2006年05月22日

In My Life

5f6e918b.jpg今朝はバンコクの友達からの電話での目覚め。
「明日、日本に帰るんで」
「突然だね」
「おばあちゃんが亡くなったのよ」
おばあちゃんってのは
そいつの家に電話すると
必ず電話に出てくれたお方なので、声だけの
お付き合いしかないのだけど、びっくりした。
でも、命には限りがあるもんね。

昨夜はローリング・ストーンズの「ハイドパーク」での
1969年のライブをBS2で観たばかりだったのさ。
そのライブは、メンバーのブライアン・ジョーンズが死んで
その二日後に行った追悼のライブ。
ミックが冒頭にスピーチしていた内容の概略は
この世からいなくなっただけで、また会える。
ブライアンへのはなむけを、ここに集まった全員でしよう。
そんな感じだった。

69年のミックはすでに輪廻転生を信じていたんだね。
飯田史彦「生きがいの創造」やブライアン・L・ワイスの
「前世療法」を読んでからスピリチュアルな世界に
足を踏み入れた私からすると、ミックの「はなむけ」という言葉が
とてもしっくりくるのさ。

友人のおばあちゃんにも、明日のお通夜に
その友達に出会えた「感謝の気持」を伝えに行ってきます。
そしてはなむけの言葉を添えてきます。

私にとってお葬式とはそういった場なんです。

私の家にはお墓があるんですが、私の代で無くしたいと思ってるんですね。
自分の葬儀は、お葬式じゃなくて「お別れ会」みたいなイメージ。
司会には過日も登場した裕士くんにお願いするとして
来てくれる人には、手を合わせてくれてもいいし
できたら歌って欲しいな。なんて思うんです。

「イン・マイ・ライフ」と「イマジン」
この2曲でいいや。入れ替わり立ち代わりで
ウクレレやギター持ってきてみんなで歌って欲しい。

その瞬間に、私の魂は
国境も宗教も肌の色も貧富もない
「愛と感謝と調和」を
みなでシェアする世界に旅立っていける。

そして

「この人生の中であなたを最も愛している」という
イン・マイ・ライフの締め括りの言葉が
そこに来てくれた人たちひとりひとりへ、感謝のメッセージ。なのさ。
私にとってはこの曲の「I Love You More」のYouは複数形のYou。

うちのお墓は、まだ親父しかはいってないから
少し勉強して、実現したい。
魂の世界に宗教がないのなら、お墓は必要ないもんね。
でも、現世の人たちのために必要ならば無くしちゃいけないしね。
遺体もさぁ、本当は海に捨ててくれたら魚の餌になっていいんだけど
法律で許されそうにないから、灰を海に撒いてくれたらいいよ。

あれっ?

遺書みたいになっちゃった。 (笑)
身近な人の死。いろいろ考えさせられるね。



♪In My Life   by Beatles

一生記憶に残る場所がある
変わってしまった所もあるけれど
ある場所は永遠であり、必ずしも良い所とは限らず
なくなってしまった場所もあれば
まだ残っている場所もある
これらは全て意味を持っていて
いまだに思い出すことのできる恋人や
友人と共にある
亡くなった者も居ればまだ生きているものもいる
でも私の人生ではみんなを愛してきた

だがこれらの友人や恋人のうち
あなたと較べられるられるのは
誰一人としていない
そして新しい愛を考えた時に
思い出はその意味を失ってしまう

かつて通り過ぎた人々や物事への
優しい気持は決してなくなりはしない
きっと立ち止まって
かれらの事は考えるけど
この人生の中で
あなたを誰より愛している・・・

There are places I remember
All my life though some have changed
Some forever, not for better
Some are gone and some remain
All these places have their meaning
With lovers and friends I still can recall
Some are dead and some are living
In my life I loved them all

But of all these friends and lovers
There is no one compares with you
And these memories lose their meaning
When I think of love as something new
Though I know I'll never lose affection
For people and things that went before
I know I'll often stop and think about them
In my life I love you more


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by てんさいくん   2006年05月22日 07:59
セラピストさんの言うように、お葬式は、もちろん故人を偲ぶ意味もあるけど、親戚縁者が縁をつなげていく意味も大きんですよね。灰を海に撒いちゃうのはいいねー。悔いのない人生なんて無いかもしれないけど、今やらないと後悔することはたくさんあるよね。できることからコツコツと・・・。
2. Posted by ワインセラピスト   2006年05月22日 16:32
■博識のてんさいくん、待ってました!
 何回忌ってイベントもやはり親戚縁者が縁をつなげていく意味なんですよね?
 その対価としては、お寺さんに払い過ぎてる気がするんですよね。
 宗派や土地柄にもよるのでしょうけど、なんかね。
 長く付き合いたいという気持ちになれないんですよ。
 気が向くと二ヶ月に一度くらいですかねお墓参りに行くんですが
 「こころに想っただけでも供養の意味はある」って聞いたら
 個と個のつながりなんでお墓なんてなくてもいいんじゃないかな?
 なんて思う今日この頃であります。
3. Posted by 司会の裕士くん   2006年05月22日 21:44
5 あっ、ちなみにヒロシと読みます ヒロシです 私が後なら慶んで司会しますが 先だったらウクレレでアメージンググレースを唄って欲しいとです ヒロシです
4. Posted by ワインセラピスト   2006年05月23日 01:46
■あちゃ〜!
 「アメイジング・グレイス」
 そうとう歌唱力がないと歌えないよ。
 もしもその時には、藤井ちゃんとウクレレ・デュオで
 インストゥルメンタルで。 (笑)

 あ、だめだ。
 藤井ちゃんの方が早そうだ。
 おねぇちゃんに刺されそう・・・・ あ、笑えない? あはは。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ