2007年09月01日

箱根・宮ノ下 NARAYA CAFE

0a062449.jpg箱根といえば氷川きよしだったが
今や箱根といえば「宮ノ下」であり
宮ノ下といえば足湯の満喫できる
「NARAYA CAFE」なのである。
湧き出る温泉の足湯を深く味わうために
名古屋から出掛けてみたのである。
まずもって、箱根という場所は
東京圏の人間のリゾートであり
ハイソなイメージだ。

a307d858.jpg車で行ったのだが、さずが源泉の足湯は
違うのである。疲れが取れてしまって
その日、寝られなくてビールを何本も
空けてしまったから非経済的である。
しかもカラダがいつまでもポカポカして
高原の涼しいはずの風では賄えず
冷房をかけて寝たのである。
足だけ浸かって、ぽちゃぽちゃ
遊んでるだけで新陳代謝が活発に
なってしまうのにはただただ
驚くしかないのである。
いちにち経過しているが
まだまだ快適である。
NARAYA CAFEの足湯を体験していない人は
不幸だと言い切っても良いだろう。

さて、ここの店主は明治天皇ご用達の
「奈良屋旅館」の血を引く紳士である。
「宮ノ下」という場所は、江戸時代の終わり頃
東京や横浜に居た西洋人がこっそり創った
日本最初のリゾート地であり、チャップリンも
明治天皇も愛した土地である。
負けないくらい私も愛しているがお呼びでない。
美しい自然に囲まれているだけで
身もこころもリフレッシュできるから
ぜひとも体験して欲しいものである。

382644d3.jpgちびっこも満喫。
看板娘なっちゃん。










33ba8d3e.jpg日が暮れるまで愉しんじゃった!
看板娘No.2のちよちゃん。

足湯はまじ凄い。
しかも無料である。
感無量なのだ。

寛無料と言うべきか。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by Rico   2007年09月01日 08:58
ステキな箱根紀行になりましたね^^

足湯はいいです!絶対はまりますよね〜〜。
私の日記の4月16日に書いてあります☆
お湯が温泉ならなおさらですよね。
本当に足湯って疲れが取れる〜〜。
ホント、不思議ですよね。

つい先日友達と、秋の旅行に伊豆、箱根に
行きたい〜〜って話していたのです。
妻籠、馬籠に決まりそうですけれど。。
名古屋の高校の仲間たちと、当時に戻ってはしゃいできます(笑)
2. Posted by ワインセラピスト   2007年09月01日 17:05
■妻籠、馬籠は免許取りたての頃にドライブに
 行ったきりなのですが、今行くと
 また違った印象なのでしょうね。
 旅はいいね。
3. Posted by mokumoku   2007年09月02日 00:31
ものすごく、良い感じの足湯ですね。
行きたくなっちゃいました。

 今日は突然お邪魔しまして…美味しかったです。
友達も、とても雰囲気の良いお店で、是非また行きたいと言ってました。

 ありがとう存じました。
4. Posted by ワインセラピスト   2007年09月02日 01:06
■ぜひぜひ行ってみてください!
 百聞は一見にしかずでございます。

 本日はどうもありがとうございました。
 世間は狭いね。
5. Posted by しまやん   2007年09月02日 16:39
足湯ほんとに気持ち良さそうですね!!
最近ブログの文体が誰かに似てきていると感じるのは私だけでしょうか?
6. Posted by ワインセラピスト   2007年09月02日 17:55
■おお。しまやん。ありがとう!
 この文体は、あなたのおかげで
 自分のもにしつつありますが
 ユーモアの点では、もうひとつです。 (笑)

 さてさて、箱根を通り越してカリフォルニア行きですね。
 結婚してすぐにひとり旅できるなんて
 なかなかない幸せ者ですよ。
 旅を満喫しつつさらに腕をあげて帰ってこられるのを
 楽しみにしていますよーっ。
 
 帰ってきたらぜひ奥さんと紅葉の箱根に行ってみてください。
 カリフォルニアとのギャップにさらに日本を愛でる気持ちが
 湧き上がると思います。
 温泉はいいよ。
7. Posted by サワ   2007年09月06日 00:57
9月13日ナラヤカフェ行ってきます!
8. Posted by ワインセラピスト   2007年09月06日 01:04
■えっ?! 12日じゃないの?
 何はともあれ、富士山がキレイに見られるといいですね。
 山中湖から見る富士山はたまりませんよ。
 いい天気になるよう祈ってます。 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ