2006年05月10日

飲み頃です

3d252700.jpgシャトー・ヌフ・デュ・パプ'95 (Eギガル)
ハーフボトルを開けてみました。
ワインってのは瓶の中でも熟成するのです。
よってその成熟度合いは、瓶の大きさにも
関係するのですね。つまり
ハーフはレギュラーボトルよりも早いんです。
95年はもうタンニンが完全に丸くなってて
やさしい味わい。そして奥行きのある
味わいと複雑な香りをもたらしてくれました。

ピークを過ぎて、ゆるやかに枯れていく過程に
ちょうど差しかかったところ。
ワインってここがいちばんうまいんですよ。
例えて言えば、フルーツと同じかな。

ワインも葡萄なので、フルーツで当たり前なんだけど
意外にここらへん、発想から抜け落ちてたりしますよね。
アルコール飲料なので、もちろんゆるやかに変化するのですけど。

Eギガルの造るワインは、どれもお値打ちですよ。
本当にバランスの良いワインを標準以上の
安定したクオリティで造っています。
コート・デュ・ローヌからコート・ロティに至るまで
全てがそうですね。 (私見)
エチケット(ラベル)も覚えやすいしね。
買って損のない造り手さんです。
ホームパーティなんかに差し入れたり、プレゼントなんかにも
ワイン好きの人なら必ず知ってるワインだからいいよ。

おギガル(気軽)にどうぞ!



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. E.ギガル(フランス/ローヌ地方:ブランド銘柄)  [ ブログで情報収集!Blog-Headline/wine/ ]   2006年05月18日 07:42
「E.ギガル(フランス/ローヌ地方:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =200...

コメント一覧

1. Posted by おちみ   2006年05月10日 07:23
ワインセラピストさま★

"シャトー・ヌフ・デュ・パプ"

作り手さんが違うけど今年に入ってから頂きました。
美味しかったです。
香りも良かったし、深い甘み(うまく表現できない! )を感じました。
深いって、すごく甘いってことじゃないくて、、、だめだ!(笑)
今度この作り手さんで探してみます。
2. Posted by てんさいくん   2006年05月10日 12:53
えーと、なんでも腐る前が一番美味い!ってことかな?
人間業は、いつまでも新鮮でいたいものですね。(ぼじょれー!)
やーいやーい。○○ずの○みっ○れー!!
やーいやーい。しみ○のし○○た○○!!
いいのだろうか?こんなこと書いて・・・・。(うふふ)
3. Posted by ワインセラピスト   2006年05月10日 18:24
■おちみさん、そうそう。
 決して甘くないのに、甘みすら感じさせるような
 円熟味なんですよね。
 年数が経つと、タンニンがグリセリン質に変わって
 オイリーな口あたりになるので甘く感じるんです。
 ニューワールドの甘みとは別世界の「甘み」ですね。
 少し元気になったのかな?
4. Posted by ワインセラピスト   2006年05月10日 18:35
■てんさいくん、どうもです。
 そうかも知れません。
 でも、人間も同じで若い時にはフレッシュなエネルギーとパワー。
 年を重ねたら、円熟味や複雑味がが出てきますよね。
 しみったれさんは、いつもやさしいです。
 もう少し髪があれば男前なんだけど・・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ