2006年02月04日

今日はなんだか

99191d22.jpgマルトゥエ'03、スペインのワインです。
こいつはね、ラベルにうっすらと
チェロを弾いてる絵が描かれてるんです。
見えるかな?
生産者がその収穫年ごとに、その味わいから
イラストイメージを変えるのだそうです。
ある年はバイオリンだったり、はたまた
クラリネットだったりするんでしょうね。

なんか、ワインと音楽の融合や相乗効果を
唱えるこのブログととっても共通してません?
かなりシンパシーを感じてしまったんです。

色はとても濃いルビー色。
香りだけならボルドーのグランクリュを連想させる
スパイシーで骨太、樽の香りとほど良い調和が感じられます。
味わいは濃厚。しかもフルーティ。
ガツンとしたワインがお好みの方にオススメです。

今日は、深夜知り合いばかりのお店になってしまって
結局4時になってしまった。あはは。

カウンターで、うめちゃんは親が余命半年だと告げられて
その瞬間から開眼してしまったのだそうだよ。
今は酔ってるので、また後日ちゃんと書くとして
「なぜうまれてきたのか?」
「愛と感謝って何?」
「政治って何?」
そんな話を延々としてたよ。

その後ろでは男女のふたりがしんみりと話してて
女の子は、涙を流してたよ。
レストランでも泣ける女、実は意外に好きだよ。
当事者にはもちろんなりたくないけどね。あはは!

奥の席では、歓迎会。
よりよいレストラン経営を話してたよ。

いろんなドラマが行き交う所。
いろんな文化が交流する所。
だから飲食店が好きなんだよね。

SONGS

シュガー・ベイブの「今日はなんだか」
今いちばん聴きたい音なのです。
帰りの車で聴いて行きまーす!
チェロもいいけどね・・・・

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ブラスト   2006年02月04日 14:20
飲食店はとても大変な仕事だと思います。しかもそのなかでソムリエをやってらっしゃる人は私の中では尊敬に値します。

料理の相性や・・
季節や天候や・・
音楽や飲むお客様の感じに合わせたり・・・

様々な因子を考え、素晴らしいワインを提供してくれます。(私の思っている勝手な想像です)

でも東京都内はなかなかいいお店に出会えません(涙 しかも馬鹿高いし。
なんで近くのワインショップのソムリエが推薦してくれるワインを買って自宅で飲むことが多いですが。
2. Posted by ワインセラピスト   2006年02月04日 21:03
>ブラストさん、ありがとうございます。
そうですね、レストランやバーでどうしてワインって高価なんでしょうね?
フランスではレストランでも安いですよ。
タイユバンでも日本の酒屋さん並でした。
3. Posted by おちみ   2006年02月05日 11:44
5 ワインセラピストさま★

わたしもご近所であれば11日のワイン会にぜひとも馳せ参じたいところ。
ワインのラインナップをみてもゴックンってカンジ。
わたしも外ではあまりワインを頂きません。
イタリアンではハウスワインを飲んでから、ボトル頼もうか決めたり。
持ち込み可のお店があれば持ち込み料払ってでも、、、って思いますが、、
でも、経営者から言えば迷惑な話ですよね。
わたしもお気に入りのワインバー、見つけたい。と思います。
4. Posted by ワインセラピスト   2006年02月05日 19:05
>おちみさま、ありがとうございます。
ご自宅でワイン会ができるくらいだから
わざわざ外で高い金額で飲むってのはそれなりの付加価値が必要ですもんね。
そのワインに相乗する、自分では作れないお料理とか
お料理に関しては自分で作ったほうが高くついちゃう場合もあるしね。
インテリアとかグラスも非日常を愉しませてくれるとか
サービスがいろんな情報教えてくれるとかね。
あー!勉強になるね。
うちのお店に来てくれるお客さんに、もっと愉しんでもらわなきゃ!
いい反省材料になりましたよ。ありがとうー!
5. Posted by おちみ(再)   2006年02月06日 10:19
5 ワインセラピストさま★

>そのワインに相乗する、自分では作れないお料理とか
お料理に関しては自分で作ったほうが高くついちゃう場合もあるしね。

正にそれ! 
こんなに美味しいお料理なのに、予算的にこのランクのワインしか飲めないんだなぁとなると、、、
自分の腕を磨こう!とか思っちゃうのです。
いつもワインの会ではテーマ決めて5品位作ります。
今回は牡蠣をメインで考えて、、、
ちなみに前回はピンチョスでとか、、
だから、外での食事もわたしにとっては必須です(笑)
こんどオススメメニューでもなぁんて。
後は家でも生活感の無い感じにしようとか、、、
ただ、テーブルクロスだけは単色に出来ない。。(シミがぁ(・・、) )
必ず割れてしまうリーデルのグラスも、、
お店の方の苦労もわかります、、、です。
すみません、、、生意気ばかり書いてしまってm(_ _)m
6. Posted by ワインセラピスト   2006年02月06日 16:09
>あはは、おちみさん、リーデルには苦労するんですよね。
乾拭きの時のドキドキったら・・・・・
今はもう慣れましたけど、最初はビビリましたね。
実は、破損よりもアルバイトさんが怪我しない事の方に気を使いますよ。
ホテルやモデルルームのようなインテリア。憧れますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ