2005年04月30日

誰もが18歳だった

006ff3db.jpgGWだね!しかもイイ天気。
佐野元春 杉真理 大滝詠一
この3人のオムニバスアルバム
NIAGARA TRIANGLE Vol.2
こいつが聴きたくなったよ。

今日は私が18歳の頃から好きなお店
春日町の「ラウンド・アップ」って
カフェに行ってきました。
オススメはスパゲティボロネーゼ。
いわゆるボローニャの味とはまるで違いますが (笑)
美味しいんだなぁ〜!
20年以上変わらぬ味がうれしい。

実はこちらのご主人が昨年、肺がんで亡くなられまして
ま、アニキのようなお方だったんですけどね。
奥様もひどく落ち込んでしばらくクローズしていたのですが
本日オープンしたんですよ。
元気そうで嬉しかったな。
お店は変わっていなかったけれど「禁煙」になっていたよ。
故人を偲んで「ウッ・・・」ときちゃった。

18歳の頃って、急に世界が広がったよね。
車で動くから行動半径も拡がるし、バイトで稼いだお金も自由だし。
単位さえ気にしなきゃ、時間も膨大にあった。
煙草もお酒も人目を気にしなくてよくなったし。
全ての自由を手に入れたような錯覚があったな (笑)

GWの頃ってなんか独特の空気感があってそれは毎年
18歳の頃から変わらないんだな。
ツツジの花が咲き乱れるこんな季節はいつも
自分の無限の可能性を、裏付けなんてなくたって勝手に信じ込んで
わくわくしちゃう。
道はいくつもあるけど、どの道も自分を幸せに導く道。
そんな風に思えちゃうんだよね。
それは、18歳の頃にこんないい天気の日には
道ってのが、いつも海に続いていたからかな?
名古屋人にとっての海とは内海(うつみ)伊良湖(いらこ)です。
デートに使うのは内海。波乗りは伊良湖。
素敵な思い出でいっぱい。

GWで道も空いているR22を、当時よく聴いたこのアルバムに
体を委ねて気分上々で帰路に着いたのでした。
車のルーフにサーフボードを積んでるような錯覚に陥りながらね。(笑)


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 杉真理〜♪  [ かぼちゃのくに ]   2005年05月03日 16:17
なんだか、ほのぼの〜と若い頃を思い出しているんです

コメント一覧

1. Posted by n_ayada   2005年04月29日 21:30
これは私が20歳のころですね。
懐かしさいっぱいのアルバムです。
佐野元春にRockを感じていた当時の私は、popさにクラクラきました。
>単位さえ気にしなきゃ、時間も膨大にあった。
そう、単位を気にしなかった私は・・・(笑)
2. Posted by ワインセラピスト   2005年04月30日 19:01
n_ayada さん、いかがお過ごしですか?
尼崎の事故の報道はつらすぎて見られません。

♪彼女はデリケート、この曲が佐野元春らしさですよね!
でもって、曲に入る前の語りがかっこいいんだなぁ〜。
大瀧さんが「ビートルズっぽいアルバムをつくろう」と
この二人を誘ったらしいのですが、大瀧さんは
ロングバケイションの延長で、でもプロデューサーとして
佐野元春・杉真理の魅力を余す事無く表現しましたよね。

蛇足ですが、佐野元春を知ったのは甲斐よしひろのNHK-FMの番組でした。
まだデビューしたての♪アンジェリーナを毎週かけてて
なんてカッコいいんだ!ってね。
学校で話題でした。うわぁ、懐かしい。あはは。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ