2018年04月

2018年04月29日

tomomi20180428











ミッチュリー × 鈴木智貴
ピアニカとウクレレにパーカッション。
良いライブでした。
ウクレレはいろんな楽器と合わせ易いし
合わせることで相乗効果がある。

GWの初日にもかかわらず満席。
すごい。

動画もアップしておく。
マイケル・ジャクソンのカバー。




なにをかくそう、この私も数年前に
ウクレレとピアニカでやってたりするので
付録として貼り付けておくぞ。ふふふ。




そうそう!ミッチュリーさんのレゲエアルバムは
とっても良くって、でも在庫少ないそうなので
急いだ方が良いと思うぞ。私は繰り返し聴いてる。

budoubatake at 18:15コメント(0)ワインを美味しくする音楽ukulele life 

2018年04月22日

1927 Duke Pool4












『時差のないふたつの島』より抜粋
          片岡義男

この一帯の海岸ほどに財産価値の高い海岸は
世界じゅうをさがしても、そうざらにはない。
その貴重なビーチのなかの、さらに一等地に
そのプールはこしらえてある。

海と平行に、縦の長さは100メートルある。
横幅は、35メートルだ。その35メートルの
横幅の中央に立ち、100メートル・プールの
ぜんたいを見渡すと、ゆったりとした気持ちになる。
そのプールは、プールとしては大きい。

プールの左側、そのすぐ外には、海が広がっている。
太平洋だ。プールの縁に立ち、海に目をむけ
太平洋ぜんたいの地図を頭のなかに描き出すと
いまの自分がどのような位置にいるのか
やがてはっきりと認識出来てくる。

太平洋のなかの、この島の位置は、とてつもない。
あらゆる陸地から自らを完全に切り離すために
なんらためらうことなく選んだ位置が、きっと
ここだったのだろう。すさまじく広い海のまっただなかに
かろうじて頭を出している海底火山の小さな島の縁に海岸があり
その海岸の縁に、このプールがある。

夕陽の時間が、ほぼ終わったところだ。
太陽は、すでに沈んでいる。
太陽が沈んだ地点から西の空にむけて立ちあがり
広がっている残光も、いまではほんのわずかだ。
プールの縁にしゃがんで視線を低くすると
ワイキキに増殖をつづけるコンクリートの高層建築群の
いまはひとつにつながったシルエットとしての
スカイラインが、プールのよどんだ水に映る。

海の、途方もない広がりの彼方から、夕方の風が
おだやかに吹いてくる。ふりかえると
ダイアモンド・ヘッドがすでにシルエットだ。
そして正面には、ワイキキの海をへだてて
ワイキキのコンクリート・スカイライン。
そのシルエットのなかに、無数と言っていい数の明かりが
おたがいに重なりあうようにして、その鮮やかさを深めつつある。

プールの右側には、プールの全長に沿って
石でつくったおだやかな傾斜の階段が十三段ある。
これは、観客席だ。そしてその観客席のうしろに
アーチのある壁が立っている。中央にひとつ大きくアーチがあり
それをはさんで両わきに、小さなアーチがひとつずつある。

アーチのむこう側に立ち、アーチごしに夕陽を見ると、なかなかいい。
アーチの上には、石から彫り出したイーグルがいる。
首がなかったり、主翼の端が欠けていたりする。
アーチのある壁ぜんたいも、そして階段のような観客席も
クラシックな雰囲気が漂うようにつくってある。
クラシックなもののみが持ち得る、おおらかな感触を
そのプールぜんたいは、いまでも持っている。

プールもアーチもそして観客席も、第一次世界大戦で
ヨーロッパへおもむきそこで戦死した、ハワイ出身の
兵士たちのためのメモリアルだ。完成して
一般に披露されたのは、1919年8月24日のことだった。

無料のパブリック・プールとして、地元の子供たちの
絶好の遊び場であったこのプールは、一九五〇年代にはまだ健在だった。

いまはすでにないが、当時はプールの縁に飛び込み台があった。
台は四つあり、いちばん低いのは10フィートだった。そして
20フィート、30フィートと、順に高くなっていき
四番めの台は40フィートを越えていた。

10フィートの台からは、プールのなかにむけて滑り台があった。
頂上にあるレヴァーを押すと、鉄の滑り台の滑りをよくするために
水が出てくるしかけになっていた。プールの水は海水だった
レヴァーによって出てくるこの水は、真水だった。
このプールのことを思い出すたびに、滑り台の感触がよみがえる。

いまは、『危険につき立ち入り禁止』の標識があり
水は汚れてよどみ、観客席にはごみが散乱している。

このメモリアルが完成披露された日に、まず最初に
プールに飛び込み、100メートルを鮮やかに泳いでみせたのは
デューク・カハナモクだった。彼とおなじくオリンピックの
チャンピオン・スイマーであり、最高のターザン役者として知られていた
ジョニー・ワイズミュラが、デュークの次に泳いだ。

1927 Duke Pool2



duke_kahanamoku

budoubatake at 13:28コメント(0)座・読書 

2018年04月18日

img_0
















福田事務次官のニュースを目にするたびに
オフコースの「Yes No」があたまの中で流れるのは
私だけだろうか。
許可を求める姿勢はオフコースっぽくもあり
どこか情けない女々しさを感じるが
辞任ですか。
男らしいですな。
ちなみにB面は「愛の終る時」である。



budoubatake at 20:52コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年04月17日

_SX425_
















鳴り物入りでこのアルバムが発表されたのは
2006年だった。
12年を経て聴いてみた。
(ずっと聴いていなかったのだ)

「なんじゃこりゃ?!」
松田優作のジーパン刑事である。

ビートルズの正規盤としては
もっとも醜いアルバムだ。
もう、きっと、永遠に聴かない。
(かも知れない)

budoubatake at 22:33コメント(0)元気 

2018年04月16日

_SX337_BO1,204,203,200_



























井本勝幸さんを今日知った。
すごい。
こういう人を応援したい。

肩書なんてなくったって
ひとをしあわせにできるんだよね。

ミャンマーの内戦をおさめた元僧侶。
東京農業大学、立正大学卒業。
しかも謙虚であり、本物。
とってもピースフルな気持ちに癒される。

彼の登場時間に合わせてあるので動画でどうぞ!



budoubatake at 19:22コメント(0)元気座・読書 

2018年04月15日

300

















Zepの2007年のライブを観た。DVDだ。
すごいな。
たまげた。続きを読む

budoubatake at 20:26コメント(0)レストラン元気 

2018年04月09日

20180187












デザイナーのニコラス・ダミアンとジュリエン・センスが
ジョン・レノン、デヴィッド・ボウイ、カート・コバーン
レナード・コーエン、セルジュ・ゲンスブールの
5人のシンガーソングライター(映画監督、小説家なども)の
直筆の手紙やメモを元にフリーフォントを制作した。

ジョン・レノンは John Font、デヴィッド・ボウイは David Font
カート・コバーンは Kurt Font、レナード・コーエンの Leonard Font
セルジュ・ゲンスブールは Serge Font と名付けられており
ダウンロードが可能。使用については個人のみOKで、商用は不可となっている。

budoubatake at 14:19コメント(0) 

2018年04月08日

001













Cubaのお土産。
その気持ちがうれしい。
わざわざ立ち寄ってくれることがうれしい。
なかなかできない。
見習わないとね。

budoubatake at 22:23コメント(0)元気 

2018年04月07日

30127067_1770747802987030_5081471717578292895_n

















第19回を数えるPalaka Party、ありがとうございました!
アラニさんからは会えば会うほどに影響を受ける。
このラーメンもおいしそうだし。

次回、記念すべき第20回はJST Nagoya Hawaii Festival最終日の
5月27日(日)に決定しました!お待ちかね!
KaMoku Takahashiさんも交えての
打ち上げ的な感覚でおたのしみいただけます。
20:30からの開催となりますが、ぜひぜひ!
みんなで盛り上がろう!
宮川君、次回もPAよろしく。

30261903_1772421302819680_1106786631023111384_n

budoubatake at 22:35コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年04月06日

ダウンロード (1)












さくらの咲いている時期に
雨が降らなかったってのは
私の人生の中でははじめてだと思うぞ。

本日の天気予報では「まとまった雨が降ります」と
言ってはいたが、すこし勢いがない。

花粉やら黄砂やらをすべて洗い流してくれるほどの
「恵みの雨」を期待したのだがな。
期待はずれだ。



budoubatake at 21:15コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年04月03日

TheGraduate-22













4月になると『April Come She Will(四月になれば彼女は)』が
猛烈に聴きたくなり、聴けば聴いたで、映画『卒業』を思い出し
『Scarborough Fair』まで聴いて完結する。
その流れは、毎年毎年なのであり、今や
年中行事と認定している。





Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme
Remember me to one who lives there
She once was a true love of mine

Tell her to make me a cambric shirt
Parsley, sage, rosemary and thyme
Without no seams nor needle work
Then she'll be a true love of mine

(On the side of a hill in the deep forest green)
(Tracing of sparrow on snow crested ground)
(Blankets and bedclothes the child of the mountain)
(Sleeps unaware of the clarion call)

Tell her to find me an acre of land
Parsley, sage, rosemary and thyme
Between the salt water and the sea strands
Then she'll be a true love of mine

(On the side of a hill a sprinkling of leaves)
(Washes the grave with silvery tears)
(A soldier cleans and polishes a gun)

Tell her to reap it with a sickle of leather
Parsley, sage, rosemary and thyme
And gather it all in a bunch of heather
Then she'll be a true love of mine

(War bellows blazing in scarlet battalions)
(Generals order their soldiers to kill)
(And to fight for a cause they've long ago forgotten)

Are you going to Scarborough Fair
Parsley, sage, rosemary and thyme
Remember me to one who lives there
She once was a true love of mine

budoubatake at 22:09コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年04月02日

akebono

















春は曙。やうやう白くなりゆく山際、すこしあかりて
紫だちたる雲の細くたなびきたる。

曙といえば、この曲だろう。
IZの歌う『Tengoku Kara Kaminari (Thunder from Heaven)』
akebono musasimaru and konishikiと
最初は耳を疑ってしまう。
とってもキャッチーな良い曲だ。




budoubatake at 21:54コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年04月01日

002













ハワイ本ライターの赤澤かおりさんご来店!
2009年発行の『Hawaii Book』のなかの
彼女のいちばんお気に入りのページに
サインを頂戴しつつ、最新の
『ハワイアン・プリント・ブック』にも。

共通の知りあいが多いと瞬間でともだちになれる。
Alohaな仲間が増える事は嬉しい。
お会いする、その瞬間までは著書多数の
雲の上の人だったのにね。

ご縁を頂戴したTakman Rythmさんに感謝!

017

budoubatake at 23:58コメント(0)座・読書 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ