2006年01月24日

「あなたは愛されている!」 〜 You are Loved!

5dce9558.jpg映画「クロエ」を観た。
アーサー牧師が演技ではなく
そのまんまの役で出演していると
に書いてあったので観てみたのさ。
カメラが回ってるとダメだな。
講演の時とは別人だったね。
彼らしくイキイキしてたのは
♪ハレルヤーってみんなで
合唱してた時だけだったな。

でもこの映画、おもしろかったよ。
映像も、光と影のコントラストが
とっても美しく撮れてた。
どうやったらあんな風に撮れるのかな?なんて
あまりの映像美にストーリーに没頭できなかった。
永瀬正敏、ともさかりえによる純愛物語。

幸せの絶好調に恋人を失うってどんな気持ちなのかな?
「サヨナライツカ」とは違った涙を誘うよ。

きっと利重剛監督もアーサー・ホーランド牧師と出会って
ひとりでも多くの人に彼の存在を知らせたかったんだな。
ストーリーとは別のところでアーサーへのリスペクトと
愛情をたっぷり感じた映画でした。その気持ちよくわかるよ。

「深く悲しむ人は多く喜ぶことができるんだよ」 Arthur Hollands

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Loving John   2006年01月24日 01:46
利重剛さん、同級生なんです。最近名前を聞かなかったけど。。。
へえ、こんな映画あったんだ、と思ってクリックしたら。
主人公がわが息子と同じ名前!ちょっと珍しい字なのでびっくり。
邦画はほとんど見ませんが、興味を持ってしまいました。
2. Posted by Living nimo John   2006年01月24日 01:55
>おお!そうなんですか!すっごい偶然ですね。
同じく邦画はほとんど見ないのですがレンタル屋さんで
1分で探し当てた自分に驚きました。作品が呼んでたんだね。
賛否両論の映画のようです。
私的にはアーサーが出てなければきっと見なかったし・・・・
監督とのシンパシーを感じて嬉しかったから紹介しちゃいました。
主人公のこころの動きと映像の光と影のコントラストはお見事!でしたよ。
3. Posted by ブラスト   2006年01月24日 21:32
初めて書き込みます^^

「深く悲しむ人は多く喜ぶことができるんだよ」っていい言葉ですね。

感動のない人は深く悲しむことも、心いっぱい喜ぶこともないですからね。

今週末でもクロエ見てみたいと思います〜〜
4. Posted by ワインセラピスト   2006年01月24日 22:09
>ブラストさん、はじめまして。
アーサーは喜怒哀楽は春夏秋冬に似てるとも言ってました。
ブラストさんならピンときますよね。
その感性の高さ、どんどん波動を伝えてくださいね。
TVのライブドア関連の報道の稚拙さ。まったくくだらないですね。
自民党を攻撃するよりも前に自らを反省しなさい。って感じ。
初めてで辛口コメント書いたの初めてです。気が合いそう。と思って。(笑)
5. Posted by ブラスト   2006年01月25日 01:38
おっしゃるとうりです。

そんな人たちにはポンと美味しいワインと音楽を提供して「考える時間」を生活の中に取り入れてもらいたいです(笑

視聴率をもとめて報道するのでなく価値のある報道をすることにより視聴率がついてくるならば私もテレビを見るようになるのですが・・・

ワインと音楽・・・そして料理・・そのなかに生まれる会話・・

勉強させていただきます^^(ほんとにいいブログに出会えました★)
6. Posted by ワインセラピスト   2006年01月25日 02:05
もったいないお言葉。ありがとうございます。
紹介してくれたはまちゃんにも、ありがとう!
公共の電波と言いながら、公共の為になってない。
会社は公器だからね。みなさまのお役にたってないものは勝手に淘汰されます。
ところが増長させたのも潰しにかかってるのも公共の電波とやらだから
笑うしかないですよね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ