2007年05月27日

カルヴァドスどす。

e4cd695d.jpgカルヴァドスは林檎を原料とした
ブランデーの事で蒸留酒だ。
フランスのノルマンディー地方で
産される事で有名。
お値段は3千円から3万円代まで
幅広いのであるが、独特の香りが
とても心地良い食後酒どす。(京都)
まずはお安いものから試してみてどす。

甘い香りに囲まれると甘〜いサウンドが
どうしても聴きたくなるよね。

1975年リリースのアルバム。
パイロット「セカンドフライト」(LP)
当時「Call me round」って曲がFMでヘビーローテーション。
♪電話しておくれよ、恐がる事なんてないさ、僕はここに居るよ
ま、そんな曲なんですが、今聴くと「お前が電話すりゃ良いじゃん」
なんて突っ込みを入れたくなるのであるが、当時は
そんな気持ちも理解できたのさ。

それは何故かと問われれば。
昔はさ、携帯電話なんてなかったから
電話ってパーソナルなものじゃなかったわけ。
「もしもし。夜分恐れ入ります。ペケ子さんはご在宅でしょうか?」と
ガールフレンドに電話をするのにも、相当な勇気が要った時代だったのだ。
おそろしいお父様に遭遇すると「おらん!ガシャ・・・・ツーツー」
なんて事もあったわけで電話して欲しい気持ちは痛いほどよくわかったのである。

まずは、ご両親に気に入られないといけないから
言葉遣いも声のトーンも気を付けるわけだ。
そんな障害を乗り越えて愛を育んだのだからして
愛は深いのである。
礼儀作法も覚えるのである。

そんな礼儀正しいパイロットなのであるがイギリスのエジンバラ出身。
ポップでキャッチーなメロディとコーラスが素晴らしい。
「このアルバムの3分の1ほどはポール・マッカートニーの未発表曲だよ」
と言われたら納得してしまいそうなくらいメロディアスだ。
しかもラストを締め括るのがピアノバラードからのバンドサウンド
そんなところまでポールっぽいのだ。
アマゾンにはないみたい。ベスト盤でしか聴けないのかな?どす。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 裕司   2007年05月27日 05:03
「そんな障害を乗り越えて愛を育んだのだからして、愛は深いのである。礼儀作法も覚えるのである。」←まさに そのとおりです。彼女の家に電話するだけでも どれだけ緊張したか。。。だから 自然と目上の人への言葉遣いもおぼえたもんです。 これを 会社の若い女の子に話しても わかってもらえないんだな。。。そいうや 兄貴 俺ももう40歳でっせ(笑) 兄貴との付き合いも 四半世紀・・・
2. Posted by はま   2007年05月27日 06:46
電話で父親を突破するのが、
本当に大変でした。
『あんた、誰。』
『高校の同級生です。』
『娘は、女子高だよ。』
『えっ、中学の同級生です。』
ガシャ。ピー。ピー。

待ち合わせもかわいかったですよ。
日産ギャラリーの向かって右の階段の
下から3段目とか・・・・。

いつか、Blogネタ使おっと。
このネタひっぱれそう(笑)
3. Posted by ひみつのAkko♪   2007年05月27日 08:27
青春のおもひで   ってカンジ・・・


相変わらず疲れて帰ってきて 相手にしてくれないあなた

あなたの部屋の片隅に無造作に置いてあったバーテンダーズマニュアルに目が行った

退屈しのぎに何気なくそれをめくってみると
りんごからできている蒸留酒 そうなんだぁ・・・

“カルバドス飲みたいな”

そうつぶやいた



また相手にしてくれないあなたの部屋で
今度は床に転がっている大きなボトルを目にした

何か入ってる・・・・
あ...

りんご・・・

いつも言葉が足りないあなたの側で
私はたくさんの 思いをめぐらしました
あなたのおかげで...と言えれば私も少しは大人になれたと言えるでしょうか


“カルバドス オンザロックで” 


久しぶりに飲みたくなった




  

すべて実話を元に構成されています
ぷ... (ちょっとやりすぎ?

4. Posted by ワインセラピスト   2007年05月27日 17:23
■そっか、裕司。
 いつもお世話になりっぱなしだけど
 ほんと。ありがとうね。
 私は、勉強する小学生をはじめて見たのが
 裕司だったから、末は博士か学者にでも
 なると思ってたよ。

 街では奥様の大好きな紫陽花の花が咲き始めてますね。
 花言葉は「移り気」ですので、気持ちが揺れないように
 ボロネーゼでもご一緒して下さい。

 ところで裕司って誕生日いつなの?
5. Posted by ワインセラピスト   2007年05月27日 17:26
■はまちゃん。「あるある」だね。あはは。
 私は公衆電話から彼女に電話をするために
 塾に通ってたかもしれない。
 思い出しちゃったよ。

6. Posted by ワインセラピスト   2007年05月27日 17:32
■カルヴァドスっていうと、ユーミンの
 「OLIVE」の最後の曲で
 「りんごのにおいと風の国」ってあるでしょ。
 ハロウィンの季節にはカルヴァドスが飲みたくなります。

 コメント欄に詩を書いてくれたのは
 Akko たんが初めてです。
 ありがとう。
 長い長い恋をしてるって素敵ですよ。

7. Posted by 裕司   2007年05月27日 19:58
誕生日は9月です! O型乙女座のロマンチストです。 今日 偶然にも 二人で ベランダの鉢で咲き始めた紫陽花を絵手紙で書きましたよ。 今度 うまく書けたら 送りますね。。。 気持ちが 揺れないように 二人で葡萄畑に行きますよ。 紫陽花が好きなのは 嫁が6月生まれからかも。。。
8. Posted by yumi   2007年05月27日 22:01
↑ 二人で咲き始めた紫陽花の絵手紙なんて素敵ですねー♪
私なんて二人で畑仕事してました(笑)

・・・誕生日ねぇ・・・。
9. Posted by ワインセラピスト   2007年05月27日 22:22
■ご夫婦で写生大会ですか。
 そりゃステキだ。
 お前が6ならおいらは9さ!
 やばい。
 シモネタになりそうなのでこのへんで・・・
10. Posted by ワインセラピスト   2007年05月27日 22:24
■いいなぁ、裕司もyumi さんも
 自然がたくさんあってさ。
 
 風をあつめて。青空を駆ける。
 そんな雰囲気ですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ