2017年01月

2017年01月29日

006












御金神社(みかねじんじゃ)である。
ランチのお店の予約時間よりも
早く到着してしまい時間調整で散歩でもと思ったが
見覚えのある街並みだった。
そう、御金神社が近いのではないか
行ってみると節分祭でたいそうな賑わいだ。
そのおかげで前回は買えなかった福財布を購入できた。
もう金運を確実にしたといっても過言ではなく
黄金色の鳥居は最初見た時には爆笑したが
ご利益在りそうな気が満載なのである。

そして予約のお店に入ると、とおされた部屋に飾ってあったのは
なんと宝船である。めちゃくちゃ縁起が良いではないか。

長き夜の 遠(とお)の眠(ねぶ)りの 皆(みな)目覚め 波乗り舟の 音の良きかな(回文)だ。

今年はさらに良い年になりそうである。ふふふ。
「思い込み」から「不思議なパワー」はうまれるのだ。

008

budoubatake at 18:40コメント(0)トラックバック(0)元気 

2017年01月28日

002












葉室御霊神社である。
1月なのにもかかわらず汗ばむほどの陽気に恵まれ
参拝できて光栄だ。この「神」という文字には見覚えがある。
来てよかった。

しかも当日気付いたのだが、なんと旧暦の元日だ。
ウルトラ特別な日ではないか。
すばらしい初詣となったし、導かれてるのだなと
誇らしい気持ちになったのは、やや自意識過剰である。

001













004

005

003






































幸運なことに、いちどだけお会いできた葉室鮠爾気鵝
感謝の気持ちをかたちにできた事って
ものすごく満ち足りた気持ちに包まれる。
彼から受けた影響は計り知れないのだ。

しかしあまりに無防備な神社なのであり
お供えやお賽銭がその後どうなったのかは
やや心配なのである。

budoubatake at 23:44コメント(4)トラックバック(0)元気 

2017年01月25日

003












母親が長野県出身である。
したがって、私は幼い頃から野沢菜には親しみがある。
長野ではお茶うけに野沢菜が出るというのは本当だ。
いちにち中テーブルに野沢菜があり、それがまた
とろりとした舌触りがあり最高なのだ。

しかしながら名古屋で購入したり、長野でも高速の
サービスエリアでは、こんな茶色の野沢菜には
お目にかかることなど皆無である。
しかし、長野の普通の家庭ではあんな緑色鮮やかな野沢菜など
見るよしもないのである。保存料や着色料まみれのものを
地元では食べない。

冬になると母親の兄弟が送ってくれるから、今も
おいしい野沢菜が食べられてしあわせである。

そうそう、野沢菜といえば、唐突だがTOTOなのである。
彼らが来日した際に、もっともお気に召したのは
なにをかくそう、野沢菜なのであり、そこで生まれたのが
あの名曲。
「Rosanna(ロザーナ)」なのである。
「野沢菜、野沢菜」と連呼していた時に、ふとあのサビと
ドラムのイントロが浮かんだのだと聞いてる。
ジェフ・ポーカロはお茶漬けにするのを好んだというぞ。
ウソである。



budoubatake at 22:43コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月24日

515WKdL9w8L
















私とキューバ音楽との出会いは、思い起こせば
グロリア・エステファンなのであり、当時のアルバイト
小倉君の持ち込んだこのアルバム「Mi Tierra」だ。

1990年代半ば、もう英語の音楽に飽き飽きしていたし
Something Newを追い求めていた時に出会った。
ジャケットも内容もすばらしく、ときめいた私だ。
何を歌っているのかわからないところが、まず
良いのである。音色と歌い方だけで想像して
その世界観を味わうのだ。

それからサルサも踊ったな。
上手にはなれなかったけど。

そんな私に吉報が来た。
キューバの音楽祭に10年以上招待されて続けている日本人が居るのだといい
名古屋でライブをしたいのだという。
おお、ぜひぜひ!
ってな具合でライブが実現するので告知しておく。

ご存知のようにキューバという国は音楽大学を出て
ポピュラー音楽を演奏するような国だ。
その耳の確かさはとんでもないレベルなのであり
そこに招待されるアーティストさんだ。
期待せずにはいられないよね。


  = 記 =

 名古屋「キューバの見える夜」(マコト・誕生月ミニツアー)
日時:2月17日(金)Open18:30、Start19:30
場所:葡萄畑ハノハノ
出演;ドス・ソネス・デ・コラソネス/Dos Sones de Corazones
   mUcho (ムーチョ) ギター&コーラス
   Makoto (マコト) ボーカル
料金:2800円(1Food,1Drink以上のオーダー要)


東京在住、キューバの国際音楽祭へ毎年演奏に呼ばれるデュオで
名古屋の素敵なハワイアン・ダイニンへ初出演が決まりました。
デュオのボーカル、Makotoの誕生月ミニ・ツアー、感謝を込めて
2/17金曜日に最高の乾杯をできることを楽しみにしています。

16114937_1210588505689241_8087520050368385735_n




budoubatake at 00:34コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2017年01月21日

001












出会うべき人にはちゃんと出会えるようになっている。
いっけん不思議なご縁にも、ちゃんと宇宙の意図があるのだろう。
「ミラクル」と、たったひと言で片付けるのには
やや抵抗があり、たいせつにしたいご縁を
一期一会の初期段階の初期と呼びたい。

DiceKくんは、初対面なのに
もう、ひとつひとつの繋がりを
言う事すら面倒なくらいに多方面で
多岐にわたりご縁を感じた。まるでガジュマルの樹のように
うつくしく複雑に絡み合っているのである。

何オクターブ出るのかわからないが
途方もないボーカリストだ。
自由自在に歌えるって、こころからうらやましい。

彼のユニットnadaは要チェックだ。
きっと名古屋でも聴けるチャンスがあるだろうから
また告知するので、その際はヨロシクである。

JST西さんには感謝感謝なのである。

budoubatake at 23:47コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月19日

misc-g-harrison-anglia03
















運転免許の更新だった。
めでたくゴールドから水色に格下げになるということで
朝から滅入っていた。

問題は視力検査だった。
最近急に視力が低下している。
しかも当日は極度に寒く常に涙目だ。
丸のどっちが欠けているのかを答えなければいけないが
へたをすると丸がある事すらも認識できないのだ。
おいおい、である。
普段運転する時にはメガネをするが駐車場に置きっ放しだ。
しかもとても遠いところに置いてある。
取って来いと言われたら寒いからいやだなと思いつつも
「わかりません」と答えると
「じゃ、これは?」とおなじ大きさのまるを指す。
何度も繰り返してくれる。
おや?
ひょっとしてこれは温情なのではないのか、と
当てずっぽで答え続けたら「はい、OKです」
「まじですか?」と言ってしまったぞ。
「でも次回の更新の時にはメガネ持参でお願いします」
免許証に眼鏡等とは書かれていない。

温情には感謝するのだけれど、よくよく考えたら
こういう「やさしさ」が高齢者の事故につながっているのではないかと
自分の事は棚に上げてちょっと憂いたりする私である。

budoubatake at 22:45コメント(2)トラックバック(0)元気 

2017年01月18日

maxresdefault (1)








「耐えること」「行動すること」このふたつで
高められない人生はない。

見えるものが全てではなく、見えるものは
見えないものによって成り立っていることを
忘れてはならない。



アーサー・ホーランド牧師のことばは
突然に深く響く日がある。

彼のいちばんのメッセージは「You are Loved」
あなたは愛されているということだ。




budoubatake at 19:48コメント(0)トラックバック(0)元気 

2017年01月17日

jpg









Living is easy with eyes closed.
It doesn't matter much to me.

目を瞑ってしまえば生きるなんて楽勝。
ま、どっちでも良い事。

budoubatake at 19:47コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2017年01月15日

hawaii 2006 032












『空いろのくれよん』の一節。
とつじょ現れる前後関係のないひと言。
「ぼくはきっと風邪をひいてるんです」
この部分が好きである。

やたら寒いですが、あったかくしてくださいね。



budoubatake at 19:16コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2017年01月14日

LZZZZZZZ
















ここ数日、ピンクフロイド以外すべて受け容れられないという
途方もない事となっている。リアルタイムだった『The Wall』が
やっぱり心地良い。当時は雨戸を閉めて真っ暗にして聴いたものだ。
今のように情報がない分だけ、聴き手にも想像力が必要だった。




budoubatake at 19:41コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2017年01月13日

20160404182620
















私の中での吉田美奈子の最高傑作は山下達郎の『Futari』だ。
大瀧詠一の最高傑作は『夢で逢えたら』なのであり
吉田美奈子は不満たらたらなのであるが
数ある『夢で逢えたら』のなかの最高峰はやはり吉田美奈子なのであり
近年の日本のポップスの歴史上、さけてはとおれない存在なのである。

フラッペの中にいるような本日なので聴いてみたのだが
1976年の作品らしい「いきおい」がある。
クリエイティブな「輝き」がある。

しかしながら調べてみるとフラッペとフラッパーの意味は
まったく交わる事がないのだと本日知ったのである。
超クールだからフラッペ。
その比較級でフラッパーであり、きっと最上級は
フラッペストのなだと勘違いしていたのだが
知る事ができて何よりである。

budoubatake at 14:50コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2017年01月11日

_SL1300_
















ピンクフロイドのコピー&パフォーマンスをする
Brit Floydの動画を発見して観察させていただいた。

すげぇな。
ほんとうに凄い。

レコードと寸分たがわず再現しつつ
オーディエンスを興奮の坩堝へといざなう。

これだけの演奏力があったら
オリジナルをやったほうがたのしいに決まってる。

あ、そっか。

ポール・マッカートニーにしろストーンズにしろ
世界中でおなじ演奏を繰り返すのだから
言ってみればBrit Floydもおなじようなものか。

自分のためでなく、相手のためだけに演奏するのには
じつはとっても強いハートが必要だ。
その瞬間の閃きを音に変換できないことは
ミュージシャンにとってはこのうえない不自由だ。

寸分たがわず毎回演奏することの苦痛を
オーディエンスは思いもしないのだろう。

Brit Floydのショーはいちど経験してみたいものである。
YouTubeは2時間以上あるので夜のしじまの中
安眠への招待状としてご利用ください。



budoubatake at 14:28コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2017年01月09日

100210-13_choice0030



























エディ・カマエに会いたい、絶対に会う!
そうこころに決めていたのに。

本日叶わぬ夢であることを知らされた。

涙が出た。
ポロポロこぼれた。

ほんとうに会いたかったのに。

だから訃報を聞いた第一声は「バカヤローーーーーーっ!」なのである。
神さまに向かって暴言を吐いても良い日があるとするなら
まさしく本日なのである。

彼に会いに行ける状況をつくれなかった自分にも当然
「バカヤローーーーーーっ!」だ。

ほんとうに悲しい。
くやしい。

「バカヤローーーーーーっ!」

budoubatake at 03:10コメント(2)トラックバック(0)アロハ・スピリット 

2017年01月06日

6b073ec5f53f1ba08de6e6b6076c2fc0







成人式は、はるか昔の出来事である。
買ったスーツは、その一度しか着ていない。
J Pressだったかな。
そんな時代である。

厳密には、まだ19歳なのに成人式ってのは
なんだか気が引けた記憶がある。
しかしながら当日は大酒を飲んだな。

やすまさ君の家だった。
でも最初につぶれて寝てしまったのはやすまさ君であり
ふと気づくと「おいおい、こいつ起きとるぞ!」と
熟睡中のやすまさ君の目蓋に目を書いたのは道彦だ。

20歳なんて、いたって子供なのである。
しかし、その道彦を含めみんな今も子供なんだよな。
初老のくせに。

息子は2月生まれなので、おなじく19歳で成人式を迎える。
感慨深いはずなのに、自分の成人式を想うと
自分よりずっとおとなのような気がするのである。

唐突だが、成人式は1月15日ってのが良かったと思うのは私だけか。
1983年1月15日はついこのあいだのような気がしている。

budoubatake at 22:19コメント(0)トラックバック(0)元気 

2017年01月05日

banner-blues-beatles
















Blues Beatlesである。
どうやらポルトガル語圏の人たちだ。
なのでHPを見ても素性はわかんないのだが
音楽は国境を超えるのである。

Ticket to Rideなどはひょっとしたら
最初はこんなふうに作ったのかも知れないな、などという
気持ちにさせるくらいのすばらしい出来だ。
YouTubeを見ると8分を超えるYesterdayとかも秀作で
意外に楽しめる。

ビートルズのカヴァーやコピーはあまり好きではないのだが
これは、あっぱれ!
ただ、スーツにバスケットシューズの意味が知りたい。





budoubatake at 21:23コメント(0)トラックバック(0)ワインを美味しくする音楽 

2017年01月04日

13892190_1011238058997374_5949369556778653062_n
















毎年のたのしみは年間星占いだ。
http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/bltmblty2017/bltmblty.html
石井ゆかりさんのは、とてもポジティブなので元気がでる。

budoubatake at 21:10コメント(0)トラックバック(0)元気 

2017年01月03日

IMG_20170105_185043



























明けましておめでとうございます!

でも、どうして「おめでとう」なのかを考えてみる。
今この時間を、ひとつの節目をごいっしょできる事に
感謝したり、しあわせを感じたりできるってことは
おめでたい事なんだよね。
何気なく使う新年の挨拶もよくよくかんがえたら
とっても素敵なことばなのだ。

そんな事、若いころは考えもしなかった。
当たり前のように明日が来て新年も来る。
そう思ってたんだよね。
いっしょに「おめでとう」を言えない人を想うと
若かりし頃の「当たり前」があたりまえではなく
今をしっかり生きなきゃって気持ちにもなる。

2017年、世界中が平安でありますように。
やすらかで、すこやかで
すべてはうまくいきますように。
あなたがしあわせでありますように。
笑顔溢れますように。

今年もたくさんたのしみましょう!

budoubatake at 20:53コメント(0)トラックバック(0)元気 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ