2006年08月22日

モルドヴァワイン

7234891c.jpgモルドヴァワインが続きましたね。
その理由は、また明日!
今回のテイスティングで輸入業者さんに
お願いした事があります。
「せっかくワインの歴史のある国なのに
どうしてフランス品種ばかりなの?」
って事です。
イタリアでもスペインでもカリフォルニアでも
日本でも、土着の葡萄品種にこそ、その国の
ワインの愉しみがあると思うんです。
テロワールを愉しみ、その土地に想いを馳せる
そんなのもワインの愉しみのひとつですよね。

近日、そういったワインも輸入してくれると
固く約束してくれたので楽しみに待ってます。

あと1点、どうしても不思議なのは
ワインのクオリティはTPOによって
かなり高いと思うのだけれど
モルドヴァの国はヨーロッパの中でも
最も貧困な国のひとつ。
一日の生活費が1ドル以下。と紹介されています。
なのにどうしてこんなにお値段が張るんでしょうね?
ボランティアだと思って飲む?
なんかそれもイヤだな。
価格設定の不自然さの理由を教えて欲しいな。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Yuji   2006年08月23日 18:46
◆Aloha! いいっすねぇ〜ハワイかぁ〜!
 僕は今は忙しくて、夏休みなし!
 9月に入ってから、一週間休みを取るつもりです。
 
 しかしブルーノートで演奏って、すごいんですね!

 んじゃ、Mahalo〜♪
2. Posted by ワインセラピスト   2006年08月27日 01:23
■みんなで借り切っての演奏会だから
 ブルーノートに認められたわけじゃないんだよね。
 あはは!
 明日です!

 9月の休暇が素敵な休暇になりますように!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ