2007年06月15日

なぜ一度は愛した人を憎むことができるのか

a8400871.jpg愛と憎しみは紙一重と云うけど
私は憎んだ経験がない。
なぜ一度は愛した人を
憎むことができるのか?
生きる方向性が違ったり
互いの成長によって価値観に
ズレが生じたりして離別があり
それは、お互いに傷付くものだと
そういう認識をしている。
でも、別れた人の事を
悪く言ってたり憎いとか
自分がかわいそうとか言われると
なんかこう、納得できないものがあるのだが
上手に説明できずに気持ち悪く思っていた。
憎しみに変わる愛を上手に定義してあったので
メモっておこうと思う。

恋愛というと、美しく聞こえますし愛の親戚かと思います。
愛というよりは「欲」なのです。愛欲・情欲なのです。
性欲だったり、愛されたい。経済的に支えてもらいたいという
自分の不完全性や不安感を満たそうとする自我的欲望なのです。
男女は、お互いの足りない所を補い合い
魂を磨きあうために出会うのですが
夢ばかり抱いている結果失望に終わります。
自分を救ってくれるはずの外の物や者は
憎しみの対象に変わります。

「パワー・オブ・ナウ」より

赤い糸で結ばれてる。運命的な出会いだ。
などと思っても、時間が経って、よくよく見たら
赤のはずが紅や朱やピンクだったりする事は
若い時にはよくある事だよね。
それを自己責任として受け止めるのか
相手のせいにするのかで美しい思い出になるのか
思い出したくもない事柄になるのかの分岐点なんだろうな。
私の思い出はすべて美しいが、美し過ぎる事はない。

「思い出は美しすぎて」 八神純子


budoubatake at 00:16コメント(16)トラックバック(0)元気 | ワインを美味しくする音楽 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by yumi   2007年06月15日 02:12
私も憎んだ経験がないし、今でも感謝しているので「憎しみに変わる愛」は理解できなかったのですが、そういうことだったんですね。なるほど!
2. Posted by Yuji   2007年06月15日 05:56
◆痛いエントリーだね(笑)
 でも歴史上のいかなる賢者でも、
 どんな偉い僧正さまや、聖職者の「言葉」でも、
 大勢の中のたったひとりの名も無い
 「ただの人」の痛みを
 「分かってあげる」することすら、できっこないと思うよ。
3. Posted by Yuji   2007年06月15日 06:01
◆あ、ちなみにw。伝わってるとは思うけど、
 セラピさんのエントリーに対する「攻撃」じゃないから、ね?
 人の「心」は、「知恵」や「見識」などによって、
 割り切れるほどの明確さを持っていない、っていう、
 ぼくの「想い」を書いただけなんだ。
 変な伝わり方したら、ごめんです。
4. Posted by Rico   2007年06月15日 07:53
考えたこともない内容のエントリーです(笑)考えさせて頂き感謝します。ありがとうございます。

恋愛下手な私・・そう数も多くない恋愛経験の中で、憎しみ・・とまではいかなくても「なんで・・?」というのはあります・・。
まぁ自分にももちろん非はありますし、仕方ないな・・って感じ・・。

でも、パワーオブナウのことばは、ある程度大人になってからの恋愛について言えること。
あまりに幼いと「欲」なんてなくって、ただただ「好き・・」それだけなのです。
そこに欲があるとするならば「わかってほしい・・」だけだった・・・気が・・(笑)それとも、わがままに伝えたいってだけの欲だったのかなぁ〜。。
5. Posted by トヨサン   2007年06月15日 16:09
ワインセラピストさん、おひさです。

とうとうブログはじめたよん。

みにきてよん
6. Posted by トヨサン   2007年06月15日 16:15
ワインセラピストさん、おひさです。

とうとうブログ始めました。

みにきてょ。

7. Posted by ワインセラピスト   2007年06月15日 16:34
■yumi さん。
 正常です。
8. Posted by ワインセラピスト   2007年06月15日 16:40
■Yuji どもども。
 男の子がね、女の子にフラれて悲しみを分かち合ってた
 のだけれど、彼の精神状態を冷静に分析できても
 上手に表現できずに結局
 「お前、クドいよ」くらい言いたくなっちゃってさ
 そんな自分にがっかりしてたら偶然にも
 読んだ本に答えが書いてあったって事だけど
 もちろん人の痛みはわかんないけど
 わかってあげたいし、より良くなって欲しいよね。
 自然治癒が少しでも早くなるといいなって思いだよ。
 ま、簡単に言えば、そいつのこと好きなんだな。
 あはは。
 うれしいよ。ありがとう。
9. Posted by ワインセラピスト   2007年06月15日 16:48
■Rico ちゃん。ありがとう。
 「なんで・・?」を受け容れるための器と
 時間が人間には必要ですよね。
 でも、時が経って何ものにも変え難い
 人間関係が作れる事だって不可能ではなく
 そうなる事って、すごい小さな確率だけど
 「宝」ですな。

 恋愛してる時って欲って言うより
 なんかこう心象風景が変わったり
 優先順位が入れ替わるトキメキが素敵だよね。

 その記憶とはまた別の人間関係の構築ができたなら
 やっぱ「宝」だよ。

10. Posted by ワインセラピスト   2007年06月15日 16:50
■トヨサン。 2度もくどい!
 コメントちゃんとおいてきたよ。あはは。

 しかし、トヨサンに写真のセンスがあったのには
 正直。驚きました。
 
11. Posted by ダン・コレステ   2007年06月15日 17:55
若い頃、振られたときに相手の女性を「憎む」のはあったかも・・
いや「憎む」じゃないですね。
うーん、「恨む」?
おーコワ。
僕も「なんで?」
12. Posted by ワインセラピスト   2007年06月16日 01:10
■またまたぁ〜
 コレステさんに「恨む」なんて言葉
 いちばん似合わないな。
 「うー。ラムだっちゃ〜」なら、わかる。
13. Posted by Yuji   2007年06月16日 13:22
◆「うぅー。ラム。」(爆)

 そう、八神順子さん、そんなに良いシンガーに?知らなんだ。
14. Posted by ワインセラピスト   2007年06月16日 19:10
■あはは。
 我ながらナイスと思っていました。
 コレステさんが言ってる所を想像するだけで
 笑えるでしょ。
 あー レスポンスあってよかった。
 さんきゅ。Yuji!
15. Posted by Rico   2007年07月03日 22:58
とりあえず・・ゴメン。(謎)
16. Posted by ワインセラピスト   2007年07月03日 23:03
■「うー。ラムだっちゃ〜」

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
コメントありがとう!
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ