2007年11月13日

やりきれない日

bda62e19.jpgなんだか遣り切れない日。
そんな日に聴きたくなるのが
エリオット・スミス。
世界中の苦悩をひとりで
背負っているような
物悲しい声にひたっていると
不思議に元気が出てくる。

痛みを共有してくれる彼の存在は、とてもありがたい。
美しいメロディが傷に沁み込み、癒してくれる。

人の死は、人を哲学者にするのかもしれない。

Elliott Smith Figure 8


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by サワ   2007年11月13日 00:21
私も遣り切れない時に彼の歌声を聞くと凄く癒された気持ちになります。アルバム「XO」も好きですね。その前に出ているアルバムも今度帰国した時に買い揃えてみたいと思っています。
2. Posted by ワインセラピスト   2007年11月13日 01:02
■いま、バーツが高くなっているから
 日本で買う方が安いのかな?
 エリオット・スミスは、心友です。
 サワさんは、深友です。
 今日の私は心憂です。
3. Posted by Yuji   2007年11月13日 20:46


  
4. Posted by ワインセラピスト   2007年11月13日 21:28
■絶句?
5. Posted by Yuji   2007年11月13日 23:16
■いや、そーじゃないったら
しばらくなんて書こうかと思ってるうちに
自分のエントリー書きたくなっちゃって
つい、とりあえず・・・
6. Posted by ワインセラピスト   2007年11月13日 23:52
■なるほど。
 Yuji は、そんな時にはジョージが居てくれるよ。と
 つまりさういう事なのね。
 うん、今聴いてるけど、やっぱイイね。
 
7. Posted by waka   2007年11月14日 01:38
8. Posted by ワインセラピスト   2007年11月14日 02:10

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

大島”ビッグアイラ...

コメントありがとう!
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
新着!ViVa なBlog
Archives
Moon Phases
livedoor プロフィール

大島”ビッグアイラ...

  • ライブドアブログ