2006年09月29日

mission

1fda46ea.jpgラ・ミシオン・カベルネ・メルロ'05
深い紫色の後ろにブラックフルーツの
強烈なアロマ。とても強くしっかりと
していてしなやかなワインです。
濃縮感もタンニンも充分。
バランス極上。
見た目にもOK! でしょ?

ニューワールドらしい果実味もたっぷり
でもでも、ブラインドテイスティングなら
チリというよりは、南仏かイタリアのワインと
答えてしまいそうな味わいなんです。

わかる人にしかわかんないコメントでゴメン。
要するにチリらしくないんだけど
値段はチリ。

あれ? もっと混乱?

じゃ、BGMには、こいつをどうぞ。

Discovery



2曲目の「Confusion」が頭の中で鳴ったよ。
ELO の大ヒット作品。
「ビートルズが大好きなんだよ」って言わんばかりの音造り。
でも、それは、リリース時の時代背景と共にある。
Discovery を「Disco」+「Very」に掛けた
ジェフ・リンのそのインスピレーションに脱帽。
ジャケットもかっこ良くって、部屋に飾りたいからって
買ったLP盤だったんです。

音がキラキラしてて、極上のポップさ。
耳にこびりつくキャッチーなメロディとコーラス。
このワインのキャッチーさとハーモニーに
良く相乗すると思うよ。
「mission」って「伝道」とか「使命」「天職」だよね。
このワインも、ジェフ・リンもキーワードはmissionだな。

なんか最近、自分が孵化する予兆を感じるよ。
こんな私に好意的な人達。たくさん居てくれて幸せです。
ほんと、ありがたい人たち。

そのエネルギーに応えるべく、結果を出すね。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ダン・コレステ   2006年09月29日 07:24
ELO Discovery いいですね。大好きです。
1曲目「アジアの純真」モロパクリでした。アレンジ的にはゴージャスすぎてコレステロール過多という感じですが、ビートルズ中期大好き人間にはためりませんね。
1枚いっとく?
2. Posted by ワインセラピスト   2006年09月29日 18:54
■おお!コレステさんはこの頃の
 ジェフ・リンも知ってたんだ。
 リアルタイム?
 そう、ゴージャスに感じましたよ。
 ビートルズを感じさせる「ナック」と
 同じ値段ならゴージャスなこちら。
 そんな時代でした。
 結局は、両方買ったんですけどね。 (笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ