2005年09月25日

新しい命を吹き込む

3f15d757.jpgNaturel という素晴らしいウクレレを造る
猶木さんがたまたま友達の友達って事で
過日、工房を見せていただいたよ。
2時間近くインタビューさせていただいて
いちばん印象的だった言葉は

「樹に新しい命を吹き込んで楽器
というものに変えるんです。だから
ただ材料ってわけじゃないから
少しでもみなさんに長く使って頂ける
ような音とデザインにこだわりたいんです」


今度名古屋のポエポエさんの1周年の為に
各種5本ほど造られるのだそうです。
「予約販売用ですか?」と聞いた私に

「いや、そういう事はしないんです。
ウクレレって同じに造っても1本として
同じ音にならないじゃないですか?
だから見た目で気に入って頂いてポロンと弾いて
音色も気に入ってもらったとしても
100%同じ音、同じ木目は絶対に出ないですからね」

売上にこだわる資本主義の考え方を完全に拒否して
自分の作品がいつまでも買ってくれた人の傍らで
ポロ〜ン♪と鳴り続ける事が彼の樹に対する愛情なんですね。
彼がこの世を去った後にも、彼の造った楽器で人が癒される。
なんて素敵なんだろう! そう思いません?

誰にでもできる作業でさえ猶木さんは自分でやるんです。
1から10まで100%ウクレレに関わる事が彼のウクレレ
1本1本に対する想いであり愛情であり生きた作品なのです。

ワインの生産者ととっても似た考え方。
猶木さんのウクレレは本当に音楽を愛している人にこそ
使っていただきたいと思いましたよ。

絵画の世界と同じで、金銭的余裕があったなら
Naturelのウクレレを全て所有したい。な。

でも、このブログを見てくれてる人になら
使ってもらって構いません。よろしかったらHP見てみてください。
本物はもっとかっちょイイよ。

猶木さん、徹夜明けにもかかわらずありがとうございました!

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yuji   2005年09月25日 19:28
◆お久デ〜ス!

 兵庫・宝塚のテレ仙人、Temjin師匠も、

売上にこだわる資本主義の考え方を完全に拒否して
自分の作品がいつまでも買ってくれた人の傍らで
ポロ〜ン♪と鳴り続ける事が彼の樹に対する愛情なんですね。
彼がこの世を去った後にも、彼の造った楽器で人が癒される。
なんて素敵なんだろう! 

 これと同じ意味のことをメールで云っておられました。
 
2. Posted by ワインセラピスト   2005年09月25日 23:31
うん。そんな気がしてたよ。
実際イイ音するんだろうね。
素敵な人って、実はたくさん居ますよね。
今日は万博であんまりイイ思いしてないんですが・・・・あはは。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ