2015年11月

2015年11月30日

P016858671_480












なんだかんだでバタバタしていたらどうやら12月である。
気付けばそろそろマフラーや手袋も見かける。
なのに、である。
スケジュール表はスッカスカなのである。
おいおい。
11月があたたかかったせいなのか
おおしまくんが世間からソッポ向かれているせいなのか
とにかくスケジュール表はスッカスカなのである。

今から忘年会や新年会を企画する方に朗報!
ハノハノはスッカスカっ!

ぜひぜひ!
気のおけないともだちとの語らい。
ご飯いっしょにたべるのはためらわれるが
年に一度は仕方なく乾杯する仕事がらみの集い。
なんでもかんでもOKです!
ぜひぜひ!

そうそう。
忘年会の二次会、ちょいと余韻にワインでも、と
そんな日にもお電話下さいね!

052-961-4210
http://hanohanoaloha.jimdo.com/


budoubatake at 12:25コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月29日

georgeharrison01











ジョージを聴きまくった。
すべてのアルバムを聴いた。じつは
「Cloud Nine」以外のアルバムは
ここ最近聴き始めたジョージ初心者だ。
あ、そうそう。
思えば「Thirty Three & 1/3」もリアルタイムだった。
クラスの女の子に貸してもらったが数回聴いて
録音もせずに返した。
その頃はジョージの素晴らしさがわからなかったのだ。

ジョージに「慈愛」というレッテルを張った人は偉大だ。
まさにそうなのである。だからこそDVD
「Living in the Material World」は多くの人に観て欲しい。

平和主義の彼。
でも暴徒に殺されかかった時に、ジョージは相手を
殺しそうになった事を妻オリビアが告白している。
「なぜこんなことになったのだろう」
ジョージは自分でも信じられなかったようだ。

反暴力を掲げる私も愛する人が危害を加えられる
殺されるかもしれない時、きっとジョージのように闘うだろう。
信心深いジョージを感じれば感じるほどに
この日の告白は衝撃的だ。

ジョージを知って良かった。
彼からたくさんのメッセージをもらった。
ジョンやポールの優れたポピュラー作品とはまた違う
瞑想の中から生まれた慈愛や祈りや感謝の気持ちが
聴けば聴くほどにこころに沁みる。

「Cloud Nine」はジョンが撃たれてから7年後のアルバム。
ようやくビートルズと向き合えたのだろうか、ELOで
ビートルズの匂いたっぷり出していたジェフ・リンを
プロデューサーに迎えた事が功を奏して誰もが聴きやすい
やさしいおとなのロックになっている。
ジョージを聴いたことの無いビートルズファンは
このアルバムからジョージを感じて欲しいぞ。

蛇足だが上海に行った時に高層ビルの最上階に
天空のBARでクラウドナインという店があった。
関係あるのだろうか。

01

budoubatake at 23:00コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月28日

Gpand












ライブにお越しのみなさまありがとうございました!
あんなにみんなが笑顔で大騒ぎしたライブは
はじめてかも知れない。感謝!

リハの時にもう震えた。
声が良い。
良く伸びる。
居るのは私ひとり。
そう、独占である。
私の為だけに歌ってくれているようで照れる。
「さいこーーーーーっ!」
って言ったら「さいこう」を歌ってくれた。
感激である。

すべての客席をステージに向けたレイアウトは
はじめての試みだったがいかがでしたでしょうか。
予想以上に盛り上がったのはあのレイアウトも
一因ではないかと考えてほくそ笑んでおります。

無理矢理来てもらった人ですらご機嫌にノリノリだった姿は
ほんとうに嬉しかったのです。のりをさんありがとう!
またの機会にもみんなで盛り上がりましょう!!!!
最高!

Gpanda


















ギターパンダ @ 葡萄畑ハノハノ
2015年11月28日(土)

セットリスト
.ターパンダのメンバー紹介
▲蹈奪ンロールギタリスト
うたをうたおう
の戮涼鷦崗
イノー忍法帖の新しいビデオが出たから
Ε薀鵑舛磴鵑Tシャツ
Д圈璽
3部作(イ)人類の深刻な問題(ロ)ブームブーム(ハ)ビンジョー
サリン
へそのゴマ
出来なかった
HYMN FOR NOBODY
人間のからだ
引き潮
とばせロック
阿弁当箱
運誉犬硫
殴ターパンダのありがとう
(アンコール 
灰汽ぅ魁
乾ターパンダのありがとう
(アンコール◆
21しわの似合う女の子
(アンコール)
22ちょっとだけサヨナラ
23ギターパンダのありがとう

budoubatake at 23:21コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月27日

PK2015112302100204_size0










「なごや小学校」って学校ができたのだそうだ。
幅下小学校、那古野小学校、江西小学校の3校の統廃合。
歴史ある小学校が幕を閉じ、あたらしい歴史が始まった。と
そういうニュースをテレビで見た。

校歌をつくるにあたって全校生徒と卒業生にアンケートを取った。
歌詞にどんなことばを盛り込みたいですか?すると
「夢」「勇気」「笑顔」や地名などが書かれていた。
その膨大なアンケートをもとに作られた曲。

しかしながら元の三校の名前もゆかりの地名も
校歌に盛り込まれる事はなかった。

しかし聴いた児童は読み取った。
「笑がおで 仲間と はばたこう」という歌詞の頭文字が
江西、那古野、幅下である事に。
そして自分たちの書いたことばがそこここに盛り込まれている。
全員で歌う。
とっても大きな声で高らかに歌う。笑顔で。
数年を過ごした学校はもうないのに。
あたらしい希望に向かっているのだ。

私はそのニュースを見て涙をポロポロ流してしまったのである。
この子たちの30年後を想像してしまったのだ。

成人式やら卒業30年同窓会などをした時に、きっとまた彼らは
大声で校歌を歌うのだろう。だって自分たちが作った歌だもん。
誇りに思うだろう、ずっとずっと。
そう思ったら感動がとまらなかった。

ニュース番組で悲しい報道以外で涙を流したのは久しぶりだ。
中京テレビの「キャッチ!」すばらしいドキュメンタリーだったぞ。

budoubatake at 21:04コメント(0)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2015年11月26日

itasupa













たぶん、であるが、数年振りに喫茶店に入った。
ワイルドな店員さんにまずはド肝を抜かれる。
私と同世代と思われるが、超ミニスカートにヒールの高いブーツ。
見えるんじゃないかと思うが、たぶん見えちゃうので
がんばって見ないようにこころがける私である。

メニューを見てまたびっくり。
鉄板メニュー!イタリアン、ミート、インディアン、焼きそば。
オール600円!!!サラダ付き!いぇーーーーっ!
大画面にはキッスの映像だ。
オーダーを終えた頃にはポール・マッカートニーになっていた。
最高の喫茶店だ。
ハードロックカフェと呼びたい。
さて。
ここは迷わずイタスパであろう。

来た。
おおおおお!
赤いウインナー!
食べてみると、もう、まさに昔の味だ。
最高!
卵をからめる。
最高!
パルメザンチーズを振りかけてみる。
最高!
タバスコなんぞを振ってみる。
最高!

最高。
5年以内にまた行きたいお店だ。
誤解の無いように念をおせば、だ。
最後に喫茶店でイタスパを食べたのがいつなのかを
思い出せない私にとっては最高の誉め言葉である。

伏見のあたらしいウクレレスポット
Grasp music & styleさんのおとなりだ。
今なら無料レッスンなどもあるので、ぜひぜひ
そーっとのぞいてみてごらん♪であり
レッスンのあとにお薦めのイタスパだ。

budoubatake at 02:22コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月25日

001












DMが届いた。
「えっ?手書きかよ?」
バランスちょい悪なのに、とめはねが
しっかりしているのが不自然だ。
よくみたら違っていた。
フォントはふぉんとーに進化するね。

budoubatake at 19:14コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月24日

10d3553e.jpg時計を見たら、っつーか
見ようとしたら
そこにあったのは
輪ゴムだった。
とってもおばちゃんである。

budoubatake at 21:59コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月23日

9d88d1bf.jpg世界の勢力地図はこうも簡単に
変わってしまうのだな、と
歴史の真っ只中に居る事を
実感させられる。
ISISのフランスへのテロ行為で
一瞬で、こうも簡単にフランスと
アメリカとロシアが近付く。

budoubatake at 22:08コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月22日

2e22d2e3.jpgうれしいお客様。
ご夫婦での来店だった。
インタビューをすれば
10数年振りに子育てから
解放されて、っつーか
こどもがお留守番できるようになり
ミュージカルを観に行ったそうだ。
その帰りに「どこ行く?」ってな
会話となり、ふたりの恋愛時期の
思い出のお店に来たというわけだ。
こういう瞬間。
やってて良かったと思うのである。

budoubatake at 22:16コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月21日

ダウンロード (7)












自分を取り巻く人的環境を考えるに、だ。
新旧でかならずキャラのかぶる人間がいて
新陳代謝を続ける。
とてもふしぎである。
再びメンバーになる感じRe+Memberであり
忘れるはずもないRememberだ。

Pieceが変わるだけ。
ジグソーパズルと違うのは、まったく同じではないから
自分が相手に合わせてかたちを微調整しなければならない。
でも、そんなことは自然に行われていて
なんの負荷もない。

そしてある日突然感じる。
こいつって昔仲が良かったアイツにそっくりだ、と。

きっと無意識の中でそういう相手を見つけるっつーか
探しているのかもしれない。
しかもお互いに必要なのだろう。

それをどういう時に感じるかというと話をしているときに
既視感があるのだ。
あれ?同じような話してなかったっけ?と。

したのである。Soul Memberと。

だとすれば、生まれてこのかた、私はつねに私の考え方しかなく
進歩も進化もしていないということであり、つねに
誰かと一緒である事で自己表現ができているという事である。
よくわからないけれど、ビバ!人生である。



budoubatake at 01:19コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月20日

5dc576f2











15,6年前にソムリエになりたくてうちのお店に来ていた子が
本日ひょこっとやって来た。今はワインを仕入れて売る方の立場だ。
ワインを売りに来たのではなく打ち合わせの場所が、たまたま
古巣である私の店になったとの事である。

「あの時のご恩は一生忘れません」
うそだろ。
15,6年も何の音沙汰もなしにそんな言葉は信じない。が。
「まぁ時が経てばお世辞も上手になるな、ははは!」と返した。

「大島さんが僕を無理矢理ロワールに行かせてくれたじゃないですか」
「・・・・ (忘れてる)」
「お金がないからって断ったら、お給料から少しづつ返してくれたらいいよって
自分の売ってるワインの生産者に会って感じて来いって行かせてくれたから
今の自分があるんです。本当です。ありがとうございます」

フランス食品振興会主催のフランスツアーで前年に私が参加した。
日本全国から酒販店やソムリエやらが集うので道中も
刺激的であり、生産者と葡萄畑で語り、そしてご飯を食べながら語る。
そうそう、フランス人の食事は長くて昼3時間、夜3時間だったのは衝撃だったぞ。
そんな経験をさせてあげたいほど可愛かったのだろう。

いやいやまったく覚えてないけど素晴らしい経営者ではないか。
当時の自分に負けている今の自分がなんか悔しい。
でも、なんかうれしかった。

budoubatake at 23:09コメント(0)トラックバック(0)ワインに対する想い 

2015年11月19日

b----

















じつは今シーズンは、このヌーヴォーしか仕入れなかった。
年々、安価でどこでも気軽買えるようになって
わざわざレストランで飲む必要もなくなりつつあるからだ。

このヌーヴォーとはもう20年以上の付き合いだ。

私の持つボージョレのイメージをちゃんと体現しているから
絶対にこのヌーヴォーだけは外せないのである。

さて、そんな私の味覚がワールドレベルである事が
とうとう実証されたのでご報告したい。

ボージョレ・ヌーヴォーのコンクール、
トロフィー リヨン ボージョレー ヌーヴォー2015
(Trophee Lyon Beaujolais Nouveau 2015)にて
このワインがな、な、なんと!
グランプリを獲得!

その審査コメントを添付しておく。

Louis Tete Beajolais Nouveau 2015
美しく深く輝きにある色調。
魅惑的でフィネスを感じる黒い果実のアロマ
食欲をそそるアタック、クリスピーな口当たりでフルーティ
タンニンはバランスがとれていて美しい
調和がとれ、凝縮感のあるワインに仕上がっている
なんとこのワインはもうヌーヴォーというより
ボージョレワインではないか。


しょぼいコメントだがグランプリには違いない。
スタッフの千恵に言わせれば、だ。

「おしぼりで拭き取ってこんなきれいな色のワインってあるんですね!」である。
彼女はグラスの中のボージョレではなく真っ白なおしぼりに広がる
うつくしい赤色に感動したのである。
ほんとうにフレッシュ&フルーティなガメイにしか作れないシミ。

ボージョレ・ヌーヴォとの付き合いは30年ほどになるが
彼女のようなコメントは誰もマネできないとおもうな。

budoubatake at 03:32コメント(0)トラックバック(0)飲んでおきたいワイン 

2015年11月18日

Eagles
















朝のFMから流れてきたのは聞き覚えのあるイントロだった。
でも、イントロ当てクイズの得意な私が5秒ほど
イーグルスであることに気づかなかったのだが
なんとも朝の陽射しとフィットして気持ちがアップした。
Eagles - Best of My Love



ASWADのバージョンも大好きなんだよね。



budoubatake at 02:14コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月17日

002












かつては当日にしか届かなかったが
10年ほど前からは前日に届くようになり
とうとう前々日に届く。

穫れたて。19日解禁です。

budoubatake at 18:12コメント(2)トラックバック(0)特別な日のワイン 

2015年11月16日

009












ハワイっぽくね。
そんなリクエストに応えてくれた。

budoubatake at 18:15コメント(0)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2015年11月15日

ダウンロード (5)






賛否両論ある事がすでに「くだらない」と思わないかな。
「フランス軍に空爆されて死んだシリアの人々の立場は?」
「笑顔のプロフィール写真ってどうよ?」
なんでそういう切り口になるのかな。

我々にとって自爆テロってのは「気ちがい」だ。
恨みも縁もゆかりもない人に銃を向けるなんて「気ちがい」だ。
つまり理解不能の域にある考え方なのである。
でもしかるべき組織にとっては「有能な組織員」なのであろう。
その隔たり(ギャップ)に目を向けた時、どう思うのだ。

フランスという国家は日本人にとって身近だ。
そう、間もなくボージョレ・ヌーヴォで乾杯するし
フランスパンが好きだ。
フレンチは晴れの食事だ。しかも
ボンジュールはポンジュースに似ている。(冗談だ)

その首都で起きた惨劇は、感覚的にとても身近なのだ。
自分の愛する人が理不尽に命を落としたら、と
誰もが考えて、でも何もできないもどかしさの中で
FBのプロフィールをトリコロールに染めた。
じつに勇気ある行動である。
自分が殺されるのはまだ良いが、愛する人が
殺されるのは自分が死ぬよりもつらい。
つまりそういう事だよね。

ちなみに私は自分の演奏風景の写真にした。
音楽は国境を超えるのに、どうして宗教や肌の色や文化や
イデオロギーとかは摩擦になるのだろうという思いからだ。

否定派から言わせたら「ばっかじゃねぇの?」である。
「追悼に音楽かよ、能天気な奴だ」とでも言われるだろう。
ジョン・レノンの言葉を借りれば私は「夢想家」だ。
でもジョンの言葉を借りれば
「おまえひとりじゃないよ」なのである。

トリコロールに笑顔の写真を載せる人も同じ。
「フランスにいちにちもはやく笑顔を!」
そう思っている人たちがそうしているのだと私は認識している。

それを不謹慎と言われたらそうとうに心外だろう。
この評論家は他者への想像力の欠如だと太字で
強調して偉そうにのたまわっているが、おまえこそ
想像力が欠けていてカタワだと言ってあげたい。
知名度を上げたいだけの売名行為かもね。
でもこの人ひとりじゃなくFBのなかで同じ感覚の人が、いる。

東日本大震災2011年3月11日から数週間いや数ヶ月
日本中のみんながみんな喪に服した。
そんな事も忘れたのかと声を大にして言いたい。

私はFB上で区別のつかないトリコロールが不都合に思えたので
24時間を待たずにバカ笑いしてる自分の写真に変えたけれど
追悼の気持ちは変わらないしテロに対する憎しみも変わらない。

もっといえば根本的に暴力に対して「NO!」である。
「笑う門には福」なのである。
バカ笑いしていられる状況こそがハッピーなのであり
それは「愛と感謝と平和」が礎となるのである。

理解に苦しむ人たちにも愛する人がいる。
かならずいる。
それが人間だ。
だから・・・・

いつかちゃんとわかりあえる。
その日を願ってやまないのである。
キミもそうでしょう。
だよね。
ありがとう。
愛してます。

budoubatake at 23:32コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月14日

001












イラっとするけど
わりと好きなPC画面。

budoubatake at 20:54コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月13日

kiss











顔から火が出るのはジーン・シモンズである。
いえいえ私である。

あまりテレビを見ないせいもあるのだろうか。
漢字の読み方で大ボケをかます。

「琴線」を「ことせん」と言ったり
「白湯」を「はくとう」とまじめに間違えるから
話する相手もきっとどう訂正していいのか
わからないまま放置されちゃうのだろう。

ある日突然指摘されるとジーンシモンズになるのである。
っつーか、或る日突然ふたり黙るの。である。



budoubatake at 01:50コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年11月11日

ダウンロード (11)










村上ショージは天才である。
何度見ても笑える。







budoubatake at 19:06コメント(0)トラックバック(0)TVから元気をもらう 

2015年11月10日

Image237

















げっぷが出る。
しかも予兆なしで突然出る。
だから我慢することもできず
「ごめんなさい」である。

これが老化というものなのか。
ネットで調べてみると病気の予兆だとか
ストレスとの相関性であるとか、もう
ろくな事が書いてない。
読むだけで病気になりそうな勢いだったので
そそくさと読むのをやめた。
「俺には関係ない」
そういう潔さが大切である。
もしもおおきな病気の予兆であっても
なってから考えたら良い。
しょせんげっぷだ。

そういえば、よくよく考えると月賦ということばは
いつの間にか死語だな。
ローンだとか言うんだよね。

紅葉の季節である。

budoubatake at 18:15コメント(2)トラックバック(0)元気 

2015年11月09日

gentoukun
















♪黒猫の玄冬 玄冬 玄冬
ボクの恋人は黒い猫
黒猫の玄冬 玄冬 玄冬
見つかってよかったね!♪

そんなわけで猫シリーズの
「今夜はこの曲でおやすみなさい」は終了できました!
みなさま、ありがとうございました!
みなさまの祈りがすべてです。

budoubatake at 01:01コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月08日

Kamok











Kamokuさんのライブは、やはり素晴らしかった。
スタッフの千恵ちゃん曰く
「いっぱつでファンになっちゃいました!かっこいいし、すっごくイイ!」
そう興奮して語っていたぞ。
いちど観たら、だれもがビビっと感じるのにな。

次回はSold outめざすのでみなさんよろしく。
ご多用の中駆け付けてくれた友情にはおおいに感謝。
集合写真を撮り忘れた事が残念。

budoubatake at 23:29コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月07日

Panda1

















忌野清志郎との出会いは高校1年だっかた2年だったか定かではないが
カルメンマキの前座としてRCサクセションという名のバンドで現れた。
次に観たのは79年。Johnny Louis & Charの、またしても前座、だった。

「いえーーーーっ!愛しあってるかい!」

曲間に叫ぶ真っ赤なスーツの異様に痩せこけた彼の呼びかけに
会場はシーンと静まりかえる。
それはそうだ。
だれも彼を知らない。
厚塗りのメイク。
奇抜な髪形。
そしてあの動き。

オーディエンスのすべてが「ええから早く終わってくれ」と
そういう空気が流れていた。
なにしろ予期せぬ「前座」なのである。
ところが翌年にはRCサクセションは大ブレイク。
今となって思えば貴重な清志郎を観たわけである。

「愛しあってるかい?」ってメッセージには、じつはピンと来ていなかった。
つい最近までである。そう、ギターパンダこと山川のりをを知るまでは。

山川のりをは忌野清志郎と23'sってバンドもやっていて
合作の曲も残されている。
うらやましいかぎりだ。

忌野清志郎のDNAは確実に受け継がれており
お仕着せがましいラブ&ピースではなく
さりげなく愛と勇気と希望を歌う。ユーモアも交えてね。

そんな山川のりを聴いていたら「愛しあってるかい?」というメッセージが
突然に腑に落ちたのである。
忌野清志郎には二度と会えないけれど
彼の歌声を生で聴く事はできないけれど
そのDNAを感じるには充分なライブだ。

 = 記 =
ギターパンダこと山川のりをソロライブ!
日時:11月28日(土)18:00 Open
          19:00 Start
料金:2500円(当日3000円)
出演:山川のりを
    吉田健介(OA)
場所:葡萄畑ハノハノ





budoubatake at 20:37コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月06日

2014_1223-photo5









近藤房之助ってアラベスク好きだったのかな。
イントロはあの曲とうりふたつ。




budoubatake at 02:13コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月05日

wamu

















Mid-FMを愛聴している。
自宅から店まで15分ほどであり、一日に二度往復するが
先日は、その24時間のあいだに3回ワムのラストクリスマスを聴いたぞ。
おいおい、である。

11月になるとともにクリスマスソングが流れてて
これを二ヶ月間も聴かされるのかと思うと
ちょっとMid-FM遠のいてしまいそうである。

さて、ラストクリスマスといえば思い出すのは近藤君だ。
さかのぼること20年以上だ。職場でのクリスマス会。
彼が高校生の頃だった、カラオケでその曲を入れた。
「おお!近藤!洋楽かよ!」
「ひゅーひゅー!」
歌いだした。
♪ら〜〜〜すと クリスマス ふんふんふんふん〜〜〜〜
おいおい、である。
なんとタイトル以外すべてハミングである。
人生の中でそんな人を見たのは最初で最後である。

budoubatake at 18:43コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月04日

Otis-Redding









運転中に、ふと目の前の車を見ると
OTISと書いてある。
おお、大好きなシンガーだ。
私にとってはR&Bといえばオーティス・レディングであり
Try a Little Tenderness なのだ。

よくよくみてみたら
日本オーチスエレベータとある。
オーティスではなくオーチス
しかもエレベーターではなくエレベータ。

なんとなくこころが萎えたが
オーティスは最高だ。



budoubatake at 13:25コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年11月02日

images (7)











2015年9月のハワイへの渡航者は652,616人。
過去最高を記録したそうだ。
日本からは137,156人。
ちなみにハワイ州の人口は142万人。

ビーチボーイズの「Hawaii」に「夢のハワイ」と
邦題を付けた人はすごいな。


budoubatake at 19:17コメント(0)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2015年11月01日

images (6)










International Market Place
2016年8月25日オープン。
賛否両論だが思ったよりも悪くなさそう。



budoubatake at 18:39コメント(0)トラックバック(0)アロハ・スピリット 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ