2005年05月15日

マリアージュ 〜 Marriage

ワインと料理の相性をマリアージュって言います。
お互いのポテンシャルが融合する事により
更に個性が引き出され、高めあう。
ま、直訳での「結婚」と同じですね。

「生牡蠣にシャブリ」が漫画「神の雫」でも
話題になっていますね。定番的なマリアージュ。
その理由とはシャブリ地区の地質は
牡蠣殻が堆積した石灰質であり、そこで育つ
葡萄で作るから醸造してもミネラルの香りがして
海のミネラル香を多く含む生牡蠣と相乗する。
てなわけなんですね。
(その土地の地層や気候がワインに与える
       影響を「テロワール」と言います)

ところが、フランスの生牡蠣の産地
ブルターニュ地方に近い事から
いちばん合うのはロワールの「ミュスカデ」という
ワインだった時代もありますし
ボルドーの極甘口ワイン「ソーテルヌ」を合わせるのが
最高とされていた時代もあります。

要するに生牡蠣ひとつ取ってみても
辛口から極甘口まで、時代によって違ったマリアージュで
楽しまれているという事実があるんですね。
言葉が時代時代で違うように「食」も文化ですから
移り往く訳です。

マリアージュの定石なんて実はどうでもよくって
要はあなたが今食べたい物と飲みたいワインが
最高のマリアージュ!って事ですよ。
カラダが求めるから食べたいと思うわけだし
美味しいと思えるわけです。
でもって吸収も良く血となり肉となって健康になるわけ。

ちょっと話は違うけど、われわれの「結婚」も
ふたつの個性が互いを成長させる為のもの、と私は考えています。
ところが、時の流れは厳しい現実を目の前にもたらす事もあります。
人生の終点まではそれがいい事なのか悪いことなのかはわかんないよね。
今厳しいキミにエールを送ります!

さて、私の聴く最高のマリアージュはこれ!
今夜のブライダルパーティでも1曲目を使ったよ。
Diana Ross and Marvin Gaye [FROM US] [IMPORT]
2b3951cd.jpg






09639658.gif←クリック!

budoubatake at 00:31コメント(0)トラックバック(0)ワインに対する想い  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ