2006年01月28日

味噌やお醤油にも

7b430f41.jpg中央葡萄酒のグレイスカンパーニュ
本日のグラスワインなのです。
よく仲間と居酒屋さんに行ったりすると
こんなお料理にも合うワインってあるの?
なんて聞かれるのですが 「あるよ」
と答えるんですね。
この白ワインがまさにそうなんです。
味噌やお醤油にもぴったりです。

フルーティな香り、口に含むと一瞬甘さが拡がりますが
あと味の中に檸檬やライムのようなニュアンスがあって
後口にはドライなイメージにかわるんです。
不思議でしょ? トライしたらわかるよ。
おしゃれ居酒屋さんなんかにはぜひ置いてほしいな。

UNIVERSITY STREET

てなわけで、このワインとの相性ピッタリなのは
竹内まりやの「UNIVERSITY STREET」の
ドリーム・オブ・ユー★〔レモンライムの青い風〕
コーラスは山下達郎 吉田美奈子という豪華さ。
国産でありながらも、どこか垢抜けてるのさ。
まりやの持つ爽やかなイメージにぴったりだね。

このアルバムは長い間車で聴いてた極上のポップス。
トータル(コンセプト)アルバムとしても優れてるし
何しろバックをつとめる人達の豪華さ。
センチのメンバーや杉真理などなど。必聴です!
楽しかった学生生活が甦るよ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by foodmusic   2006年01月29日 09:41
私もこの年に大学入学したので完全に学生時代とかぶります。
この3年後に、彼女のコンサートも主催しました。
・・・が、人気低迷時代で、最悪でした。(興行的に)
駅まで迎えにいき、会場までのタクシー一緒に乗り、少し話もしましたよ。・・・緊張して、ほとんど話せませんでしたが。
懐かしい思い出です。
2. Posted by ワインセラピスト   2006年01月29日 19:35
81年に「PORTRAIT 」が出た直後ですよね。
ザ・ベストテンにも出てませんでしたっけ?
低迷した時もあったんですね。う〜む、諸行無常。
そしてこの巻き返しはレコード会社の移籍が幸いしたのか
達郎さんとの結婚が良かったのか? 両方かな?
カーラ・ボノフやリンダ・ロンシュタット、カレン・カーペンターを
彷彿させる彼女の歌声は、素晴らしいですよね。
興行ということはリハなんかも見れたわけですよね。うらやましい!
いっしょにタクシーに乗ってみたいものです。
3. Posted by foodmusic   2006年01月30日 00:24
82年かな?
ちょうど達郎さんとの結婚が決まったころで、あまりのチケットの売れなさに、「ゲストで達郎来て1曲歌ってくれへんやろか?」などと、なかば本気で言ってたものです。
途中からチケットはあちこちに配りまくり、当然コンサートは盛り上がらず、アンコールも3曲予定のところ、1曲で引っ込んでしまったのです。

リハは見たはずなのですが、実行委員長の私は、お客の入りと、冒頭の短い挨拶のことで頭がいっぱいで、覚えていないのです!
4. Posted by ワインセラピスト   2006年01月30日 01:24
おお、そうだったのですか。結婚で人気急降下でしたか。
アイドル扱いでしたもんね、売り出し方も。
でも、そこからまた人気に火がついたのはさすがですね。
でも、その時のfoodmusic さんの心情を察すると痛いですね。 (笑)
ハッピーバスディ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ