2018年07月

2018年07月27日

800x_sub_image84723
























Fuji RockをYouTubeで見ていた。
何の気なしに今何人見てるのかと思ったら
7万人弱がYouTubeのLIVE映像を見ている。
すごいことだな。

生で聴く音楽は大好物である。
しかし、いつからだろう。
オーディエンスが全員、そろいもそろって
手のひらを右へ、左へとリズムをとる「ならわし」が
定着してしまったのは・・・・・
タオルをぐるぐる回すなんざ言語道断であり
自由に音楽をたのしませて欲しいものである。
あれは、どうも好きになれない私だ。

しかしながら、それを避けて遠巻きに観るのなら
米粒ほどにしか見えないし音も悪いだろう。
私のようなヘソ曲りたちは、やっぱ
YouTubeで見ていたほうが良いのかも知れないな。
その7万人のなかには私の「仲間」が居そうな気がする。

そもそもロックは自由の象徴だったはずである。
ま、不自由をチョイスする「自由」も在るのだけどな。



2018年07月26日

003














002













8月4日のフラレレの日。
こんなふうに君の楽器やケースに
Good Smileを貼っちゃうので
そこんとこヨロシクである。

budoubatake at 23:32コメント(0)元気 

2018年07月24日

image_big
















今年の暑さは、記録的なもの。
TVの気象情報などを見ていないのでわからないが
この暑さで気化した水分はどこに行っているのだ。

かつては、こんな日が続くと、きまって夕立があった。
突然黒い雲が湧き出して、どっさりと降ってきて
一瞬にして街をクールダウンしてくれる。
神さまの打ち水のように。
今年は、まったくない。
全然無いのも気持ちが悪いものである。

陽水が歌うように、空の水が全部落ちて来るような快感は
カエルとともに、盛夏のたのしみのひとつなのだがな。




2018年07月22日

320

























映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の
日本公開は2000年だったそうだ。
続編が出るなんて、思いもしなかったから
極上のプレゼントだ。

そうそう、8月10日は「名古屋、キューバの見える夜」
ドス・ソネス・デ・コラソネスのライブがあるから
ぜひ、真夏の夜を満喫して欲しいと思うぞ。




2018年07月21日

6b3df0580dfc12fa1f9efcd7dc292224
















昨年のチューリップのライブが財津さんのご病気で
中止になったのは残念だったが、見事に復帰して
ただ今、全国でライブを開催している。
名古屋は10月の26,27日。

45周年のチューリップ、安部さんの居ない
でもちゃんと安部さんを感じる45周年を
ぜひ見てみたかったのだ。

復帰後の関東でのライブに足を運んだ友人に
その様子を聞くと・・・・・あ。
チューリップファンはここからはネタバレなので進入禁止!

財津さんはギターもピアノも数曲しか弾かず
座っての歌唱だったそうだ。しかも1曲目は『約束』
ご病気で約束を果たせなかったけど、ちゃんと来たよ、という
メッセージなのだろう。それを想像しただけで泣けた。
なんて素敵なんだ。
私がその場に居たら号泣して周りの人から
顰蹙をかっていた事だろう。

比較するべきことではないかも知れないが
大腸癌から復帰した財津さんはそんな状態でも
みんなの前で歌いあげているわけだが、敬愛する
清志郎においては、喉頭癌から復帰した時
あんなにも熱いステージをしてくれた事を思い出し
キヨシロー!なんてすげえんだ!と
ふたたび感動してしまったのである。さらに
ありがとうを言いたい。







2018年07月19日

30743662_1007042279445736_1063081590617276416_n

















ワインを飲んでも、シメでお米が食べたい。
そんな人のために作ったのが
「赤ワインで炊いたオムライス」である。

いわゆるケチャップご飯ではなく同じ赤でも
赤ワインで炊いたバターライスを
ふわふわ卵で包みデミソースと食すメニューだ。

定石で言えば「たまごとワイン」は合わない。
ワインに相乗する卵料理は存在しないのである。

しかし、定石などブチ破りたいタイプである。
赤ワインたっぷりの炊き込みご飯と
おなじく赤ワインたっぷりのデミソースで
いとも簡単に定石を飛び越え
ワインと相乗するオムライスを開発したのは
もう20年も前の話だが、今もなお
多くの方に絶賛頂き光栄なのである。

昨夜も〆に食べてもらったのだが
疲れ果てていて伝票付け忘れてしまい
無料でサービスしてしまった私なのである。

暑さのせい、だ。



budoubatake at 14:09コメント(0)元気 

2018年07月18日

ikoku
















『李香蘭』『異国の丘』は、それぞれ三回以上観た。
浅利慶太さんからは、とてつもなく影響を受けたのだ。
感謝の気持ちでいっぱいだ。
合掌。

2018年07月17日

37340122_1870162976398436_8304236421191827456_n

















素朴な疑問である。
「ダージリンティーでも飲みませんか?」は
三河では、どう表現するのだろう。

「ダージリン飲みりん」なのか
「ダージリンしりん」なのか。

でも私的に、しっくりくるのは、スッキリと
「ダージりん」なのであり
日常的に使われていたら、ちょっと素敵な響きだ。

budoubatake at 01:14コメント(0) 

2018年07月11日

001













昨夜は、なぜかSPAM好きの多い日で売り切れた。
ってことで、朝一で買いに行った。
3缶をレジに。

「こちら、よかったらお使いください」
SPAMオリジナルのショッピングバッグが差し出された。
「え?うれしい!ありがとう。いくつ買うともらえるの?」
「キャンペーンやってたんですけど終了してまして3缶につき
残りの景品がなくなるまでですが、やってます」

おお、ぐうぜんの3缶が超ハッピーなおまけ付!
ついてる、ついてる。

明日も買いに行ってみようかと考えるのだが
「あさましいヤツだ」と思われるかな、などと思ってしまう
いわゆる小市民(死語)の私なのである。

budoubatake at 21:17コメント(0)元気 

2018年07月08日

paulmccartneywings_bandontherunnineteen_3qa8

















長い雨も去る時が来る。
空を見上げるとC-moon。
うつくしい三日月。

かならずこの曲を口づさんでしまう。
この曲はリンダ・マッカートニーのイメージが強くって
感傷的になってしまう。




budoubatake at 22:50コメント(0)元気 

2018年07月05日

5007b9












「おおしまさんビートルズ好きでしょ?ヘフナー使わん?」と
このベースを譲ってくれた友人が亡くなった。
学校はちがうが、同級生だ。
あんなに明るいヤツ。
みんなの役に立つヤツなのに
どうして俺よりも早くいっちゃったのだろう。
神さまの采配は、時に不可解である。

このヘフナーがあったから、第1回のウクレレフェスで
「大吉」というユニットをつくってBassを弾いた。
それを見た伸さんが「アラニさんのバックで弾かない?」と
誘ってくれたからPalaka Ishihara BANDがうまれ、その後幸運にも
Izumiちゃんのバックで弾いたりNoheaってバンドができたり
今年はHoapiliもベースで参加。いつの間にやらベース弾きだ。
そういう不思議なご縁が重なり重なって、今がある。

このヘフナーが、ずいぶんと私を取り巻く環境を変えたのだ。
たかが楽器だが、とんでもなくご縁を運んでくれた。
運命を変えたと言っても過言じゃない。
生きてる限り、ともみちくんの分まで弾きまくる所存だ。

budoubatake at 21:49コメント(0)元気 

2018年07月04日

30708592_1133945700081591_3600365243357724672_n




















「海が見えるところで暮らしたい」漠然と
そう考え始めて半世紀が経とうとしている。

書店で「Carifornia Style」って雑誌を発見して即購入。
すげえ!まさに理想的な家だ!
そう思ったのはタレント田中律子の沖縄の家だった。

良いなぁ。
水平線と並行のウッドデッキのベランダ。

台風の日は恐ろしいだろうな。
でも、それはそれでうらやましい。

budoubatake at 21:00コメント(0)元気 

2018年07月03日

1985-Bali-Poppies-Lane-Ric-Chan-063











7月の異称「愛逢月」ってのは七夕に由来したことばだが
なんともロマンチックで気に入っている。

Back Where I Started

Dancin' backwards, wound up in another place and time.
No way of knowing where I was headed to.
Baby, I was running away like always.
Sure wasn't ready for something new.

How did I wind up back where I started?
I'm so glad I found you there

Time was wasting away, like water through my hands.
Blood was dripping from my soul.
Caught up in emotion, emotion that is every man
Spinning out of control.

How did I wind up back where I started?
I'm so glad I found you there.
Yes, I'm so glad I found you there.

Seems like I've known you for a thousand years,
Seems like I've watched you grow from a child.
It's hard to remember the first time I saw your face
With the moonlight in your smile.

How did I wind up back where I started?
And I'm so glad I found you there.
I'm so glad I found you there.
Oh, I'm so glad I found you there.
And I'm so glad I found you there.



2018年07月02日

004












ブルベリー、ポルタル・デル・モンサン
スペイン産、カタルーニャ州の赤ワイン。
ガルナッチャ50%、シラー30%、カリニェーナ20%。
ALC.14.5%もあるけど、程よい果実味と濃さ。
タンニンは柔らかくバランスのとれた味わい。

このエチケットの象徴するとおり、飲めば飲むほどに
色とりどり、いろんなベリーの味わいが愉しめる。
原料はブドウなのに、どうしていろんなベリーなのだろうね。
本当にワインっておもしろい。

ストロベリーフィールドで風祭東と飲みたいワイン。
ってことで仕入れてみたワインなのだけれど
ライブ当日飲んでくれたみなさま、ありがとう!

ダウンロード (1)

2018年07月01日

002












風祭東さんのお部屋にようこそ
というコンセプトのライブ。

彼の演奏するギターやピアノ、ベースの
弾き語りを堪能できるライブだ。

なつかしのAlwaysのナンバーから最新曲
そしてビートルズやウイングスまで
リラックスした雰囲気の中
極上のサウンドを満喫したのである。

『A day in the Life』や『Tomorrow Never Knows』を
ギター1本でよくもまぁ、ここまで再現するとは。

『Tomorrow Never Knows』ではギター1本なのに
なぜかシタールのような倍音を感じるし
『A day in the Life』はご存じのとおり
ポールとジョン個々のらしさのつまったAメロBメロに加えて
サイケな間奏部分、それを独りでもそれらしく、ってのは
風祭東ならでは、なのであり、みんなに聴かせたい。

311の復興支援団体「ビートルズのチカラ」を名古屋でも。
そんなお話を頂戴したのでぜひ、名古屋のビートルマニアの
みなさまにはご協力よろしく!なのであり
全面応援体制なのである。

amma20180701


















アンコール曲も終わって、BGMを流し始めたのに
拍手鳴りやまず。で、やってくれたのが
ウイングスの『Silly Love Songs』
オーディエンスも一体となって合唱隊と化した
のであり、興奮の坩堝なのであったぞ。
みなさまありがとうございました。

今回は早い地点で満席となってしまったため
お声掛けできなかった人たちにも、次回は
早めにお知らせするので、ぜひぜひ!

Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ