2007年11月09日

天上天下唯我独尊

489a9110.jpg書店に意を決して行ったのだが
「引き寄せの法則」は売切れていた。
丸ごしでは帰られないタチなので
ぷらぷら散歩していたら発見!
『手塚治虫のブッダ救われる言葉』
なんと、マンガの「ブッダ」の中から
重要なセリフを抜き出し解説してある。
マンガを読んだ人にもそうでない人にも
たのしめる一冊となっていて
たいそうお薦めである。
この本に引き寄せられたのも
きっと必然なのだ。

なるほど!そのセリフって「天上天下唯我独尊」を
わかりやすく言った言葉だったんだ。などと
発見があって趣き深いのだ。
ちなみに、誤解の多いこの言葉の正式な解釈は
天の上にも天の下にも、(大宇宙広しといえども)
人間に生まれなければできない、たった一つの
尊い使命がある」と教えられたお言葉。
ひとりひとりの使命をまっとうする事で
この社会は成り立っているのであって
平等と博愛の精神ということなのである。

仏陀の一生というのをモチーフに、手塚治虫という人間の
フィルターを通した漫画「ブッダ」であるので
あくまでも伝記ではなく、フィクションだと書いているが
ファンダメンタルな部分も多く、その部分をこの本では
一気に解説し、仏典とは違ったかたちでのブッダの紹介を
しつつも、現代社会におけるこころの持ち方にも
アプローチする意欲作であり、癒しの効能がありそうだ。
特に手塚治虫の死生観はすばらしいのである。
さてと、もういちどマンガも読み直さなきゃ。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by dakko   2007年11月09日 12:55
面白そうだね
でも、先に漫画のほうを読みたい
昔ざっくりとは読んだ記憶があるんだけど
昔過ぎて忘れちゃった

ヘッセのシッタールダも昔読んですごくよかった
そのときはものすごく感動してた。
それ以後私の中に「中庸」という概念が出来たのよ

なんだけど
時が過ぎてほとんど忘れてるんだなー
もう一度読みたいな
2. Posted by ワインセラピスト   2007年11月09日 17:48
■ほう!勉強家ですね。
 漫画は、久し振りに途中まで読み返しましたが
 ハッとさせられる事が多々ありますよ。グー!
 いわゆる田原俊彦状態ですね。
 経験の分だけ、同じ事柄にも意図の深みを感じられる
 そんな自分を発見するのもいとをかしです。
 ぜひ、漫画喫茶に籠もってみてください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ