2005年08月25日

Jack Johnson

fe2724e8.jpgドノヴァン・フランケンレイター
Jack Johnson のプロデュースなのね。
あちこちに彼の香りが散りばめられていますよ。
2曲目の♪Free はJack Johnson との
ヴォーカルの掛け合いも聴き所です。
わくわくしちゃうよ!
イントロのウクレレも気持ちイイ!
ボーナストラックのライブヴァージョンも
息を飲む演奏です。

Jack Johnson をどうやらミーハー的に
好きになってしまったようです。
このアルバムからJack Johnson を感じて
ドキドキしてしまうのです。

In Between Dreams

相乗するワインは潮の香りのミュスカデ

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yuji   2005年08月25日 22:32
◆J.J.は、声が素敵ですよねー…もうそこでやられちゃいます。
 ライナーに載ってる写真とか見ると、レコーディング・コンソールの
 前とかにメンバーがくつろいでいて、よくみると素足なんだよね。
 裸足。

 これは、アーティストのイメージ戦略なの?それとも、本当に
 そういう人たちなの?たぶん、本当なんだろうな。

 今、最も憧れている世界のひとつだなぁ。
2. Posted by ワインセラピスト   2005年08月26日 01:17
ドノヴァン・フランケンレイターのライナーにも書いてあったけど
スタジオで録音してて「海に出よか」って波乗りに興じて
帰ってきたらまたスタジオ。そんな感じのリラックスムードみたいだね。
ライフワークに自然にある音楽がこんなに売れちゃうなんて
JJって素晴らしい人生を送ってるなぁ〜って思うよ。
今からでも遅くない。挑戦しよ〜!
3. Posted by yuji   2005年08月26日 09:10
◆海入って上がって来て、リラックスしていい感じで、さあ仕事。
 「いらっしゃいませ、メニューをどうぞ(ニコ笑)
 こちらがワインリストでございます」
 と云った瞬間、… 鼻の奥に溜まっていた海水が 「ド―――」
4. Posted by sato   2005年08月26日 12:12
私、5月にJ.Jのライブに行ってきたんですよ!!実はw
実はカップリングのG.LOVE目的で。
でも、J.Jはもの凄く良かった。目の前にわ〜〜〜〜っとノースショアの夕暮れが開けるんですよ。
なんというか、人柄が全てにじみ出てました。
正直、CDでは「ちょっとものたりないな〜」なんて思ってたんですが、ライブではふっとびましたね。

で、この一連で一番最初に好きになったのは(G.Loveはデビューから好きだから別格)ドノヴァン・フランケンレイターでした。彼は、J.Jの素朴なリラックス感・ユル感・ピュア感と、Gのちょいやんちゃな横揺れ感を両方持った「一番美味しいとこどり」wの人だと思います〜!!!もうすぐ来日だよね?

あとオススメは、オーストラリアのBeautiful Girlsというバンドもいいですよ〜。

5. Posted by ワインセラピスト   2005年08月26日 17:15
>あはは!Yuji 笑わすねぇ。ハワイに行くとおばはんやおっちゃんが
波乗りしててビックリするよね。いつかハワイに移住して波乗りしつつ
ウクレレ弾きながらおいしいパンケーキの食べられるカフェでも
やりたいな。JJとツレになっちゃうかも。

>sato さん、さっすが幅広いですね。ありがとう!
昨年の富士ロックかなんかの映像でほんのりJJを見ましたが
レコードとは違う演奏振りで驚いたんです。ドノヴァンの来日。
行きたいなぁ〜。ベースもドラムも上手いんですよ。
16ビートが滲み出るんですよね。ライブが見たくなりました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ