2006年01月23日

オーラの泉とジョンの魂

4b30b4a8.jpg先日「オーラの泉」を見てて
ふと思った事があるのね。
ご存知のとおり、この私は
ジョン・レノンに出会って脳みそゴシゴシ
洗われちゃった多くの人間の中の一人。
最初の一撃は小学校4年生の時に
お友達のお姉さんが大音量で聴いていた
「赤盤」の♪She Loves You だった。
その時の空気や風景を今も鮮明に覚えてる。

きっと「ジョンの魂」は輪廻転生するたびに
声に魂を乗せて人々の前で歌っていたか
喋っていたのではないだろうか?

そして、その都度
「今のままじゃダメなんだ。現状を変えなきゃいけないよ」
そんなメッセージをアジっていたのではないかな?
ジョンのテーマはいつも破壊と進化だったような気がする。
愛と平和の歌といわれる「イマジン」も歴史的な背景からすれば
当時の世相に対する不平不満をぶつけ再構築を促したまさにロックだ。

話が脱線しちゃったけど
前世でジョンを体験してるからこそ
初めて耳にした瞬間にも彼のトリコになって
しかも懐かしい気持ちになって
離れられないのではないのかな?

この仮説は、きっと正しい。
江原さんにインタビューしたいな。
ジョンから離れられない人たちは
きっと前世でも、彼から何らかの影響を受けてたのではないのか?と。

そんなわけで、凍える夜に聴いているのは
John Lennon/Plastic Ono Band(邦題:ジョンの魂)なのさ。
来世でも同じ時代に生きたいな。

最近やたら幸運なんで、さっき熱田神宮
「ありがとう」を言いに参拝してきました。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by satomi   2006年01月23日 01:01
おっ!今日はこれですか。
もう、このアルバムについては一晩かけてみっちりと
語りたい気分です。ワインなど傾けながらね。
これ聴いてるとね、「演歌」に通じるものがあると
思うんですよ、私演歌なんてキライなんだけど。
あまりにせつなくて自虐的で、でもなんだか情念というものが
エラく深くて。ジョンの節回しもね、それ風に聞こえるし。
そうかぁ、私も前世でジョンを体験してたのかしら。
ある占い師さんに、人間は何回も生まれ変わる、と聞きました。
500年前の自分とか、2000年後の自分とか、そのときどきで
姿を変えているんですって。
そういうものを、100%信じるわけじゃないんだけど、
ジョンと結びつけると、なんだか信じられる気がする。

幸運・・・いいなあ。私にもちょっとおすそ分けを!
2. Posted by ワインセラピスト   2006年01月23日 01:14
ブライアン・L・ワイスによると多い人で70〜80回
生まれ変わっているといいます。でも、前世療法で思い出せる前世は
せいぜい5回ほどなのだそうです。数字がちょっぴり違ったらゴメン。
だから確率はゼロではないわけで、たとえば吟遊詩人のジョンに出会って
話をした事が前世にはあったかも知れないよ。
だってそうじゃなきゃ納得できない事がたくさんあるもん。
それほどジョンが好きだよ。さとみちゃんと同じくね。 あはは。
このアルバム、本当にヘヴィーでいいですよね。
言葉にできないなぁ〜。この素晴らしさは・・・・
録音技術のある現代に生まれてきたからジョンの声を今も聴けて
本当にハッピーだよね。前世では記憶の中にしか残らなかったのだから。
3. Posted by satomi   2006年01月23日 01:26
そうそう、(さっき言い忘れた)
セラピーさんのビートルズ初体験って、4年生?
前に私のブログで「5年生」とコメントくださって
私が「1年負けた」とたいそう悔しがったじゃないですか。
私、「2年負けた」の〜?
妙にこだわる・・・(笑)
4. Posted by ワインセラピスト   2006年01月23日 01:35
う〜ん、今もさぁ、どっちだったか思い出してたのね。
赤盤のリリースが73年だから10歳でしょ?
だからきっと4年生だよ。6年生の頃にはクラスではビートル博士で
アルバムも何枚も持ってたからね。(珠算の進級の度に買ってもらった)
勝ち負けで言えば、ジョンへの愛情はさとみちゃんには負けますって! (笑)
5. Posted by yuji   2006年01月26日 07:00
4 ◆お早うございます。まだ明け方です。

>ロックンローラー・ジョン・レノンを没後に
愛と平和の使者に仕立てたのは小野洋子

なのかなぁ?・・・なんかもっと、巨大なメディア全体が
そうした方がオチとしてキレイにまとまって、都合が良かった
からなんじゃない?

 
6. Posted by yuji   2006年01月26日 07:01
 僕はいつも、ジョンのパーソナルな部分を大事にみなさんと
 共有したいって云ってるヨーコさんを応援したいクチなんだよね。
 彼女は、芸術家だからね、そんな野卑た気分の事には乗らないと、
 僕は思います。そして、『愛と平和』をジョンがメッセージとして
 前面に出していた事も、また事実だし。

  
7. Posted by yuji   2006年01月26日 07:01
なんか、ジョン=善、ヨーコ=悪、って決め付けちゃうのも、
 どうかなって思う。だって、ぼくらの親分、アニキ、親友、
 偉大なロックンロール・アーティストであるジョンの「最愛の」妻、
 「一番近くにいて、もっとも分かってくれた人」それが、ヨーコ
 なんだから。ひとつの種の二つの欠片、一本の木の二つの枝、って
 ジョンが歌にしてる、その人なんだから。
8. Posted by ワインセラピスト   2006年01月26日 15:55
>Yuji さんきゅ!うれしよ。No!の意見は大好き。
そうだね、時間が経ってこのエントリーだけ見たら
洋子を「悪」と思ってるように見えるね。反省。
実は結構、他のエントリーでは応援したりしてるんだよ。
これ書いた時、ちょうど喫茶店でジョンの77年と80年の
インタビューを読んでしまって興奮してたんだな。きっと。
だから不適切な部分は削除しちゃうね。
ありがとう!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ