2006年10月20日

わいの順子はNo とは言わない

89adb781.jpgイル・ポッジオーロ・バルコ・レアル
カルミニャーノ'03
物悲しい秋にお似合いの赤ワイン。
凝縮したベリーの味わいと樽香
そしてタンニンがバランスよく
まとまった素敵な味わいでこの値段なら
みんなが満足でしょ。
私は満足です。
あらら。
自己完結しちゃダメだよね。
まいっか。秋だもん。

そんなわけで今聴いているのは

Wings at the Speed of Sound



このアルバムは、ウイングスのアルバムで
ポール・マッカートニーのアルバムじゃない。

何年か振りに聴いたけど、わりと悪くない。
「Warm and Beautiful」も子守唄みたい。

発売当時、予約して買った最初のアルバム。
1曲目の「Let 'Em In 」最初のピアノの音が
いつも気になるのは、私だけ?

なんかさぁ、テープが伸びちゃってるような音で
音程が気持ち悪いんです。

だからかな?
もう一回最初から聴こうとは思わないんだよね。
次に聴く日は、いつになるかな?

このCDに「Sally G」が入ってた事すら
今日まで知らなかったんだからね。
「Junior's Farm」のB面だった曲。
このシングルは、アルバムに入ってなかったから
買うしかなかったんだよね。
「Hi Hi Hi」も同様だった。
商売上手だなぁ、などと子供心に思ったものだよ。

Wino Junko を聴くと加藤順子さんを思い出す。
げんきかな?

眠れない夜と 物悲しい秋には
忘れかけてた愛が甦る
            (談・コレステ)


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 談コレステ   2006年10月20日 07:24
加藤順子さんもきっとワインセラピーさんの連絡を待っていると思います。
秋は人肌恋しい・・・ってか!?
僕はカミさん一筋ですから!でもITの恩恵でコミュニケーションとれるもんねー。

中学生の時「ワイノジュンコ」ってジョンの「アイスマセン」に対抗した「ワイの順子」っていう関西弁の歌かと思ってた・・
2. Posted by ワインセラピスト   2006年10月20日 14:38
■加藤順子さんは、当時付き合っていた
 彼女の親友で、いろいろお世話になったのね。
 コレステさんとは、ちと違うんです。
 ところで、「ワイノジュンコ」ってどんなうた?
 勝手にグルーピーの歌だと思い込んでいましたが。
 なんか、急にポールモードだね。
 でも、いちばん聴いているのは、実は
 ジョージ・ハリスンなのさ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ