2018年06月

2018年06月19日

20180620-00113330-soccermzw-000-view











仕事中だったが、PCを開いたら
ライブ映像が見られた。

ちょうど、この場面だった。
「え?レッドカード?」
やっちまったかと思いきや、逆だった。

PKは、香川の自信満々の態度から必ず入ると予測した。
結果はみなさまご存じのとおりである。
ネットが揺れた瞬間、鳥肌!

香川が雄叫びをあげた瞬間。私は思った。
「夢見てるのかな」「ニセモノのライブ映像なのではないのか」
それほどまでに信じられない光景だった。(真司だが)

自信満々にジャッジした主審を褒め称えたい。
なぜなら、開始2分でPKと退場を与えたら
その後、どんな非難があるのか。
考えただけでゾっとするのであり、その恐怖に
打ち勝たんという意思をキッチリ表現した主審は
とんでもなく勇気があるのだ。しかし
審判といえども人間だ。
「あまりにアドバンテージを与え過ぎたな」と考えても
不思議ではない。残り時間85分間のあいだ
「日本に退場者が出ませんように」
そうずっと祈っていたのである。

そう云う意味においてこのゲームのMVPは主審なのである。
VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)も採用された今
「何が起こるかわからないからサッカーなんだよ」
そういう言葉が死語化しつつあるが、このゲームをはじめ
おおよそ世界中が考えなかった結果が続出している。
何が起こるかわからない。

なにはともあれ、W杯においては8年ぶりの勝利。
南アフリカでのデンマーク戦以来なのである。しかも
待ち侘びた初戦勝利。
サッカーファンとしては最高の気分なのである。
この番狂わせは最上級のハッピーだ。感謝。

*次節25日の0:00キックオフ(日曜日深夜だね)
 セネガル戦は2FのHawaiian Villageにて熱く熱く応援するので
 よかったら、みんなで応援しよう!入場無料!


budoubatake at 23:43コメント(0)サッカー 

2018年06月18日

41F6P6SG2AL

















ハワイアンの曲をYouTubeで検索してたら
突如コニー・フランシスが出てきてびっくり。
すみません。
今日まで彼女がハワイアンアルバム出してたなんて
知りませんでした。っつーか、今の今まで。

いやはや、いいじゃん!
ウクレレも良い。
彼女の歌は日本人に好かれるタイプなんだろうね。



budoubatake at 00:17コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年06月17日

30743662_1007042279445736_1063081590617276416_n

















お客様が店内で電話していた。
「今、いつもの店にいるけど来る?洋食屋、わかるでしょ?」

そうか、うちって洋食屋だったんだ。である。
たしかにハンバーグもオムライスもあるから
あながち間違いではない。

1994年のオープンからボーダーレスなメニューだったので
ひとによってフランス料理だとかイタリア料理だとか
ワインバーだとか、いろいろそれぞれのお客様が
カテゴリー分けをしてくれていたが、洋食屋は
はじめて言われて、新鮮だったのである。
むかしの洋食屋のおやじに、今まさに肉薄しているのかと思うと
感無量であり、その道も悪くないとも思うのである。

budoubatake at 14:15コメント(0)元気 

2018年06月16日

20180606t

















Swing Stomp HawaiianはTabby Catsさんの
軽快なSwing Jiveサウンドで幕開け。


20180616b

















The Blue Lagoon Stompers(通称:ブルラグ)さんは
日本語ハワイアンで幕を開け、カラフルなサウンドは
ビートルズやマイケルジャクソンをも巻き込む
ネオじゃぱにーずハワイアンサウンドで会場をひとつに。
2FHawaiian Villageでライブ中の山内アラニ雄喜さんも
1曲参加して、心地良いグルーブ。

20180616bt

















アンコールは出演者全員によるセッション!
『On the Sunny side of the Street』は圧巻!
最高の一夜でした!
参加してくれたみなさま、感謝。
すばらしいオーディエンスでした。

20180616

budoubatake at 23:53コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年06月15日

001

















暑い日におすすめはソーヴィニヨン・ブランだ。
シャトー・ドゥ・クーセルグ南仏ラングドック。
ハーブの香りと柑橘系の味わいが
清涼感をもたらせてくれる。

肉味噌冷奴にちょいと檸檬のピールをまぶすだけで
日本の夏にぴったりの味わいになるぞ。

budoubatake at 20:39コメント(0)気軽なデイリーワイン 

2018年06月14日

Ebak
















『Catch-up Time』EbAk
エバ君のウクレレはやさしい。
80年代のシティポップス風の曲もあったりする。
それはそれでやさしいのだが、スロウでメロウな
それでいて、しっとりとセンチメンタルな曲の方が
彼の良さが実感できる。

ライブの時にはポールの『I Will』を奏でてくれたが
そんなかんじの曲でこそ、彼のウクレレは生きてくる。

アルバムのなかでは1曲だけ歌っていて
なんか、それがカワイイのである。
「伝えたい事があるんだよ。インストゥルメンタルじゃなくて
ことばでね。ストレートに伝えたいんだ」っていう
少年のようなひたむきさが歌から伝わってくるから
頬が緩んでしまうのである。

このアルバムのパーカッションやギター、ベース
そしてプロデュースはすべて過日ご紹介した金武功によるものだ。
良い仕事するなぁ。

ライブが終わった途端、また聴きたくなるアーティスト。
EbAk、金武功&小林宏衣
待ってるよ。

budoubatake at 01:52コメント(0)ukulele life 

2018年06月13日

003












じつは、さりげなく、ではあるが
ブラッシュアップのための投資もするのだ。
ボルドーのメドックに特化したセミナーに参加。

15種類のワインをテイスティングなんて
ぜんぶ吐き出してても、酔っ払っちゃうのである。
しかもグランヴァンまで登場しつつの
産地ごとの垂直水平を吟味するのは
ほとんどを捨てちゃうわけで
おおいにもったいのない事であるが
その無駄のなかからしか感じられない事もあるのである。
あれ全部飲んだ人もいるかもね。でもそういう人は
レオヴィル・ポワフィレ、ランシュバージュの頃には
ベロベロに酔っ払っちゃってるはずだ。

講師のお方と私では、わりと味わいの好みが違うので
味や香りの分析は理解できても総合評価は時折違っていて
それが勉強になった次第である。

budoubatake at 18:52コメント(0)ワイン 

2018年06月12日

51E6F8q8YcL._SX425_
















米朝会談。
ニュースは見ていないのでよくわからないが
リアルタイムで同時通訳を聞いていた。
とっても違和感があった。

どうしてトランプほどの経営者が彼をこんなに褒めるのか。
そして、なにも決めないのか。

黒電話くんは、政治家としては、相当に無能だという
判断を彼はしたのではないのか。

なにしろ年齢はトランプの半分だ。
見透かされても仕方ない。

たとえばウクレレを習いに来た生徒。
ある程度弾けちゃったら教える方にも緊張感が生まれる。
しかしながら、まったくなんともならないのなら
「お、弾けるじゃん」とか「イイね、バッチリ!」とか
褒めちぎるだろう。

つまりそういう事だ。

世襲する事がそもそもの間違いでなのである。
私はトランプを大統領としてではなく
優秀な経営者として観察している。

budoubatake at 23:51コメント(0)元気 

2018年06月11日

kanetake











『郷海』金武功
沖縄出身の彼なのだが、この作品は
いわゆる沖縄音階を強調したりしたものではなく
ほぼアコースティックギターに歌をのっけた
シンガーソングライターという作風なのだが
聴いていると、沖縄の素朴であたたかい人間関係の
風景が目に浮かび、そこにそよぐ風や陽の光までも包括し
こころのなかに降り注いでくるから不思議だ。

もう何回聴いたのかな。
すばらしい。

彼の存在を知ったのは2005年
友人のブログによってだったようだ。なのに
初めて聴くまでに13年もかかった。
しかし、何事にも巡り会うタイミングがあって
一瞬早くなく一瞬遅くない、こころに深く響く
絶妙な出会いってものが存在するのである。

budoubatake at 19:00コメント(0)ワインを美味しくする音楽 

2018年06月10日

20180610












突如二日前に決定したEb Akさんライブ。
まったく予期せず、ほぼ満席に。

いやはや。すばらしいライブでした。
Eb Akさんのウクレレはもちろんの事
金武功くん、ひろえさんの三声での
『蒼空〜君といた空〜』は超絶すばらし過ぎ。

アフターライブの雑談の中でアンコールしてみたら
気軽に応じてくれて、また楽器をかかえて歌ってくれた。

こころから音楽が好き。
カラダ全体からそれを感じるこの三人。
初対面なのに、とっても大好きになっちゃった。
でも話せば話すほど共通項が多くて、いわゆる
偶然とみせかけての、じつは必然の出会いという
「ご縁」を感じたのである。

また名古屋に呼びたい。
みなさま、応援よろしく!

budoubatake at 23:24コメント(0)ワインを美味しくする音楽ukulele life 

2018年06月09日

7cd3c072-s















深夜にTVをつけたらベッケンバウアーだった。
「W杯1970年メキシコ大会準決勝 イタリア×西ドイツ」である。

こんな頃のピッチ(グランド)ってほんとにひどかったんだな。
ボールが真っ直ぐに転がっていない。

この頃のサッカーを見てても当時の我々の
サッカーと五十歩百歩のような雰囲気だ。
前に蹴って奪い合う。
組織的なプレーではなく、個人技がものをいうのだ。
早野宏史の解説がおもしろくてずっと見ていた。

さて、「86年メキシコ大会準々決勝 アルゼンチン×イングランド」
伝説となったマラドーナの “神の手”そして“五人抜き”が
なんと当時の岡野俊一郎の解説でオンエアされるそうだ。
6月13日(水)24:50〜26:34 NHK-BS1

budoubatake at 19:44コメント(0)TVから元気をもらうサッカー 

2018年06月08日

Jimmy-McCulloch-1-770x462



 






病院で貰うおくすり。
もちろん調子が悪くて行く病院だ。
しかも、しっかりと待たされる。
最後の仕上げがおくすりである。
ちゃんと話を聞いているわけもなく
飲み始めて数日が経つと減り具合の
バランスがおかしい事に気付くのである。

おお、こいつ2錠ずつだったのか!
てなぐあいなのである。

「おくすりは、残さずに飲みきってくださいね」
それだけは覚えているのだが、さて
どうしたものだろう。

写真はJimmy McCulloch
当時はジミー・マッカローと片仮名表記されていたと
記憶しているが、今はジミー・マカロックである。
『ヴィーナス・アンド・マース』のなかの
『Medicine Jar』で反ドラッグを歌ったのに
ヘロインの過剰摂取でわずか26歳でこの世を去った。
まさにWhat's wrong with you?なのである。




budoubatake at 13:28コメント(0)元気ワインを美味しくする音楽 

2018年06月07日

003

















突然ドイツワインが飲みたくなって
10年ぶり以上経つだろうか
ひさしぶりに仕入れてみた。

このワインは私の原点ともいえるワイン。
こいつと知り合わなかったら
ソムリエにもなってないし、葡萄畑もなかった。

初夏に最適。
ジュースのようにガブガブのめちゃうのだが、ジュースなら
そんなには飲めんだろ、ってくらいの飲み口だ。

リープフラウミルヒとは聖母の乳の意。

budoubatake at 20:42コメント(0)気軽なデイリーワイン 

2018年06月06日

34385676_1811632308901848_2003568137248702464_n

























開催まであとわずか。
なんと!10回を数えます!
入場無料!感無量。
スケジュールにぜひ!

<よくある質問>
Q:知多半島道路は渋滞しますか?
A:事故とかないかぎり渋滞はいっさいありません。
  30年前とはぜんぜん違います。したがって
  名鉄でお越しの方も内海駅にタクシーが
  居ない場合さえあります。

Q:泳げますか?
A:もちろん!海水浴場です。(笑)
  30年前とは比較にならないほどの水質です。Enjoy!
  ブラジル人の水着の布面積はとても狭いです。Enjoy!

Q:お食事はできますか?
A:各種キッチンカーが自慢の料理で腕を競います。
  ぜひ会場でハワイアンフードを!
  
Q:駐車場はだいじょうぶですか?
A:小枡海岸に面した県営の駐車場すら閉会まで
  駐車が可能となりました。安心してお越しください。

Q:おおしまくんの出番は何時ですか?
A:12:55〜 Hoapili(with 九州小倉のかずちん)
  15:10〜 Nohea(with 東京よっちゃん、沖縄丈二くん、笠寺Hideさん)
  16:55〜 Palaka Ishihara BAND
  よろしく!

budoubatake at 00:14コメント(0)元気ワインを美味しくする音楽 

2018年06月04日

001












カワイイ缶バッジを発見したので
「第1印象から決めてました!」という
ポジションに設置してみると
おお、めちゃめちゃ似合うではないか!

弾いてみる。
OMG・・・・・

弦の振動で缶バッジが揺れて
やたらやかましいのである。
ま、アンプに通す場合には聞こえないと思うから
しばらくこれでいく事とする。

ちょっとしたマイナーチェンジはこころの栄養である。

budoubatake at 21:37コメント(0)元気 

2018年06月03日

41SAJD27WEL。













過日の深夜の帰り道、コンビニエンスストアの扉を開いた。
正面にお弁当やサンドイッチなどの棚があった。
そこで店員が、床に置いた買い物カゴのなかに
無造作に商品を投げ入れていた。いくら賞味期限切れとはいえ
食べ物を扱う者として、そういうゴミ扱いは
どうも気持ちが引けてしまう。

日本人のおばちゃんだったから、きっとオーナーなのだろう。
ここらへんでは、日本人のアルバイトはほとんど皆無だ。
しかしながら、指導する側が、そんな勤労姿勢で良いのか。
外人部隊のほうが、よっぽど丁寧で良い笑顔をしてくれる昨今だ。
いやぁな気持ちだけが残ったのである。




budoubatake at 20:10コメント(0)元気 

2018年06月02日

honmati










そろそろ名古屋城外堀の本町橋で
ヒメボタルが見られるのではないのか、と
検索してみたら、今年は、5月20日にピークを迎え
終了したと書いてあった。
「おーまいがー」である。

1976年、名鉄瀬戸線が移転(廃線)となってから
有名になったようだ。

都会の中でホタルを鑑賞できる街。
それが名古屋である。
しかし、残念。
来年はもう少し早くチェックする。

budoubatake at 20:14コメント(0)元気 

2018年06月01日

61-ueU46LQL._SS500
















6月の異称のなかでも、ひときわこころ惹かれるのは
「水無月」ではなく「風待月」である。
とくに解説する必要もないだろう。



budoubatake at 01:45コメント(0)ワインを美味しくする音楽 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ