2005年05月04日

ロイヤル・アルバート・ホール

3dbc042b.jpgロイヤル・アルバート・ホールでの
クリーム再結成のライヴでは
エリック・クラプトンが感涙を流したと
今朝の中日スポーツで拝見しました。
写真からはサイケなクリームなどは感じられず
ひたすらおやじばんどでしたが
内容は良かったようですね!
ラジオでも1曲目がI'm so Gladだったとの
話題が聞けましたが、詳細が知りた〜い!
新聞の写真では黒のストラト!
ジャック・ブルースはSGベースではなくヴァイオリンベースでしたよ!

関心があるのは、当時は歌が下手で歌わせてもらえなかった
エリック・クラプトンが、歌っているのかどうか?
何曲歌わせてもらってるんだろう?
だって、今や、立派なヴォーカリストですもんね。
当時は天才ギタリストの称号しかありませんでしたから。
でも、クリームの頃はわずか21歳ですよ、絶句。
今聴いても震えちゃうあのギターがそんな小僧が弾いていたとは。
ロイヤル・アルバート・ホールといえばクロスロード!

トラックバックにて情報宜しくお願いします!
4a0c0b93.jpg

1. I'm So Glad
2. Spoonful
3. Outside Woman Blues
4. Pressed Rat And Warthog
5. Sleepy Time Time
6. Deserted Cities Of The Heart
7. Born Under A Bad Sign
8. Badge
9. NSN
10. Stormy Monday
11. Rollin' And Tumblin'
12. Politician
13. Sweet Wine
14. We're Going Wrong
15. Crossroads
16. Sitting On Top Of The Wold
17. White Room
18. Toad
19. Sunshine Of Your Love (encore)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ