2015年12月

2015年12月31日

london-calling
















大晦日にふさわしいかわからないが
こんな気分である。

お世話になりました。
こころから感謝しております。
良いお年をお迎え下さい。
愛してます。

budoubatake at 23:10コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月30日

1927 Duke Pool4









やりたい事がたくさんある。
妄想の域ではなく”今すぐ”やりたい。
少年の頃の気分だ。
2016年は全部やる。
そう決めたんだ。

budoubatake at 22:57コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月29日

Pib201512












1月24日(日)19:00
Palaka Ishihara BAND
公開レコーディングいたします。
ぜひぜひコーラスでご参加ください。
詳細は、FB葡萄畑ハノハノのページおよび
Palaka Ishihara BANDのページで告知いたします。

とにかくたのしもう!

レコーディングを考えている方々にも参考になると思うので
ぜひ遊びに来て下さい!!!

*参加費無料
*飲食実費
*山内アラニ雄喜さんの参加はございません。
*葡萄畑ハノハノにて開催。

budoubatake at 22:49コメント(0)トラックバック(0)バンド 

2015年12月28日

004












いやはや『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はおもしろい。
1985年の映画だがパート2では2015年を描いていて
それで見なおしたのだが、1作目の冒頭にこのシーンがある。
黄色のホンダのシビックと右端の茶色のクルマは
トヨタのセリカ・クーペである。
当時は全然気付かなかった。
じつは両方とも乗っていたのでなつかしい。

あらためて観ると30年後を予想できるってすごい。

今の生活なんて想像できなかったし2045年だぜ。
どうなってるのだろう。まったくわからない。

そうそう、当時、ビデオ屋でロゴを含めパッケージがそっくりの
『フ○ック・トゥ・ザ・テーチャー』って洋モノのピンク映画を見かけたが
それを見ていないのが心残りである。

budoubatake at 19:09コメント(0)トラックバック(0)どえりゃあ映画! 

2015年12月27日

umianzai

















年の瀬も新年も単なる時の流れでありかならず訪れる。
「いやいやそんなにあらたまらなくても」と言われようが
時節の挨拶を多く交わすと気が引き締まる。
心化粧する時をたいせつに思うしそういう瞬間が好きである。

budoubatake at 18:24コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月26日

002













某スペインワインのケースに書かれた各国語でのワイン。
日本語はなぜだかワイソでありとっても間抜けである。
どうやら韓国や中国には輸出していないようだな。

そういえば、瀬戸の方に「ラソチ」と書いた看板のある喫茶店があり
いつか入って指摘してあげようと思いながら20年以上が過ぎた。

budoubatake at 17:50コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月25日

003












小松菜の段ボールに描かれたキャラクターは
こまっちゃん。
おいおい。
こまったちゃんだぜ。

budoubatake at 17:44コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月24日

budoukan













北海道富良野ではダイアモンドダストが見られ
-21.5℃だったそうだが対して沖縄県那覇市では
26.5℃の夏日となりテレビでは半袖Tシャツの人々が
映し出されていた。なんと
北海道との気温差は45℃である。
おいおい。
日本って思ったよりも大きいのではないのか。

budoubatake at 01:00コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月23日

Hawaiimoon










「礼儀」とは、その人との時間がそこで
最期だったとしても決して後悔しないように
行動する事なのだと教えてもらった。

ぜんぜんできていない自分にがっかりする。

親しいお客さまだった。
私の勤めたお店からのお付き合いだから
30年ほどほぼ毎週来てくれてた。

最期に来てくれた日。
やさしくできたのか。
こころからもてなす事ができたのか。
できてないし、それどころか少し気になる事もあり
憮然と接していた。

心筋梗塞だったそうだ。
独り暮らしだったから発見が遅れた。

明日という日があたりまえに来るなんて思っちゃいけない。
そんな事あたまではわかってても、ね。である。 
ここに書くまでに半月かかった。

ここを見て誰だかわかっちゃった人には
言わなくてごめんなさい。
だって営業中に目を真っ赤にしてたらさ
ほかのお客さん引くでしょ。すまん。

budoubatake at 23:04コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月22日

Palaka12












第12回Palaka Partyおつかれさまでした!
参加いただいた方々には感謝、感謝、感謝!です。

やっぱり山内雄喜ってお方はすごいな、と
あらためて感激する12回目でした。
音楽は12進法なので、ここからあたらしいスタートであり
1オクターブ上がるので所信表明しておきます。

Palaka Ishihara Bandの存在理由をよりみなさまに
理解して頂けるように更に精進する所存です。


おかげさまで2016年のハワイフェスティバルにも
Palaka Ishihara Bandにお声がけ頂きました。
その日には3周年となりますので我々の目指す像に
一歩でも近付く事を誓います。

その日に向かってみなさまも、あたらしい
半袖のパラカシャツを新調しておいて下さいね。
ご用命はアイランドライフへ!

budoubatake at 23:22コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月21日

Takman20151219












Takman rhythmはとろける。
音楽ってのはハイになったり心地良かったり寄り添ってくれたり
いろんな側面を持つものだがTakman Rhythmのそれは
「とろける」のである。
良いバンドだ。
機会があったら生で体験して欲しいバンドだ。



budoubatake at 23:29コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月20日

e281b9edaa25af7098df42e0f2a355c5_full








George Harrison 『Cloud Nine』
このアルバムがなぜか私の中でブームだ。
毎日聴いているのに、ぜんぜん飽きない。
それどころか"Someplace Else"がかかった時
歌詞の内容など知らないのに
頬を涙がつたった。なので
歌詞を読みながら聴いてみた。
さらに涙が出た。





You got into my life
I don't know how you found me but you did
It stopped me heading someplace else

Took me a while to say, wish you belong to me
But now I'm saddened like I've never been
Regretting that we'll leave

And for a while you could comfort me
And hold me for some time
I need you now, to be beside me
While all my world is so untidy

Loneliness
Empty faces
Wish I could leave them all
In someplace else
(Someplace else)

I hope you won't let go, maybe you'll let me know
That you'll be saddened like you've never been
Regretting that we'll leave

And for a while I could comfort you
And hold you in my mind
I need you now to be beside me
While all my world is sad and crazy

Loneliness
Empty faces
Wish I could leave them all
In someplace else

And for a while you could comfort me
And hold me for some time
I need you now, to be beside me
While all my world is so untidy

Loneliness
Empty faces
Wish I could leave them all
In someplace else

Loneliness
Empty faces
Wish I could leave them all
In someplace else
(Someplace else)

I think I'm gonna leave them all
In someplace else
(Someplace else)

budoubatake at 23:52コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月18日

1656182_504059283046665_813527638_n
















この季節になると、あちこちで見かける
いわゆるひとつの冬の名物。それは
道路に落ちてる片っ方の手袋。

あれはなんかせつない。

せっかく母さんがよなべをして編んでくれたのに・・・・・

budoubatake at 02:13コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月17日

220px-BostonDLBSingle











2015が終わる。
期末には、こころの棚卸しが必要だ。
なにができて何ができなかったのか
2016年に持ち越すべきものは何なのか。
うーむ。
ぜんぜん予定どおりにものごとは運ばないものである。
つごう良く対処する事とする。



budoubatake at 01:59コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月16日

721
















お店でクリスマスソングを流していた。
「えっ?おおしまさんクリスチャンになっちゃった?」
そう聞かれたので「そうだよ」と応えた。

キリスト教もイスラム教も仏教も根源は「愛」である。
ならば私はクリスチャンでもありブディストでもある。


私は愛を信仰する。

「愛」が基準ならば、宗教の差なんてものは
地域に根ざした方言のようなものなのである。
世界中の人たちがそう考えてくれたら
宗教の違いで争い事はなくなる。
インド人が豚を食べないのは二千年前に冷蔵庫がなかったからだ。
多少の異差はそんなものなのである。

budoubatake at 01:20コメント(2)トラックバック(0)元気 

2015年12月15日

5318592_19219872_214large

















人の思考回路ってのは、その人が基準である。
「最近どう?」と聞いて「ふつう」って応える人も少なくなったが
その「ふつう」はその人にとってのレギュラーである。

以前、自分の部屋の合鍵を渡した女の子は
「おおしまさんよくそんな事できるね」と言っていた。
その思考回路がわかるまでに3ヶ月もかからなかった。
現金がなくなっていた。
(随分昔の話だ、念の為)

「おおしまさん、浮気してない?」とやたら聞く娘が居た。
その思考回路がわかるまでに3ヶ月もかからなかった。
彼女はだらしない下半身だった。
(随分昔の話だ、念の為)

お店を手伝ってくれる女の子が数人居てくれて助かっているが
私と付き合ってるんじゃないかと勘繰る人が居て笑える。
そういう人は男女でいたらすぐにそういう関係になる人なのだろうが
私は一笑に付すだけだがスタッフにとってはたいへん失礼な発言だ。

budoubatake at 00:10コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月14日

yosiken









吉田健介というボーカリストの歌を初めて聴いたのは
友人の結婚式だった。
もう数回お店でライブをやっているが
毎回すばらしい。
そして毎回進化するからうれしい。

今回はすぎの暢さんというすばらしいパートナーとの相乗効果に
ド肝を抜かれたぞ。
ほんとうにノックダウン。
またこのセットで聴かせてもらいたい。



budoubatake at 01:12コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月13日

kuturogi
















暖冬にピッタリのサウンドがこれだ。
中野督夫「くつろぎ」
ああ、この人は詩人だなと思う。
すばらしいギタリストでありボーカリストだが
こういうシンプルなサウンドを聴いていると
ことばのチョイスや、そのリズムや和音との相性を
とてもだいじに曲をつくっているのがわかる。
しかもあったかいんだよな。
彼の人柄がドドンと伝わってくる。

「おおしま待っとれよ、またソロアルバムのレコーディングに入るで」

そう言って1年以上が経過したが、どうなのだろう。
あんなにたくさんのライブをしてたら、そんな時間も
なかなか持てないとは思うけれど、期待せずにいられない。
センチメンタル・シティロマンスとはまた違う味わいが好きだ。

budoubatake at 18:56コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月12日

草の音 空の匂い




















すぎの暢さんだ。
ひとことで言えば、とんでもないプロフェッショナル。
すげぇギターを弾く人だ。
ラップスティール。
ぜひ見せたい。きっと
草の音や空の匂いを実感できると思うぞ。

https://www.facebook.com/events/796179013843192/

budoubatake at 03:20コメント(2)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月11日

002












打楽器ってのはパワーなのだと思っていた。
ぜんぜん違う。
私がてのひらで力いっぱい叩く音を
指一本で軽く凌ぐのを目の当たりにして愕然とした。

いただきもののボンゴ。
おもちゃだと思っていた。でも
しかるべき人が叩くと歴然と楽器なのであった。
ショックを隠せない私である。

これって楽器全般同じ事が言えるのだろう。
ウクレレだろうがギターだろうが。
サックスだろうがセックスだろうが。

そうそう、かつてチャーが日比谷の野音でリハーサルを終えた時に
PAの人だったっけかな、チャーと同じ音を出してみたくて
同じセッティングで同じギターで内緒で弾いてみた。そうしたらどうだ。
チャーの音とは比較にならないほど痩せた音しか出なかったそうだ。
1970年代後半の話である。
竹中Charであり、加藤茶ではない。念のため。

エレキギターですらそういう事が起こるのは無理もない。
アンプのボリュームを上げたら大きい音が出るのではないのである。
なんせボンゴなんてのは、指一本なのだ。
しかも私はやや打ち身気味である。
痣になるかも知れない。
明日の朝、手のひらが1.3倍の大きさくらいになっていそうで怖いぞ。

「叩く」のと「鳴らす」のは根本的に違う。
10代の頃にそれを知りたかったな。

budoubatake at 03:06コメント(0)トラックバック(0)ukulele life 

2015年12月10日

001

















最近気付いた。
楽器をじょうずに奏でられる人の共通項。
どんな楽器であろうとあらゆる手段を使って
飽きることなくさわっていられる。
いわゆるひとつの楽器フェチである。
好きのエネルギーこそ上達の早道。
そしてそれは、どんな道にも共通する。

budoubatake at 02:45コメント(0)トラックバック(0)ukulele life 

2015年12月09日

552192_478180675536751_2048358443_n

























12月9日となった今。
「ああ、そうなんだ」って
ジョンの命日を忘れていた自分に驚くとともに
なんかちょっぴり、それをうれしく思った。

ジョンの誕生日10月9日から12月8日までの2ヶ月間は
いつも意味なく悲しいのだ。センチになってしまうのだ。

35年を経て、すこしは傷が癒えてきたのかも知れない。
時間かかり過ぎである。

しかし、だ。
あと5年もしたらジョンが生きてたのと同等の時間が過ぎると云う事だ。
それを考えると凄い。

ジョンは生きている。
すくなくとも私が死ぬまで。
もうすでにジョンよりもぐっと年上だが
親愛なるアニキのままなのだ。
今もなお影響を受け続けている。

budoubatake at 03:04コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月08日

design_img_f_1470630_s













バンドで次回の練習に私の曲がエントリーされる。
どんくらいのスピードなのかを決めるために
メトロノームで測ったら、ちょうど良いのが
♪=108だった。
おいおい、煩悩の数かよ。
曲のタイトルは「すべてはうまくいきますように」だ。
対極である。
そこもふくめて、よくできた曲であると
自画自賛なのである。
人生初の三拍子。

budoubatake at 02:02コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月07日

tumblr_lqjccrPnlL1qaxahso1_500














近頃つねに涙目である。
フィルター越しなのであり視界が悪い。
ずっと続いているのだが、どうやら
ニュースを見ていたらPM2.5が猛威らしい。
それが原因ではないのか。
おいおい、たのむぞ中国共産党である。
運転中にはメガネをかけているのだが
なみだが拭けなくて困るのだ。
おいおい、たのむぞ習近平。
隣国にも健康被害がある事を知っているのか。
クマ先生も困ってるぞ。後藤熊男である。



budoubatake at 14:56コメント(0)トラックバック(0)元気 

2015年12月06日

002













100均で手袋を発見したので即購入。
夜の帰り道には重宝である。
しかも軍手よりは数段おしゃれ。
ところがいざ装着してみると、だ。
途方もないフィット感。
いや、違和感。
ひょっとしたら中国人の手はこういうふうなのか
同じ東洋人でも日本人とは違うのか、と
まじで考えたほどである。

どうせつくるのなら、指が入れば良いでしょ的な作りではなく
心地良いフィット感にこだわっても原価は変わらないだろうに
とも思ったが「このあいだ買ったのはイマイチだったから
こんどはこっちを買ってみよう」と、もう100円使わせる作戦なのだと
私の明晰な頭脳がささやいた。
さすが私である。
「チッ、チッ、チッ」(人差し指を左右に)
見破った以上その手にはのらないのである。
ふふふっ。(ニヒルな笑い)

しっかし・・・・・
よほど軍手の方がフィットするし、ヤル気に拍車がかかる。
っつーかこの写真、親指が外側になっているが
その違和感は単なるおっちょこであり
それが原因ではないので、そこんとこヨロシクである。

budoubatake at 23:42コメント(2)トラックバック(0)元気 

2015年12月05日

foreigner-cold_as_ice_s_3
















暖冬である。
12月なのにコートを出してない。

しかし、水道水は冷たい。
フォリナーが聴きたくなるほどである。



budoubatake at 02:41コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2015年12月04日

Image013

















「こどもにウクレレを買ってあげたんですよ!」と嬉々として
お客様からご報告いただいた。
「おお、それは良い事です。デビューおめでとうございます」
「三歳と五歳、ふたり分で1万円切りますけどね」
「ええええええーーーーーーっ?!」

この場を借りて明言しておこう。
ウクレレをインテリアではなく楽器として購入するのであれば
1本最低でも1万5千円は使って欲しい。
いや、それ以下でも良いものもあるかも知れないが
私の経験ではそうなのだ。

たとえばピアノやオルガンやハーモニカなどは
チューニングの必要がないから押さえたり吹いたりすれば
それなりにちゃんとしたピッチで音は出るから良いのだが
弦楽器はそうはいかない。

ちゃんとチューニングができてフレット音痴でないものを
選ぼうと思うのならおもちゃを買ってはいけない。
ABCストアのウクレレで音楽は奏でられない。

もっと言えば、こどもに与えるのには教育上良くない。
音痴になるかも知れないし、そもそも楽器に対して
愛情が湧かないし、上達もしない。

こども用として買うにしても、ちょっと頑張れば
おとなになっても使えるようなウクレレはやまほどある。
ま、こどもが羽子板のかわりにウクレレを使わなければの話だがな。

写真は私の愛器。
たぶん、ひ孫も使えるぞ。
そう考えたらとってもお値打ちだ。

budoubatake at 00:37コメント(0)トラックバック(0)ukulele life 

2015年12月03日

01












道楽。
すてきなことばの響きだ。
そんな身分になりたいものである。

さて、このことば。
仏教では「ドウギョウ」と読み
仏の道を究め悟った者の到達した
よろこびを指すものだそうだ。

あなたは今どこに向かってその道を歩んでいるのだろうか。

私は道草をたのしんでいる。

budoubatake at 22:58コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月02日

carpenters07
















カーペンターズの『クリスマスポートレイト』
永遠の名盤。
これだけは飽きない。
素敵な歌声。

budoubatake at 20:09コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月01日

ThisDreamBegins_sub2
















人生を50年以上もやっていると
クリスマスにも飽きるものである。
ワクワクソワソワする時期はとっくに過ぎて
今やクリスマスソングすら煩わしいのである。
毎年毎年あたらしいクリスマスソングを探してた
あの頃がなつかしいぞ。

そんななかでもDANIEL HOの『Soon it will be Cristmas』は
じわっとする素敵なクリスマスソングだ。
『This Dream Begins』に収録。
ハワイ出身なのに雪の中のジャケット。
北海道で撮ったって言ってたな。
奥様の愛溢れる一枚がジャケットになっている。




"Sleep now, don’t cry
Listen as I sing this lullaby
Hush now, don’t cry
Soon the dark around us will be morning light

Snowflakes falling softly
As the winds caress your face
Rest for me my angel
For soon it will be Christmas time again

Sleep now, don’t cry
Nothing’s gonna harm you while I hold you tight
Hush now, don’t cry
Soon the cold around us will be warm and bright

Feel my arms surround you
Let your worries fade away
Rest for me my angel
For soon it will be Christmas time again

Sleep my daring
Listen as i sing for you this lullaby
Hush my daring
Close your weary eyes, don’t want to see you cry

Moonlight gently gleaming
A your dreaming mow begins
Rest for me my angel
For soon it will be Christmas time again
For soon it will be Christmas time again

budoubatake at 20:02コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ