ」と
「コーン大盛サラダ」があった。
いかんがね。
三つとも食べたいがね。で
「コーンをトッピングとか
できませんかね?」
「できません」
ありがたいので文句は言わんが
チェーン店は不自由である。

budoubatake at 22:02コメント(0)トラックバック(0)元気 

2013年08月23日

558d6576.jpg「へぇ、おおしまさんでも凹むんだ」
逆にこちらは「へぇそんなふうに
見えてるんだ」である。
やっぱ人並みに凹むのであり
特にひとを傷つけてしまった時には
人並み以上に凹んでしまい
ニコっと笑えなくなってしまう。
「おおしまさんブログ、サボっとるな」
とお客さまに叱咤されようが
書けない時は書けない。
いつも愛していたいし
愛されていたい。
だから傷つく。

アーサー・ホーランドは言う
『BE DIFFERENT(違っていい) 』
「みんなと一緒はありえない。
 みんなと違うから人生は面白い」と。

『DIG IT(味わえばいい)』
「試練はいずれ活躍するための備えである」とも。

彼の講演はいちどしか聴いていないが
かなりの影響を受けている。



budoubatake at 23:59コメント(8)トラックバック(0)元気 

2013年08月22日

f3d0e31a.jpg北イタリアの銘酒、バルバレスコは
知っておいた方が良いだろう。
渋みは少ないし濃厚な味わいも無い。
しかしながらパワーも旨みも
すばらしいし、どんな料理にも
合わせやすいのだ。
ネッビオーロという葡萄品種の
成せるわざなのだ。私感だが
バルバレスコというその名は
「バレバレですか?」に聞こえる。
そんなこたぁないか。である。

budoubatake at 22:21コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン日本料理とも合わせやすいワイン 

2013年08月21日

af85c2c5.jpg100均で見つけて、思わず
買ってしまった灰皿。
100円でこのセンスはナイス。
しかし100均を巡ると
すべて100円で売っても利益がある
商品なのだと思うとすごい。

どう考えても100円では
作れないものばかり。

budoubatake at 22:23コメント(0)トラックバック(0)元気 

2013年08月20日

1cf4b0c4.jpgテレビで見てマツコデラックスって
ほんとうに頭の良い人なんだと思った。
それとともに誰かに似てるぞ、と
考え続けた結果。
金藤日陽(きんどう にちよう)さん
通称キンドーさんだ。

budoubatake at 20:13コメント(0)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2013年08月19日

0fae8a7a.jpg三日たてつづけに同じ夢を見た。
厳密には同じ場所に居た。
ウッディな造りでテーブルには
ちょいとしゃれた裸電球がさがり
テーブルクロスまではしないが
スタイリッシュなアジアという
雰囲気の中華料理店だ。
その3回とも、なのだが
店内にはいると4人の男がいる。
なぜが4人ともこちらを注視する。
浅黒く日焼けしてそれが顔の
皺の中にまで刻み込まれたような
60代の男性だ。
「またこいつら」と
夢の中で思うのだ。

昨夜はちょっと違った。
街を歩いていたら知人に呼び止められた。
その飲食店の窓からである。
入って行くとまずその4人と目が合い
奥にはいると知人が「もう食べれんで
おおしまくん食べて」と
なぜか食べ残しを食べていた。

目が醒めると無性に青椒肉絲が食べたかった。
朝一番から、とても健康的なのである。
しかしあの中国人はなんなのだろう。
なぜ3回も夢に登場したのかが謎だ。



budoubatake at 20:04コメント(0)トラックバック(0)元気 

2013年08月18日

2d5a7bc2.jpgまたまた素晴らしい夜だった。
エド・コリアー&Waipuna。
ハワイアンって、やっぱ好き。
パラカシャツを着てたら
「Nice Shirts」って言うので
「I came from Waipahu」
って言ったらバカウケだったぞ。

この日の学び。
ウォッカではなく「ボカ」
カベルネではなく「キャバネ」
片仮名にするとそう聞こえる。

budoubatake at 23:53コメント(0)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2013年08月17日

b3d84341.jpgこのピンクの小粒は
お客様からいただいた
ハワイ島の岩塩。
ちょっとしたときに
つまんで舐める。
清め塩として使っているが
シャキっとするから不思議。

budoubatake at 19:43コメント(0)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2013年08月16日

c3f9f332.jpgチープトリックのat武道館。
このアルバムはどれだけ聴いただろう。
ポップなメロディとコーラス。
卓越したギターテクニック。
なぜかコミカルないでたち。
ライブのオープニングは
こうでなくっちゃ、と
いつの間にか洗脳されていた。
Hello Thereはやっぱり
今聴いてもゾクゾクするのだ。





budoubatake at 00:11コメント(0)トラックバック(0)元気 

2013年08月15日

f4887b1e.jpg明日はエルヴィスの36回目の命日。
はやいな月日の流れるのは。
彼の存在がなかったら
ビートルズもなかった。
間違いなくスーパースターだ。
彼のグルーブは最高。
とってもエモーショナルだ。







budoubatake at 20:44コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2013年08月14日

a871ff60.jpg評判のお店は気になる。
鶏の唐揚げはちゃんと
皮をめくりあげ
その両面に衣を付け
カリっと揚げていて
その気配りが二クい。
流行るには理由がある。

budoubatake at 18:09コメント(0)トラックバック(0)元気 

2013年08月13日

e5596566.png大日本帝国はこんな広く
アジアを支配していたんだよ。
でもね。
靖国参拝にもの申すのは
たったの2ヶ国。
しかも靖国よりも歴史の浅い国家。
ふしぎだね。
しかも日本は皇紀2673年。

budoubatake at 02:37コメント(2)トラックバック(0)元気 

2013年08月12日

ec661aba.jpg盛夏である。
空が青い。
でも日本の夏の空は
湿度が高いので真っ青ではない。
白い絵の具にほんのちょっぴり
青を足した程度の青空なのである。
それが私をブルーにする。
青い空が恋しい。


このブログの最新の下に広告が出る。
楽天市場が出てきてなぜか女性服。
しかも口は半開きでせつない表情だ。
思わずクリックしてしまった。
それ以来ずっと女性服ばかり表示される。
とうとう本日はセクシーキャミソールであり
誘惑に負けてまたクリックしてしまったので
しばらくは楽天市場に占領されそうである。
それがまた私をブルーにする。




budoubatake at 22:39コメント(0)トラックバック(0)元気 

2013年08月11日

f06b2028.jpg盛夏である。
気象台も今年は予測不可能な
事象がおおすぎて可哀そうだ。
「かつて経験のない」は
年末、流行語大賞にエントリーは
間違いないだろう。
しかしながら僭越ではあるが
人間の経験できる事なんて
一生のうちたかが知れていて
「毎日が想定外」とも言えよう。
常識なんて所詮だれかの決めた
平均値であり縛られてはならない。
そう。
こんなカワイイ本田美奈子に
真夏の夜の夢ででも
「あなたと、熱帯」などと
ささやかれたりもするかも知れないぞ。ふふ。
作曲は清志郎なのだな。
今日まで知らなかった。




budoubatake at 19:20コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2013年08月10日

294cf8bd.jpg『波乗りの島』は小説なのに
温度や湿度や陽射しにくわえ
そこに流れる音楽まで聞こえる。
もちろんフィクションなのだが
容易に想像できるモデルがいて
とても興味深く読み進められる。
アロハオエの章は「今日も
なつかしい店が、ひとつ消える」
という文章から始まる。
「ニシモト・カントリー・ストア」が
店を閉める日人々が集まって来る。
ブルドーザーがやってきて店を
壊しにかかるのだ。
その中にギターの音色が風に乗って響く。
サーファーでシンガーの
マイケル・ヘレウアカラニが自作の
「ニシモト・カントリー・ストア」を唄うのだ。
こどものころから親しんだお店の追憶の曲だ。
店のオーナーの名前はベンジャミン・ニシモト。
ブルドーザーにあっけなく潰された店の前で
今までのお礼と感謝をスピーチする。

ここで思い出すのはジョニ・ミッチェルのBig Yellow Taxiだ。
一説にはこのTaxiはブルドーザーを意味すると言われている。
カヴァーしたボブ・ディランはBULLDOZERと歌っている。




そして後半シンガー、マイケル・ヘレウアカラニが
アメリカ本土からミュージシャンが来て
セッションしたりレコーディングをするシーンがある。
そこで連想するのはThe Gabby Pahinui Hawaiian Bandであり
その白人とはライ・クーダーなのではないかと云う事だ。
あたまのなかで描くと、とてもスリリングな場面。
そんなわけでコイツを書きながら
ギャビー・パヒヌイを聴いている。





002























budoubatake at 18:21コメント(0)トラックバック(0)座・読書 

2013年08月09日

7a4a4e4e.jpgVdP・ド・ヴォークリューズ
メルロー・カベルネ'11
葡萄は他にシラーも使用され
各3分の1ずつなのだが
なんたるバランス。
フルーティでありながらも
そこはかとないすっきり感。
南フランスのワインこそ
こんな季節にピッタリだ。
すこし冷やし気味が良い。
冷蔵庫に入れておいて
飲むすこし前にテーブルに
配置しておけば丁度良い具合に
たのしめると思うぞ。
このワインにかかわらず
猛暑の日にはそれなりの
ワインの愉しみ方がある。

budoubatake at 00:21コメント(0)トラックバック(0)気軽なデイリーワイン 

2013年08月08日

564196c0.jpgこどもの頃から今にかけて
いったいぜんたいどれくらい
きしめんを食べたのだろう。
うどんやラーメンと比べても
比較にならないほどその頻度は低い。
パスタを含めたのなら0.1%にも満たない。
名古屋名物なのに、どうしてなのか
考えてみるに、むかしは
うどん屋にはかならずきしめんはあった。
ちっちゃい頃、うどん屋の店員さんに
麺のうえでゆらゆら揺れるかつを節を
「これ生きてるんだよ」と言われ
すごく怖かった記憶があり
それ以来ちょっぴり苦手意識が
消えなかったのも事実である。
今思えば罪な従業員だ。
こどもを冗談でおどかすのも
良し悪しなのである。

友人ふみくんが新幹線に乗るたびに
おいしそうなきしめんの画像をアップするので
その写真にそそられてしまい
最近こいつにはまっていたりする。
そうするとふしぎなもので
急激に名古屋人っぽくなった気がするのだ。がや。

budoubatake at 22:12コメント(2)トラックバック(0)元気 

2013年08月07日

ada74b8f.jpgとても若かった頃おとなを見てて
いつか自分もあっさりした食べ物を
好むようになり、いつの間にやら
演歌をカラオケで歌うようになり
ロックなんてこどもの音楽だ
なんて言うのじゃないかと
少なからず危惧していたが
なんのこっちゃである。
趣味嗜好はまったく変わっていない。
現在カレーライスにはチーズをのっけ
パスタには余分にオリーブオイルと
粉チーズをオンするタイプである。
バターとクリームは大好物。
深夜の唐揚げやラーメンは普通。
もちろん肉食系でありごはんは
常に大盛だ。ふふ。

ああ、とっても若い頃、将来は
演歌好きであっさり系を好むように
なることが日本人のDNAなのだ
などと思ってたな、と突然思い出した。

そのきっかけは不思議な事に
ダイアーストレイツだ。
深い意味はない。何もない。
きっとこの曲が流行していた
まさにその頃そんなことを思ったのだろう。

そんな頃に描いていた将来の自分に
成っていなかった事に乾杯!
ビバ!自分。である。



budoubatake at 01:50コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2013年08月06日

8a85689e.jpg







ママ このバッジをはずしてよ
もう役に立たないから
目の前が暗くて 何も見えない
天国の扉を叩いてる気分
 天国への扉を
 天国への扉を

ママ このガンを埋めといて
もう撃つことはないから
真っ黒な雲が垂れ下がってきて
天国の扉を叩いてる気分
 天国への扉を
 天国への扉を




budoubatake at 08:15コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2013年08月05日

8d002f3d.jpg原爆は言うまでもなく人類史上
最悪の大量虐殺兵器である。
68年経ってもまだ苦しんでいる人が
居ると思うと、そんなものを
所持したいと思う人達は余程の
エゴイストなのだと思わざるを得ない。
そこで僭越ながら、山崎豊子の
『二つの祖国』を
お薦めするものである。
そのなかの一部だが
日系二世の井本梛子は両親の
ふるさとである広島に帰郷する。
不運な事にそこで原爆に
被爆してしまうのである。

アメリカ人である彼女が
強制収容所でアメリカへの
忠誠を誓った彼女が
何の因果かアメリカによって
殺されなければいけない不遇。

そして当時の病院の在り方。
東京裁判の在り方。
良心在る人々がこの残忍な大量虐殺兵器を
どう捉えどう行動したのか。
それを小説ならではのリアルな描写で
読めば読むほどに考える事は多くなる。

FBを見ていると多くの友人が
原爆の日に対しておおいに
関心を表明していてうれしい。
この本もその関心の中に納めて欲しいのだ。
黙祷。合掌。

budoubatake at 23:03コメント(5)トラックバック(0)座・読書 

2013年08月04日

c22f3258.jpg2000トンの雨。
それで豊川のほうにも
降ったのだろうか。
深刻な水不足と聞く。
適材適所を徹底して欲しいぞ。
ゲリラ豪雨って誰が名付けたのだろ。
きっと最初はギャグだったのでは
ないだろうか。わかんないが
わかりやすい良い名称だ。

改称「母さん助けて詐欺」より
よっぽどキャッチーである。





budoubatake at 19:26コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2013年08月03日

1372_10151813580841197_1464916943_n暑かったがね。
ポチュギにアロハビールに
ジンジャーアイスティー。
みんなありがとう!
はじめての屋外出店は
めっちゃ勉強になったがね。
お釣りのコインがあんな
ちんちんになるとはね。
拓ちゃん写真ありがとう!
62436_566964640012315_734533341_n




アロハシャツの
オーダーありがとう!
 by ISHIHARA

このARAKAWASトリビュート
めっちゃ好評だったがね。

005






内海ダイアモンドヘッド。
健在。いつか
トレッキングに挑戦したい。
登頂認定証が欲しいのだ。




002




ラビットアイランドである。
「おお海はつながっとるがね。
ラビットアイランド観れるがね。
観る方向が違うからね。
やっぱりハワイから観るのとは
逆向きになっている。

004





サンセット直前。
フラレレも第5回を数えるが
毎回完璧な晴天。
すごい事です。
神通力=仁通力。
吉田仁志だけに。








フラレレが終わって撤収作業を終えて21:00から打上げ。
その途中せっかくだから夜の海を見ようと散歩に出かけたら
流れ星が見られた。
名古屋とは星の量がまったく違うのである。

打上げは3時頃まで続いた。
とても不思議なのだが会場に居るよりも
旅館の部屋のほうが波の音がたっぷり聴けて
窓際で小一時間ほど余韻を愉しんだ。
興奮してまったく眠くなかったのだ。

翌朝は後片付けとビーチクリーン。
驚いたのはブラジル人女性の水着の面積だ。
肌色でないところがギリギリに隠れる程度。
目が悪いので全裸かと思ったぞ。
写真を撮る勇気まではなかったので御免、である。
彼女にはそっと、ビーチククイーンと名付けた。
私はビーチクリーンである。

budoubatake at 20:17コメント(2)トラックバック(0)元気 

2013年08月02日

1011729_427404517357961_1435720339_n


























Hulalele(フラとウクレレの祭典)
   *入場無料!


いよいよ明日となりました!
きっと本日のような晴天に恵まれます。
浜辺で潮風と波の音、そして
さわやかな夏の陽を存分に浴びながら
フラとウクレレをたのしみましょう。

今や夏の風物詩であり名古屋の季語「フラレレ」です。

カ・ヴァイレレ、イアン城間、マハロバンド
カフナ、カ・マカニ・オ・ハワイ、倉知誠など
地元のハワイアンバンドはもとより
京都からコオルア、大阪からカウラナ
神奈川からは歌姫IZUMIちゃんも駆け付けてくれます。
極上のリラックス、特上のデラックス。

グルメブースなども充実のラインナップです。
真夏を感じに、ぜひぜひ足をお運びください。
元気な笑顔がいっぱいです。

 = 記 =
日 時:2013年8月3日(土)10:00〜20:00予定
場 所:愛知県知多郡南知多町 内海東浜海水浴場/小桝公園
出演者:地元愛知県を中心に活動するフラやウクレレの
      愛好者約500名
主 催:内海観光協会、フラレレ実行委員会

*本部案内所にて『Go for Broke! 〜ハワイ日系二世の記憶』
  上映チケットを取り扱っております。

*ハノハノはオリジナルのビッグアイランド・ポチュギソーセージと
  そのホットドッグ、ジンジャーアイスティー、アロハビールを販売してますよ!
  ぜひぜひお試しくださいね

budoubatake at 11:00コメント(2)トラックバック(0)元気 

2013年08月01日

7d0ef1b1.jpg「アビーロード」は大好物だ。
どれくらい好きかというと
これを聴きながらごはんを
大盛三杯たいらげられる。
横断歩道を渡る時にはかならず
「今がシャッターチャンス」と
こころのなかで呟いてしまう。
ジャケットもすばらしいが
裏ジャケットも青のスカートが
なんとも良い刺し色になっている。
見た目も中身なのである。
特に2009年にリマスターされ
音質がぐっと向上してからは
彼らのバンドとしての完成度や
技術の高さにあらためて感服なのだ。
「おおしまさん、この写真知ってます?」
そう言って差し出されたいちまいの写真。
続きを読む

budoubatake at 18:38コメント(0)トラックバック(0)元気 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ