2019年06月

2019年06月30日

gp20190630














大阪ギターパンダは最高!でした。

2019年06月29日

71nHvxn7jRL._SS500_

















お月様に逢えない日がつづくと
気が滅入るね。



窓に君の影が ゆれるのが見えたから
僕は口笛に いつもの歌を吹く

綺麗な月だよ 出ておいでよ
今夜も二人で 歩かないか

窓を開けて君の ためらうような声が
僕の名を呼んで 何かささやいてる

綺麗な月だよ 出ておいでよ
今夜も二人で 歩かないか





2019年06月28日

51bwsxAvX9L._SL500_














現在の人類が生き延びられたのは
『虚構を信じる力』なのだという。

そう思って見渡すと、世の中
ほとんどのものが虚構である。

できるだけスリムに虚構を排除して
思考回路を整えようとすればするほどに
虚構に支配されている現実を知るのだ。

budoubatake at 19:15コメント(0)元気 

2019年06月27日

utumi20180922













まもなく参院選だ。
投票率は厳しいだろう。
投票日が7月21日。
レジャー日和である。

経済が減速しているのに消費増税をする与党には
投票したくないのだが、野党のていたらくを見てると
「どうでもいいわ」とも思えてしまう。
海に行く方が健全と言えそうな状況。

budoubatake at 19:05コメント(0)元気 

2019年06月26日

images










25歳の時だったと思う。
国道22号線を北上していた。
夕方5時過ぎ。
古城の交差点はそんな時間帯は、片道3車線なのに
いちどの信号では渡れないほどの渋滞なのだ。
ゆるい下りになっている、信号から80mほどの場所に
私は居た。ふと空を見ると眩しい光が見えた。
飛行機かな、と思ったらすさまじい速さで
ジグザグに動いたのだ。

瞬時にまわりを見渡した。おりしも渋滞中。
見てるの俺独りじゃないよね?!である。
だれも空なんか見てなかった。
扉を開けてみんなに教えようかとも思ったが
そうこうしてるあいだにクルマが動き始めた。

上空何千メートルでジグザグに動ける飛行機なんてない。
あれはUFOだと今も思っている。




budoubatake at 19:26コメント(0)元気 

2019年06月25日

2L-00546
















あまりに聴きすぎて聴かなくなったCDって
わりとあったりするのだが『Hotel California』も
その一枚だ。ま、聴きすぎるほど聴いたのは
カセットテープだったけどな。

ある日突然『New Kid in Town』を聴かなきゃ死んじゃう!
という日が訪れてCDで購入したのだが
イーグルスを聴きたい日ってのは、すなわち
『The Long Run』を聴きたい日であって
そのいちまいで完結してしまう。
『Hotel California』に到達する日は皆無だったのだ。

本日、突然『Pretty Maids All in a Row』から
『Try and Love Again』を聴きたくなって
最初から聴いたら、これがなかなか良くって
只今3回り目である。

2019年06月24日

noheahv






















よっちゃんの歌声。
すごいっす。
ハワイです。
万障お繰り合わせの上
ご参加お待ちしております!

2019年06月23日

Izm20190623











IZUMIちゃんのライブのサポートでBassを弾いた。
いつもながら、すばらしいパフォーマンス!
すばらしい歌声。

今夜はフラがたくさん入って賑やか。
カネダンサーは特に盛り上がるね。

じつは、前日に包丁で左手の薬指を切ってしまい
当日は血まみれにならないか、ハラハラだったのだ。
なんとか乗り切りセーフ!

みなさま、ありがとうございました!




2019年06月22日

ダウンロード









かつて、日本は「単一民族国家」と言われてたり
やたらと「国際化」が謳われた頃があった。
1980年代だったろうか。
世界デザイン博が開催された89年ですら
外人はあまり見かけなかった。

今夜のハノハノのカウンターは中国人二人と
アメリカ人独り客。

中国人の方は「ガーリックトーストで有名なお店ですよね?」と
「今まで2回来たけど、二回とも貸切だった、ようやく入れた」と。
まじか。
ガーリックトーストで有名になった記憶はないので
どっかほかのお店と勘違いしているのではないかと思われるが
何を出しても「おいしい!おいしい!」と笑顔で食べてくれたので
私の知る中国人とは異質の人たちが進出しているようだ。
二回も入店できなかったお詫びに軽いオードヴルを
サービスしたら狂喜していた。

アメリカ人は二度目の来店。
前回見たこともないクレジットカードを出されて
びびりながら機械を通したが問題なかったので彼を記憶している。
今夜は前回よりたくさん食べたのに現金で支払っていった。
どうしてだろう。

Youは何しに日本へ?

すごい速度で世界はひとつに成っているのに
どうして政治の世界は諍いを好むのだろうね。

おれたち国際派!

budoubatake at 22:29コメント(0)元気 

2019年06月21日

R-5512301-1498642310-4124.jpeg

















同窓会帰りに、ふらり、と
独りで来てくれた人と語っていた。

同窓会って、いろんな思いが交錯する場所だよね。

きっと、そんな場所でしか会えない人と語れるのは
こころの財産になる。

私の場合、同級生は57歳。

いまさら「同窓会は不倫の温床」などと声高に
言うような年齢でもなくなった。
どちらかといえば、それを推奨したい気持ちである。
そんな事でハートが若く健康で居られるのなら
ぜひ当時成し遂げられなかった事を
達成して欲しいと応援したいくらいの気持ちである。
「健康第一」のお年頃だ。

でも、そんな話はどっちでも良くって
あの頃、あんなふうに物事を考えてた人が
今現在、どんなふうになっているのか。
興味があるし、ソソられるひとには
深くインタビューしてみたい。

友人の中にもテストのたびに赤点で補習受けてたやつらが
裁判官になってたり、弁護士になってたり検事だったりして
意外な人生を送っていると聞くたびに、当時
「不良」とレッテルを貼られていた人たちを想うのだ。

今振り返れば、枠にハマりたくなかった
籠の鳥では居られなかった、ささやかな自己主張である。
彼らはきっと「大物」になってるような気がするのだ。

数人の顔がすぐさま目に浮かぶ。
会いたいな。
インタビューしたいな。

もちろん57歳である。
現存している人も居れば、もう会えない人も居る。
それが57歳なのである。

もう会えない人たちにも「会いたい」と思うと
そっちに迎えられちゃうのかな、と
心配になる年頃だ。

同窓会、出席しますよ!
ぜひぜひお誘いくださいね。
である。





budoubatake at 01:05コメント(0)元気 

2019年06月20日

814d4291Z6L._SS500_
















「おおしまさんってハワイアン好きじゃないんだよね?」
「え?どうしてですか?」
「だってFBとか見ててもハワイアンの紹介がないから」

なるほどね。

FB見てたりする時間ってのは営業時間外だったりするので
そのプライベートな時間を満喫するための最適な
BGMをチョイスするんだよね。
お店の営業時間内はずっとハワイアンが流れてるから
スイッチを入れ替えてる。
ただそれだけなんだよな。

今お気に入りの曲はこいつだ!
ハーモニーもノリも演奏中の表情も最高。



2019年06月19日

41JpEzVlo6L._SY355_
















むかしむかしの話だが、高校生3年生の女の子
当時わたしの働いてたお店にアルバイトさんがいた。
卒業間近で、仕事を終え、明るい笑顔で
「今から彼とドライブに行ってきます!」と
帰って行ったのだが、高速道路で事故をして
運悪く出火し、彼女は亡くなった。
ドライバーの彼は大丈夫だったそうだ。
葬儀の日、なぜかわからないけど、ご両親の顔を見たら
「すみません」と口から出てしまった。
きっと意味はわからなかったろう。
私は彼女が亡くなる数時間前に会っていたわけで
高校生なのに深夜のドライブに行かせてしまった事
なんか引っかかっていたのだろう。

帰り道、クルマを運転しながら思ったのだ。
世界はまるで変ってしまったのに
目の前の景色はまったくいつもどおりではないか。

なんでなんだ?
あたりまえなのだが、すごく違和感があった。

清志郎のこの歌を聴くたびに彼女を思い出すのだ。




2019年06月18日

que-10140425505


















6月といえば梅雨。
雨といえば三善英史である。

小学生だったな。
どうしてこのシングル盤を買ったのかは
まるでおぼえてないけれど
なんか響いたんだよね。
最初で最後の演歌。

ちなみに人生最初に買ったレコードはこれではなく
ピンキーとキラーズの『恋の季節』である。

今年の梅雨はまったくもって梅雨らしくなく
雨も降らなければ湿気で汗だくになる日もない。
真夏の水不足が心配である。

budoubatake at 20:47コメント(0) 

2019年06月17日

122289777309316123051















自転車を盗まれて買いなおしたけれど
コンパクトでしゃれたデザインの折りたたみにしたら
これがめっちゃ疲れるのである。
歩くよりも早いが歩いたほうが楽なのだ。
ゆるい坂道でぜーぜー言ってしまう。
2ヶ月がんばったけど、もうだめ。
あたらしいのを買った。

今年に入って、なんと3台目。
Amazonから届いても、組み立てるのに
15分と掛からなくなったが、それって
必要のない能力なのである。

budoubatake at 19:58コメント(0)元気 

2019年06月16日

kamalos













カマカニ・オ・ハワイvsロスト&ファウンド
2年ぶりに開催される二組のライブに
今回は、山内アラニ雄喜、KaMokuさん、かずちんなど
多彩なゲストが駆け付けてうりゃうりゃなライブになった。
すばらしかった。
二組とも成長していた。
継続は力なり、である。

良いなぁ、バンドやりたいな。
なんて気持ちにさせてもらったぞ。
感謝。
合掌。

kamakan



2019年06月15日

kin

















「金武功、沖縄を唄う」はすばらしかった!
ほんとうに良いライブだった。

ニューアルバムを作って欲しいな。
曲もタップリあるようだから。

突然やってくれた『なごり雪』が素晴らしくて
今まで素通りしてた音楽に
ホロっと涙がこぼれた。

またかならず名古屋に呼びたい。
来てくれた方々には心から感謝。
金ちゃんひろえちゃん
すばらしい時間をありがとう。



2019年06月14日

20161225011841094s













『帰ってきたヒトラー』って映画を偶然に
TVで見た。とてもよくできていた。
いわゆるSFもので。自殺したはずのヒトラーが
タイムスリップして現代によみがえるというものだ。

ヒトラーに扮したコメディアンなのだと思われ
誰も本人だとは思わない。しかし、彼の発言は
どんどん市民権を得ていく。

超ブラックなSFなのできっと賛否両論の嵐だったと思われるが
日本では2016年に公開されたようだ。知らなかったな。

なにも期待せず、TVからタレ流されるこの映画を見ていたら
空恐ろしいというか、ゲルマン民族の嗜好性や
ヒトラーのカリスマ性がリアルに描かれて、なんか
釘付けになってしまった。娯楽映画なのだろうが
考えさせられる。おすすめ。

2019年06月13日

北海道_札幌/羊ヶ丘展望台_夏













友人のひとちゃんが夢に出てきた。
「おおしまさん、知っとる?北海道の土地、どんどん
中国人が買い漁っとるんだわ。おれ、決めた。
北海道、全部買うわ」
現実の世界に居ると途方もない話なのだが
夢の中の私は真剣だ。
「ひとちゃん、それって誰に言われたか知らないけど
原野商法にひっかかってるだけじゃない?
気をつけなかんよ」
「もう後には引けんのだわ!」と
ひとちゃんの力強いひと言で目が覚めたのだが
いやはや。
ボーイズビーアンビシャスではないか。

北海道を全部買うという発想。
夢の中での脳みその構造ってほんとうに不思議だ。
夢の脚本家に会ってみたいものである。

budoubatake at 17:58コメント(0)元気 

2019年06月12日

516405838_pic1_full











『ふぞろいの林檎たち』に使われてた頃から
『ステレオ太陽族』までの限定でSASが好きだ。
このビデオ、いつまで見られるかわかんないけど
なつかしい匂いが画面いっぱいに拡がる。
桑田君もエネルギーが満ち満ちている。
今のSASはプロ野球だけど、この頃は
高校野球だったんだよね。
いつ終わってもおかしくない環境。
だからその日できる精一杯を注いでいたんだよ。

余談だが、やっぱギターは大森君がSASだ。




2019年06月11日

msdj01

















ビートルズの『Let it Be』を聴いていたら
ジョージの『I Me Mine』で遠い昔を思い出した。

高校生の頃、川島なお美が大好きで
鶴光のオールナイトニッポンが
毎週の欠かせないスケジュール。
3時ごろからの、なお美ちゃんのコーナーは
翌日サッカーの試合がある日ですら
頑張って聞いたものであり
当然若くても走れなかった。

そう。
『I Me Mine』は「なお美マイン」と聴こえてしまい
なんとなく自分の曲のような気がしていたのだ。
若いってステキだぜ。



2019年06月10日

tya













FBを見てたら美味しそうな炒飯を発見。
すぐに真似してみた。
おいしいね。




budoubatake at 18:39コメント(0)元気 

2019年06月09日

41ETw+WHbJL._SX298_BO1,204,203,200_


















『ジョンレノンに恋して』
読む価値としては、どうなんだろう。

シンシアの言い訳がましいコメントに
ずっと付き合っているのは、正直
あまり居心地の良いものではない。
そりゃ当時、週刊誌などに、ない事ない事
たくさん書きたてられたのだろうね。

ジョンレノンが途方もなくどうしようもないヤツだとは
知ってはいるが、シンシアとの別れの時の彼は
腐りきっていて、今『青盤』を聴いているのだが
よくもまぁぬけぬけと愛こそはすべてなどと
全世界に向けて歌えたな、と
いつのまにやらシンシアに感情移入している自分にびっくり。

傷付きやすいのに、人を傷つける時は徹底的に痛めつける。

オノ・ヨーコやマスコミのつくりあげたジョンレノン像
『イマジン』を中心とした彼のイメージ
聖人像の対局を知りたい人にはお薦めだ。
読了。

budoubatake at 19:43コメント(0)Beatles座・読書 

2019年06月08日

AACDY3r














「ライダイハン像」である。
Justice for Lai Dai Hanというイギリスの団体が
世に訴えるために作った。
ライダイハンってのはベトナム戦争時の
韓国軍の残した負の遺産。
ご存じなかったらwikiってくだされ。

韓国って国はありもしなかった「強制連行」や
応募してきた「徴用工」を日本に訴えるが
自分のしてきたことに対しては
だんまり、ってあまりにもなんじゃないのか。

人間だれも、自分自身がスタンダードだと思っており
自分の考え方こそが正しいと思い他人を非難する。
非難する基準はもちろん自分の常識だ。
悪人ってのは、性善説では他人を見られない
可哀そうな人なのである。
自分のした事はきっと他人もするだろうと思い込む。

山ちゃんが優ちゃんに合鍵を渡したって話で思い出したが
独り暮らしをしてる時に合鍵を渡した女の子が
「おおしまさん、よくそんな事できるね」と言ってたが
家から現金が日々無くなっていたのを思い出した。

budoubatake at 19:34コメント(0)元気 

2019年06月07日

pic_main_255












高齢ドライバー問題に対しての報道を
毎日日替わりでするってのは、いかがなものか。

ショッキングな映像は、そりゃスリリングだが
そこにドラマを盛り込んじゃったりして
マスコミもずいぶんなものである。

私は毎月、滋賀の山奥の神社に参拝に行く。
前も後ろにもクルマのいない状況が続くのだが
老人の運転はすぐにそれとわかる。
概ね農作業のための軽トラであり
耕運機よりものんびり走っている。

ああいう人たちから仕事道具を取り上げたなら
日本の農業はただでさえ高齢化しているのに
立ち行かなくなるのではないかと思うぞ。

新聞もTVも片田舎に所在しているなんてことはなく
大都会のまんなかに居を置いている人ばかりで
論議する事はとうていおかしなはなしである。

budoubatake at 19:15コメント(0)元気 

2019年06月06日

いってみよっ.gif

budoubatake at 21:06コメント(0)元気 

2019年06月05日

_DSC_9225_fixw_730_hq












結婚会見。
YouTubeで拝見した。

天の声では、あんなに饒舌なのに
しどろもどろ。女優さんも
台本がないからか、ことばを選びながら
ぽつり、ぽつり。

ふたりが、互いを想う気持ちが
画面から溢れ出ていて
涙が出てきた。

芸能人の結婚会見でこんな気持ちになるなんて。
素敵なカップルだと思ったよ。

2019年06月04日

iiyudana_cd01

















レバノンと聞くと♪あ〜ビバノンノン、と
合いの手をしたくなるのは私だけだろうか。

2019年06月03日

m_20010
















メイ首相と聞くと、「メェ〜〜〜〜」と鳴きそうであり
「メェ〜〜〜〜」といえばハイジなのであり
ゆきちゃんなのである。
つまりメイ首相はゆきちゃんだ。
三段論法である。
辞任となると残されたハイジが気がかりである。

budoubatake at 14:05コメント(0)元気 

2019年06月02日

UPCY-40023_DNQ_extralarge
















FBに見覚えのある人が出てきた。
フォローして数ヶ月さかのぼってみた。
けっこうな頻度でアップしている。
時折、過激だ。
すごいな。
1951年生まれ。

身のまわりに居たとしても
ともだちには成れないけど、興味が湧く
そんな彼女だ。

この曲を絶賛していた。



2019年06月01日

o0640043213938583571












水無月である。
でも、6月の異称で
いちばん好きなのは風待月だ。

旧暦のことばなので今年の西暦でいうと
7月3日〜7月31日にあたるのだそうで
本来なら、梅雨の真っ盛り。
湿度の高さに風が、心地良かったのだろう。

ついでに言えば旧暦の5月は、今年で云うと
6月3日から7月2日となり
五月雨ってのは、これからの雨を言うのである。

風待ちといえば風街だろう。
はっぴいえんどだな。



Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ