2006年01月15日

魔法さえ信じた あの16の夏

2c2d1d16.jpg大瀧詠一さんのナイアガラレーベルから
20周年という事でボーナストラックや
リマスターされてのリイッシュが続いてて
でも、このシュガーベイブの「SONGS」
出てるとは知りませんでした。
高校生の頃に達郎さんを知ってから
遡ってこのアルバムを聴いた時には
達郎さんのボーカル以外は録音せずに
カセットテープで聴いてたんです。

今回、まずリアルでクリアな音質に感激。
若々しい山下達郎さんの声と歌い方に絶句。
バンドのテクニックとセンスに脱帽。
大貫妙子さんの、ユーミンの初期にも通じる
インテリジェンス溢れる品の良さと適度な湿度に脱力。
ああ・・・高校生の頃の私には、この良さが理解できなかったのね。

このアルバムはおすすめだな。
Down Town にくりだしたくなること必至!

こういった良質な古い日本のポップスは
誰かといっしょに聴く。よりは
ひとりでワインでも啜りながら
歌詞の世界に思いを馳せて聴くってのが素敵。だと思う。

そして、まだ荒削りだった若々しいミュージシャン達の
漲るエネルギーが自分に伝染してくる。
そんな気がするのです。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by foodmusic   2006年01月15日 01:02
私も学生時代に聴いているはずなんですが、あまり記憶が・・・
先月の「レコ・コレ」読んでから、気になっていたんです。
やっぱり買おうかな!
2. Posted by ワインセラピスト   2006年01月15日 01:10
>foodmusic さん、うふふ。
そりゃ聴いたらブッ飛びますよ。
これね。まじイイですよ。
高校生の頃はムーングロウあたりから遡ったので
古くさく感じてあまり聴き込みませんでしたけど
音質も良くなって逆に新しい感覚です。
大瀧さんの曲を達郎が歌ってるのも初耳でしたしね。
明日は滋賀に行くのでずっとこのCDを聴きながら走ろうと思ってます。
3. Posted by yuji   2006年01月15日 13:42
4 ◆どもども。このアルバムも、いつかは「何がしの殿堂」とかに
 入りそうなやつだよね。でも、今の耳で聴くと、幼いっつーか、
 カワイイっつーか。特に大貫さん。とってもステキッス。
 「そんなんありかよぉ」by 大滝さん(w
4. Posted by ワインセラピスト   2006年01月15日 19:11
おお!Yuji のレスポンスがあるとは思わなかったよ。
チェックしてたのね。
幼いっつーか、今できる100%以上をやりたいって意気込みが
ふしぶしに感じられて初々しい、瑞々しい感性が心地良いんだな。
達郎もこんなに喉に力入れて歌ってた時期があったのね、な〜んて
妙なところで頬が緩むのさ。
ところでシュガーベイブはセンチから遡って聴いたの?
5. Posted by yuji   2006年01月26日 07:41
5 ◆どもども。
  
 シュガーベイブは、高校のときアナログを持ってた友達がいて、
 よく聴いてたのと、やはりこういうポップスというか、AOR的な
 グルーブものを、バンドでやったのは、彼らが日本初じゃないのかな?

 ナイアガラとか、その辺りの流れで買った覚えがありますね。
6. Posted by ワインセラピスト   2006年01月26日 16:03
このあいだ、お客さんがシュガーベイブの話をしてたよ。
デビュー当時の評価はは散々だったって。
新しいものを創るエネルギーってすごいよね。
昨夜は、Toto 「HYDRA」を聴いてていい時代に
生まれ育ったんだな、なんて考えてました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ