2006年01月06日

小雪

0e732eea.jpg映画「嗤う伊右衛門」を深夜放送で見た。
有名な『四谷怪談』に新たな解釈を加えた
哀しく美しいラブ・ストーリー。
主演は唐沢寿明と小雪。
このふたりの演技はすごく良かったし
「うらめしや〜」の表現も
小雪の言い回しには凛とした愛らしさがあって
既成概念を覆させられた。
血が吹き出るシーンなど必要のない
場面が多かったのを除けば
とても興味深い映画だったよ。

小雪の演じるお岩さんは
醜さを纏った人間の、対照的な
こころの美しさを存分に表現していた。
ラストサムライも良かったけれど
こちらの演技のほうが好きだな。
彼女には和装の方が似合うんだね。

武士の美学って素敵だよね。
先日の河井継ノ助も良かったんだけれど
よくよく考えれば、たった140年ほど前の出来事なんだよね。
「月夜のちょうちん」なんて言葉にピンとこないけれど
ちょっと前までは提灯持って夜道を歩いてたんだ。

誇りある生き方について考えさせられる
とっても素敵な映画でした。

小雪と飲みたいワインはシャトー・コス・デストゥルネル。
誇り高きサンテステフの極上ワイン。
そしてオリエンタリズムが垣間見られるから。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by てんさいくん   2006年01月06日 08:12
ついつい観てしまいましたー。
唐沢さんの演技は格好良いですよねー。
椎名さんの演技も良かったよねー。
小雪の演技も美しかったよねー。
蜷川さんの演技指導が光った作品なのかな?
やはり、ワインも武道イズムな葡萄イズムワインを推薦してくれるから、きっと、きらりと光ってるんでしょうね。
今年も美味しい料理とヴィアレなワインを楽しみに行きまーす。

2. Posted by ワインセラピスト   2006年01月06日 11:47
おお!てんさいくんも見られましたか!
小雪の表情に釘付けでした。
あっという間に時間が過ぎましたよ。
観ながら「役者さんってこんなわけわかんない言葉を
こんなに長い台詞でも覚えちゃうって凄いなぁ〜」なんて
へんなところに感心していました。
やっぱ武士道ですよね〜。ダンディです。エレガントです。
3. Posted by nandscomjp   2006年01月07日 01:30
せっ者、せつなく感じたでござる・・・。
4. Posted by ワインセラピスト   2006年01月07日 02:03
>おお!nandscomjp さまも見ておられたか。
そちもワルよのぅ〜! わっはっは。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ