2007年10月08日

人生が二度あれば

79878916.jpg父は今年2月で65
顔の皺は増えてゆくばかり
仕事に追われ
この頃やっと
ゆとりが出来た
人生が二度あれば
人生が二度あれば


井上陽水の「断絶」を久し振りに聴いた。
なんと歌詞カードにギターコードが書かれている。
フォークブームだったんだな。
学生服の少年のうしろ姿が昭和だ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by ぬま吉   2007年10月08日 12:04
この曲はとても好きです。

昔のライブで陽水が「父に聞かせたらとても喜んでくれた曲です。人生に二度あれば」と歌いだす。たぶんお父さんが亡くなった頃なのかな、最後は感情が高ぶって声を詰まらせていた。
名曲ですね。

最近の曲はなかなか覚えることができないんだよね。あの頃の歌は覚えているのに。

阿久悠が生前「僕らの頃は自分以外の人のために詩を書いた(歌を作った)今は違う」っていっていた。

そんな事をおもいだす。歳かなぁ。
2. Posted by maeda   2007年10月08日 14:20
フォークギターを持ってコードを見ながら歌った事を思い出す曲だな〜・・・
3. Posted by ワインセラピスト   2007年10月08日 16:35
■ぬま吉さま、先日はジョージおつかれさまでした。
 それは、「ライブもどり道」かな?
 ライブの方が、俄然説得力あるんだよね。
 湯飲み茶碗が目に浮かんじゃうんです。

 今時の、サビしか頭に残らない曲はレコード業界の
 罠なので、時代はちゃーんと主流とアンチテーゼが
 同居するものです。
 だいじょうぶ。
 同じ感覚の若者も多くて、これからどんどん
 いいアーティストが出てきます。
 詩の世界もビートルズが変えたんだよね。
4. Posted by ワインセラピスト   2007年10月08日 16:37
■maeda さま、じゃ、フォークギターを押入れから
 出してきてください。
 用意はいいですかーっ?
 http://music.j-total.net/data/002i/012_inoue_yousui/018.html
 ハイっ!
 じゃ、弾いてみようー!

 来年は、音楽ゼミですね! 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ