2007年05月13日

AFRICA E IKITAI

a6b93c66.jpg今日は、運動会だったのさ。
そんなに長い間グランドに居たわけではないのに
顔面がまっ赤っかなのである。
メラニストなのだ。
ビーチリゾートに行くと即座に黒くなる。
去年の夏などは「メイクしてるんですか?」
などと聞かれたくらいだ。
明日、日光浴をしたならば
当分黒いままだろうけど
明日は母の日なのであって
そんなことしている場合ではないのだ。

「アフリカに行きたい」
この曲を聴いてみた。っつーか荒井由実を聴いてたら
耳に留まったのだ。この曲は「COBALT HOUR」なので1975年だ。

この年のシンガーソングライターのヒット曲というと
我が良き友よ(かまやつひろし) 22才の別れ(風) などであって
いかにユーミンがハイカラな存在だったかがわかる。
ちなみに当時の名古屋では金太の大冒険(つボイノリオ)
一世を風靡していたのは蛇足である。
(放送禁止のカテゴリーでは相当な名曲に入るものと思っている。
  特に『金太マスカット、ナイフで切る』はインパクトがあったのだ)

話は戻るが「アフリカに行きたい」なんて発想が「俺たちの旅」を見ている
一般大衆の発想の中にあっただろうか?とってもハイソな発想である。

曲中の「Iron Butterfly」の部分は実はずっと「ア〜イアイ・パラダイス」と
歌っているものだと思い込んでいた。
「♪おさ〜るさ〜んだよ〜」って気分だったのだが
鉄の蝶々はセスナって事なんだね。
歌詞カードは、時には見てみないとね。
コバルト・アワー


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ