2006年10月24日

ぶどう畑でつかまえて at 多治見神言修道院

45c935b1.jpg葡萄畑に行ってきました!
日本ソムリエ協会東海支部
例会と称する勉強会で多治見神言修道院へ。
こちらの修道院では、ミサ用、及び
観光土産用としてワインを造っているんです。
それを担っているのが、いわゆる
知的障害者と呼ばれる方々。
以前、新聞で見て、一度ぜひ訪れてみたいと思っていたので
願ったり叶ったりの勉強会だったよ。

テーマ 「多治見修道院ワインについて」
講 師 上田真哉氏 多治見修道院醸造長


e8b3c29a.jpg大聖堂でのシューベルト神父の講義風景。
音の反響がすごくて、聞き取りにくかったけど
この雰囲気の中でお話を聴いているだけでも
なんか、こころが癒されていくんです。
歴史を感じるけど、手入れが行き届いているので
全てに輝きがあるんです。
キリストの一生を描いた油絵は
HPでも見られるので、見てみてね。

さぁ、上田真哉氏の講義とテイスティングです。

fbffd7ab.jpg1、ローズシオター'05
 新潟県上越市の岩の原葡萄園と、ここにしかない
 葡萄なのだそうだよ。私の印象では、シュナンブラン
 に近い香りと味わい。
2、ローズシオター'05 シュール・リー
 サービス満点の上田真哉氏は、同じ葡萄
 同じヴィンテージで、醸造法の違いでの
 味わいの違いを体験させてくれました。
 シュールリー製法の方が断然旨味が増す。
3、ブラック・クイーン'05
 「日本ワインの父」川上善兵衛さんが生みだした
 ブラック・クイーンという葡萄に、同じく
 アリカントという葡萄を補足した赤ワイン。
 馥郁とした香りが愉しめる。

基本的にはここまでが予定だったのだそうだけれど
サービス好きの上田真哉氏は、素敵。

4、ミサ用ワイン。
5、ミサ用ワイン。(酒精強化)
普通の人は口にできないこんなワインを
飲ませてくれたんですよ!

ミサ用のワインというのは「修道院法」ってのがあって
葡萄以外は、何も入れてはいけないのだそうだよ。
そんなのがあるという事すら、初めて知った。
ワインは全てキリスト教と密接に関係していて
全てがミサ用だと思っていたけど違うんだね。

6、巨峰の醸造中。
発酵以前のジュース。おいしかったです。
7、今年の穫れたて!ローズシオター'06
これから寒い冬を迎え、澱引きするんです。
今は、発酵中でものすごい刺激臭。濁りもある。
だけどこんな状態のものまで見せて頂けるのは
全くもって貴重な体験。

ワインを造る環境としては、ほぼ最悪。
ここ多治見は、陶器で栄えた町。
つまり粘土質で水はけが悪く、しかも盆地だ。
高温多湿で、葡萄造りに適した場所ではない。

1930年(昭和5年)創始者のモール神父は
ミサ用にワインがないと困るという理由だけで
自給自足を考えて葡萄の樹を植えたようだよ。

575d6f6f.jpgそんな土地を相手に悪戦苦闘する上田真哉氏の
ひたむきでポジティブな「志」に感動!
まずは、明るいよね。

たまたま偶然に働く知的障害者の方々と接する
上田真哉氏を目にすることができたのだけど
とにかく、とにかく優しいよ。

彼の姿、生き方から、多大なる元気を頂いてきました。

ありがとう!


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Yuji   2006年10月23日 20:22
◆横浜Thumbs Upに一緒に行った友だち二人は、小学校の教師で
 発育障害のある児童のクラスを専門に担当しているんです。
 まだ20代半ばの若い夫婦なんだけど、最近とても彼らから学んでいます。
 気持ちがオープンで、優しさがピュアな、いいやつらなんだぁ。
 
2. Posted by ワインセラピスト   2006年10月23日 21:02
■ああっ!書きかけなのに・・・
 コメント早過ぎ!
 さては、仕返しか? (笑)

 そうなんです。ピュアなんです。
 しかも、同じ人間として敬意を忘れない。
 それは全ての人に対してなんですね。
 「働いていただいてる」って言ってました。
 資本主義から言えば「働かせてやってる」
 そう思ってる人が多いと思うんだけど
 上田さんは違う。

 実は、障害者を身近に持っている人って
 みーんな優しいですよね。
 彼らは一様に知的障害者のことを
 「天使のよう」と形容しますね。

 何年経っても、世間ズレせずに
 純粋な気持ちを持ち続けて居るからかな?
 
 Yuji のギター教室と同じようなヒーリング効果が
 あるのかも知れないね。
3. Posted by Yuji   2006年10月24日 20:24
◆あ、ゴメン!書きかけだったの?
 終ってたように見えたから…

 そうだねーピュアな人はそれだけで尊い。
 誰でもね!
4. Posted by かすみん   2006年10月24日 21:06
ここ 前から気になってた所

行ってみたいところ

でも さわがしいあたちには 一等不似合い・・・

このワイン おじいちゃまとおばあちゃまに
飲んでもらいたいなぁ
5. Posted by ワインセラピスト   2006年10月24日 23:44
■あの頃のYuji はトゲトゲ?ぴりぴり?
 だったのね。僕もそうだな。
 クソ生意気だったし。
 
 「りぶさん」のsato さんのコメントも共感なんだよ。
 あのジャケットと、Yuji の解説で
 もう、すでにファンのひとりです。

 あれれ?! これってそっちにコメントするべきだったかな?
 ま、ピュアつながり。ということで。
6. Posted by ワインセラピスト   2006年10月24日 23:50
■かすみん、ありがとう!
 気になるでしょ?
 よかったですよ。
 1時間程度で行けるし、自然がいっぱいだし。
 かすみんが走り回っても何の問題もなさそうでしたよ!
 「多治見ワインフェスタ2006」っていう
 お祭りがあるみたいなのでチャンスかもね。
 コチラをご覧下さい!
 http://www.aju-cil.com/pia/wf061123a.html

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ