2006年09月30日

Yes it is

d9908620.jpg「赤色」が好きなんだよな。
酒屋さんでも、赤いラベルには
必ず手が出てしまうんですよね。
そんなわけで買ってしまったのは
ノストラーダ・ガルナッチャ'04
アラゴン州カンポ・デ・ボルハ産
フランスでいう「グルナッシュ」が
スペインに来ると「ガルナッチャ」
言葉の響きから言えば、とても
愛くるしいイメージじゃない?

濃縮した赤い果実の香りに
黒胡椒の香りが混じります。
チェリーっぽい味わいのアタック
全体的にバランス良くまとまってるんだけど
ボリュームに驚かされますね。
値段からすれば、ウルトラ値打ちです。
初心者にも、そうでない人にも
納得の一本になるでしょう。

相乗するお料理は、軽く焼いた肉料理全般。
クリームシチューなんかにも合いそう。
ハンバーグやとんかつのような
日本の食卓の洋食にも合わせられますよ。

相乗する曲はコイツだ!

パスト・マスターズ(1)


「彼女とデートするんだけど
赤い服だけは着てこないで欲しい。
元彼女のことを想い出すから・・・」

そんな身勝手な男のやさしいバラード。

「Yes it is」

ジョンの声にホロリ。
ビートルズはコーラスグループなんだ。
そう思わせるには充分。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by waka   2006年09月30日 02:37
今日は 自塾日。
T君をM君と一緒に スピコン。。。

今 帰宅。。。
9日 スピコン予約に なりました。。。

ワインさんの レッド。。。
グランディング 地に足をつける。。。
そんな 安定感が お望みかしら〜
2. Posted by Yuji   2006年09月30日 08:51
◆先日、日本語の形容詞の解説を作ってて気づきました。
 赤、青、白、黒、茶色は、形容詞にすると、
 「赤い」「青い」「白い」「黒い」「茶色い」と「い」形であるのに、
 その他の色は「の」形なんですね。
 「緑(色)の」「紺(色)の」「水色の」「灰色の」「金の・銀の」ほらね?
 「緑い・緑色い・金い・銀い」とかって言ったら間違いですよね、通じないから。
 なんでなのだろう???
 
 最初は、元々古くからあった色の名称は「の」形なのかな?と
 思ったんだけど、「緑」なんて自然の中にある色で、
 古くからあったに違いないし、たぶんそういう理由ではないですよね。
 
3. Posted by Yuji   2006年09月30日 09:01
◆あ、間違えちゃった、意味通じないし。
 古くからあった色は「い」形かと思った、でした。

 でね、発展したんだけど、「キモい」っていうでしょ?
 「気持ち悪・い」の省略形(ですよね?)
 「い」形の形容詞の方が、圧倒的に使いやすいはずなんですよね、日本語は。
 数も多いと思うし、音として形容詞的な響きがする。 
 厚い・寒い・良い・悪い・大きい・小さい、ほらね?
 なのに、なぜか「色」の形容詞は「名詞」+の、というカタチをとっている。
 でも、全部じゃない。
 日本語って、不思議〜…。
4. Posted by waka   2006年09月30日 19:58
Yujiさん 面白いですね。。。
「い」の不思議。。。。

うちの母は 
「茶色い」を「ちゃいない」って言います。。。
「赤い」を 「あ〜かい」って言います。。。。
名古屋弁ですかね。。。。

***
日本の古い時代の色名は。。。
「艶紅」つやべに・・・赤系
「浅葱色」あさぎいろ・・・ 青系
「氷色」こおりいろ・・・白系
「葡萄色」えびいろ・・・紫系

こんな感じで 情緒感のある名前です。。。
「葡萄」を えび って呼ぶのはおもしろいですね。。。

葡萄畑は。。。えびばたけ。。。なのか。。。??
5. Posted by ワインセラピスト   2006年09月30日 21:26
■おふたりさん、どーもです!

 Yuji のEnglish ヴァージョンのブログ
 とっても面白いんだよ。
 アメリカ人に日本の文化を伝えるって
 こういう表現するんだ。ってね。
 http://blog.livedoor.jp/crossroad4e/
 双方の国民性を理解していないとできない仕事。
 素晴らしい。まさにSomething Between。
 湘南在住。

 waka ちゃんは「ソウル&カラーコンサルタント」
 なのだ。

6. Posted by Yuji   2006年10月01日 14:36
◆ども!Wakaさんのサイト行ってみました。
 面白そう♪今度またじっくり読んじゃおうっと。
 セラピーさん、ご紹介どうもありがとです。
 で、激反応したのが、「えびばたけ」(w
 葡萄って書いて、えび、って読んだんですねー
 やっぱ、海老に色が似ていたからなのかなぁ?
 (似てるか?いや、海老っていろんな色あるからなぁ)
 いずれにせよ、「えびばたけ」って声に出して言ってみて下さい。
 畑にずらーと並んだ海老が見えてきません?
 え?やだ?
7. Posted by Yuji   2006年10月01日 15:46
◆とろろでセラピーさん、
 
 『双方の国民性を理解してないと出来ない仕事』とのご紹介、
 大変、恐縮です。謹んでコメントさせて頂きますとね、
 『双方の国民性を理解していた』から、この仕事が出来たんじゃなくってね、
 この仕事に飛び込んじゃったお陰で、いろいろと理解できる部分が
 増えてきた、ってだけなんすよ。
 
 ぼくの英語は、相変わらずデタラメで恥ずかしい限り。
 でもぼくは基本はコミュニケーターですから、文法とかが間違っていても
 あまり気にしない事にしてるんですわ。文法の間違いを気にしてる間に、
 コミュニケーションは流れて過ぎて行ってしまうからね。

 学ぶには、金を得てしまうのが一番早くて確実です。
8. Posted by ワインセラピスト   2006年10月01日 23:38
■Yuji ども!「えびばたけ」で連想したのは
ヴェトナムに行った時の生鮮市場の海老売り場の
 強烈な腐敗臭。
 それでいて、懐かしい匂い。
 よく考えたら、飼ってたザリガニがバケツの中で
 死んでた時の匂いだった。
文法ってさぁ、ぼくらもてきとーじゃん。(日本語)
 英語使ってる人たちだって、同じだよね。

 しかし、ハワイで英語で喋ってるのに
 日本語で返された時は、へこんだ。
 ほとんど毎回だもんな・・・  (笑)

 「好き」って気持ちが、理解への早道であり
 王道だよね。最近、そういう状態を
 びば!(Viva)と呼んでいます。
 Is Your Heart Beating so Fast?
 そう自分に問いかけるんです。
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ