2006年01月08日

たのしみだな

576e4159.jpg第10回東海書作家協会展:愛知県美術館
山田良知個展:名古屋市民ギャラリー

体調がずっとすぐれなくて
のばしのばしにしてたら閉幕間近。
明日は「絵」と「書」のはしごです。
のんびりと感性を磨いてきます。

こいつは私の書初めの為に
一水先生に書いて頂いたお手本です。
こんな風に書けたら素敵ですよね。
ちなみに私の作品はアップしません。(断言)

一水先生の「FAX de 書」ってのがあって
全国どこででもマンツーマンの指導が受けられるんですよ!
私の叔父の名言なんですが
「人間の成長と字の成長は比例する」
先生と出会ってから、上手くなりたいと願っていたら
横書きでしか書けなかったのが、今ではなぜか
縦書きの方が書き易くなってしまいました。

「字」はその人を現すからね。
その気になったらこちらを覗いてね!

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by issui   2006年01月08日 23:38
本日は東海書作家協会展へお時間を作ってお越し頂き感謝に耐えません。
ありがとうございました。
お話させていただき、素晴らしい感性力を感じました。
事業家にしておくには勿体無い!勿体無い!でございます。 頓首
2. Posted by ワインセラピスト   2006年01月09日 00:15
もったいないお言葉、一水先生ありがとうございます。
「自分の壁をやぶらなきゃ一歩成長した作品は創れない」
書道だけではなく、経営も同じですね。
先生の作品好きです。
3. Posted by t_monk   2006年01月09日 00:24
娘の書き初めの際、初めていろいろ教えてやったのですが、
筆の持ち方は知らないし(教えてもらってない)、
硯はプラスチックだし(墨をいくら擦っても濃くならん)、
それよりびっくりしたのは、
「じゃあ、清書しなさいよ!」と言った数分後の、
「お父さん!字がかすれてダメ!」との発言。
学校の先生が、半紙の裏に書いても良いと教えていたんですって・・
アホか〜!

何か日本が変です・・(笑)
4. Posted by ワインセラピスト   2006年01月09日 01:07
>t_monk さん、相変わらず冴えまくってますね。笑いました。
プラスチックの硯って事は、墨汁用って事なのかな?
墨を擦りながら、あの香りと共に精神統一をして
筆を持って半紙に思いを込めるって一連の流れが
和のこころであり、わびさびであり、言葉に魂を宿す作業なのにね。

そうそう、小学生の作品も見てきましたよ。
「ぞうに」って言葉に思いが感じられて
思わずお醤油とだしの香りがしたんです。

あの「愛」って作品いいですね!って言ったら
中学生の作品でした。9年間続けてるんですって
継続は力ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ